栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

弁護士や税理士と同じです.

2021年07月19日 19時30分51秒 | 電話をくださる前に
このブログでいろいろな情報を発信してから15年になります。
長年の読者さんもいます。
読者さんと執筆者の距離が近いのは良い事ですが、気を付けて欲しい事があります。 

私は電気製品を通して生活のお困りごとを解決する事を仕事にしています。
いろいろなアドバイスをしてお金を頂いています。

それは、直接来店されなくても、ネットでの問い合わせも同じなのです。
どういうわけか? ネットからの情報は無料と思われがち。
弁護士さんや税理士さんに聞くのはお金かかるのは常識ですよね。
プロに相談するという事はそういう事なのです。

気を付けてくださいね。

例えば。
ブログから来たこの方、エアコンの水漏れの相談、お伺いする為に住所を確認したら、それっきり。



恐らく、原因だけ聞きたかったのでしょうね。




TikTokは毎回こういう問い合わせが来ます。
失礼という意識はありません。 フォロワーが19,000人超えたのでコメントもすべて見切れないし、こういう質問はもうスルーしてます。 




こちらの方も質問のやり取りしていて、伺おうと住所を聞いたら千葉県。
一度商圏外なので対応できないという事を伝えました。 
ここで気づいて欲しかったのです。 失礼な質問をしていることを。

それなのに、、、さらに質問をしてきたので、同じ返事を返しました。
おまけにアカウントを削除。 
最初から捨てアカウントで聞くだけの方だったようです。






今回。ブログをご覧になっている方が、なんだ栄電気はサービス悪いなぁ~
とは思わないでください。 
お客様には親身になって相談を受けてます。 

お客様で無い方から、私という資源を無駄に使いたくない事を伝えたかったのです。
私が質問に答えている時間。これは他のお客様に提供できた時間かもしれないのです。

栄電気に問合せをするとき、今一度考えて欲しいのです。
その問い合わせは人の道に外れてないか? 

よろしくお願いします。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お客様の言葉を大事にしたい

2021年07月03日 18時27分18秒 | 電話をくださる前に
仕事を終えてその対価を頂くことは当然の事。 

お客様も金を払ったのだから仕事をしてもらうのは当然の事。 
これが売買契約でそれで終わるのが普通なのかもしれない。 

企業間取引ならそうかもしれませんね。 

でも栄電気は個人相手の商売です。 そこには人情あふれたプラスαな事があるのです。 

今回、お客様からこんな素敵なメッセージが届きました。 
掲載の了解を頂いたので紹介しますね。


仕事をしていて、お客様から喜ばれる事は自分への喜びにつながるのは、どの業種でも同じだと思います。
飲食店なら『ごちそうさま、美味しかったよ』と言われ、言葉に出なくても美容業界なら、お客様の嬉しそうな表情でそれは分かる事でしょう。

今回のお客様の言葉でちょっと他の業界と違うのは、購入直後のメッセージでは無かった事です。『ご無沙汰してます・・・』という文面で分かると思います。

消費者というのは、購入直後に満足度はピークに達するといわれています。その満足度は時間とともに薄れていきます。 そしてやがて忘れ去られるのです。
その為にお店は忘れ去られないよう、販促物を発行したり宣伝やイベントなどをするのです。
私もSNSや紙のお便り通信を毎月発行しています。

そんな中で。

栄電気の場合は、購入後しばらく経ってからも満足度は上が事があるのです。
『あの時言ってくれた・・・』
『あの事はこの事だったのね・・』
そんな感想もよく聞きます。 お客様とのヒヤリングではいろいろな事をお客様の立場になって考えます。
おそらくこういう事が起きるだろうななぁ、そんな事をいろいろ想定します。
お客様の生活を想像しトラブりそうな事が予測できるのです。

今回のお客様のメッセージも購入前にいろいろ相談を受けました。
過去あったトラブルを聞いたのでそれを防ぐ機種を選定しました。

私は商品を売ってるだけではないのです。快適な生活をおくる為の一つに電気製品があるのです。

今回のお客様メッセージで、改めて自分の仕事の姿勢に間違いはないと確信しました。 
このブログを検索して見つけた方。 

このようなお店です。長くお付き合いできそうな方、よろしくお願いいたします。








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エアコンの暖房が効かない。設定の問題

2021年01月13日 10時17分00秒 | 電話をくださる前に
『部屋が全然暖まらないよーー』っとクレームっぽい連絡。
当店で販売したエアコンでお客様からでした。

