福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

タータンとかムナーリとか

2018年12月12日 | 日記




週末はタータンの展示を見てきました。







なんか、珍しくないですか。


「タータン」に特化するって意外とないですよね。





入り口ホールにあるソファにて
いろいろなタータンになれます(笑)。







タータンについて知らないことばかりで

色の使い方で家紋みたく一族を表していたり
いろいろ面白かったです。

何よりも、タータンの空間が可愛いです。


子供たちはタータンの模様探しクイズを頑張っていました。



そしてついでにこんなのも出ていたので





早速購入。


私は、これを見た時、随分前に発売された絵本だと思っていたのですが
この展示に合わせた最新刊でした!!!

絵の感じとか、何だかノスタルジックじゃないですか?


作者さんがアイドルがチェック柄を着ていたのもあってタータンチェック好きが嵩じて
現地訪問までされてタータンを研究されているのですが、

そのアイドルが
展示にもあったスコットランド出身の70年代のアイドル
「ベイ・シティーローラーズ」なのだと思っていたのですが

もしかして
「チェッカーズ」のことかもしれないと
思い始めました(笑)。



チェッカーズがブームの頃は私は小学生でしたので
作者さんの感じだとあり得るのかも〜

とか、

どうでもいいいですね(笑)。



なぜだか娘が最近タータンチェックの服を着たがったので
ちょうど良いタイミングで見に行ったのでした。


そして翌日は
ムナーリ展の全国巡回の最終地で国内最大の展示ということで
世田谷美術館の「ムナーリ展」に行ってまいりました。





ここまでたどり着くために、子供たちは砧公園で散々遊びました。


公園内でランチをしようと思っていたのですが
公園内の売店が一斉にリニューアル工事で閉鎖。

超寒空の中、直前に握ってきて何となくあったかいおにぎりと
水筒に入れてきた温かいお茶でしのぎましたが

外でのランチですっかり冷え切ったところで美術館へ〜。


息子はこういうの全く落ち着いて見れないのですが
ムナーリ展は必ずムナーリの知育玩具キットで
子供が遊べる場所があります。

そこで遊ばせている間に、夫婦交代で見てきました。


娘は展覧会は好きなのですが、この日は朝からずっと不機嫌で手に負えなかったので
何だか大変でした。


見終わったあと、美術館のレストランで休憩した時に
「ケーキセットがプリンしかない」と言われたのですが
そのプリンがとーっても美味しかったので(大きいワイングラスに入っていたのです)
そこで娘の機嫌が良くなったのは良かったです。

主人は温かいご飯が食べたくて、普通にパスタ頼んでました。
それも美味しかった。



ムナーリの展示は本当に何度見ても素晴らしかったです。

イタリア人の友人がイタリア人は保守的なので
「ムナーリみたいな作家が出るのが奇跡に近い」と言っていて
本当に面白いなあ〜と思っていました。

私が以前勤務していたところは、
ムナーリが初めて日本で子供のためにワークショップをしたところで
その時の写真とか見ると本当に陽気な可愛いおじいちゃんで、
登場するだけでハッピーな感じがしたそうなんです。


天性の才能なのだと改めて感じます。


前回の葉山からこのムナーリ展で、
子供のためのワークショップが取りやめになってしまったことが
悔やまれます。


ムナーリはどう思っているのかな〜?
と思ったりしました。

もうムナーリの作品を管理している方々が代替えされているので
いろいろ著作権とか難しいようです。

日本でもそうですが故人の作品管理は厳しいですよね。



そして、葉山の時はほとんどが売り切れで無かった物販関係が
割と揃っていたので

ついに




こちらの
「緑ずきんちゃん」と「+ー (プラスマイナス)」を購入しました。

「黄色ずきんちゃん」は持っていましたが
「緑ずきんちゃん」は持っていませんでした。

イタリア語なので、詳細はわかりませんが絵本なので絵でお話がわかります。

プラスマイナスは私も勤務時代によく親しんでいたのですが
日本では手に入りませんでした。

近年手に入るようになったので、欲しかったのです。


子供に遊ばせようか、保管しておこうか
迷っています・・・(笑)。



最近感じるのは、東京オリンピックに向けて
いろいろな所が、特に公共施設ですかね
色々と動いているので
お出かけ情報は事前にチェックしないと、リニューアルとかで入れないとかになってしまう
ということを痛感している昨今です。









