福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

静岡県立美術館「安野光雅展」にてW. S

2018年06月16日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



毎年、ワークショップをさせていただいてる

静岡県立美術館さんにて

今年は夏にワークショップを実施させていただきます。




そして、今回は7月14日から開催される
企画展

あの絵本界の巨匠
安野光雅さんの個展

「安野光雅の不思議な絵本展」

の展示期間中に関連企画としてワークショップをさせていただきます。


こちらが静岡県立美術館の
「安野光雅の不思議な絵本展」のご案内。

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/47



私のワークショップのご案内。

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/program/detail/156



今回は、安野さんの絵本「あいうえお」にちなんだ
言葉のワークショップを行います。


夏休みの期間ですので、
多くのお子様たちがご参加されるのを楽しみにしています。

小学生以上ですので、もちろん中学生や高校生、大人の方も!
小学校3年生以下は親子での参加になります。



絵本の巨匠といえば

福音館書店さんの2大巨頭であった
かこさとしさんと安野光雅さん!

お二人とも90歳を超えられて
まだまだ現役感が漂っていましたが
つい最近、かこさんがご逝去され本当にビックリしましたし、悲しかったです。

まどみちおさんや、やなせたかしさんなど
(みんなひらがなだな)
日本の戦後の児童文学を牽引されて来た方々が
次々と鬼籍に入られ

現在は安野さんしかいらっしゃらないのではないかと思っております。

戦争を経験された方々の
未来を担う子供達への強い思いを感じます。



私は以前、板橋区立美術館での個展を見に行きました。
その作品の量にも驚きなのですが、
どれもとても精密で素晴らしかったです。

また原画を見れるのを楽しみにしております。


そしてワークショップができるのを光栄に思います。















この記事をはてなブックマークに追加

ヤゴ日記

2018年06月15日 | 日記



私が静岡に行っているその1泊の合間に
羽化したうちのヤゴさん。


その後、水槽をのぞいて
結構羽化間近な方が何匹かいらっしゃる様子でしたので
連日期待しているのですが
何も起こらず・・・。

な日々でしたが・・・・。



先週後半に切らしていた
イトミミズを買い、

ヤゴたちがガッつくのを見届けて


みなさんお元気な様子で、
また明日ね〜

と何の期待もせず寝ていた先日、



夜中に目が覚め

寝付けなくて

(ちょっと新幹線殺傷事件以来、安眠できない東海道線利用者)


とりあえずトイレに行ったところ、


夜中に起きるからつけといてと
主人に言われていた電気類が、
主人はすっかり寝ているのに煌々とついていることに気づき

朝の4時前ですかね〜、


階下に降りて

玄関〜、キッチン〜とスポットの電気を消していて
ふと、誰か羽化してるかな〜と

ヤゴの2つの水槽を覗き込んだところ






え!







(昼間は外に出しているので、
夜はとりあえずベランダ横に置いている状態)

まさか!





羽化用に用意した棒ではない


水槽の壁に





真っ最中な方を発見!!!!



殻から出て、頭を下にのけぞっているところです。

(ボケていてすみません。)




ひえー!!!





と思って写真を撮りまくるのですが、
私のカメラでは限界があり


起きかけていた主人に報告して


そこから


夫婦でヤゴ撮影タイムに入りました。








逆さになっている体をムックリと起こしたかと思うと







みるみる間に羽がふんわりして来ていて

感動〜。




ツルツルで綺麗です。


あのヤゴの体の中にこんなものが折りたたまれていたなんて!







すごい〜!


どうなってるの〜!








色もどんどん濃くなって来ています。


しかし、水槽の壁のため、
高さがあまりなくて
羽を伸ばすと、水に羽が入ってしまうようで
何度も自分の抜け殻に登り直して
羽を乾かしていました。




水の中に落ちるのではないかとハラハラしていた朝4時〜。




よく見ると


お隣の水槽には




とうに出発された方の殻が
枝の内側に着いていました。






この日はいっぺんに2匹が羽化です。



もう1匹はコトリとも音がしなくて
どこかでひっそりと羽を乾かし中のようです。







朝方にはすっかりトンボになっていました。


でもまだ乾かし中。







この後、落ちないように枝に乗せてあげて

完全に乾かしていただきました。







割り箸はツルツルで登りにくかったのかしら。

(木の枝の方は先発のお二人はご利用されています。)