伺うと、暖かい風はなんとなく出てますが風量が弱い。

この場合、調べるポイントは3つ。

1、リモコンの設定を確認。

2、フィルターにホコリが詰まってないか。

3、送風ファンをライトで照らして見て同じくホコリが詰まってないか。

1,2ならご自分でできますね。3の場合自分でやるときは注意してください。棒で突っついて羽を割ってしまう人が毎年見てます、筆などの毛先で掃除すると良いですよ。


今回は3のリモコンの設定でした。 風量が弱かったのです。
風が嫌いで時々風量を弱くしている方を見ますがこれだと効かなくなります。

私は風量は自動をお勧めしてます。 温度設定で室温と設定温度の差がおおきいと風量は強くなり、設定温度に近づくと弱くなります。 
もし風が嫌いなら、風の向きを調整して対処したほうが良いですよ。

そんなことを短い動画にもまとめてみました。


この事例って実は若い人も多いのです。 これでエアコンが壊れたと思って買い替える人も居いるくらいです。 恐らく量販店に相談したら、即買い替えを勧めるでしょうね。 

栄電気ではお客様の立場になってモノ事を考えます。 
突然の家電の不調、思わぬ出費は避けたいですよね。 

今回のエアコンも壊れたと思って依頼が来たのです。 

栄電気に相談して良かったですね。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本日の相談の方へ。

2020年06月28日 16時28分00秒 | 電話をくださる前に
北千住からの問い合わせの方へ。

途中までので連絡が見れなくなりました。
LINEの方でやり取りを変更させてください。
こちらから。

追伸
もしくは電話でも。
どうやらメールはスパム扱いなのか?
探しましたが見つかりませんでした。
こちらからはどうする事も出来ません。
もう一度ご連絡頂ければ対処出来ると思います。









<a href="https://lin.ee/4CIWdpNxR"><img height="36" border="0" src="https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png"></a>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご依頼の前に、電話をくださる方へ。

2020年06月08日 19時23分13秒 | 電話をくださる前に
こうしてブログやSNSというメディアで発信しているので、いつでもお店に居ると思われがちですが、私はお客様の所で仕事をしている事が多く、ほとんどお店に居ません。

時々、店に居て電話に出ると、『ブログを見て電話してるのですけど・・』
そんな電話が良くかかります。 
たまたま出た電話がそれだから、毎日何件もそんな電話が掛かってくるんだと思います。

ネットで発信して、お仕事の依頼があるので、それは良い事なのですが、時々ブログの内容について聞かれる事があります。

昔、店に戻ると、折り返し電話が欲しいとメモがあったのでかけると、電話の主は広島でした。ブログで書いた仕事の事で、どうやってやったか?教えて欲しいという事でした。

ここで、皆さんよーく考えて下さい。 
この人の行動している事を。

例えば、フレンチの達人、坂井シェフに電話してあのソースのレシピを教えてくれ!
って言ってるのと同じだと思いませんか?

違うのは私は有名人じゃない普通の電気屋のオヤジだという事。

わざわざ電話をしてその人の疑問に答えて、私は何なの?って思ってしまいます。
セコイ話、電話料金もかかってるし、私の時間も、そして私の知識と経験も!!

知人でも何でもない人に教えて何になるの? 

大きな会社の相談センターじゃないんだから。

実は今日もそんな電話がありました。 

受話器を置くと次から次へとの電話が鳴る、そんな忙しいこの時期に、ブログの質問。
初めは仕事の依頼だと思って聞いていたら、商圏外だったので、お断りして電話を終わらせようとしたら、ブログの内容で知りたい事があると。 

さすがに呆れて忙しいので電話を切りますと言って終わりにしました。 

でも、ブログを見てくれたのだから、質問には答えたいのです。 
そこでこんなツイートをしました。



そう、ブログでのコメントなら、多くの人に見られて情報が共有できます。 
答える時間も、空いた時間にできます。 

電話での個人的な質問は勘弁して欲しいのです。 

今回、こういう事が起きてどうしたら、こういう事が起きなくなるのか?考えました。

ブログのカテゴリーに『電話をくださる前に』 という項目を作りました。 
そしてこのブログが電話をする前に読んでもらえたらと思います。



コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする