栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

やっちまった後悔はだんだん小さくなるが、やらなかった後悔はだんだん大きくなる。

2018年12月10日 19時23分11秒 | はじめての方へ
過去に書いたブログの記事でも追記したり、書き直したりして新しい記事として投稿するのも良いと思うのです。 

特に最近はSNSを介してみる方も増えて来たので、SNSにリンクしたタイミングで呼んでくれる方も多くなったので。

今日は3年年前の記事を少し修正して再投稿します。 

やらなかった事で後で後悔するより、やってみよう!という話しです。 


---------------------

2週間前に車イスで生活している方にオーブンレンジを納品しました。 

生活空間が一般の方よりも低く作ってあるので、オーブンレンジの使い勝手の良い設置場所がなかなかありません。  

冷蔵庫の上では高すぎるし、レンジ台を置くスペースも確保できません。 

ちょっと狭くなりますが、シンク横のカウンター天板上に乗せる事にしました。 

ココが一番高さ的にちょうど良かったのです。 

でもちょっと。。。。 

その日はコレで納品は終わりました。 


でもちょっと。。。と言うのは、気になる事がありました。 

カウンター上にオーブンレンジを置いた時に少し滑るような感じがありました。 




大丈夫かな?・・・なにか不安を感じるようになりました。 

何であのままで終わらせてしまったのだろう? 

そのままにしてしまった事が気になりました。 

気になればなるほど、もし滑ってレンジが落ちたらどうしよう? いろいろな不安な出来事が頭の中で膨らんできました。 


業界の職人のなかでの格言。 

『やっちまった後悔は、だんだん小さくなるが、やらなかった後悔はだんだん大きくなる』



やらなかった後悔が大きく破裂しそうです。 

・・・・ということで。 

滑り止めを敷いてきました。




暗くて見えづらいですね。 滑り止めのゴム状のシートを下に敷いておきました。 

お客様は特に気にしてなかったようです。

これで私の気持ちは和らぎました。 


-----2016年 2月 追記  ------------------

こちらのお客様より、洗濯機の乾燥が弱いので見て欲しと電話がありました。 

ピーン! ときました。

車いすでの生活なので、当店では珍しくドラム式の洗濯機をおススメしました。 

ドラム式のメリットは洗濯物の出し入れが低い位置で出来る事。車いすのまま出来ます。 

通常の洗濯、そして糸くずなの処理はお客様でもできます。

ところが。。。



フィルターの掃除がこの位置にあります。 

ココを外して掃除する事は車イスでは困難です。



見事に綿ボコリが詰まっていました。



掃除してあげました。




どれだけの頻度で行うかこれから決めますが、私が定期的に訪問して掃除してあげる事にしました。 

『栄電気のココロ』 ですから。
コメント

常に新しいモノを提供する電気屋でいたい。

2018年12月10日 00時02分39秒 | Weblog
『ALWAYS 三丁目の夕日』のような戦後、そして高度経済成長を舞台にしたドラマを見ると必ずと言っていいほど当時の文化を象徴する物に家電が出てくる。

冷蔵庫、洗濯機、炊飯器 といった主婦の仕事を楽にしてくれる家電。 

テレビやステレオとなどの娯楽家電。

当時の電器店は花形の商売で、納品の時は大安の日を指定されたり、近所の人が集まったりと、ひとつの家庭イベントになったそうです。

今までに無い製品の登場。画期的な家電。 

それを提供する電器店は売り上げも多かったそうです。 


テレビがカラー化された時も大変売れたそうです。 

そしてVHSとベーターというビデオデッキが登場したときも画期的でした。 

テレビ番組が録画できるなんてね。 そのころから私も記憶が残っています。

ステレオはシステムコンポというのが出始め、オールインワンのセットでカセットデッキが全盛でした。 

やがてCDが出始め、途中MD何かも出ては消えていきました。  


パソコンが出始めた頃も街の電器店では扱っていました。 

そうそう、携帯電話も。 PHSや当時はNTTドコモも栄電気では扱っていました。 


テレビが地デジ化され、薄型になった10年程前から状況は変わっていきました。 

海外メーカーの進出で価格の下落。 

日本のメーカーの衰退。  


スマホが普及しはじめ、生活の仕方も激変してきました。 

情報入手はテレビじゃなく、スマホから。  

テレビ離れが加速して行きました。

家電の販売もネット通販が多くなり、お店で購入する人が減ってきました。 

特に大型量販店はその影響をモロに受け、合併したり、縮小したりしています。 

『売るモノが無い!』昔の栄光を引きずっている先輩電器店はグチをこぼします。 

昔のような画期的な電気製品が出てこないので飽和した家電市場では売る物が無いのです。 

4Kテレビを盛んにアピールしても消費者はそんなに飛びつきません。 

電気製品は壊れたら買い替えるモノになってしまったのです。 


日本の家電メーカーは販売店を囲い込み、在庫展示する事で、とりあえず一通りの出荷台数をこなしています。 

販売店もメーカーの言いなりになっている。



電気屋の看板って家電メーカーの補助を受けて作ってもらったりしてます。 

今度意識してみると分かりますヨ。 メーカー系列と業界では呼んでいます。 


実を言うと栄電気はどこにも属していません。 

栄電気の看板は『電気のお医者さん』



メーカーの言いなりにはなりたくないので、メーカーの看板は出してません。 


メーカーが発売リリースしても、一度自分たちで検証します。果たして売って安心できる物なのか? 

