嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

下河辺淳小伝「21世紀の人と国土」に涙する

2021年09月10日 | Weblog


「100年先を見据えて、この国を設計し続けた下河辺淳の小伝。戦災復興院、経済企画庁、国土庁において、戦後日本の国土開発・国土行政の中心的な役割を果たした下河辺淳の決定版評伝。全国総合開発計画のすべてにかかわり、持続可能な国土をデザインした、下河辺の開発哲学とはどのようなものだったのかを明らかにする」(amazon紹介文)。

経済企画庁とNIRA等で下河辺御大の後任を重ねた塩谷隆英氏の著書。手にしてここ三日、一挙に読み終えました。「知の巨人」の哲学と生き様を辿ったこの著は、すべての役人に、いや国民に必読の書というべきものです。
御大が逝かれたのが2016年8月。ちょうど満5年が経ちました。しかし何ということでしょう、この著書を閉じるや、もう一度お会いしたいと、ふいに涙してしまったのです。
  曼殊沙華 抱くほどとれど 母恋し(中村汀女)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 檜枝岐村は殆ど「星」「平野... | トップ | 舞鶴は海軍の街、「通り」に... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事