12月ですね

2018年12月11日 | 日記



先週は撮影やら、打ち合わせなどいろいろあったのですが

何だか小学校の行事が多かったような・・・。

何となく忙しいのですが、仕事で忙しいんだか
子供のことで忙しいのだろうか?(笑)



子供たち、虫歯があってですね(汗)、
その歯科通いとか、娘が予約した本を図書館に取りに行くとか
保護者会、図書のお手伝いとか何とか、
いろいろね・・・。


虫歯に関しては、定期検診やフッ素もしていたのですけどね〜
周りはみんなフロスをしていたので
これからそれを徹底することにしました。


そんな中、
元マネジャーの増賀さんとご家族から
福島のリンゴが大量に届きました〜!!!





これが美味しいのです!!!!




リンゴ大好き3人衆(匹?)です。


グラムはドッグフード以外でリンゴとサツマイモだけはもらえるので
大好きです。



そして、ちょっと前ですが

和の会の時のデザイナーの中村さんから



尾瀬のハチミツが届いたので、
これもまた美味でして、
リンゴとこのハチミツでジュースにしてみたりと
いろいろ楽しんでおります。


しかし、福島県はウルトラマンの原作者 円谷英二さんの出身地でもあるということで



ウルトラマンの故郷「M78星雲光の国」と姉妹都市なんですねー(笑)。


知らなかった。


素晴らしいですね!!!





そして静岡から打ち合わせでお越しいただいた方に


とても珍しいのですが




鰻屋さんがやっている「羊羹」をいただきました。






こちら、塩羊羹でして




何とエルサレムの「死海」の塩を使っているのです。


かっこいい包装紙です。






味は、確かに塩感がすごかったです。

ミネラル豊富って感じです。



そんな感じで、年内にやることいっぱいなのに
思うように進んでいないので焦るばかりの毎日でございます・・・。
どんどんどんどん冬休みが近づいている・・・。





福島県二本松市での重陽の芸術祭
池袋PARCOでの「KYOTO」展も無事に終わりました。

多くの方にお越しいただき、ありがとうございました!!!!









こんなところでメキシコ

2018年12月04日 | 日記


先週はドイツでお世話になったギャラリーの方々が来日されていたので


ちょうど開催されている

池袋PARCOの「KYOTO展」にご案内させていただきました。
(現在は終了しております。)



京都の職人さんの技とアーティストの作品に感動していらっしゃいました。

ミケーレは欲しい作品もあったようです。



オープニングの時は気が付きませんでしたが
京都スーベニアのショップに素敵なものがたくさんで
可愛いクッキーもあったので
子供達に買って帰りました。



素敵すぎて食べれなーい!
なんてギャラリーの田中さんとお話ししていましたが
子供たちは、すぐに食べていました(笑)。

さすが!容赦ないね。




ドイツからも可愛いチョコをいただき、子供達大満足です。



先週は、

ちょっとしたTVの撮影もありまして





これ、放映はもっと先のようですが



まだ撮影もあり、ちょっとバタバタしそうな予感です。




そして、タイトルの件ですが、

先週の3連休は立川の昭和記念公園に子供達と行ったのです。
子供達は学校とかで来ていて知っているのですが
私は初めて。

とっても楽しみにしていたのですが
まさかの花火大会だったらしく、
公園内色々な場所が規制がかかっており、
どこも早めに入場が終了・・・。


えーーー!となりながらも
公園の一番奥にある「こどもの森」という一帯を目指して競歩並みに公園を突っ切りました。


すると






な、なんですか!


