栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

『亀戸 アンテナ工事』でググッてみると・・・

2009年09月29日 19時41分39秒 | デジタル放送あれこれ
亀戸のアンテナ工事じゃ、おいらのブログが絶対トップになるはず。

そう思って、『亀戸 アンテナ工事』でググッてみたら。

あららら。。

なんでまた。

『この方』
『この方』
さらに奥様の『この方』までも。 
身内で独占してるから、まぁいいかな。

で、肝心のオイラは、下位に出てきました。

SEO対策とやらを、きちんとやらないと。
コメント (1)

遠くまで

2009年09月28日 19時43分52秒 | お客様との絆
こういう写真撮ったら怒られそう。
っていうか、道路交通違反ですね。 運転中の撮影。
撮れたと思ったのですが、小さかったです。 場所は京葉道路
武石ICです。

最近こちら方面へ行く事が多く、偶然ですが、全て違うお客様。 
亀戸で働いていたり、親戚がいたり、または別荘?
亀戸に住んで引っ越した方、それらの方からの依頼です。 

当店の基本は、チャリンコ商圏なのですが、時としてこのような遠方へも
行きます。

誰が来るか分からない業者は、家に入れたくない。
そういうお客様は実は多いのです。

『あんチャンが来てくれるんだよね』
それだけ信用されているのが嬉しく思います。 
そして、そういう方からの依頼だからこそ、遠くまで行きます。 









コメント

エアコンのロー付け

2009年09月27日 19時14分18秒 | Weblog
バブル時代に建設されたマンションのエアコンは、配管が壁の中に埋め込まれているケースが多くあります。 
エアコンを入れ替える時、ヤッカイなのは、配管の流用が出来るか否か。
現在使われているエアコンの冷媒と、この当時に使われたエアコンの冷媒の種類が違うので、配管の中に残る油の成分で支障が起きる場合があるのです。

メーカによっては、原則配管は交換した方がいいと言うメーカもあります。
(今はもうナイかな)
最近は、この辺クリアされたようで、配管の流用もOKという事をうたった商品も出ています。 今回の商品も当然そういう商品を選びました。

ただし設置時に、これまたひと手間掛かります。
既設の配管の長さが足りない事です。
ほんのわずか数センチなのですが、配管をロー付けします。

写真は室内機側ですが、時には室外機側もロー付けします。
本来、この手の作業は別料金なのですが、当店では標準工事として処理しています。

まぁ、その分配管を使う長さが短くなるので、それでいいかな。
コメント

穴あけに一時間

2009年09月26日 19時36分31秒 | Weblog
3階建ての古いコーポ。 
壁質はALCではないのは、わかっていました。
建築構造の事は知識不足ですが、この手の建物の場合、鋼板にモルタルが
貼ってある壁だと思っていました。  

・・ところが。。。

鉄筋コンクリートでした。 

はじめ乾式ダイヤドリルで穴を空け始めましたが、15分経っても5センチも
進みません。 

こりゃダメだ。 とあきらめ、急遽倉庫に湿式のダイヤドリルを取りに戻りました。

湿式は、掘削開始まで、ドリルの固定やら水ホースの接続などで時間が掛かります。

それでも、掘削を開始すれば5分とかからず、穴は開きました。

普段はこのドリルを車に積んでいないので、遠くの現場の場合は要注意です。
今回は亀戸内だったので、近くてヨカッタ。
コメント

ネット情報のアンテナ工事とパチンコのハナシ

2009年09月24日 19時18分43秒 | デジタル放送あれこれ
インターネットの世界では、アナログ停波に伴うアンテナ工事を自分で施工しようと、その情報が飛び交っています。
私の『アンテナの立て方』シリーズもその筆頭のようで、検索すると上位に出てきます。
『アンテナの立て方 1』
『アンテナの立て方 2』
『アンテナの立て方 3』
『アンテナの立て方 4』

これらの情報を元にご自分で施工された方も多いようで、その成功例もインターネットに載せられ、
さも誰もが出来るような感じに記載されています。

連載した責任として、報告しておきます。

これらの成功例は、ほんの一握りです。
私もその成功事例を、いろいろ見ましたが、たまたま出来ちゃったんだな。
と思いました。特にブースタを使う施工は、近隣へ妨害電波を発信してしまう
危険性もあります。

実際多くの方は、途中で諦め、専門業者に依頼をしています。

パチンコや競馬の勝ち話は聞きますが、負け話は出てこないのと同じなのです。
コメント