STEP BY STEP

リウマチでも一歩一歩ゆっくりでもいいんじゃない?アクテムラ再開。ビオラなりに感じたことを発信しています。

2019年9月のリウマチ科

2019年09月14日 | リウマチ・通院
こんにちは~ビオラです♪
通院、通院、通院の1週間がそろそろ終わりそうです。

リウマチ科では、毎回採血をしているのだけど、今回は
月曜日に消化器内科で行ったばかりなので、その血液データを持参
したら、参照してくれることになりました。

アクテムラが効きすぎると白血球が低くなり過ぎるので、
今回から、量を減らす?
または、感覚を5週に開ける?
と勝手に思っていたのですが、白血球が4700なので
ちょうどいい量だということで継続になりました。

アクテムラ皮下注で投与後の赤みを気にしなくていいのは、
本当に楽に!!

膵臓MRIの結果を報告。


血中アミラーゼ H155 (平均値39-134)
リパーゼ
エラスターゼ
膵アミラーゼ 
これらは、次回に消化器内科で。

リウマチのために、唾液腺からの影響があると先生はおっしゃるけれど
100%それだけとは言い切れないので、膵臓の検査も受けたわけです。

あとは、オーダー靴の完成を見てもらいました。
リウマチ科からもフットウェア外来へ紹介している方も
結構いるらしいけれど、「これはデザインがいい!装具とは思えない(^_-)-☆」と。

手作り頸椎カラーの報告もしたのですが、予想を上回る反応(笑)
アイデアは、リウマチの友達から教わったものだと伝えました。
どこかで活用されるのか?カラーの写真を撮影してくれましたね(;'∀')
モデルの私は・・・はい、要らなかったようですr(^^;)

アクテムラ点滴後に、プラリアを注射。
ついでに足首で簡易的な骨密度測定をしてもらいました。

同世代と比べると 66%
若い世代と比べると 60%

やっぱり破壊された足首では、こんな数値が出ても仕方ないでしょうね。
年齢的なものもあるし(-_-;)

薬局へ行くと、気になるのがキャスター付きの椅子。
以前、丁寧にへりくだりながら苦情を行ったけれど、苦笑い程度で深刻に考える表情すらありません。
ちょっと黙り込んでいたかも?
数か月たっても交換する気配もないので、もうめんどくさくなり言うのはやめました。
薬剤師次第で、患者が座る際に椅子を持つ人、持たない人がいます。
私の時は、元気に見えるのでしょうが持ってくれません(笑)
もちろん、自分でコケナイようにゆっくり支えて座りましたけどね。

自分の身は自分で守るのは、何も危ない椅子に座るときだけじゃないので
そんな風に考えるようにしました(^^)
コメント   この記事についてブログを書く
« 靴型装具の調整って外来でで... | トップ | 中敷を注文!フットウェア外来へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リウマチ・通院」カテゴリの最新記事