その後、先発の方も発見され、

レオが開けた網戸の隙間から
お二人とも出発されたようです・・・。



さよーならー。



無事に羽化できて、ホッとしました。


現在、2つの水槽に計4匹のヤゴさんが残されています。


みなさんが無事に旅立たれるよう

最後まで見守り続けます〜。














この記事をはてなブックマークに追加

上野へ

2018年06月14日 | 日記



先日は上野で打ち合わせがありました。






藝大の美術館方面へ〜。


色々な建物が開館前の時間でしたので
人も少ない方で、
緑が多くて気持ちいい〜。



まあ、無事に話し合いは終わったのですが


なんせ、この日は

あの

上野動物園のシャンシャン様が一歳になられると言う
記念すべき日だったのです。



朝、子供達とEテレを見ているので
そこで、シャンシャンが1歳の誕生日であることを知っていたので

「今日、上野に行ってくるから
なんかパンダグッズ買って来ちゃおうかな〜。」

と、仕事で行くっていうのに
浮き足立った発言していました。




お昼前の時間の
上野動物園。




やはり!


一歳バースデー立て看板です。



そうだよね、そうだよね!


この午前中の時点で
シャンシャン観覧150分待ちという看板出ていました。


私はシャンシャンが見れなくても
上野動物園で特別に売っている
シャンシャンの生後1ヶ月の様子を再現した(重さも)
あのぬいぐるみが欲しいのです!!!!


一回、売れ切れましたが、
また再開しているはずです。


いつか子供達と来ようと思っています。
(子供達もシャンシャンは見れなくてもいいとかで
上野動物園には行きたいと言っています。)

というわけで、

動物園を横目に

帰るために駅へ〜。



上の駅構内には、パンダグッズがいっぱいです。

そこで子供達へのお土産は何がいいか
各ショップを隈なく物色し、


こちらにしました!





1歳記念ブック!


可愛い〜!!!


ポスター付きです。



可愛い〜(2度目)!




そして




こちらも!


パンダクリームパンと、パンダ黒糖あんぱんです。




息子はチョコ部分を全て先に食べていました。





この日はパンダ関連のお買い物をすると



こちらに入れてくれました。



たまたまですが、良きタイミングで上野に行けてラッキーでした。



本好きで雑学王の娘は
いつの間にかサクッと自分で読んでいて

パンダ雑学が増えていたのでした。


シャンシャンは3年くらいしたら中国へ返さなければですよね。
繁殖目的で、両親をお借りしているのだし。

早めに行かなくては!です。








この記事をはてなブックマークに追加

帰省そしてヤゴ

2018年06月13日 | 日記




今年はG.Wに帰省しなかったのもあって

子供達は私の実家の静岡に行きたい!と

切望していまして・・・


週末スケジュールを見ても
なかなか行ける日程が無かったのですが

私の父が孫たちに会いにくる

となったら、
そのまま静岡に行くんでしょー!!!
と強く息子にアピールされまして


先週末、四谷での助っ人の後、
そのまま東京で待ち合わせて静岡へ〜。






例の海賊船のアスレチックへ





息子は前回来た時がまだ小さくて覚えていなかったので
改めて来ました。






運動音痴な娘は遊具系は苦手でして

早々に大好きな水場へ行くものの
(水場と砂場が好き)





前日の真夏日とは打って変わって
水は冷たく、すぐに断念。





娘がアスレチックなどに対して

「怖い」とか「やりたくない」とか言うと
弟もその言葉に影響を受けて

「やらない」

となるので、活発ないとこの娘ちゃんが同行してくれて
助かります。


近所には、なかなかこうした遊具は無いので
息子にはぜひやってほしい!
体を動かしておくれ〜
と思い連れてくるのです。




こんな時、私の父は本当にありがたい。




足元砂浜ですから、相当体力使いますが、
孫のために頑張ってくれます。





こういうの苦手な娘も、はとこや大きいおじいちゃんの補助のおかげで
チャレンジしてくれました。


娘は小さい頃から、
公園に行っても遊具で遊ばず・・・。
そのせいで、公園からもすっかり遠ざかった挙句
運動苦手なインドア派になりました・・・。

外出も嫌いです。
(しかし家にいると、ずっとテレビを見たがるので
私は外に連れ出したい・・・。)


弟ができてから、公園で遊具で(少し)遊ぶようになったのです。




この日は大荒れの予報でしたが、なんとか午前中は天気がもって
海辺の風に吹かれながら
楽しく遊べたのです。





釣りをしている人を見に行ったら

3匹のサギが釣り上げた魚を狙っていて

すぐそばをうろちょろしていたので



追いかけ回す息子。







楽しかったね。



実家では娘とはとこが
何やら戸口にポストを作って遊んでいたのですが






ティッシュ箱の上は、息子が描いたおじいちゃんの絵で




バツがしてあり


おじいちゃん禁止らしいです(笑)。



結構似ていて、感心していたのですが



こちらが、おばあちゃんらしくて

全然似てなくて、

おばあちゃんと爆笑!


