フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

あちらを立てれば

2012-05-26 23:56:45 | Weblog
アメリカのフロリダ州マイアミのレストランでは、客寄せの為にパンダならぬキリンやシマウマを集めています。子供客は大喜びでレストランは大繁盛。ところがこのレストランの為に周辺では交通渋滞が起きていて近所からは苦情も数多く届いているそうです。両方上手く行くことはどんなことでも難しいもので「2兎追うものは」という言葉になるのでしょう。
我が国の総理の野田首相も丁度そんな状況に置かれているのではないでしょうか。間もなく予定されている民主党の小沢元代表との会談で、小沢さんを取るか野党の言い分に耳を傾けるか、まさにあちらを立てればの状況です。この状況が続けばますます決められない政治となり、アメリカの新聞が取り上げた橋下市長の人気の源になって行くでしょう。
「情に棹させば流される」という日本独特の精神構造があります。これを捨ててスパッと決める決断が今、問われているのではないですかねぇ。信念の政治はある種、情を捨ててかからないと信念を通すことが出来なくなります。ですから、あちらこちらを見渡すのではなく、自分を見つめて決断して下さい。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 気負う | トップ | 歩く、歩く »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事