デジスコ撮影実習日誌

デジスコとデジカメで野鳥や草花を撮影するのが楽しくて実習に励んでいます。 最近ではスチームエンジン工作にはまっています。

デジスコで土星の環を見る

2016年06月22日 07時29分30秒 | 天体観望


2016/06/01(水曜日) 晴れ



火星の大接近からは日にちが経ってしまいましたが、まだ夜空に明るく輝いて
一目で「あれが火星だ」とわかります。
そこで家のベランダにデジスコを置いて撮影してみました。

フィールドスコープは口径82mm。
アイピースは50倍。
カメラは3倍スーム。(焦点距離35mm~105mm)

暗い夜空では目標になるようなものはありませんので、小さな点のような火星を
狭い視野範囲にいれるのはなかなか難しいものです。
(精度の)しっかりした照準器がないと苦労します。



カメラのズームを最大(105mm相当)にして撮影した火星。 小さな点にしか写らない。 
デジスコとしては105mm × 50 = 5025mm相当の超望遠撮影になる。



トリミング拡大してみた。 赤っぽい感じはわかる。




火星の左側に明るい星が見えますが、これが土星です。
夏の間しか見えませんから今が観察のチャンスです。
デジスコで覗いてみるとかすかに環らしきものが見えます。





レタッチソフトで画像補正をかけて拡大トリミングした画像。
土星の環の傾きがちょうどいい感じだ。



図鑑や雑誌などできれいな鮮明な土星を見ることができるのに
なんでわざわざこんな不鮮明な写真を撮って喜んでいるんだか・・・・
いや、いや、やっぱりこの目で実物の土星をみてみなくては!
土星には本当に輪っかがありましたよ・・・・・
コメント

デジスコで皆既月食を撮る

2014年10月09日 19時17分23秒 | 天体観望
2014/10/08(水曜日) 晴れ


今夜は皆既月食が見られた。
3年前にも皆既月食を見たが冬のことだったので寒くて大変だった。
今回はまだ秋だからそんなに寒くは無い。
それに月食が始まる時刻も6時20分頃と早めだから条件が良い。
明るい内から庭にデジスコをセットして待った。
夕食を済ませて部屋の中から空を見上げてみた。
何だか雲が多くて空は見えない。
ありゃー、これじゃお月様は見えないかもしれない。
また椅子に座ってTVニュースを見始めた。
すると、月食の様子を放映していた。
もう月食は初まっていて欠け始めた月が映っている。
あれっ、お月様は見えるのかな?
急いで庭に出てみた。
なーんだ、お月さんは、あんな低いところに見えている。
これじゃ、部屋の中からは見えるわけがないよ。
月の左下側が欠けている。
ちょっと遅刻してしまったけど、まっ、いいか。


↓ 撮影を始めたときにはもう既に左下の方は欠けていた。(午後6時30分頃)



↓ もうすぐ皆既月食になるときの月。   感度をISO400に設定して撮影したが、モニターに映し出される
   月面は上方がいつまで明るく輝いて見えてしまった。
                           (午後7時35分頃)




↓ 皆既月食中。 ISO400設定ではモニターに映し出される月面は左側が輝いて見えている。
                           (午後8時15分頃)




↓ 地球の影から抜け出して月面に陽光が当たり始めた。  (午後8時30分頃) 




↓ 月面が光始めたので感度をISO100にして撮影した。 このころからまた雲がかかり始めてきた。
                             (午後8時45分頃)




月が地球の影から抜け出して元に戻るまで見ていようと思ったが何だか寒くなってしまった。
それに雲も広がってきて月が隠れてしまうようになった。
それにもう2時間以上も空を見上げているので肩が凝ってしまった。
そろそろ月食の観望を止めて部屋に戻ろう。



     デジスコ:KOWA TSM-824M(32倍アイピース)+SONY W-300
     レタッチソフトによる画像補正およびトリミング実施
コメント (6)

土星の輪が見えました!

2014年05月10日 06時14分01秒 | 天体観望
2014/05/09(金曜日) 晴れ


大きな環を持っていることで一際目を引く土星。
土星やその環は写真などで見たことはあるが実物は見たことがない。
いや、何年か前に手持ちの望遠鏡(フィールドスコープ)で覗いてみたことがあるが、
輪っかは横向きで小さなお団子に串が刺さっているような姿だった。
土星は太陽の周り一周するのに30年ばかりかかるんだそうだ。
その間に輪っかを地球の正面に向けたり、横に向けたりと姿を変えるんだそうだ。
現在は輪っかがよく見える位置にきているとのことだ。
それに午後9時頃に南の空に昇ってくるとのことだから観望には都合がよい。

庭に野鳥観察用のフィールドスコープ(望遠鏡の代わり)を準備して土星が昇って来るの待った。
空には月がかかりその左下に火星が赤っぽく輝いている。
更にその左下にはスピカが見える。
土星はそのずーっと左下に輝いている。
そして時間とともに南の空を移動して高度を上げて見やすくなってきた。

土星を捉えようとフィールドスコープを覗くのだがなかなか視野に入らない。
真っ暗な夜空では照星・照門式の照準器(鉄砲で狙いをつけるときのアレ)は役に立たない。
何度も何度も狙いを付け直してやっと視野に入れた。

