家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

ケーブルテレビから自前のアンテナへ

2016年05月24日 19時28分01秒 | アンテナ工事:茅ヶ崎・寒川

 ホームページからご依頼頂き、茅ヶ崎市にお伺いしてきました。

 

ご依頼有り難うございます。

 

現在はケーブルテレビをご利用ですが、解約して自前のアンテナに切り替えたいとのことでした。

 

屋根上には以前使っていたアンテナが立ったままなので、これを活かせれば立て替えは不要ですね。

 

ご挨拶のあと早速屋根上へ・・・と、上がるところを探しましたが、下からだと安全に梯子をかけられるところがないので
ベランダから上がらせていただきました。 

 

 見たところ目立った腐食がなく、程度が良さそうな印象です。

 

同軸ケーブルは被覆が劣化で破れているので、交換が必要ですね。

 

 既存のアンテナは問題なく使えることが分かりました。

見た目の劣化は少ないですが、支線の金属疲労などまでは見極め出来ません。
その旨をご説明の上、作業にかからせていただきました。

 

 白系の同軸はこんな風に劣化する事例が多いです。

黒の同軸に交換します。

 

 アンテナと直接接続して、壁面まで張り替えていきます。

 

 屋根馬がずれにくいように、足元にコーキングを乗せておきました。

 

 ふと見ると屋根の一部の補修あとがありましたが、その補修のコーキングも痩せてしまっていたので・・・

 

 ついでにここにもコーキングを乗せておきました。

変性シリコンなので、メンテナンスで塗装する際にも上から塗れます。

 

 これで屋根上の作業は完了です。

 

 

 壁から出ている引き込みの同軸とつなぎます。

 

ケーブルテレビから切り替える作業を多くご依頼いただきますが、必ずといっていいほど分岐器や分配器が
手前についています。

アテネーターも不要なので、要らないものは全部外してしまいます。

 

 ブースターはケーブルテレビのものを調整して再使用しました。

 

テレビでの視聴チェックを済ませて完了です。

 

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川県綾瀬市 エアコン移設工事とアンテナ工事

2016年05月23日 23時43分43秒 | エアコン・電気工事

 ホームページからご依頼頂き、エアコンとアンテナの工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼有り難うございます。^^

 

当店のホームページとブログをご覧頂いたあと、職場で話題にしたら同僚の方も当店にご依頼頂いた事があったそうです。

ありがたいです。。。^^

 

お電話いただいたときにアンテナとエアコンの工事の概算をお伝えしていて、当初はアンテナのみ確定していたのですが、
昨日エアコンもとご連絡を頂いたので、大急ぎで不足していた部材を揃えてきました。

 

間に合ってよかったです。。。

 

現在のお住まいとご新居はすぐ近くですので、まずは移設するエアコンを取り外しにお邪魔しました。 

 

こちらを取り外します。

これを付けた方は随分苦労されたであろうことが予想できます。

 

ゲージを繋いで圧を見ながらポンプダウンします。

真空ポンプが繋がっているのはホースの中のエアを抜くためです。

充電ドライバーでも回せるポンプなので、電源が取れなくても大丈夫です。

 

運転の圧力が問題ないことが確認できたので、やはりゲージを見ながらポンプダウンします。

 

室内機の裏側の断熱材はこのような状態でした。

結露で水漏れとかしていなかったんでしょうか。。。

適当にビニテとかを巻いてあるよりも、いっそ清々しいかも。。。^^

 

取り外したエアコンと共にご新居に向かい、色々打ち合わせさせていただいたらまずはアンテナ工事に着手します。

 

デザインアンテナもご検討されていたので、唯一設置できそう&受信できそうなベランダで調べてみました。

 

湘南平波を狙うので垂直波用のスカイウォーリーを用意してきましたが。。。

 

工場の建屋の影響か、あっけなく玉砕となってしまいました。。。

以前こちらの近所で施工したときと比べても、建屋の影響がかなり大きそうです。。。

 

 

デザインアンテナは諦めて屋根上での測定を始めました。

屋根上なら楽勝かな・・・なんて甘いこと考えていましたが、結構長い時間測定してようやく立てられる
ポイントを見つけました。

 