これ失敗作だろう? そんな商品結構あるんですよ。 


街の電器店は昔から、世に出る新しいモノを提供してきた商売です。

今の電器店って家電メーカーが提供する物ばかり販売している。 

もっと違うモノ売っても良いと思うんだけどね。

昔は携帯電話を売っていたようにね。 

ホントはスマホを売りたいんだけど、家電屋には流通しても採算あわない感じです。 

スマホが自店で売れなくても、お客様にはすすめています。 

例え年配者であっても、『これから生きていく上で必要な物ですよ』とね。 

チョット大げさだけど、ホントそう思うから。 

そして今、話題のPayPay



栄電気では10月上旬のPayPayのスタート直後から使えるようにして、いろいろな人に紹介してきました。 

お客様はモチロンですが、お店さんにもススメてきました。 


ここでちょっとガッカリな反応。 

多くのお店さんに紹介した中で、同業の電器店に紹介したときに決まって返ってくる返事。 

『ウチのお客さんは年寄りが多く、これ使えるようになっても、恐らく来ないと思う』 

紹介した電器店はほぼ皆さん同じ返事。 


旅館業やサービス業にも紹介しましたが、こんな返事はありません。 


街の電器店は新しいモノを消費者に伝えて行く商売だと思ってます。  

安全に安心して便利な暮らしを提供するのが私のミッション。 

買い物の仕方が変わる過渡期にその方法を教えてあげないとね。 

お年寄りだからスマホを持ってないなんて決めつけないで。 

持ってなかったら、持つように促しても良いよネ。 

使い方分からなかったら、お店でスマホ教室なんかやってもイイネ。 


やりたい事が沢山あるけど、目の前の仕事を消化しないと前に進めない現実。 

年が明けたら、やりたい事を徐々に初めて行くとしよう。

12月の一番忙しい土日を終えて、今思っている事を無編集で書き綴ってみました。

コメント

ブログへの質問はブログのコメントでお願いします。

2018年12月06日 20時11分22秒 | はじめての方へ
店を営業していると毎日いろいろな方から電話が掛かってきます。

無店舗だったり、ネット販売だけの業社なら電話に出なくても、『今日はお休みね』、とか『現場へ行ってるのね。』

と思ってくれるので良いのですが。。 

店を構えていると、営業中なのにナンデ早く出ないんだ! とお叱りの言葉を電話に出た冒頭聞かされる事があります。 
なるべく早く出ないとイケナイと思っていますけどね。

少ないスタッフでやってますんで。

テレホンレディーでも雇うほど大会社じゃありませんし。

その点ご了承ください。 


今朝掛かって来た電話は九州から。

過去のblogに対しての質問。

お客様でもなんでもないし、どうして貴方に時間を割いて忙しい朝の時間に相手をしないとならないのか?

途中で話すのが嫌になり電話を中断してもらいました。 

blogの内容への質問はコメントでお願いしますね。

なぜなら、コメント欄は個人の質問であっても公開すれば多くの方への情報となるからです。 

分かってくれましたかな?



お客さであれば電話でも構いませんけどね。 



そんな失礼な電話での問い合わせで、過去相手をしてあげた事がありました。


『エアコン調子が悪いんだけど、どこがおかしいと思いますか?』 という問い合わせが来ました。

『お伺いして確認しますけど、ご住所は?』 と聞くと。 

『いや、広島なんですけど。。』 と。 


ふむふむ。。 

どうやらウチは、エアコン相談センターと間違われているのかな?  

よーし イイじゃないか! 今日は定休日だ。付き合ってあげよう。 


エアコンの状況を電話口で聞き、コンセントを抜いたり、リモコンの状態を確認してもらったり、室内機の表示を確認んしてもらったり。。。 


モロモロの事をやってもらいました。 

どうやら室外機側の不具合まで推測することができ、これ以上は現物を確認しないと判断できない事を教え、買った所に今調べてみた事を箇条書きにして伝えてくださいと 言っておきました。 

そして。 

『丁寧に教えてくれてありがとうございました』と。 

『買ってもいないのに、ここまで親切に教えてくれるとは思っていませんでした』

なーんだ、そこまでの考えを持ったいた方でしたのね。 

少し安心しました。 


ホントはココから説教をしようと思っていたのです。 

私の仕事はボランティアではありません。困った人を助けるからと言って無料で働いているワケではありません。

医者が治療し健康生活のアドバイスをして収入を得ているように、私も電気製品の修理をし快適生活のアドバイスをしています。 


電話だから無料というわけにもいきません。私が電話をしている時間でも頭を使い、口を使って時にはメモを取り、その間は他の仕事が出来ない状態を電話対応で使っているのです。 