まさかのナスカの地上絵的なものが出現!!!







わーわーわーわーわーーーー!



前日にNHKの「地球ドラマチック」の録画でナスカの地上絵の新発見を見ていたところです。



そして





えーーー



えーーーー


えーーーー!!!


これはメキシコのティオティワカンじゃないですか!!!!



てことは、テオティワカンから伸びる前の道は「死者の道」ということでしょうか・・・。



びっくりしました。


私、メキシコのテオティワカンは20代で行っており、
ちょっとした高さのピラミッドでしたが高度が高いので、
空気が薄く、一気に登ったらとんでもなく息切れしたのが蘇りました・・・。

懐かしい・・・。

ピラミッドから伸びる死者の道を
ピラミッドの頂上から眺めたときの神聖さを思い出しました。

テオティワカンはお墓ではなく、祭壇の要素だったと記憶しています。
ピラミッドは月のピラミッドと太陽のピラミッドがあって
豊穣を祈る祭壇で穀物などの装飾がされていました。

まさか立川でメキシコ感じるなんて(笑)。


不意打ちすぎて、久々の衝撃でした。





ふわふわドームという子供にお決まりのはねるやつをやって

横のこれに









なんかこれもイタリアかメキシコの遺跡で見たことあるような・・・。




竜の中にもホログラム的なものが。





背中が滑り台とかになっていて3匹いました。



この「こどもの森」一帯の入り口にはスペインのガウディ建築みたいな回廊とかもあって

なんだかラテン系な遺跡めぐりみたくなっていました。


面白かった。



この時、娘がふわふわドームで車酔いみたいな感じになったのか
咳き込んだ拍子に、もどしまして・・・。
私が、その処理に取り掛かっている間に
本人はスッキリしてまたふわふわドームをやりに行くという

「え・・・・?」


って感じです。


子供ってそんな感じなんだなって改めて思います。



早々に公園が閉まり、花火客たちでいっぱいになったので

入り口規制があってすんごい遠回りして、近くのIKEAに行くも、そちらも終了。


駅も物々しい雰囲気になっており、
夕食を食べて帰ったら
花火終わりの人たちで帰れなそうだったので
急いで帰りました。


また改めて来る約束をしたのでした。













干支で切り絵@SBS学苑静岡

2018年12月03日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



今年も静岡のSBS学苑さんで
干支の切り絵ワークショップをさせていただきました。


一年に一回の講座で、毎回参加していただく方がいて

すっかり
「お久しぶりでーす!」
みたいな再会の場になっております(笑)。





逆に参加していないと、心配になります。





新規の方もいらっしゃいますので

いつも通り基本からお話しさせていただきました。






そして、さくさくと皆さん
来年の干支の切り絵のデザインをされて切り進めていました。


















今日は1人ですので、オールラウンダーでアドバイスさせていただきました。












切り上がってきました。










「いの一番」が本当に一番先にできていました!

















そして!




皆さん完成〜!!!!



素晴らしいです。


イノシシ、結構デザインが難しいのですが
皆さん可愛く素敵に仕上げてくださいました。





皆さんの感想を聞きつつ講評タイム。














かわいいでしょ。

中学生の作品です。






本当に皆さん、三者三様でアイデアも素晴らしく
個性にあふれていて素敵な作品ができました。

これで年賀状デザインも安心ですね(笑)!


来年はイノシシの猪突猛進的にみんな突っ走るのですね。


私も来年は色々盛りだくさんでして・・・。

すでに色々取り掛かっているので
とりあえず無事に年末までのスケジュールをこなしたい!
という気持ちでいっぱいです。


久々の再会で、皆さんとも近況報告なんかで大いに盛り上がり
楽しいお時間でした。


皆様お疲れ様です。


そしてまた来年でーす!