おでことか意味不明のブツブツとかあるし、
髪の毛の生え方も凄い(笑)。



おばあちゃんのお膝に入りながら

「これ、おばあちゃん」

と息子が描き出したのを見て、


「え!ちょっ!これ私!?」

と言って大爆笑のおばあちゃん。
それを見て私も笑ってしまい、
久々にお腹がよじれるほど笑ってしまいました。


楽しいな、実家。





そんな楽しんでいた矢先、
東京に残っていた主人から


「朝起きたら、トンボになっていた!」


と、1泊しかしていないそのタイミングで
ヤゴの羽化のご報告がありました。





わー。


そう来たかー。



ついに第一号が無事に羽化しました〜。





枝に抜け殻がついていた。



私たちが帰るまで、
飼育ケースに入れてくれてあり


その後、お外に離しました。




立派にトンボになられていて
感動です。



残りのヤゴもかなり大きく色が濃くなっているのがいたので
期待したのですが、2日間、何も、誰もトンボにはなってくれませんでした・・・。


保育園には3匹お渡ししたのですが
1匹すぐに死んでしまい、
もう1匹は這い出るのがうまく行かなかったようで
(子供達が掻き回すので、這い出る用の棒をよけてあった)
半分殻が落ちた状態で・・・。

残りの1匹は無事に育ってほしいです!



うちは今の所、全員元気です。


















この記事をはてなブックマークに追加

週末助っ人

2018年06月12日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


先週末は

四谷ひろばのCCAAの造形プログラムの助っ人に行って来ました。


今まで日曜日に月一行っていた
「親子プログラム」

を、みんなで担当していたのですが。

今年度から

土曜日の図工プログラムもみんなで担当することになりました。



土曜は小学生向けで、
前期後期の登録制のプログラムでして
今までは、小学校や中学校の引退された図工の先生が行っていました。

何年か行って来たのですが、
みなさんかなりご年配になられたのもあり

私たちがやってみることになりました。




しかし、いつもの親子プログラムとは違い
登録人数もとても多いので、担当者だけでは難しいかも
ということで毎回助っ人が入ることになりました。



私は

村橋さんの助っ人に入りました。



予想以上に、この日は参加人数が少なかったのですが

程よい感じで楽しく行えました。



プログラムはこちら





モビールハウスです。


モビールの色紙が、下の白いお家に映るのです。
風に揺れると、ゆらゆらと気持ち良いです。




2回のプログラムですので、

今回はお家まで作りました。



村橋さんは元同僚ですが

現在はアーティストととして大活躍していらっしゃいます。


個人でも活動されていますが
guse ars(グセ アルス)というユニットで作品を制作されています。


こちらホームページ
http://guse-ars.com/about.html


うちにも作品やカタログとかあります。


村橋さんの人柄も相まっておしゃれで穏やかな作品ですよね〜。



村橋さんは、私より年下なんですが
最初っからとても落ち着いた人柄で
(最初は美大生のバイトさんから入りました)
子供への対応も、作るもののセンスも良くて

私たち姉さんスタッフは(歳が近い女子が3人いました)

「どうやったらあんな落ち着いたいい子が育つのか
親に会いたい!聞いてみたい!」


と給湯室世間話で(給湯室ありませんが)話していたほどです。

(そんなに歳は変わらないのに、すでに母親目線 笑)


現在、ご活躍なのも納得です〜。



なんて最後は村橋さんを褒め称える内容になってしまいましたが(笑)

楽しく助っ人してきました。


子供達も、とても可愛かったです。

未就学児は親御さんも参加されていたのですが、
みなさん見守る姿勢で参加されていたのが素敵でした〜。


私の担当はまだ後期なので、
しばらくは助っ人参加で楽しませていただきまーす。









この記事をはてなブックマークに追加