嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

「評伝山本雄二郎」の入稿を終えホッとしました

2012年11月27日 | Weblog

写真:「新刊本の表紙イメージ」

まるまる一年を掛けた「成田の空と渥美の空と―評伝山本雄二郎」(仮題)を今日入稿しました。率直に言ってホッとしています。来年2月刊行。出版元は産経新聞社です。

山本先輩が平成22年の元日に亡くなられて3年がたちます。「山本雄二郎先生追悼集」を作成したのが平成23年10月。執筆者は故郷渥美の同級生や成田の元反対派、国交省や成田空港会社の関係者ら40数名です。

この関係者の追悼文を読みながら私は決意したのです。こじれきった成田問題を和解させたという稀有な功績。その足跡は墓の中だけに仕舞い込んではいけないと。これがこの評伝執筆に取り掛かった所以です。

おりしも一昨年3月11日には東日本大震災が発生しました。そこで生じた膨大な瓦礫の処理など新しい国家的課題が俎上に登ってきました。処理場を焦る行政とその強行に反発する住民の間で、相互に不信感が醸成されています。

こうした事態のなかで、住民に対し持つべき行政の姿勢とはいかなるものか。もっといえば膠着状態に陥っている米軍基地問題や、全国各地での道路やダム建設の問題等での住民合意に向けた行政のあり方とはどうあるべきか。

山本先輩の成田での心血を注いだ取り組みは、こうしたことに明らかに道筋の一つを示すに違いありません。調整と云うものの手法と、社会に尽くすことをよしとした人物の心意気を少しでも伝えられればと願っています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする