マイタのブログ

新潟県新潟市西区鳥原2595-8 前田商店 TEL 025-377-6327・FAX 025-377-7981

夏来にけらし・・・ って言うには遅いですな。

2012年07月31日 | 動物・植物

 玄関前の鴫立沢(しぎたつざわ)が紅葉してきましたわ。暑い暑いといいながらも着実に秋に向かっていることを感じますねぇ…気が早い話で実感はありませんが。  だけど洋菓子屋さんには業者の方からクリスマスケーキの飾り物の案内が届いたそうですから、それと比べれば季節感があるうちに入るかと思ったりして。

014

               ・・・明日から八月、夏本番ですな。

コメント

しぐれても涼しからず。

2012年07月30日 | 動物・植物

 セミの鳴き声とうだるような暑さで構成されている毎日・・・

でも、ものすごく暑い日はセミの音も弱弱しくなるような気がしますが、まさか熱中症だったりして。

007

この顔を見てバルタン星人を思い出しました。ついでに仮面ライダーまで。

どちらにしてもポーカーフェイスに変わりはありませんな。

私も見習って涼しい顔して過ごしましょう・・・ その努力だけでも。

追伸・・・ 茶豆は例年に比べて少し遅れ気味です。

コメント

有難く、まさに有難く。

2012年07月29日 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日の閉店直後、千葉に居るはずのK平さんが奥さんと来て下さいました。山形から70㎝のプレゼントを持って・・・

Photo

ビニール袋に入れて写真撮ったら分かり難いんですよね。そうと知りながらも既に冷蔵庫内ですので撮影のためだけに袋から出すのもなんですし。おおよその雰囲気さえお伝えできればと思いまして。

これほどの品を頂戴した上にお酒まで買ってもらい、せめてゆっくりしていっていただきたかったんですが、この足で千葉まで帰られるということでお茶も飲まずに行ってしまわれました。有難いを通り越して「申し訳ありません」ですわ。最高の酒の肴、合わせるお酒のタイプも幅広くて、私にとってはキング・オブ・魚の位置付け的存在・・・ 堪能させていただきます。

002

さて、本日は日曜日ですので営業はしておりませんが、ご予約のお酒を取りにお客さんがいらっしゃいます。 このように店は閉めていても けっこう仕事してる時もあるんですよ。仕事があるのは幸せなことですからね。

8月の5日と12日の日曜日は営業いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

コメント

平凡な夏の一日

2012年07月28日 | ブログ

 

 雨が降り過ぎれば それはそれで心配なのですが、これだけ晴天続きもいかがなものかと危惧しておりました茶豆の生育状況、聞けばかなり強い植物とのことで取り越し苦労だったようですわ。あぁ良かった。順調にいけば8月の頭くらいには発送できるかな?





ご来店下さるお客さんに少しでも涼を感じていただければ…と、例によりイタズラ書きを。

Cae6ynnh

現物の色が忠実に表現できないのは素人カメラマンらしき所業なり。さらに この絵じゃ何だか分からないかも知れませんな。 

それはそうと、本日でワタクシ46歳になりました。

コメント (2)

升、有ります。

2012年07月27日 | 酒 2012年

 さてと、お盆が近いことですし また店頭に升を並べましょうか。その両者の間には特に関連はありませんが。

と言うことで、本日は金鶴の升をば。

4

汚れ防止に一個ずつ和紙で包みます。普通の包装紙や新聞紙などでも問題はないんですけど、中が見えないのは面白くありませんし、風情も感じられないですからねぇ。

3

う~ん、檜の香りが漂って なんともよい気分。

こういう地味な仕事をコツコツやるのが根クラな私には似合っているようです。なんてのは笑えないジョークだったりして。

いつものお酒を違う風味にしてくれるスグレモノ、それが檜の升。癒し効果もあるのではないかと勝手に思い込んでおります。

これまた冗談っぽく言ってますが満更でもないと思いますよ、天然木の芳香は身体に馴染みますから。

コメント

上手くいくかな・・・

2012年07月26日 | 動物・植物

 ご近所の奥さんたちが農地を借りて家庭菜園をなさるそうで、有難いことに うちのかーちゃんもその一部を貸していただけることになりました。

かーちゃん張り切ってます。先ずは籾殻堆肥を使いたいと言うので、知り合いの農家のかたにお願いに上がりることに。(その役は私)

