栄電気のココロ

栄電気の周りで起こる出来事を書いています。お客様との出来事や電気の事、江東区亀戸から発信しております。

久しぶりに言ってみた。他の人にも親切のお裾分け

2017年09月12日 19時18分58秒 | ランダムアクトオブカインドネス親切の連鎖
江東区亀戸で電気屋やってます、『沼ちゃん』 こと栄電気の沼澤です。


栄電気は、スーパーの前にあります。 

スーパーには自転車で来る方が多く、時どきカギを無くして途方にくれている方をみます。 



自転車の周りでウロウロしている方がいたので声を掛けました。 

『どうしましたか?』と。 

『カギを無くしてしまって・・』と。 

スーパーの中も探したそうですが見つからず、カギが無いので帰るにも自転車を出せない。

家のカギとは違って、合鍵も無いようです。 

私は工事からの帰りだったので、私の道具を見て。 



『カギを壊してくれませんか?』 と言われました。 



実は、自転車のカギ壊しはよく頼まれます。 

今回は声をかけて頼まれましたが、店に入ってきて、『でんき屋さん、カギ壊して!』って依頼も来ます。 


まぁ、生活すべてのお困りごとを解決するのを掲げている栄電気ですから、こんなお困りごともお受けします。 


カギを壊して、自転車に乗れるようになって、その方。 

『おいくらですか?』と工賃を払うという事です。 


お困りごとを解決するのが仕事としたら、正当なお代を頂くべきですが、この時はついカッコつけてしまって。

以前からこういう時に言うべきセリフを用意しているのです。 

『他の人にも、同じように親切にしてあげてね』 とね。

ちと照れるけどね。 

親切の輪を広げる、ランダムアクトオブカインドネスという行為です。 

久しぶりに声に出して言ってみました。 

とても気持ちいいです。 

ホントはこういうの不言実行なんでしょうけどね。 

でも、やっぱり伝えないと広がらないから、私はこうしてブログで伝えます。 

どうです?

ランダムアクトオブカインドネス。 

貴方も実行してみませんか? 

した方も、された方も、お互いが仕合せになる実感がしますよ。



ご訪問ありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

当ブログのトップページはこちらです。
フェイスブックのリンクは時々外れるので、
ブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

以下のバナーを押して頂くとブログランキングがあがるようになっています。
多くの方のお困りごとの解決への近道となります。

江東区は皆様のおかげで、とりあえず1位をキープしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村
他の方のブログも見てあげてくださいね。
東京都のランキングは今日は何位?
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村


ご協力ありがとうございます。
コメント

チョット照れくさいけど初めて言ってみた。

2016年06月11日 21時45分35秒 | ランダムアクトオブカインドネス親切の連鎖
栄電気の目の前はスーパーがある。 

亀戸の中でも主要スーパーの一つでもあるし、駅と住いとの中間という位置なので利用者も多いと思う。

自転車置き場が狭いというのがネックかな。 

それでもこうして、店前はずらーっと自転車が並んでいる。 



この並べ方。。。

あるご婦人が自転車を置いてスタンドをかけようとした時です。 

隣に置いてある自転車に触れてしまい、その自転車が倒れてしまいました。 


ご婦人の不幸はここから始まりました。 

倒れた自転車は次の自転車にもたれ掛かり、その自転車まで倒れてしましました。 

そしてまた次の自転車へと。。。 まるでドミノ倒しのようバタン、バタンと自転車は倒れていきました。


止めようと慌てたご婦人は今度は自分の自転車を倒してしまい、その自転車は反対側の自転車を同じようにドミノ倒しで次から次へと倒してしましました。


ご婦人は天を仰いでいた。『なんて今日はツイテなんだ!』 もしくは 英語で『OH MY GOT』 と叫んだに違いない。 

私も倒れるとともに、ドミノ倒しを停止しようと駆けつけたが、間に合わなかった。 


倒れた自転車を二人で立て直した。 

ご婦人は慣れてないようだった。 

せっかく立て直した自転車をまた倒してしまったのです。 

自転車のスタンドは2種類ある、片方だけのサイドスタンドと、後輪を地面から浮かせて止めるセンター式と。  
ご婦人はせっかく立て直した自転車のサイドスタンドのロックをしないので、また倒れてしまったのです。



