家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

地デジが映らなくなったのでアンテナ修理にお伺いしてきました。

2017年04月27日 23時12分30秒 | 受信障害・受信不調

地デジが映らなくなってしまったとのご連絡を頂きお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

事前にアンテナの写真を頂いていまして、拝見したところ同軸ケーブルに水が入ったかブースターの故障が
原因ではないかな?と予想していました。

 

現着してアンテナを見てみると、アンテナの向きが真逆になっています。

スカイツリーの水平波受信の仕様で、垂直波の湘南平に向いているということです。

これは何か意図があってそうしたのか、それとも屋根のメンテナンス工事の際にアンテナを一旦外したそうなので
起こしなおしたときに間違えたんでしょうか。。 

 

テレビ端子で現状を把握した後、屋根上に上がって確認してみます。

 

補助支線が切られていますが、これは屋根工事のときに報告があったそうです。

 

先ほど調べたテレビ端子での数値とほぼ同じです。

 

受信レベルも同じ位なので、宅内のどこかにブースターが入っているのでしょう。

調査の結果アンテナの金具のネジが緩んでしまって、向きが変わってしまったのが受信できなくなった原因でした。

マストの一番上の手が届かないところについているので、マストを一旦寝かせてからの作業になります。

アンテナを全て立て替える方法も有りですが、今すぐに立て替えないと駄目というほど傷んでいるわけではありません。

 

お客様とご相談した結果、今回は最低限の手直しということで承りました。

 

屋根上を転がっていた白系の同軸は表面の劣化が進んでいたので、黒色の同軸に張り替えます。

 

マストを寝かせてみました。

アンテナの金具はそれなりに傷んでいましたが、ギリギリで増し締めできました。

 

ただ増し締めしただけではちょっとだけ不安だったので、少し補強もしておきましたが写真は撮り忘れました。。。^^

 

寝かせたマストを起こし直してスカイツリーに合わせます。

 

綺麗に受信できています。

 

新しい同軸ケーブルにつなぎ・・・

 

少し余裕を持たせておきました。

 

これで手直し完了です。

支線の取り方がワイルドですが、たぶん屋根工事のときにこうなったんでしょう。

アンテナ工事を生業にしているかたの仕事ではないですね。

 

もう一度テレビ端子で確認しています。

安定しているのでもう大丈夫でしょう。

 

お客様のテレビのチャンネル設定を再度行ないました。

これでアンテナが物理的な寿命が来るまでは大丈夫だと思います。

 

そのほか隠蔽配管のエアコン工事のお見積りもさせて頂きました。

 

またのご連絡お待ちしております。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エアコン入れ替え工事

2017年04月25日 18時43分12秒 | その他の工事など

本日はこちら方面でお手伝いでした。

東名と首都高が混む前の早朝に出発しました。

 

近くのコインパーキングに停めて台車で出動します。

ちゃんと積んだつもりでしたが、段差で一度ひっくり返しました。。。。><。。。

 

外機一台で室内機2台のマルチと呼ばれるエアコンが付いています。

信号線とはいえ撚り線が端子にそのまま突っ込まれているので、棒端子あげするようですね。

 

お手伝いなのであまり写真を撮りませんでした。

室内機の接続も棒端子あげしてから繋ぎました。

 

ドレンの処理など工夫が必要なところもありましたが、無事に試運転も済ませて完了となりました。

 

 

早めに終わったのでまだ首都高もあまり渋滞していないみたいで良かった。。。

 

お声掛けありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市泉区 地デジ受信不調でお伺いしました。

2017年04月24日 01時24分51秒 | 受信障害・受信不調

 1ヶ月ほど前から地デジが受信不調に陥ってしまうとのご連絡を頂きお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

いつものように宅内にて現状を調べて行き、原因がアンテナにあるという予想がついたので屋根上に上がります。

 

屋根の南側にはソーラーパネルが載っているので、北側から上がりました。

アンテナを見て一番先に気になったのは、VHFアンテナとUHFアンテナの向き。
UHFアンテナが湘南平に向いているということは、VHFアンテナはほぼ真逆に向いているはず・・・。

どちらかのアンテナの金具が緩んで向きが変わってしまったのかなぁと。。。

 

もともと付いていたであろうUV混合器を外し、UHFが直結されていました。

地デジ化してから手が加えられているんですね。

 

測定器に繫いでいまの受信状態を確認しておきます。

最初にこれを確認しておかないと、手を加えて良くなったのか何なのか分からなくなっちゃいますから。

 

一番良くないのがフジTVの21CHで、これは宅内での数値とほぼ一致していました。

向きを変えるだけで直ればいいんですがどうでしょうか。

 

方向調整でかなり改善させられました。

湘南平方向には高圧線の鉄塔が何基も建っているので、それの影響は少なからずあると思います。

 

この結果を踏まえてお客様とご相談し、作業内容を決定しました。

 

 アンテナを一旦寝かせて、不要になったVHFアンテナを取り外します。

ついでにUHFアンテナのビスの緩み等がないか確認しましたが、緩みは無いものの錆が発生しているので、
むやみに増し締めは行なわないほうが良さそうでした。 

 

引き込みの同軸はグレー色だったので劣化の兆候があります。

 

今回の受信不調の改善とは関係ありませんが、ビニテを巻いて少しでも長持ちするようにしてみました。

 

ジョイント部分はしっかり防水処理してあります。

 

 VHFアンテナを取り外したので少しすっきりしましたね。

天井裏に付いていたブースターは交換しなくてもいけそうではありましたが、
お客様が現行モデルのUHFブースターをお持ちでしたので交換しました。

 

もしまた電波障害がおきてしまったら、スカイツリー波受信に切り替えるのも良いかもしれません。

 

ご依頼ありがとうございました。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工具を試作してみました。

2017年04月22日 23時21分52秒 | 雑記

工具と呼べるかどうか分からないですけど、ちょっと試作してみました。

こんなような既製品が有った気がするんですが。。。

 

手持ちのステーやらなにやらを切ったり削ったりして、不恰好なものができました。

 

何に使うかって言うと銅管をロウ付けするときに抜けないように押さえるのに使います。

もうすこし格好良く作れるウデがほしい。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新築アパートにエアコン取りつけでした。

2017年04月22日 23時21分38秒 | エアコン・電気工事

 取り引き先のお仕事でリユースエアコン工事でした。

いつもありがとうございます。

 

取り付けるお部屋は北側のお部屋で、ベッドの枕元の真上でした。

 

室内機をすこし下にして、配管穴を隠すようにします。

 

この据付板は寸法が出しにくいので苦手といえば苦手。。。

 

配管化粧カバーは建築時に取りつけたようです。

 

先に配管を通しておいて、室内機を引っ掛けてから繫ぎます。

 

 

断熱は念入りにしましたがどうでしょうか。

結露しないといいんですが。

 

配管にフレア加工を施しまして・・・

 

室外機と繫いで真空引きします。

スペースが広いのでのんびりできます。

 

ドレンの水がちゃんと流れるかも見ておきます。

もし水漏れしたらベッドの上に落ちてきますから一大事です。。。

 

室外機はこんな感じに。

 

暖房で試運転です。

吹きだし温度OKです。

 

 これにて完了となりました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加