私の身体と時間という資源を電話の貴方は使っているのです。 

もちろん、アフターサービスの一環として購入していたお客様には電話やメールでの問い合わせにはその労力を惜しまず提供しています。 


あと、このブログにもよくコメント頂いて質問が来ますけど、きちんと回答もしてるんだけど、返事が無いのって寂しいよね。 
コメント

江東区亀戸で給湯器の交換

2018年12月04日 18時47分38秒 | Weblog
今年の夏にエアコンを購入して頂いたA様。

その時に給湯器の交換のご依頼を受けていました。 

『壊れてないけど、そろそろ10年経ったから~』 そんないつでも良いよ って感じのご依頼でした。 


今年の夏の猛暑。 

エアコン工事を優先する為に夏が終わってからというご了承を得ました。 

そして夏が終わって。。。 


今度は私の身体が。 

入院手術で作業が止まってしまうので、優先順位を決めるとまだ可動している機器のお客様は手術後に。 


そんなこんなで、とうとう12月になってしまいました。

A様、大変お待たせしました。 



A様のお宅はちょっと変わったガス機器の使われ方で、各階に給湯器が別々にあります。 

今回は3階の部分です。 

お風呂は湯船が無いシャワー室だけなので、給湯器の種類は給湯専用という機種です。 

ガス管、水道、お湯の配管を接続します。 

既存の給湯器より少し小さいので、同じ位置に設置すると、給水管と湯管が短くなるので長い管に交換しました。 


完成写真忘れました。 

給湯器の工事は冬になると依頼が多くなります。 

そりゃそうですよネ、お湯を使うのは寒くなってくると使う機会が増えます。 

真冬に故障する事も多々あります。 

給湯器は能力や配管、設置場所、お風呂のお湯はり機能など多種になります。 

お客様のご家庭の仕様によって機種を決めさせていただきます。 

即日交換というのが難しい案件です。

寒い真冬にお湯が使えないのはツライですよね。 

古い給湯器は交換対象です。

10年過ぎたらそろそろと考えていた方が良いですよ。 

お気軽にご相談を。
コメント

PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンって何?

2018年12月03日 20時05分23秒 | はじめての方へ
10月に、QRコード決済の申し込みをした事を投稿しました。

何名かのお客様に利用して頂き、さらに私もお店で利用してみました。 

このpaypayというアプリも多くの人に紹介し、登録もしてもらいました。 

そんな中で、やってくれますね。さすが孫さん率いるソフトバンクだ。

12月4日からいよいよ100億円あげちゃうキャンペーンといういのを始めました。


100億円あげちゃうキャンペーン


バラまきというとなんとなく品が悪いですけど、キャスレス戦国時代のシェア争いの競争なのです。 

資本力ある会社同士の競争なので、消費者の我々は静観しながらちゃっかり利用しちゃいましょうね。  

このバラマキ特典もごく簡単です。 

利用するだけですから(笑) 



そこで、まだこのpaypayを利用したこと無い人に利用方法を紹介しますね。


使い方の流れはこんな感じです。 

1、買い物が済んだら、お客様はお店のQRコードをあらかじめDLしてあるアプリで読み込む。 

2、買い物の金額を入力。 

3、送信 

簡単でしょ。 


まずはアプリのダウンロードから。 

paypayのサイトから


QRコードを読み取る時に注意して欲しいのは、ビュティーカメラでは読み取れないようです。純正のカメラで読み取ってくいださいね。

QRコードを読み取り、アプリをダウンロードして、IDとパスワードを登録するとアプリが開始されます。


アプリが使えるようになったら、クレジットカードを登録します。(複数登録できます)
 
支払方法の選択の中から



次にクレジットカードの追加という項目を選んで持っているクレジットカードの登録をします。 




この作業はカメラで読み取る事が出来ます。カードの後ろのセキュリティー番号だけは手入力です。 

ココまで5分あれば完了です。 


また、直接アプリにチャージする事も出来ます。この方法はチャージ分だけ利用できます。(カード会社のポイントは貯まりませんけど)



まずは銀行の登録です。

支払方法の管理の画面からPayPay残高にチャージを選びます。 



銀行追加をタップします。





銀行のリストが出てくるので、利用している銀行を選びます。



あとは口座番号を入力して登録します。 (登録できない銀行もあります)

銀行口座が登録出来たら、この画面の通りにチャージする金額を入力するだけです。


利用する時にクレジットカードの場合は利用者によって限度額があるのですが、ここにチャージしてあればチャージ分だけは利用できます。




実際に買い物する時は、アプリの中にある『スキャン支払』



そしてお店のQRコードを読むと支払画面になります。



ちなみにコレ栄電気のQRコードなので、これ読むだけで栄電気にお金を払う事が出来るのです。 

今なら500円がオマケなのでこれを栄電気に寄付する事だって出来ます



今では亀戸でもこんなに使える店が増えました。



さらに当店では有効な中国でもよく使われている、アリペイもペイペイと同じQRコードで利用できます。



もしアプリのダウンロードや登録で不安がある人は、お店で説明しながら登録しますので、クレジットカードとスマホを持参してくれればその場で使えるようにしますよ。 


キャッスレス時代の先端を栄電気と一緒に体験しませんか?  


コメント