アンテナはローバンド用に変更しようかと思いましたが、とりあえず標準の20素子を使うことにしました。

 エラーがでてくる原因が、工場の建屋に遮断されているだけではなくて、スカイツリー波がその建屋に反射してきて
いるような予感がしたので。

 

同一方向から直接波と反射波が飛んできてしまうと、ローバンド用に変えたくらいでは大して改善されないと思うんです。

 

LS20TMHくらいを持ってくれば多少違うと思いますが、それを使うのは受信不調が起きてしまったらにします。

 

標準アンテナで問題なく受信し続けられれば、それが一番なんですけどね。

 

マストは少し延長します。

LSL20TMHを付けることになっても大丈夫なように、マストは太目のを使いました。

 

上段の支線を張ったら向きを合わせ、それから下段の支線を張ってBSアンテナを取り付けていきます。

 

BSアンテナはお客様のお手持ち品です。

まだ新しいので何の問題もありません。

 

レベルも十分です。

 

ブースターもお客様のお手持ちの一体型を使うので、屋根上では地デジとBSを混合させておきます。

 

これでアンテナが完成しました。

 

ブースターを設置して、視聴確認を済ませて完了となりました。

 

さてこれからエアコン工事です。

まずは和室から。

このコンセントがある面は、図面によると筋交いがクロスで入っているそうです。。。

 

コンセントを外して壁の中を確認して・・・

構造体に出くわすことなく貫通しました。

大丈夫と分かっていて開けるわけですが、それでも無事にあけられるとほっとします。。。

 

スリーブを入れて・・・

室内機の取り付け板を付けていきます。

 

9ミリの錐で下穴をあけてから・・

 

ヒルティのボードアンカーを打ち込みます。

先日色々なボードアンカーを検証する機会があったんですが、ヒルティはかなりいいと思います。

下穴をあけるひと手間が余分に掛かりますけど。。。

 

取り付ける室内機の補助配管が折れていたりしないかを確認してから引っ掛けて、あとは外での作業です。

 

ナットと配管も新品に交換します。

時々フレアゲージをあてがって、勘の修正をしたりもします。。。

 

室外機と繋いで真空引きをして。。。

 

あとはカバーを被せれば完了です。

 

続いて2階のお部屋に移ります。

こちらも筋交いがクロスで入っているようですが、穴は横に空けるので問題ありません。^^

 

養生をしてボードアンカーの下穴をあけたところです。

 

良いところに空きましたね。。。

 

構造体には傷つけずに空きました。

 

取り付け板を付けたら室内機を引っ掛け、配管の接続をしていきます。

 

付きました。

写真だと早い早い。

実際はまあまあ時間が掛かっています。。。

 

横にあけた穴にカバーを被せたので、美観もそれほど損なっていないでしょう。。。

 

 外はこのように仕上がりました。

できれば室外機は横向きに置きたかったんですが、1センチ弱寸法が足らずにこの向きでの設置となりました。

 

移設のエアコンのリモコンを忘れてしまって、お客様に取りに戻っていただくという失態もありましたが・・・

無事にエアコン2台とアンテナの工事が日暮れ前に完了できました。

 

長時間お付き合い頂き有り難うございました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町田市忠生 地デジアンテナ工事

2016年05月22日 21時55分26秒 | アンテナ工事: 町田市

ホームページからご依頼頂き、町田市忠生にアンテナ工事にお伺いしてきました。

 

ご依頼有り難うございます。^^

 

屋根上での受信測定の結果、問題なく受信できることが分かったので早速作業に掛からせていただきます。

 

MXはブースターが必須で、キー局はちょっと微妙なレベルだったので、ご相談の結果ブースターも取り付けします。

 

アンテナと支線の準備が整いました。

 

立ててから向きを合わせます。

エラーフリーなのでブースターで余裕を付ければ何も心配ありません。

 

マストは垂直器を見ながら真っ直ぐになるように立てています。

 

ビニテの上にエフコを巻くマイブームは継続中です。

時々インシュロックをかけることもありますが。。。

 

これで完成です。

 

BSアンテナなどを将来的に追加することになっても大丈夫なように、
同軸には余裕を持たせておくことが多いです。

 