おーっ、土星の輪っかが見えたよ!
米粒のような小さな土星にそれらしい輪っかが見てとれる。
デジカメを取り付けて(デジスコにして)写真を撮った。


↓ 米粒ぐらいにしか見えない土星とその環。 トリミングで大きくしてみた。










天文雑誌や図鑑などには、くっきり、すっきり、大きく鮮明に撮れた土星が掲載されて
いるんだからわざわざ、こんな貧弱な土星を見なくてもイイのに・・・・
でもやっぱり自分の目で見てみたい。

うん、なるほど、土星には輪っかがあるんだなぁ・・・納得。


  
   撮影:デジスコ(Kowa TSN-824M 50xアイピース)+ SONY W300
   レタッチソフトによる画像補正およびトリミング
 







コメント (4)

宵の明星(金星)が輝いています

2013年12月10日 19時54分29秒 | 天体観望
2013/12/10 (火曜日) 雨後晴れ



この頃、夕方の西空に明るい星が輝いています。
(明けの明星)宵の明星といわれている金星です。
水、金、地、火、木、土、天、海、冥・・・太陽を廻る惑星たち。

(スイキンチカモクドテンカイメイ・・・古いねぇー
 現在は冥王星は「順惑星」になってしまったから ・・・ドテンカイです。)

金星は太陽に近い惑星の2番目、地球のすぐ内側にある惑星です。
地球の内側で太陽を廻っているので夜中には見ることができません。
明け方の東の空か夕暮れの西の空に輝いて見えるのです。
先日、雨戸を閉めるとき、西の空に三日月とともに金星が輝いているのが見えました。


(12月6日の夕方、西の空に輝いてた三日月と金星)



金星も月のように満ち欠けしているのだそうです。
雑誌の記事や写真、ウェブサイトの記事などでその満ち欠けの画像を見たことは
ありますが、実際の像は見たことがありません。
そこで望遠鏡(フィールドスコープ 50倍)で覗いてみました。
確かに三日月見たいな金星が見えました。
とても明るくて目がおかしくなってしまうほどでした。
デジスコにして写真を撮ってみました。








カメラのファインダーの中央に捉えてもすぐに動いて隅っこに動いていってしまいます。
地球の自転の速さを実感しました。


    デジスコ:KOWA TSN-824M(50倍アイピース) + SONY W300
    レタッチソフトによる画像補正およびトリミング 
コメント (2)

臨時ニュース 狭山でも金星太陽面通過が見られました!

2012年06月06日 13時57分34秒 | 天体観望
2012/6/6 (水曜日) 雨のち曇り


今日は金星が太陽面を横切るという天体ショーが見られる日だ。
だけど残念ながら関東地方は天気が悪くて太陽は顔を出してくれない。
まぁ、いいか・・・ ニュースで報じる画像でも見て楽しむことにして
旅行記の続きでも編集しよう、とパソコンに向かっていた。

「ねぇー、雲が切れて青空が見えるよ・・・」

11時頃、居間でテレビを見ていたお代官が教えてくれた。
おぉ、そうか! それじゃ急いで準備しなくっちゃ!


↓  大分前、日食を撮ろうと思って買ってきたセロファン紙を引っ張り出して丸く切り抜いて
    フィルターのようなものを作った。



↓  スコープの先端にセロファンフィルターを乗せて雲が切れるのを待った。
    太陽はほぼ真上。 ファインダーを覗くのは一苦労だった。




時々雲が薄くなって太陽の当たりが明るく輝く。
その明るいところにスコープを向けてデジスコ画面を見るが
太陽は見えない。
とそのとき、ちらっと太陽面が見えた!
時刻は12時45分頃だった。
必死でスコープで太陽を捕らえようとするがなかなか捕まらない。
時々画面に太陽が入るが、すぐフレームから外れてしまう。
一瞬、太陽面の右端に小さな黒丸が見得た。

「あっ、見えた! 金星はまだ通過中だ・・・」

非情な雲はまた太陽を隠してしまった。
ダメかな・・・・・と思ったときまた薄い雲の中に太陽面が見えた。
ピントを合わせるがなかなか合焦してくれない。
えーい、これでいいからシャッターを切ってしまえ、とレリーズを押した。


↓  何とか太陽面を通過する金星が撮れた。 




↓  レタッチソフトで自動補正してみた。 黒点も見える。




↓  彩度を落としてモノクロ画面にしてみた。



この後は雲は次第に厚くなり、雨まで降ってきた。
ほんの一時だけ雲が薄くなって何とか写真を撮ることができた。
この次、金星の太陽面通過を見ることができるのは2117年1月だとか・・・
100年も先のことだから我々はもうこの世には・・・・
貴重な体験ができてラッキーだった。



   デジスコ:KOWA TSN-664ED(25倍アイピース)+SONY W300
   レタッチソフトによる画像補正 ノートリミング


コメント (2)

皆既月食観望

2011年12月11日 19時25分46秒 | 天体観望
2011/12/10 (土曜日) 晴れ


今夜は皆既月食が見られた。
月が欠け始めるのは21時40分頃からだそうだが、
久しぶりの月デジスコ撮影が嬉しくて実習生は
8時半ごろから三脚を準備したりして月食が始まるのを
待ち構えた。

20時半ごろは雲がかかっていてあまり良い条件ではない。
雲の薄いところでは月が明るく見えているが、すっきりは
見えない。


↓  空には薄い雲が広がって月はすっきりは見えない。 残念だ・・・・と思っていたが・・・・



↓  月食が始まる前の21時半頃には雲はすっかりなくなり、すばらしい夜空になった。 ラッキー!



