STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

頚椎の経過観察で整形受診

2019年09月26日 | リウマチ・通院
こんにちは~ビオラです♪

昨日に続いて今日は、頸椎の整形受診でした。
レントゲンは、いつものように3種類撮影。
終わって、待合室に移動するとすぐに呼ばれるというこの上ない早さ。

環軸椎亜脱臼は、リウマチで病変が出やすいところ。
私の場合には、7年前から水平・垂直のズレが見られ、状況次第では
手術も視野に入れた経過観察をしなければならなかったわけです。

数年前から、だんだんと良い位置で癒合して来ており、少なくとも
環軸椎亜脱臼は、改善されているのが分かりました!

先生から「この6年間で頸椎の手術を受けたのと同じ状態に
なったのは確かです」と言われて、本当に嬉しい!!

ただ、病変が現れるのは環軸椎より下の頸椎でも
起こりうるので、引き続き必要に応じてカラー装着とリウマチのコントロールを!
という話でした。


“第一頚椎(環椎)と第2頚椎(軸椎)は頚椎の中でも特殊な形をしている。
環椎横靱帯という靱帯が軸椎の突起を環椎前弓に押しつけるように存在しているが、
何らかの原因でこの靱帯がゆるんだり切れたりすると環椎と軸椎が不安定となり、
首を前屈させたときに環椎が前方へずれることによって脊柱管が狭くなる。
関節リウマチ患者やダウン症で頻度が高い”
引用元:環軸椎亜脱臼より

手作り頸椎カラーを見てもらおうと思って、スカーフを外しながら
「作ってみたのですけどね~」と伝えました。

整形外科で処方された装具士さんの作成したカラーはしびれが出て使えない
(ホントに、こんなもん良く作ってくれたって思ったし(-_-;))

リウマチ科の市販カラーを装着

今年から夏場の暑さ対策と軽量化をしたくて手作りカラーを作った

前傾対策になっているのは確かなので、軽量化できているのであれば
とても良いことだと、お墨付きをもらえました。

「これまでカラーを手作りした人を初めて見ましたけど、前傾防ぐには
とてもいいですね(^_-)-☆」と。
スカーフを外している時、「始めは、何が出てくるかびっくりしました!」と
おっしゃっていました(笑)



駅周辺でファンゾーンを見ていると、ワールドカップの試合が開催されるんだなぁと実感です。
今日は、足の調子が良くて4000歩近くも歩いてました。
オーダー靴とフットケと頸椎の結果が良かったおかげ。

過去記事はこちらから。

頚椎カラーを手作りしてみた


頸椎を診てもらうため整形外来へ
 

半年ごとの頚椎整形受診!ちょっとホッと!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 中敷を注文!フットウェア外来へ | トップ | 同時進行 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かった! (マクノスケ)
2019-09-26 18:15:32
経過が良いようで良かったです。
それに装具もバッチグーなんですね。
私も首の骨と骨の感覚が狭くなって身長がだいぶ減っちゃって。
セーターはハイネックが余っちゃうほど首が短くなってきました。
その上、最近はコキコキ鳴るようになってしまい、
今度、レントゲンを撮ることになりました。
たぶんカラーをするようになると思いますが、
ビオラさんを参考に私も頑張りますね。
マクノスケさんへ (ビオラ)
2019-09-27 09:10:34
いつも、ありがとうございます♪
年数かけて良い位置に癒合するってあるんですね。
ホント、嬉しくて。
手術したのと同じように自力で(笑)なるなんてね。

首の音は、たまに鳴りますよ。
身長を時々測る必要もありますねぇ・・。
レントゲンで診てもらうと意外と大丈夫だったってこともあるかも!?

始めはカラーなんて!って思ったけど
パソコン、運転の時はほとんどしています。

「事故?むち打ち?」って興味本位で知らない人に聞かれたり。
「お金が無くて首が回りません」でスルー(笑)

コメントを投稿

リウマチ・通院」カテゴリの最新記事