引き込みの同軸が用意されていましたが、長さがちょっと足りないのと色が白系であったので、
軒下まで黒の同軸で持っていきます。

 

防水タイプの接栓で繋いでおいて・・・

 

軒の中に押し込んでおきました。

これで接続部から水が入り込む事故は防げるでしょう。

 

2階の点検口の中に電源部を取り付けて、視聴確認用に用意したテレビでお客様にご確認いただきました。

 

安定受信にて完了です。

 

その他電気工事の下見もいたしました。

ここから防水コンセントなどの電源を取り出す予定です。

 

またのご連絡お待ちしております。

 

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤沢市円行 地デジ受信できず。。。

2016年05月21日 22時27分23秒 | アンテナ工事:藤沢市

ホームページからご依頼頂き、藤沢市円行にお伺いしてきました。

 

ご依頼有り難うございます。

 

現在ケーブルテレビをご利用ですが、自前のアンテナに切り替えしたいとのことです。

ご希望はデザインアンテナか屋根裏設置とのことですので、早速調べてみます。

 

屋根の上に立てるスタイルはお客様がお望みでないので、それ以外の手段を調べます。

 

まずはベランダ側の壁面ではどうでしょうか。

 

早々に玉砕してしまいました。

スカイツリー方向にマンションがあり、電波が遮断されているようです。

 

次に玄関の上のところではどうでしょうか。

 

ここでもデザインアンテナでは受信できませんでした。

 

アンテナを変えて湘南平波を見てみます。

 

地形的に予想はしていましたが、湘南平波も受かりません。

 

それならスカイツリー波はどうでしょうか。

 

・・・・・><・・・・・

受かりません。。。

 

屋外で受信できなければ、屋根裏でも受信できないと思われますが・・・

 

念のため調べてみることにします。

 

屋根の傾斜がきついので、屋根裏は十分な広さがありましたが・・・

隅から隅まで調べましたが残念な結果となってしまいました。

 

 

ご依頼有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BSアンテナ故障

2016年05月18日 20時07分27秒 | 受信障害・受信不調

 6年ほど前にアンテナ工事をさせて頂いたお客様より、BSが受信不調になったとご連絡を頂いて
お伺いしてきました。

 

ご連絡有り難うございます。

 

一部のチャンネルは映るとのことでしたが、映らないチャンネルが有るということは
どこかに問題があるはずです。

 

地デジとBSのアンテナが付いていますが、BSは単独配線になっています。

テレビに繋がる直前では48dBμ程しかレベルがありませんでした。

 

配線を目視で点検しましたがこれといって断線している様子がないので、屋根上のアンテナを調べて見ます。 

 

マストは真っ直ぐに立っていて、BSアンテナも動いた形跡がありません。。。

コンバーターの接続部に水でも入ったんでしょうか?

外してみます。

 

 接栓には異常はありませんでした。

コンバーターに測定器をつないで見てみると・・・

 

 どう調整してもこれ以上レベルが上がってくれません。。。

コンバーターが故障したようです。

 

調査用のBSアンテナを仮に取り付けしてみたところちゃんと映るようになったので、
アンテナを交換させていただくことになりました。

 

新品のBSアンテナも用意してきましたが、今回は調査用で使っているBSアンテナで構わないと言うことで
特価で交換させていただきます。 

 

 旧型のパナソニック製ですがまだまだ現役でいけるでしょう。。。

中古品なので製品に保証はお付けできませんが、その旨はご承知いただいています。

 

これで完成です。

海のすぐ近くですが、全体的に腐食がなく良好な状態だと思います。^^

 

 

 

 

自宅に戻ってからコンバーターを分解してみました。

修理が目的ではなくて、どこに不具合があるのか見れればいいな・・・と言う程度です。。。

 

表のカバーを外すと中からこのような部品が出てきます。

 

 防水処理された非分解のカバーも取り去り・・・

 

 小さな基盤が出てきました。

 

 はい、拡大してもどこが悪いのかは分かりませんでした。。。

こんなに小さい基盤に「DC15V」を供給してBSの電波を受信しているんですね。

 

 

 

ご連絡いただいてすぐにお伺いできたのが幸いでした。

 



 ご依頼有り難うございました。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加