↓  21時40分頃、なんとなく月の左下が暗くなってきた感じがした。 いよいよ始まったぞ!  







月が動くのは案外早い。
ファインダーに入れていてもすぐ液晶モニターからはみ出してしまう。
その都度、デジスコを取り付けた雲台を動かして月を捉えなくてはならない。
これが結構大変だった。
それに月はほぼ真上にあり、雲台ももうこれ以上は上を向けない。
三脚の脚を大きく広げて雲台を傾けさせて撮影を続けた。
おかげで腰や首が痛くなってしまった。



↓   半分ぐらいが欠けてきた。



↓  露出を目一杯プラス補正して撮ってみた。 影の部分が見えた。



↓  もう1時間が経つ。  月も大分欠けてきた。





もうすぐ全体が隠れそうだ。
夜空に赤黒い月が姿を現した。
さっきまでいたお代官は寒いと言って部屋に入ってしまった。
でも、この赤黒い月は滅多に見られるものではない。

「おーい、お代官、早く出ておいでー・・・・」











月が影に入って皆既月食になると、空は暗くなり回りには沢山の星が見えてきた。
オリオンがちょうど目の前に広がっている。
今日は小三ツ星が良く見える。
双眼鏡で星を眺めて遊んだ。
お代官も最近は双眼鏡の扱いにも慣れて星空もながめられるようになった。

「ほら、真上のぼうっと薄く光ってるところを見てごらん、あれがスバルだよ」

「あーっ、ほんと、星がいっぱいあるんだね!」

久しぶりに星空を眺めて楽しんだ。
何だか大分寒い。 
吐く息は真っ白だ。
月がまた明るくなり時まで見ていようと思ったが、寒くてだめだ。
もう観望は終わりにしよう。


コメント (4)

初めて土星を見ました。

2009年03月27日 19時24分37秒 | 天体観望
友人に誘われて夜空の星を見に行ってきた。
見晴らしのよい小高い山の展望台に登って日が暮れるのを待った。
やがて空の高い位置にひとつ、ふたつと星が現れ始めた。
そして辺りは真っ暗になり、空にはたくさんの星が輝きだした。
北斗七星、オリオンなど日頃見慣れた星も見えた。
「あっ、土星だ、土星がみえるよ!」と友人が教えてくれた。
東の空に明るく輝いている。
双眼鏡で覗いてみると、確かに普通の星とは違って見えるような気がした。
そこでスコープで覗いてみた。
小さく輝く点に細い串みたいなものが刺さっているのが見えた。
おぉ、確かにこれは土星に違いない。
早速デジスコで撮影してみた。

ところが真っ暗な空が背景では取り付けたデジカメのケラレ調整ができない。
仕方がないのでいい加減な感じでスコープに取り付けて、土星をファインダーに
入れてピントを合わせてみた。
液晶モニターを覗いてまたびっくり、真っ暗な夜では液晶モニターがあまりにも
明る過ぎる。 目がおかしくなって周りが見えなくなってしまうくらいだ。



↓ ピントを合わせてみたがうまく合わせられない。 いい加減な感じでシャッターを切った。
   小さな点のようにしか写らなかった。   (クリックすると拡大した画像が見られます。) 



↓ 少しピントが合った感じだ。 画像を拡大してみると輪のようなものが見える気がする。



↓ 何枚か撮った画像の中で一番シャープな感じの画像です。
   土星の輪は現在は水平になっていて見にくい時期なんだそうです。
   2017年には一番輪が大きく見えるようになるそうです。
   ちなみに土星の一年(太陽を一回りする)は地球の約30年に相当するそうです。    



初めて見た土星。 丸い輪ッかは見えなかったけど、何とか見えた土星の輪!
寒さを忘れて、デジスコを操作していたが、次第にカメラを操作する指の感覚が無くなってしまった。
ついに、シャッタースピードや絞を操作することが出来なくなってしまった。
(手袋をしていたけど、細かい操作をするときは外してしまいましたので)


その後は、まったりとオリオンの三ツ星や、小(こ)三ツ星の星雲、昴など眺めて過ごした。
空には時々ガスがかかり、低い空の星はあまりよく見ることができなかった。
そして初めての観望ということで、今回は早めに引き上げてきた。

今回は初めてのことで様子がわからず、数数の失敗や準備不足があった。
それを教訓にして次回はもちょうっとましな星空観望を楽しみたいと思う。

Oさん、お疲れさまでした。(お疲れさまは私の方かな?)
またどこかに行ってみましょう。





コメント (5)