ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オオトラフトンボ 2019<5月②>

2019-05-31 | エゾトンボ科

<5.30>続編

羽化の記録

10時51分、遅い時間に定位したヤゴを発見。♀の定位から飛立ちまで見届けることができたので、推移を記録しました。
定位発見から開翅まで約1時間31分、風が強くなって一旦翅を閉じ、最初の開翅から12分後の12時34分に飛立ちました。

♀ 羽化 定位 10:51 かなり乾燥した状態


10:54 裂開 複眼が抜ける


10:55 複眼が完全に抜ける




10:56


10:57 前肢が抜ける


10:58 後肢が抜ける


11:01 休止




休止期は約12分と短く、近くで飛立った個体に気をとられた瞬間に脱出。油断して脱出が撮れていません。

11:14 脱出直後


11:15


11:30 翅の伸長


12:17 腹部の伸長


12:22 開翅




やや強い風が吹いて飛立たず、約5分後に翅を閉じます。12時29分、再び開翅すると約5分後に飛立ちました。

12:34 飛立ち直前


飛立ち 



2019.5.30 群馬県

コメント

オオトラフトンボ 2019<5月①>

2019-05-31 | エゾトンボ科

<5.30>

時期が合って

オオトラフトンボの羽化撮影は、数年来行くつもりでいながら行きそびれていましたが、今年は時期が合って、いよいよ決行です。
脱出前の撮影が目的ですが、9時半頃で十分との読みが甘く到着時に見たのは脱出後の個体ばかり。一時は出直しを覚悟しました。
不安ながらも探索を続行、やはり遅い時間から羽化する個体がいました。結果は初回にして成果あり。

♂ 羽化




♀ 羽化








11時45分頃に発見した脱出前の♀です。もう少し早ければ裂開から撮れたので残念。おそらくこの日最後に羽化した個体です。

♀ 羽化 裂開して複眼と前肢が抜ける


後肢が抜ける


休止 休止期は約13分



脱出 脱出開始から完了まで約13秒






脱出直後


翅の伸長


上の♀よりやや先行して羽化した♂です。草の間なので角度が限られ、却って面白い画像になりました。数秒で一気に脱出。

♂ 羽化 休止


脱出


脱出直後

2019.5.30 群馬県

コメント

サラサヤンマ 2019<5月③>

2019-05-30 | サラサヤンマ

<5.28>

長時間の産卵

4日連続した真夏日が一段落するようで、サラサヤンマの撮影を続行です。4日前に撮り損なった産卵を撮らないと終われません。
この日も探雌行動が活発で、やや不安を感じながら産卵を待つこと約1時間、縄張りの♂を潜り抜けて無事♀が現われました。
産卵場所を探して1分程低空で飛び回り着地。11時25分から約1時間半に及ぶ産卵になりました。薄曇りで湿地の気温は26℃。

♀ 産卵




近づくと長靴に産卵を試みます。こういう個体は産卵意欲が旺盛で遠くに飛び去ることはありません。約1分で移動しました。

産卵移動


数ヵ所を転々として産卵場所を探します。1ヵ所に止まるのは15秒程度です。



ここで少し落着き1分以上産卵しましたが、産卵場所に満足していない様子。



最初の着地から約6分後、気に入った朽木に辿り着いたようで、すっかり落ち着きました。ここで約41分間産卵しました。









触れない限り相当接近してもお構いなし。近くに♂が飛来しましたが、当方がガードしているので捕まりません。





産卵移動






一旦飛立ってから同じ朽木に戻り約7分間産卵 この朽木で通算約48分間の産卵


隣の朽木に移動 ここでは通算約29分間産卵


産卵移動




12時55分、産卵を漸く止めて低木に止まりました。最初の着地から約1時間30分後です。

♀ 静止 産卵休止


さすがに産卵終了と思いきや、腹部を曲げ始めまだ産卵する気配。休止時間は約3分で飛立ちました。





産卵を再開してから約1分後、移動した先で遂に♂に捕まりました。交尾態で上空に。そうそう何度も交尾は撮れません。
よい個体に巡り会って久々にサラサヤンマの産卵撮影を堪能しましたが、産卵の目撃はこの1頭のみでした。



探雌の♂の様子です。気温が下がってホバリングが多少長くなりましたが、前回と左程の変化はありませんでした。

♂ 飛翔






♂ 静止 樹上に止まる



2019.5.28 埼玉県

コメント

サラサヤンマ 2019<5月②>

2019-05-27 | サラサヤンマ

<5.24>

三連発

サラサヤンマの交尾は、湿地内を低空で旋回して高い梢に消えるのが常ですが、この日は着地を見届け、4年ぶりに撮影しました。
しかも、連続して3対が撮れる位置に止まるという滅多にない出来事に遭遇。いずれも飛来した♀が産卵前に捕らえられています。
他に1♀が♂から逃れるのを目撃、こういう日は産卵が撮れませんが、嬉しい誤算でした。最高気温は31℃の真夏日です。

交尾態 10時45分から交尾時間約17分




風に煽られて


2対目は、この角度しか撮れない位置でした。

11時19分から交尾時間約16分


交尾を解いた直後


♀ 静止 交尾後の♀が約3分間止まる


3対目です。枝が入り込んで見通せる角度は限られますが、一番低い位置です。

13時2分から交尾時間約17分




交尾を解いた直後 すぐに離れず連結態で1分以上静止




交尾後、♀は近くの枝に飛びしばらく休止するのが通常パターンと思いますが、この個体は約40分間止まっていました。

♀ 静止 交尾後の♀ 




♂の探雌行動は相当念入りな様子。暑いのでホバリングは稀ですが、止まってもしっかり♀の飛来を待ち構えていました。

♂ 飛翔






♂ 静止







2019.5.24 埼玉県

コメント

カワトンボ 2019<5月>

2019-05-25 | カワトンボ科

<5.23>

交尾即産卵

二ホンカワトンボとアサヒナカワトンボが生息する当地域での♂の翅色の特性から、この日の撮影分はアサヒナカワトンボとしています。
この渓流では橙色翅型の♂も見られますが、無色翅型が圧倒しています。前者はおそらく二ホンカワトンボと思われます。

アサヒナカワトンボの交尾態が早瀬の岩に着地して交尾を解くと、♀はその場で瞬時に産卵を始めました。初めて見るパターンです。

交尾態


交尾を解いた瞬間 ♀は産卵開始






♀ 産卵 別個体


移精


交尾態

2019.5.23 岐阜県

コメント