STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

中敷を注文!フットウェア外来へ

2019年09月25日 | リウマチ・通院
こんばんは~ビオラです♪
ようやく秋の空気を感じられるようになりましたね。

今日は、急きょフットウェア外来へ。
ひとつは、オーダー靴ファスナーが時々(履き始めて3回経験)途中まで
開いてしまうので、相談。
ファスナーの引く部分を倒すことでロックがかかるけれど、何かの影響で
起きてしまうと開くこともあるらしく、「今度、開いたらファスナーがどんな
状態になっているかをリサーチしてください」と。
何度もそういった状態になれば、ファスナー交換も対応可能だそうです。

それから、市販のどんな中敷を入れ替えてもこれに勝るものはない!と
思える中敷なので、もう一個注文いたしましたぁ!!

「そういってもらえて本当に有難いです」とおっしゃるけど、
お世辞でもなんでもなく、本当のことなので。

今なら型取りした型があるので、値引きがあり。
9月注文なら、受け取りは10月でも増税前の8%にて。
おおお、良かったぁ~~~r(^^;)

後は、足裏と右足指の魚の目の切除。
今回も、初めて削ってもらった時の看護師さんで、削った後の感じがとてもいい。
「今の足の状態を守る」観点で行くようにおっしゃっていたのが印象的。
ここの病院とは、本当に長いお付き合いになりそうです。

今日は誰も知り合いにも出会わないなぁと思っていたら、ここの病院を
教えてくれたリウ友さんに出会って、またまた短い間だったけど話に夢中!

中敷+市販靴のケース
中敷の調整も可能。
たとえば、足の前方部分を薄く削るとかもできるらしいです。

リウ友さんの場合には、魚の目が当たる足裏部分をくりぬいたフラットな中敷(これはオーダーではない)
を入れて、その上にオーダーの中敷を入れる工夫をしていました。

この方法は、素材の品質差はあるけど自力でもできるんじゃない?って思います。
お試し程度なら、百均のインソールをくりぬいてみるとか。
ついでに自画自賛の手作り頸椎カラーも見てもらって。

リウマチ歴でも年齢も先輩の友達が、ささっと愛車に乗って発進していく姿を
見ていて、私もあんな風に十数年後もありたいなぁと思いました。

「私たちは、リウマチがあるけれどまだまだ車で動けるからいいのよね~。
助かるよね(^^)/」って前向きに以前話してくれたのが、ふっと浮かんできました。

結果的に今日行って良かったこと、結構いろいろありましたよ~(^^♪
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年9月のリウマチ科 | トップ | 頚椎の経過観察で整形受診 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リウマチ・通院」カテゴリの最新記事