ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

アオモンイトトンボ 番外編

2019-03-10 | イトトンボ科

敢えて撮らないトンボ(その3)

関東平野で一番多く見られるイトトンボはアオモンイトトンボ。やはり敢えて撮らないトンボですが、交尾態だけは何度も撮っていました。
個体数が多いので交尾によく遭遇するばかりでなく、交尾時間が長いので自然にカメラが向くのでしょう。

交尾態の♂に襲い掛かる♂


動じることなく交尾を継続

2009.7 都区内

交尾態 ♀は♂と同色型

2008.7 千葉県松戸市


2018.5 都区内

同色型で青色の♀ 明らかに青味が強い個体

2017.5 都区内

交尾態 ♀は異色型

2009.6 千葉県野田市


2008.8 都区内

異色型で褐色味が強い♀

2017.6 都区内

交尾態 ♀は未成熟

2018.4 都区内

♀ 同色型 産卵

2008.8 都区内


2007.7 都区内

♀ 異色型 産卵

2016.5 都区内

獰猛さで知られるアオモンイトトンボがイトトンボを捕食するシーンはたまに見かけるものの、殆ど撮影していませんでした。
画像は羽化して飛立ったイトトンボを♂が捕えたシーンです。襲われたのは同種のようですが、不詳。

♂ 静止 捕食



2018.5 都区内

♂ 静止

2007.9 都区内


2008.6 都区内

胸部の青味が強い♂ ♀程多くないが時々見かける

2012.5 横浜市

以下は♀の静止画像です。同色型の♀は単体でいるとフィールドでは♂と識別が困難です。

♀ 同色型 青味が強い個体 静止 捕食

2018.6 都区内

♀ 異色型 静止

2008.9 都区内

異色型の♀未成熟は鮮やかなオレンジ色で、アジアイトトンボの♀未成熟によく似ています。アジアイトトンボは2017年12月に掲載。

♀ 未成熟 静止 オレンジ色から緑色に変化過程の個体

2016.5 都区内

♀ 未成熟 静止

2014.6 都区内



同 捕食

2018.6 都区内


コメント   この記事についてブログを書く
« ホソミオツネントンボ 番外編 | トップ | オツネントンボ 2019<... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イトトンボ科」カテゴリの最新記事