嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

成人年齢の18歳への引き下げは不要ではないか

2014年01月15日 | Weblog

写真:「神戸っ子」より

1月12日の日曜日に田原市でも成人式がもたれました。会場を埋めたのは700人の新成人。青年の凛々しさと晴れ着姿の艶やかな娘たちの表情には、間違いなく未来と希望という言葉が浮かんでいました。

ところで昨今、20歳の成人年齢を18歳に引き下げようとの議論がなされています。世界の多くの国の動向と若者の社会参加の機会を早めようとの判断のようです。

しかし昨年12月の内閣府の行った調査では、18歳に引き下げることに69%が反対していました。7割という高率です。

私も18歳引き下げ不要論に与みします。ここ数年間の大学教授生活での、18歳の学生たちに接した実感からして、彼らの社会的未熟さは否定できないのです。政治的にも多くは無知、無気力です。「選挙権を与えろ! 大人として認めろ!」という声もありません。

求めもしないのに与えるのは、権利と制度のムダというものです。いま以上に混乱する選挙騒動(結果)や、マスコミに踊らされる付和雷同選挙の広がりは見たくはないのです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする