この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

探せども探せども。

2009-04-21 21:24:53 | 日常
 週末になると(『CSI』を見ながら)部屋の片付けをしています。
 といっても別に自分はそんな綺麗好きっていうわけでなくて、ただ単に他にやることがないから部屋を片付けているだけなんですけどね。
 部屋を片付けるのってタダですし。笑。

 でも毎週のように部屋を片付けてるとですね、片付けたがゆえに物がどこに行ったかわからん♪っていう本末転倒な状況が発生するんです(フツーはねーよ)。
 今行方を捜しているのはスーパーファミコンの本体。
 ファミコンの本体はもう遊ばなくなったので処分したと思うんです。
 プレステの本体も天に召されたので処分したはず。
 セガサターンは飲み会のビンゴの景品に寄贈しました(結構喜ばれました)。
 でもスーパーファミコンの本体は処分した覚えがないので部屋(or家)の中にあるはずなんです。
 なのに探してもないんですよねぇ、、、スーファミ。

 個人的にゲームのハードはスーファミの機能があれば(ヴィジュアルも音楽も含め)充分だと思っています。
 マイ・フェイバリットゲームも一位、二位はスーファミのソフトですしね。
 それをプレイしなくなったのも飽きたからではなくて、スーファミ唯一にして最大の欠点、ソフトの電池切れでバックアップ出来なくなったからです。

 それがこの前たまたまインターネットで電池の交換をしてくれる業者を見つけて、あー、スーファミしてー、って思ったんですよ。
 でもスーファミをプレイするにはソフトの電池交換もですが、肝心のハードもなければ出来ないわけで、以来本体を探しているってわけです。
 でもそれがねー、見つかんないの。
 この日は、ここになければどこにある!ってとこまで家捜ししたのに見つかんない見つかんない。
 いっそのことヤフオクでスーファミの本体を買うか!と思わないでもないんですが(ゲームショップでも売ってる?)、経験上、そうすると出てくるんだよねぇ。笑。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 私の中の七人の私。 | トップ | 前田あおいさんに会ってみたい。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私の場合は (幸太郎)
2009-04-22 20:01:20
MyFavoriteゲームは、ローグです。
パソコン黎明期に作られたゲームで、
「@」が主人公で、「D」がドラゴンなど
文字キャラクターだけで構成されたRPGです。
システムは完全に「トルネコ」です。
あとは「ウィザードリー」とかでしょうか。
スーファミだと「マザー2」ですな。
やってみたいけど、もう本体もソフトもどこかに消えました。
昔のゲームでは、なぜかセガサターンの
銃型コントローラーだけ残っています。
実は、 (せぷ)
2009-04-22 21:42:42
『ローグ』は未プレイなのですが、実は二本のフェイバリットゲームのうちの一本は『風来のシレン』です。
ご存知かとは思いますが、『トルネコ』と同じスタッフが作ったダンジョンゲーム第二段で、『トルネコ』にさらにはまれる要素が追加されていました。
ゲームバランスが絶妙で「神のゲーム」とすら呼ばれてました。

『マザー2』、これもまた一部で熱狂的なファンがいるゲームですよね。
続編が製作されるというまことしやかな噂が以前は流れてましたよね。

セガサターンは『バロック』という超マイナーなゲームをしたくて購入して(これまた『トルネコ』タイプのゲーム)、他に『街』なんかをプレイしました。
銃型コントローラー、、、何のゲームに使用するためのものでしょうね?
アクションゲーム全般が苦手なのでまるでわかりません。
風来のシレンは (幸太郎)
2009-04-24 00:28:57
私もかなりはまりました。
テキストキャラの「ローグ」の無機質で硬派な感覚を楽しんでいたときに
これでビジュアルがあればなと夢見たゲームが「トルネコ」と「シレン」です。
「ローグ」は、今もたまにパソコンでやってますが、
生還は一度しか体験していません。
「バロック」は,私もやってました。
なんともおどろおどろしい世界観でしたな。
そう言えば「街」も持ってます。
ちなみに銃は、最初の頃に出た「バーチャコップ」用のものです。
あの頃は,結構本気でゲームをやってました。
『バロック』まで。 (せぷ)
2009-04-24 23:47:40
う~む、、、幸太郎さんは『トルネコ』や『シレン』はおろか『バロック』までプレイされていたんですか!
いやぁ、まさかこんなところで『バロック』プレイヤーに出会えるなんて思ってもみませんでした。

『バロック』はゲームの完成度だけでいえば遠く『シレン』に及びませんが、その歪んだ世界観やキャラクターたちは非常にユニークでしたよね。
広末似のヒロインの内臓がはみ出てたりするのもツボでした(はみ出てましたよね?)。

『街』も印象に残るゲームでしたよね。
さすがはチュンソフト!!って感じでしたよね。
個人的には高校生のくせに子供を作りすぎじゃろ!!と思いました。笑。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事