sigh of relief

くたくたな1日の終わりに、
熱いコーヒーと、
甘いドーナツと、
友達からの手紙にほっとする、感じ。

映画:父子草(1967)

2016-11-30 | 映画
今年の宝塚映画祭で見た、渥美清主演の古い映画の1本。
1967年の東宝・宝塚映画で、木下恵介脚本、丸山誠治監督。

ガード下のおでん屋で、渥美清が飲んでいるところに若い石立鉄男が来るんだけど、
若者は常連客で、東大受験に失敗して、今は働きながら予備校に通う苦学生。
アルミの四角いお弁当箱に白いごはんをいっぱい詰めてきて
おでん屋で幾つかおでんを頼んで、それでごはんを食べて夜警の仕事に行くのです。
この苦学生の好青年に、渥美清がそれはもうひどく絡むのよ。
事情があるにしてもこの絡み方はないわぁ、わたしが女将ならとっとと追い出す、と
ついお店の人視線になってしまう、元カフェオーナーのわたし。(笑)
本当に、ただのいちゃもん、難癖、やつあたり、声のでかい下品なおっさん。

渥美清は、戦争でシベリア抑留中に行方知れずになっているあいだに、
日本の妻が弟と結婚してしまって、帰国後も会えないまま身を引いたので、
この若者を息子のように構いたくなってのことだったのですが、
そのうち仲良くなり、励ましたり叱ったりしながら支えていくのです。

映画の中で、俺は実は、生きていた英霊なんだ、というようなセリフがあるのですが
おでん屋の女将(淡路恵子)は「まあ…そうだったの」と同情をよせ話を聞きます。
もう亡くなったと思われていた兵隊さんが無事復員し、
「生きていた英霊」と呼ばれたのでしょうが、いろんな物語があったことでしょう。
妻子が他の男の家族になっていたような話は、けっこう多かったのかな。
きっと、そういう題材の映画もいくつもあるんじゃないのかと思う。
とても悲しいしドラマチックだし。
外国の映画でもいくつかあった気がする、思い出せないけど。
戦争がまだついこの前のことで、誰もが覚えていた時代なんだなぁ。

石立鉄男は、子供の頃見ていたドラマ「パパと呼ばないで」などの、
くるくるパーマのアフロ頭でマンガチックな大げさな演技の人と思ってたけど
古い映画で若い頃を見ると、イケメン青年の役を案外やっているみたいですね。
若いころ顔がしゅっと細く顎がとがっていたのが
年とともに四角いごっつい顔になる、ディカプリオ型の男性だったのね〜。
この映画の中ではコミカルな役ではないのですが、
でものちの大げさな演技の片鱗はすでにあって、目の演技など今見ても、
ちょっとオーバー、やりすぎ、舞台っぽい、と思うところがあるように思う。

渥美清は、まあ渥美清ですね。
義理堅くて人情に弱く感激屋でまっすぐなおじさん、の役。
他の俳優では、若者の女友達役の星由里子がとても可憐でかわいいです。

ラストは、ちょっと物寂しい終わり方を予想してたのに
なんだか大団円のハッピーエンドで、肩すかし感。
ここは、若者を幸せにして、渥美清はひとり去っていくみたいな感じの方が
映画としての格は上がりそうだけど、
この時代の温かいメロドラマの典型のひとつとしては、まあこれでいいのかな。