015 微生物に詳しいHさん、籾殻を堆肥にする作業は既にかなりの熟練。「微生物」、「発酵」のことについて尋ねるといろんなことを教えて下さるので 図々しくも たまにお邪魔してはお時間を割いていただいてます。最近は少し遠慮するように心掛けておりますけども・・・。

種類や役割は違ってもその二つのキーワードは我々の業界においても非常に重要な、というか何よりも大切な部分でもありますのでね。(本業は販売ですが)

研究熱心なHさんを持ってしても、「微生物のことなんて、まだまだ何も分かっていないくらい奥が深い」 そうですから、とてつもない可能性が秘められているような気がして興味深々なのですよ。逆に全て分かり切っていることなんて面白くないですからねぇ。

012

それはともかく、どのような作用があるのか楽しみですわ。などと言ってしまうと手伝う羽目になりますので、この発言は無かったことにしておきましょう。

コメント

童謡に思うこと…

2012年07月25日 | 日記・エッセイ・コラム

 周囲に自然環境が広がっている恩恵と申しましょうか、コガネムシの類がけっこう飛んで来ます。その姿を見ていると 「♪こがねむし~は金持ちだ~♪」 と、つい歌いだしたくなったりして。でも歌いませんよ、私は。 う~ん、だってこの歌ってなんか暗い感じがするし。全然お金持ちっぽくないし。いえね、決してケチつける気はないんですけどね。

でも蔵 建てたんだよな・・・ やっぱりお金持ちなんだわ。そんなあなたには大吟醸がおすすめです。

コメント

節目の行事へ。

2012年07月24日 | 〆張鶴

 毎年恒例の「呑み切り」に、村上の宮尾酒造さんへ。当然の如く本日は車では行けませんのでJRにて。

009

ご存知の方も多いとは思いますが、「呑み切り」とは貯蔵している清酒を検査するために呑口(のみくち)を切って(開けて)酒を出し、鑑定することなのです。007

これが呑口。ようは貯蔵タンクの出し口ですな。

ここから出した原酒を、かっこよく言えば鑑定して今後の変化を予想するのです。が、正直申しまして秋以降に蔵出しされるころには思い描いていた通りになるとは限らないので、あくまでも現時点での状態を確認するといったほうが的確かと・・・。

呑み切り中の画像が無くて恐縮ですが、念のために自粛させていただきました。花・月・雪・純・吟撰・・・と、もちろん其々に良さがありましたが、特に大吟醸の【B3007】と【B3021】が私の好みであったとだけご報告申し上げます。

その後は懇親会で素晴らしい料理屋さんへ。

004_2

さすが城下町、感じいいですねぇ・・・

美味しいお料理と、それに勝るとも劣らないお酒の数々に大満足して帰って来たのでした。

コメント

まえたのブログ

2012年07月23日 | インポート

 まことにありがたいことに、この「マイタのブログ」を宣伝して下さる方々のお陰でアクセス数が増加しております。

以前申しました通り、このブログタイトルは「マエタ」を方言表記して「マタ」と洒落てみたのですが、どうやらかなりお手数をお掛けしているようでして・・・。

素直に「前田のブログ」、または「まえたの・・・」くらいにしておけば検索される人が簡単にアクセス出来たのかなぁ? と、最近になって反省しております。すみませんでした。

でもまぁ、少しは遊びごころがあったほうが楽しいような、また素直じゃないところが私らしさを表現しているようで 本心では我ながら良いタイトルをつけたものだと自己満足しているのですよ。

兎にも角にも ここまで続けた以上、今さらタイトルを変更するのもいかがなものかと思い、これからも今まで通り「マイタのブログ」で行かせてもらおうと決意しましたので、ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。

