福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

上野動物園

2018年06月30日 | 日記




というわけで、
専門学校で特別講師をさせていただく事になり、
課題も「上野動物園」だったりしたので

事前に大義名分を得て
上野動物園に行ってきましたー!






夜中から大荒れな天気でしたが
天気予報では昼間は晴れるとのことで
出発しましたが、
現地到着時はまだ時折雨が降って不安定な天気でした。



天気悪いしー
もしかして
シャンシャン空いてるかも〜
という淡い期待も



朝の段階ですでに180分待ち・・・。

早々に諦めました。



まだ雨ですので、とりあえず室内展示から。





鳥類が綺麗で癒されます。






立体的な顔ハメ。

すでに4歳児男子は変顔。
(でも変顔やめて欲しいと言えばすぐやめる。)



猛禽類も充実。




動物たちの慰霊碑。

戦前からある動物園ですので
悲しい歴史があります。

子供達は保育園でそのことを学んでいます。


さすがに立派な慰霊碑です。



慰霊碑だけでなく、
芸大が近いからなのか



展示の造形物がどこも素敵でした。





トラさんがうろちょろしていて大変迫力満点だったのですが

その展示ブースの脇に




トラ模様が竹やぶで紛れて効果的であるということを
再現したコーナーがあるのですが




息子が本気でびっくりしていて(笑)

この前をかなり遠巻きに息を潜めて通っていました。






クジャクがアグレッシブに木に登っていました。





アラフィフなゴリラがいるのですね。

この日は見れませんでしたが、大きなブースにお一人で住まわれているようです。





こっちはファミリーで。






猛獣地域は熱帯地方の家屋のイメージでトイレも素敵。




なぜかシュワッチ。





ヘビクイワシかっこいい。





クマコーナーにて

クマが出てきていて(笑)
息子またビックリ。
一緒に写真は撮ってくれませんでした。




冬眠の穴は入ってくれました。
しかし、これも娘が嫌がり、それで息子も嫌がり
主人が入って見せたら
息子だけ入ってくれました。

大きいウロだね。





ゾウさん水かけパフォーマンスしてくれました。




牙のあるゾウさんは芸はしません。





コビトカバが可愛かった。





オカピを初めて見ました。
キリン科でしたよね。
思っていたより大きかったです。




充実の爬虫類館。




歯ね!




すごいね。





アロワナ〜。





・・・





顔ね。







皮剥けてますけど。






ゾウガメ大きいな。



こちらでは大きいワニさんがいたのですが
お顔を見れず。
体と尻尾だけで
相当な大きさなのがわかりました。


息子は「ワニ!」「ヘビ!」と言って見たがっていたのですが
目の前にするとダメです(笑)。

私がしきりに誘っても

「ヤダー!」

「わかったわかった!もう見たから!」

とちゃんと見てくれませんでした。


娘が爬虫類系意外と平気です。



そして、2つの園のすべての動物を見て
雨からの急激な気温上昇で蒸し風呂みたいな園内で
疲れ切っていたはずなのですが



娘は動物豆知識のコーナーで念入りに全てを読んでいます。

帰りたいみんなが娘待ちの状態です(笑)。



というわけで
大充実な上野動物園でした。


私が学生?の頃来た時とは全面リニューアルしていて
とっても素敵な動物園でした。

パンダが見れなかった事に
息子は帰りは半べそでしたが・・・。
そこで3時間取られていたら、他は見れなかったなあ。
パンダ以外はすべて観れて楽しかったです。






変顔・・・。



造形物が素敵だったのがよかったです。

都会の動物園で行きやすいし
さすがの上野動物園だったので
また行きたいです!









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 御茶ノ水専門学校 | トップ | 上野動物園の買い物 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事