ちなみに父子草というのは、映画の中では撫子の花のことを言っていますが
普通に父子草というと、母子草を地味にみすぼらしくしたような雑草です。

映画、YouTubeに、細切れになって全部アップされてるみたい。
コメント

追悼文

2016-11-29 | Weblog
美しい追悼文は、どんなに切実であっても
その美しさに釈然としない気持ちになることがある。
それが決して人の死を消費しているのではなく
必死で消化しているだけだということもわかっていても・・・。
なんか切実なことや深刻な問題を消費することに、
自分はちょっと過敏で潔癖なのかもしれません。
ドキュメンタリーの悲しい写真が美しすぎると、もやもやするのと同じです。
本当に大事なことは、外へ向けた表現によってよく知らない人たちと共有したりせずに
そっと自分の中だけに、消化も消費もせずに置き場を作ってあげることが、
一番いいように思うのです。
表現するということは、人の死や思い出や関係を結局ネタにすることにもなるから。
ネタというとひどく下品に聞こえるけど、それが業というものでもあるし、
そこから途方もなく美しいものや良いものがうまれもするので
一概に非難することはできないとは、思っています。
美しいものや良いものは共有してもいいと思うし、間違ってるとは思わないけど
でもどこか釈然としない気持ちには、やっぱりなっちゃうのです。
だれも知られない場所に、そっと置いておいてあげてほしいような、
そういう慎ましやかさが、好きなんですね、
そういう自分は業にまみれて、全然慎ましやかでない人間だけど。

でも、自分自身の死は、残った誰かの人生のネタにされても栄養にされても
消費されても全然構わないと思ってるので、わたしは自分が死んだら
美しく胸に迫る追悼文を誰かが書いてくれたらいいな〜と、ちょっと思う。
親しかった人の書くお別れの文章って、とても心にしみるいいものがあるから、
まずは、文章の上手い友達とほどの良い、しみじみとした付き合いをし、いや、
そもそもその友達に愛されるような良い人間として生きて死なないといけないわけで、
案外ハードル高いかもしれない。
一応、ひとり、もう頼んだけど。長生きして、いいの書いてねって!笑

そういえば、自分のお葬式のことを考えるのが趣味という友達がいるけど
(きれいでかっこいいおねえさんです)、
華麗なお葬式のバリエーションをいくつも考えていて面白い。
わたしはお葬式はいらないから、
知らない人まで泣かせるような、しみじみしたお別れの文章を
誰かが書いてくれるのがいいな〜。
とても趣味の良い紙に趣味の良い印刷で、
わたしが生前お世話になった人たちに送りつけてもらっちゃおうかな。
でも死んじゃったら、自分の追悼文読めないのは残念だな。笑
コメント

帰化種

2016-11-28 | Weblog
帰化種という呼び名はどうにかならんかというようなことを
雑草の本の中で、東大の先生が書いてた。うーん。

それで、パイオニア植物と外来種の帰化植物について考えているんだけど、
映画「日本の一番長い日」の中に、生物学者であった昭和天皇が、
戦時中に、歩きながらあちらこちらを指差して立ち止まり
「ヒメジョオンは見つけたらすぐ抜かなければ。」というようなことを
言うシーンがあります。(ヒメジョオンは北アメリカ原産の外来種)
それに対して侍従みたいな人が、
「外来種はすぐ増えますね、日本古来のドクダミなどは奥ゆかしくて」と答えながら
天皇と一緒にヒメジョオンを抜くのですが、
この何気ないシーンは、外来種植物を非難することで、戦争においても敵を非難し、
日本の主権を守りたいという気持ちを暗示しているかなと思ったんだけど、
調べてたら、逆に、
日本の植物が海外で繁殖して侵略的外来種とされているものもあることを知り、
「外国のものは野蛮で侵略的で危険だが日本のものは奥ゆかしい」みたいな考え方は
正しくないし、いかにも狭い偏ったものだなぁと、
改めて小さな植物の世界の中を見ても思う。
植物は国境なんて知らない。

外国で外来種として怖がられてる日本産の植物のひとつが葛で、その写真を見たら
獰猛なほどの繁殖具合で、腐海のようでびっくりしました。
葛餅も葛きりも美味しいけど、外国の人にしたらただの雑草なのでしょうね。
奥ゆかしさとは程遠いですが、わたしはその強さに感心するしなんだか感動もする。
大陸を超えて生き続ける植物は、こっちからあっちでも、あっちからこっちでも、
そもそも、特別に強いものなのだなと思います。

パイオニア植物というのも、外来種の帰化植物が多いため
あまりよく思われないことが多いようだけど、パイオニア植物の、
荒地などにいち早く生え増殖するが他の植物が成長してくると姿を消す、というのは
なんだか、けなげな感じがすると思うけどなぁ。
まあ別に遠慮して姿を消すわけではなく、自分の出す毒みたいなものやら勢力争いやら
植物なりの事情があって遷移するわけですが、
植物には植物の勢力図があって、じっと止まっているものはないんですね。
そういえば、一時すごく増えて、アレルギーの原因とも言われ嫌われていた
セイタカアワダチソウですが、これもいつのまにか少なくなってるように思います。
一つの植物が長く同じ場所を支配し続けることって、あまりないようですね。
セイタカアワダチソウについてググっていると、セイタカアワダチソウの勢いが減り、
ススキが戻ってきた現象について、戦前の特高序文を持ち出し、
外来種を取り込み共生化させる日本さすが、日本ってすごい!古来日本では・・・って
日本賛美している右翼ブログが最初に出てきたのですが、えっと・・・(笑)
いえ、古来からある日本の在来種を誇るのは全然いいのですが、
外来種を敵意込めてひきあいにださなくてもいいのにと思います。
日本にはたくさんの素晴らしい在来植物があると思うし、
弱い植物にはがんばれと思うけど、それが、
日本奥ゆかしい!外国下劣!みたいなことになるのは、おかしいですよと。

なんにしろ、植物は植物でそれぞれなりに生きているので、
人間がいかにも人間的な侵略とか帰化とかいう言葉でもって規定して
枠にはめてしまうというのはつまらないことです。
外来種であろうとなんであろうと、こういう勢力争いは
植物の世界でもどこでも起こっていることでしょう。
在来種にもセイタカアワダチソウと同様に繁殖力の強いものや、
毒素を持ち排他的な繁殖をするものはあって、
同様のことが起こってきて、これからも起こっていくのだろうと思うし、
植物の世界のことに人間の世界の競争原理を無理にあてはめる
擬人化のようなことも、わたしは好きじゃないな。

ただ、まあ、あまり派手な花が猛繁殖してはびこると、
なんだか憎たらしい気持ちになるのはわからないではないので、
セイタカアワダチソウやナガミヒナゲシのような派手な外来植物が一気に増えると、
追いやられてしまう在来種のことを心配する気持ちもわかるんだけどね。
しかしそもそも外来種を持ち込んだのは人間で、植物は知ったこっちゃないだろうに、
悪者にされる植物は気の毒な気がするのよねぇ。

葛の繁殖ぶりはこちら→海外で爆発的に繁殖!日本から持ち込まれた植物
動植物他に関しては→他国では迷惑な日本の在来種まとめ
世界の話は→wikipedia世界の侵略的外来種
コメント

雑草のこと

2016-11-27 | 小さいもの
春になると、雑草が気になり始める。
2016年の春に、駅までの2分間で見てわかった草。
キュウリグサ、オランダミミナグサ、コメツブツメクサ、カラスノエンドウ、
スズメのエンドウ、スズメノヤリ、オニタビラコ、タチイヌノフグリ、
オオイヌノフグリ、シロツメクサ、タンポポ、ヤエムグラ、ノゲシ、
タネツケバナ、ナズナ。もう少しあるかも。
のろのろとだけど、着々と名前のわかる、素性のわかる草が増えてきました。
その辺の、どこでもいい、どこにでもあるその辺の、雑草の一角、
その中に生えている草が、いつのまにか随分わかるようになってきたのです。

今年はマメ科の子たちについて、すこし調べた。
カラスノエンドウは、一番よく見る赤紫のやつ。

葉っぱの先は内側に切れ込んでてハートっぽい形。
さやは上むきにつく。
スズメノエンドウは、カラスノより小さく目立たない花。

葉っぱの先は真っ直ぐに切れてる感じ。さやは下向きについて、産毛あり。
だいたい豆は2つはいってる。
カスマグサは「カ」ラスノエンドウと「ス」ズメノエンドウの「間」をとって、
「カスマ」という合理的というかテキトーというかまあそのままの名前。

カスマグサの葉っぱの先はやや尖ってます。
茎は「スズメノ」より繊細な感じがするかな。

おおざっぱにハコベだと思ってた、近所の道端に良く咲いてる雑草が、
ミミナグサ、それもオランダミミナグサであることもわかりました。
葉っぱが羽毛に覆われててふわふわのやつ。ひとつ解決。

もうひとつのハコペっぽいやつもハコベではなく・・・なんだろ。
ツメクサっぽいけどちょっと違う。ノミノツヅリ、ノミノ・・・違うなぁ。
そもそもナデシコ科であってるんだろうか。
タネツケバナ?アブラナ科かー。ミチタネツケバナの方かな。

輪生する葉っぱはヤエムグラ。

カタバミなんだけどやたら大きいのはオオキバナカタバミ。
派手だけど、どことなく薄っぺらな印象の花だな。

ここ3年くらい、植物に関しては、歩いてて気になったら
止まって眺めて調べて写真撮って、帰ってから紙の図鑑で調べるようにしてきた。
図鑑を何冊か探っていると、同じものはなくても似たものは見つかるので、
それからあたりをつけてネットでググる。
画像検索しながら、葉っぱのつき方や茎の産毛や花の作りを照らし合わせて、
納得したら特定終わり。
でもネットでも紙の本でも、微妙に違うことが書いてあるものも多いので、
細かいところでよく悩みます。
まあ雑草だから、仕方ない。
変な交配もときどきあるし、自分なりにテキトーに特定すればいいかなと。

真夏になると、暑すぎて足元の小さい草を観察する余裕がない。
秋になると、またすこし草を見ますが、木の紅葉に目が行っちゃうかな。
そして、すぐ冬が来ちゃって大体のものが枯れてしまいます。
今年の冬はロゼットに、少し詳しくなろうと思う。
地面に這いつくばり丸く広がって冬を越す、葉っぱたち。
地味なので、見分けるのが難しそうです。

植物のことを調べて、知識が増えても、全くなんの役にも立たないです。
でも、興味や面白いことは役に立たなくてもいいのよね。
そしてフェイスブックには細々と調べたことと写真で図鑑を作ってるんだけど
こっちのブログでそれやり始めたら他のこと書けなくなるのでどうしようかな。
でも整理しておきたいなぁ。
コメント

こんまる日々4:ヘリンボーンと掃除

2016-11-26 | Weblog
リビングの床のフローリングをヘリンボーンにしたいと書きましたが、
小さい家では案外うるさく見えるのかなぁ?
普通の貼り方のほうがよかったのかなぁ?と、少し迷いながらも決めちゃう。
今は上の写真のグレイのカーペットです。
カーペットはやさしいし、埃目立たないし、落ち着いたいい雰囲気だと思うので
だんだん好きになってきたんだけど、椅子の下のところがもうハゲハゲだし、
食事の時に何かこぼしてシミを作ったことも数回あるし、
やっぱりフローリングにするか、と決めたのです。

横の和室も床は続けて同じへリンボーンにして、
開けると大きな一部屋みたいな感じだけど、エアコン効かなくなるし
ひとりでぽつんと居ても寒々しいので、仕切りのドアは一応つけます。
ピアノの色に合わせると、割と濃いめになるので、それやると重苦しいかな。
どんな色にするかはまだ迷っていますが濃い色にするなら壁はすっきりと白かな。
でもピアノの後ろの壁一面だけ、色か柄入りにする予定。

このヘリンボーンの床だけが、今回の改装で頑張るところで、
他は、新しくするキッチンも洗面も、一番安い規格品で間に合わせます。
凝り出すといくらでもおしゃれにできるし、システムの規格品以外でも、
手をかけてお金をかけないでおしゃれにすることもできるだろうけど、
そこはもう最低限の機能だけ整ってれば、あまり考えないことにした。
夢のお家を作りたいわけじゃなく、すっきりと居心地よく住めればいいだけなので
ありきたりなシステムキッチンと洗面台です。オプションもほぼなしで。
でも公団マンションなどでヘリンボーンの床なんか見たことない気がするので
この一点豪華主義は案外いいのでは、と思ってる。
いい感じにできるといいな。

母が、10年ぶりくらいにうちに急に来て(向かいに住んでる叔父のとこに
用事があったついでだけど)、リフォーム前の家の中を見て帰った。
こんまりしてて、よかった。思ったより片付いてるやん、と納得して帰りました。
やれやれ。
今は、うちは、さほど散らかってる家ではなくなってると思う。
まだいらないもの捨てるから、もっと片付く。ただ埃は目立ちます。
あらゆるところにある。
掃除機はたまにかけるけど、拭き掃除しないからなぁわたし・・・
リフォーム終わったら、ちゃんと拭き掃除もします。
昔は普通に掃除できてたんだけどね。
別居のゴタゴタの時に、元夫の触ったものが触れなくなって、
家の中の掃除ができなくなった。
それが10年近く経って、やっと治ってきたし、
リフォーム終われば完治、と思ってる。
なんでも忘れていられる時には忘れてるからなわたし、でも
傷なんかないつもりでいても、具体的に客観的に考えると、
驚くほど長い間消えない傷ってあるもんだな。
と、家の中の埃を見ながら思う。
コメント

子離れについて2つの話

2016-11-25 | こども
ちょっと子供の話をするとすぐに「子離れできてないですね」と
突っ込んでくるのは、中年男性に多いように思う。(個人的経験上)
相手の背景もよく知らなくてもそういうツッコミするのは、
ろくに育児もしないできたおじさんなんだろうか。
友達の中にも子離れできてないなぁと思う母親はいるけど、
それぞれの関係や状況にもよることなので一概に非難することではない。
そもそもよその家庭のことだし。
でもそう思わないおじさんは多いみたいですね。
「子離れできてないなぁ」と母親のダメさ?を上から見る言い方をされると、
わたしはいつも、ちょっとムッとしてしまう。
自分に対してでも、別の女性に対してでも。
女を目下に置いておきたい、母親というものを愚かな母性の生き物として
やさしく見下したい男って、ほんと滅びてほしい。
それ全部滅びたら日本の人口一気に半減しそうやけど。
なにその、おれさまは自立した大人だぜアピールは?って思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

散歩をしていた時に、神社の境内で幼稚園〜低学年くらいの子供が二人いて、
おかーさん!おかーさん!鬼ごっこしよう!
おかーさん!こっちー!と母親と遊んでて、
こんなに子供にまとわれつかれていた頃がわたしにもあったかなぁと、
遠い目になってしまった。

子離れ、親離れということに関しては、
自分はそもそも子供と自他分離できてないような時期が一度もなかった気がする。
幼児だった息子さんと「まだへその緒が繋がってる感じ」と言ってた友達もいたけど
わたしにはその感覚は全くわからなかった。
生まれた時から、生まれる前から、自分の子供であっても、
自分ではない別の人間だと思ってたし、それ以外に思いようがなかった。
生まれた瞬間から、自分とは全く別のひとりの人間にしか思えなかった。

でも今は、子供が自分の一部分のように感じる時期が、
少しくらいあってもよかったのにな、とちょっと思う。
小さい頃に、少しくらいそんな時期があってもよかったかもな。

子供を突き放し早くから自立させてしまいすぎた気も、ちょっとする。
今の関係はいいので、別に後悔してるわけではないけど、
小さい頃にほんの少しくらい、
子供と自分の境目があまりないような時期があってもよかったかもと。
子どもが寂しく感じてたかどうかはわからないけど。

元夫には、お前は冷たいって言われてたからな、わたし。
コメント

こんまる日々3:ピアノの会

2016-11-24 | Weblog
リフォーム後のパーティのことを、ピアノ見ながら考えてて、思いつく。
なんとなく大勢呼んで家を暖めるパーティをするつもりだけど、それとは別に、
リフォームが全部終わって、ピアノの調律もしたら、ピアノの会を時々やりたいなー。
みんな好きな曲をワンフレーズでいいから持ち寄って弾くの。
弾けない人は音を3つ鳴らすだけでもいい、コードひとつでもいい
猫踏んじゃったでもいい、右手だけでも人差し指だけでもいい。
弾ける人は華麗に弾いてもらえるといい。
それで、それぞれのピアノの話をする会。
子供の時の先生の話でも、好きなピアノ曲の話でも、
最近行ったコンサートの話でも、お気に入りのピアニストの話でも、なんでも。
おいしいものとワインと。
友達のピアニストにも何曲か弾いてもらったりもしたいなぁ。
まだ夢だな、とカオス化している部屋のコーナーを見ながら思うけど・・・。笑