余談ですが、数年前にスーツを新調した際、内ポケットの上に入れるネームの刺繍を「Maita」にされるところでした。間一髪で正しいスペルに直していただきましたが、ここまで来ると本当に正しいのはどっちなのかと不安になったりして。

方言は強し、ですな。

コメント (2)

最盛期に向けて

2012年07月22日 | 動物・植物

01  かーちゃんの家庭菜園シリーズ、このたびはキュウリです。

いやぁ見事に生りましたねぇ、日当たりの悪い場所なんですが。食べごろですので冷やし中華の具にしましょうか・・・ などと何もしていない私が決めるわけにはいかないので、栽培者に一任します。

それにしてもこのところ雨が降りそうで降らない日が続いております。局地的には恐ろしい豪雨に襲われている日本列島、異常気象なのかどうか知りませんが、昨年の7月末は当地も避難勧告が出るほどの騒ぎになりましたので、なんだか落ち着かないんですよね。これから名物の「くろさき茶豆」の収穫期を迎えますし・・・

普通に晴れて普通に降って、そんな虫のいいことを望むこの頃です。

コメント (2)

明るい顔してるかな?

2012年07月21日 | 地域

 今日は町内の納涼会、ただ私は仕事中の参加でしたので飲酒は無しで。(T_T)

枝豆も漬けものも、ウーロン茶でいただくのでは今ひとつ物足りなさを感じてしまうのが酒飲みの心理、でも目の前の甘露を我慢できるってことは こんな私でも少なからず理性が働いていると申しましょうか、アルコール依存症ではないという証明だと思えば気持も明るくなるのです。

モノは考えよう・・・ なるほど、すべてがそうできれば常に楽しく居られるんでしょうねぇ。不平不満が多い私には遠い道のりですが、これでも目指しているんですよ、一応。

コメント (2)

簡単更新

2012年07月20日 | 日記・エッセイ・コラム

 先日 運転免許証の更新に行ってきました。免許センターまで行くのが億劫だったので、隣町(旧 白根地区)の警察署へ。往復の時間も合わせて約1時間くらいだったかな?簡単に済んで気分上々、ただ即日交付が出来ないとのことで後日取りに行かねばならないのですが、まぁそのくらいは苦になりませんわ。

120720_170036

新しい免許証が出来るまではこの状態です。

これはこれで持っていたい気もしますが・・・

コメント

夏向きの酒

2012年07月19日 | 酒 2012年

 一年を通していつ飲んでも同じ味のお酒は酒蔵の技術力の高さを証明するものですから、それは安心につながります。一方、飲む時期により違った表情を見せてくれるお酒も、熟成の度合いなどによる酒質の変化を体感できる楽しさが捨て難いものなのです。

さらに季節商品にもそれぞれの長所がありますので、とどのつまり私の場合は「日本酒は旨い!」ということに落ち着くようで。

今であれば夏らしいお酒の最盛期、となると・・・

/

010

   〆張鶴 吟醸生貯蔵酒 でしょ。 このお酒、味も然ることながら300mlしかないところがポイントのひとつなのです。小さな瓶ですから冷蔵庫の中で場所をとりませんし、テーブルの上に置いていても野暮な感じがありません。

   

            これぞ夏向きの酒、お中元にもよろしいようで。

コメント

草食系のヒカリもの。

2012年07月18日 | 動物・植物

Photo

 ちびガエルの次は ちびコガネムシ、いやカナブンかな・・・ どうやら正解は「ドウガネ」のようです。それらを見分けるのは私にはなかなか難儀ですわ。

メタリックグリーンの光沢が見事です。自然界でこのような色合いが生まれるのって、なんだか不思議と言いますか、神秘的とさえ思ってしまいますねぇ。後ろ足を1本 ピーンと伸ばしてポーズをとったりして。

樹液をエサとするカナブンと違って害虫扱いらしいですから、もしかしたら駆除されそうになって逃げて来たのかも知れません。

お前さんも大変だなぁ・・・

コメント

まだ安心できないかも知れませんが、

2012年07月17日 | 酒 2012年

 ここ数日の記録的な豪雨で大変な目に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

Photo_2

               熊本の豊永酒造さんはご無事でした。

コメント