なんとなく、ご婦人のイラつきを私は感じてきた。 

『こんな風に止めるからイケナイノヨ』 

言葉に発してはなかったけど、お顔の表情でそれは読み取れた。 


結局ご婦人は自分では一台も自転車を立て直す事が出来ず、私がすべての自転車を元に立て直した。 


ご婦人はお礼に・・・とサイフをあけていたが、私はココで初めていつか言ってみたかった言葉。



『この親切を今度は、誰かにしてあげて!』 



うぁぁ~ 言ってしまった! 照れるぅ~ 

クールにジョージクルーニーにでもなった気分で。 

ご婦人もチョットニヤケていました。 

(なにクサイセリフ言ってんだ)と思ったかも。  


でもまぁ、さっきまでの、しかめっ面のご婦人のお顔が和らいだので これだけでも大成功だね。


ご訪問ありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

当ブログのトップページはこちらです。
フェイスブックのリンクは時々外れるので、
ブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

以下のバナーを押して頂くとブログランキングがあがるようになっています。
多くの方のお困りごとの解決への近道となります。

江東区は皆様のおかげで、とりあえず1位をキープしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村
他の方のブログも見てあげてくださいね。
東京都のランキングは今日は何位?
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。
コメント (1)

お客様からお礼のハガキ

2016年05月19日 20時09分27秒 | ランダムアクトオブカインドネス親切の連鎖
飲み屋さんでも、食べ物屋さんでも店を出るときは『ごちそうさま』と言って店を出る。 

自販機がありチケットを買って代金を済ましてある店だと、食べ終わると黙って店を出る人がいるけど、やなヤツだなぁとココロの中でつぶやいてしまう。 

お金を払ってその分のサービスの提供を受けたのだから売買成立は終わっているので、『ありがとう』も『ごちそうさま』も不要だ という人もいるけど。 

なんかそれで終わるのって寂しいじゃないですか。 

『ごちそうさま』くらい言おうじゃないですか!  


私の仕事は電気製品に関しての情報提供と商品提供そして環境提供を生業としている。 

商品を買って頂いたお客様には感謝の気持ちをハガキに綴って送っています。 

私としては商品を買って戴いたので『ありがとう』という気持ちを贈るのは当然の事だと思う。 


先日、当店を初めて利用したお客様へお礼のハガキを送った。

『○○さん、○○お買い上げ、ありがとう』と。 

多くの方はこれで完結している。

当然だ。 お金を出して商品を買ったんだからお礼のハガキくらい届いても筆マメな電気屋さんねぇ と思われるくらいだろう。  

今回、O様はお礼のハガキのお礼まで送ってくれた。 



私のキタナイ文字が恥ずかしいくらい、きれいな文字でのお礼のハガキ。 

(O様はこのハガキを公表しても良い事を承諾してくれました)

売りっ放しが多い家電業界。

O様は、あとあとの面倒を見てくれる電気店を探していたそうです。 

私はO様の期待に副うようO様を見守り続けていきます。 

O様には今回、四つ葉のクローバーの種をお贈りしました。 

『O様の幸せが長く続きますように』

ご訪問ありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

当ブログのトップページはこちらです。
フェイスブックのリンクは時々外れるので、
ブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

以下のバナーを押して頂くとブログランキングがあがるようになっています。
多くの方のお困りごとの解決への近道となります。

江東区は皆様のおかげで、とりあえず1位をキープしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村
他の方のブログも見てあげてくださいね。
東京都のランキングは今日は何位?
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。
コメント

エレベーターにて

2016年02月24日 08時08分36秒 | ランダムアクトオブカインドネス親切の連鎖
仕事柄エレベーターに台車を乗せて納品することが多い。 




エアコン工事の時には、本体の他に材料や工具もあるので、エレベーター内は狭くなる。

時々自転車も載せるエレベーターなど、他の方が乗ろうとして乗れないと『ちぇっ』と舌うちされる事もある。


大柄な方が乗ってきたと思ったら、『ブーッ』とブザーが鳴って降りてしまう事もある。


特に高層マンションとなると止まる回数が多いので、扉が開く度に乗れない人が続き、

『スイマセン』『ゴメンナサイ』と 謝りながら『閉』のボタンを連打する。 


たまたま一緒にエレベーターに乗ってしまった方は、『フーっ』とため息が聞こえ、

『コイツらと一緒に乗ってしまった為に各駅停車のエレベータになってしまった』と思っているような雰囲気。 




あるとき、エレベーターに乗り込もうとしたらスーパーのレジ袋を両手に持った人が乗り込んできた。 

両手がふさがっていたその様子を見て。

『何階ですか?』 と声をかけて 降りる回数のボタンを押してあげた。

私より階下なので先に降りた。 

降りかけに。

『ありがとう、重いお事、大変ですね』 とねぎらいの声をかけてくれた。 


その後の仕事が身軽に感じるようになった。



今日はちょっと寒いから 坦々麺食べようっと。






ご訪問ありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

当ブログのトップページはこちらです。
フェイスブックのリンクは時々外れるので、
ブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

以下のバナーを押して頂くとブログランキングがあがるようになっています。
多くの方のお困りごとの解決への近道となります。

江東区は皆様のおかげで、とりあえず1位をキープしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村
他の方のブログも見てあげてくださいね。
東京都のランキングは今日は何位?
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。



コメント (1)

Randome Act of Kindness(ランダムアクトオブカインドネス)親切の連鎖という話

2016年01月31日 20時12分52秒 | ランダムアクトオブカインドネス親切の連鎖
午後は仕事を途中抜けして勉強会に参加した。 

電車での移動。 今は便利だ。 スマホで読書もできるし動画も見れる。 

そんな小一時間の間に夢中で見た話があった。

Randome Act of Kindness(ランダムアクトオブカインドネス) 

アメリカで広がりをみせている、親切の連鎖という話です。 

-----その話を抜粋しますね。----

あるアメリカの赤ちゃんを抱っこしたママが、買い物をしたところ、レジでお金を忘れたことに気付いた。

焦って困っていたママに、後ろに並んでいた青年が、「僕が払いますよ。」と2万もする支払いを代わってくれた…と。

さすがに遠慮するママに、「気にしないで。僕がした親切を、今度は誰かにしてあげて。」と微笑んだという…


『僕がした親切を、今度は誰かにしてあげて』 


----- これも泣けます -----

アメリカ、ニューヨークでの出来事です。

アメリカでは貧しい人が電車内や道路などで花などを売っている場合があります。

この女性もそんな1人で、この日も電車に乗り込み花を売っていました。

すると1人の男性が、「1本いくらだい?」。

女性は答え「1本1ドルだけど15本買ってくれるなら14ドルでいいわ」。

それを聞いた男性は、「花は全部で何本あるんだい?」

女性「全部で140本あるけど?」

「わかった。じゃあ全部買うよ。140ドルでいいね?」
 「えっ?うそでしょ・・・」

 男性はポケットから札束を取り出すと150ドルを女性に手渡しました。


信じられないといった様子の花売りの女性。
男性はこの女性に対して言いました。

「その代りお願いがあるんだ。この花を全部、タダでみんなにあげてくれないか?
絶対約束だよ。守れるかい?」


「ええ、約束は必ず守るわ」。
女性は男性と固い握手を交わしました。

女性はこみ上げてきたものが溢れだした。
突然訪れた奇跡に感極まってしまったようです。

女性は男性との約束を守るため、車内でこう叫んだそうです。

「みんなー、今日はこの花全部タダよ。自由に持ち帰って!」


この場で幸せになったのは女性だけではない。その場にいる人全員が幸せな気分となったはずだ。

そして行動を起こした男性も、きっと幸せだったに違いない。

例えその瞬間だけでも、みんながやさしい気持ちになれたはずなんだ。


-------------------------

こんな話を電車の中でスマホの画面で読んでいた。 

よし、自分もそうしよう。 

そして、貴方もね。 


ご訪問ありがとうございます。
お役に立ちましたでしょうか?

当ブログのトップページはこちらです。
フェイスブックのリンクは時々外れるので、
ブックマークに登録してもらえると嬉しいです。

以下のバナーを押して頂くとブログランキングがあがるようになっています。
多くの方のお困りごとの解決への近道となります。

江東区は皆様のおかげで、とりあえず1位をキープしています。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江東区情報へにほんブログ村
他の方のブログも見てあげてくださいね。
東京都のランキングは今日は何位?
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村

ご協力ありがとうございます。





コメント