腐ってもスタインウェイ。10年調律してなくてもスタインウェイ。
とはいうものの大丈夫なのかこのピアノ?
キシキシ言うキーが一つ、カタンと何かに触れる音のするキーが一つある。
ピアノを動かした後に調律することになるのだけど大丈夫なのかだけが心配です。

ピアノのある部屋の床は、ヘリンボーン柄のフローリングにしようと思ってます。
普通のフローリングよりかなり高く付くけど、
ちょっとクラシックなこのピアノに似合う床にしたい。
その床以外は、規格品の安物ばかりになると思うけどね。
特別な床がひとつあるだけで、自分の家が自分の家らしくなる気がするのです。
コメント (2)

糖質制限日記:3ヶ月目あたり

2016-11-23 | お弁当や食べ物
9月の初めから始めたので、11月からは3ヶ月目です。
当初の目標、昨冬太った分のマイナス5キロは10週目くらいで
一瞬達成。その後の外食続きで少し増えちゃったけど、
また少しずつ減っていくかな。
年内は今の感じで続けようかな。年末年始は太るだろうけど。

お肉や魚をたくさん食べるのですが、
昼も夜も2人前くらいずつ肉を食べたのに、夜中にはお腹が空きます。
肉を消化する能力は高い気がする私の胃腸。
炭水化物はもっと腹持ちがいいような気がする、その分もたれるけど。
でもお腹空いてる感じは、そんなに嫌いじゃないから平気。
むしろいつまでもお腹いっぱいでもたれてる感じの方がつらいお年頃ですね。
上の写真は牛ステーキ。ステーキを時々焼くようになりました。
ソースをいろいろできるので、案外飽きないものです。

糖質制限は、安い炭水化物でお腹を満たせないので確かに少し食費が増えるけど
まあひと月で外食一、二回分くらい我慢すればいい程度だし、
米食べたい欲は、肉や魚や野菜でもなんでも別の美味しいもの食べたらおさまるし
自分は料理の工夫はできる方だと思うし、自分には向いてると思う。
いつまで糖質制限やるの?と聞かれるけど、多分ずっとやるんじゃないかな。
ある程度糖質を考えて食事するというのは。
今くらい適度に糖質制限破りをしながらの生活なら、まあずっとできる気がする。
やめるとリバウンドするって言われるけど、
どんなダイエットもやめると大体リバウンドするからね。

2年ほど糖質制限をしてる友達がいて、その人のやり方はすごく上手いので参考にしてる。
彼は糖尿病のために始めてもう目標値達成したけど、多分このままずっと続けるらしい。
週に一回は丼や麺を食べてるし、飲みに行くと糖質も少し食べるし、
日本酒やビールも少し飲むし、本当に加減よく実行してる。
加減よく、バランスとって何かを継続とか維持するって、大人だよな。
わたしも大人になろ。
人間関係とかも、やっぱり加減とバランスだよねぇ。
でも全てにバランス取れてる大人すぎる人間もつまんないけどな。笑

以下、食べてるものいろいろ。

ミネストローネは美味しくないものが多いので
(ファミレスやその辺の店のランチセットにちょんとついてくるやつとか)
なんかうんざりして長い間作らずに、スープはポタージュ派だったのだけど、
久しぶりにおいしいやつが作りたくなって、ミネストローネ的なのを作った。
鶏手羽はこんがり焼いてからワインで蒸して野菜スープに投入。
野菜10種類くらい刻むのに時間がかかって、その間にワイン飲んでたらいい気分に(^_^;)
でけた。鶏はほろほろに炊けてるので、スプーンだけで食べられます。
冬は温かいスープがいいですね。

そしてスープといっしょに、ふすまパンを食べようと思ってたんだけど、
ワインを飲んでいたので誘惑に負けてセブンイレブンの
「トリュフポルチーニ香る芳醇チーズオニオンラスク」を食べちゃった。
これにバター載せると完璧。スープにつけてもおいしいしワインに合う。
ツイッターで誰かが褒めてるの見て買ったんだけど
甘くない食事系?ラスクで、ふすまパンより糖質は高いけど、
2枚食べても8gくらいの糖質なので、ご飯ひと口分くらい。
バターで満足度足します。

よく食べてる感じの朝ごはん。卵と何かのお肉と野菜の組み合わせです。
 

実家に法事で行ったときにもらったタコをジェノベーゼソースで和える。


チーズフォンデュにいろいろつけてみたけど
カリッと焼いた薄揚げがとてもおいしかったです。
手前はツナときゅうりのサラダだったかな。


厚揚げは焼いて生姜醤油かけるだけで満足感高い。


こってりマスタードクリームソースをかけた豚ヒレ。マスタード味好き。


外食の時は肉とワインか魚とハイボールの組み合わせが多いです。
 

ピーマンとしめじ、豚コマをあんかけにして木綿豆腐にかけて食べたり
豚キムチとか、肉と野菜の炒め物は豆腐にかけて食べるといいですね。
 
コメント

休学制度

2016-11-22 | Weblog
私立大学の、休学の間の学費もとても高いという話を聞いて驚いた。
国立大は休学時の授業料はゼロ円です。
息子も1年休んだけどお金は全くかかってない。
半年働いたお金で長い旅行にも行ってたけど、帰国したら
何もなかったかのように元の大学生に戻って生活してる。
なんで私立は、何十万円も取るのか、全く納得がいかない。

大学生がもっとみんな休学して旅行したり働いたり
いろいろできれば人生の選択肢も広がるのに。
それと、例えば学費が払えない子も、休学費用がタダなら、
借金でしかない仕組みの奨学金なんか借りなくても、
1年2年アルバイトしてお金を貯めてから、借金なしで勉強することもできる。
学校をやめないでよくなる子も出てくるかもしれない。

わたしが大人になってから通った通信制大学は、
休学時は年に1万円払わないといけなかったけど、
まあそれくらいは事務手続き費用として納得できる。
国立大のゼロ円は立派。
でもいかない大学に60万円以上とか、どういうことなんだろう。
手続きや事務処理費用に年2〜3万円くらいなら、まだわかるんだけどなぁ。

高校出てすぐに大学入って、大学卒業と同時に就職してっていうのも、
もういいかげん崩れたほうがいいと、私はずっと思ってるんだけどな。
コメント

表現と素直さ

2016-11-21 | 芸術、とか
あざとさのない表現というのは結局その人の人柄だったりして、
何か正直な素直さを持った人でないと難しいことなんだよなぁといつも思う。
そのテの素直さって一度なくすと、ほぼもう戻らないし。
でも、そういう正直な素直さを持った人はそもそも表現にガツガツしない。
そうでない人が、あざとさを避けようと思ったら、完璧な韜晦で隠し切るとか、
いっそ表現を捨ててしまうとか、
まあ、だいたい無理な、ややこしいことになるよね。

日本画なんかは、めんどくささ満載で手間も時間もめちゃかかるので、
そういう異常なめんどくささに没頭してると、
自分の中身がいい感じにからっぽになることはある。
上手くなる過程で、難しいことに没頭してると自我や作為が薄れていくのよね。
上手くなってくると、またダメになってくるので、そこでさらに
誰も辿り着けないくらいの技術の奥地を目指す極限までの鍛錬みたいな方へ行くと
確かにいろいろといらんものがそぎ落ちていくと思います。
でも大変だわ。笑

逆に、自我押し出し系でもいいものって、まれにあるけど、
だいたいは幼稚で見るのしんどかったりする。
割り切って開き直って、どんどん中身が汚れていくのを自分に許してしまうのは
幼稚な自我を自覚して、ある程度乗り越えたか、コントロールできてて、
技術の伴う表現なら、とりあえず落ち着いて見られる気はするけど。

素直さって、なくしてしまうと、それくらい大変なものだと思うわー。

ちなみに自分に関して言えば、若い頃持ってたような表現欲求は嘘みたいになくなって
ごく人並みな承認欲求はまだあるけどアンダーコントロールだし、わりと仙人の境地。
欲がないってラクだけど、つまんないといえばつまんないな。
どこにも行かないってことだしな。生まれ変わったら素直な人になりたいわ。
モニカ・ベルッチに生まれ変わるなら素直でなくてもいいけど。
というかもう、邪悪でもいいや。笑
コメント