(SBS学苑のスタッフさんとは早くも「良いお年を〜!」してきました。)
写真撮影もありがとうございます。



ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89


NHK福島 href="http://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/">http://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/
アナウンサー吾妻さんのブログ
http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/1400/309825.html







SBS学苑「干支の亥」ワークショップ

2018年11月28日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



毎年この年の暮れに開催させていただいている

SBS学苑 静岡駅ビル パルシェ校の

「干支」ワークショップ!

今年も開催させていただきます。


来年の干支


「いのしし」にちなんだものを皆さんでデザインして作ります。



こちらは私のサンプル作品。




12月2日(日)
13時半〜15時半
@静岡駅ビル パルシェ校


そういえば、私のワークショップで一般で参加できるのって
県立美術館とこちらの2つですね。

いつも小学校への出前授業が多いですね。


すでにホームページでの応募は終わっており
規定の人数は埋まっているのですが
お電話でのご相談は可能みたいですので

毎年参加されていて、あっ!と見落とした方など
急いでお問い合わせくださいませ〜!



詳細はこちらから


https://www.sbsgakuen.com/Detail?gakuno=2&kikanno=191567



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

<お知らせ>


ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89


NHK福島 はまなかあいずtoday
番組
http://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/
アナウンサー吾妻さんのブログ
http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/1400/309825.html



年末助け合い「第37回ふるさと知名人チャリティー色紙展」

2018年11月27日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


毎年参加させていただいている
中日新聞主催の

年末助け合い「第37回ふるさと知名人チャリティー色紙展」


今年も参加させていただきます。




静岡県は浜松市の遠鉄百貨店ですが、
今年は特別にさくらももこさんの原画が展示されるのですね!

さすが静岡!



私は以下の2点を出品します。



来年の干支にちなんだ2点です。





詳細です。




【年末助け合い「第37回ふるさと知名人チャリティー色紙展」】

<展示期間>
平成30年12月1日(土)〜3日(月)10:00〜18:30
※初日12月1日のみ、午前9時〜10時に遠鉄百貨店本館1階西入口で整理券を配布し、
 入場制限を行います
※最終日12月3日は17時閉場 

<引換期間>
平成30年12月4日(火) 10:00〜18:30 
※期間内に引換出来ない場合は郵送なども可

<ところ>
遠鉄百貨店本館8階スペース8(浜松市中区砂山町320-2)

<内容>
年末助け合い運動の一つとして、静岡県ゆかりの知名人に寄贈して頂いた
個性あふれる自作色紙を展示・チャリティー販売を行います。
先着順での一般販売と、初日に入札を受ける入札制販売があります。
(色紙1枚4,000円=一般販売価格および最低入札価格)
売上金から経費を除いた収益金の全額を中日新聞社会事業団と静岡県社会福祉協議会に寄贈し、
県内の福祉事業に役立てます。
また、今回は故さくらももこさんを追悼し、新聞4コマ漫画「ちびまる子ちゃん」の原画を
展示します(非売品)。

〈その他〉
チャリティー販売のため、作品の転売は固くお断りいたします。
会場内の写真、動画撮影はできません。



参加作家など詳しい情報はこちらから。


http://www.chunichi.co.jp/shizuoka/event/other/charity/37index.html



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

<お知らせ>


ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89


NHK福島 はまなかあいずtoday

2018年11月24日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


NHK福島さんの

「はまなかあいずtoday」という番組内で

私の智恵子の生家での展示、福島県で行なったワークショップ
正月の伝承切り紙のオカザリを作る養泉院さんとのことを

全て素敵にまとめてくださり紹介してくださいました!!!



ありがとうございます(涙)!!!



こちらから番組が見れます。


http://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/



そして、こちらの番組のアナウンサーでもある吾妻さんがブログにもその様子を
丁寧に紹介してくださっています。

http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/1400/309825.html

養泉院さんにも行ってくださって
実際にオカザリを制作している様子を映像に収めてくださいました!!!


素晴らしすぎる!!!!


吾妻さんはお忙しい中、ご自分でカメラを持ってその現地に足を運んでくださり
撮影してインタビューして編集もして・・・と、本当にありがたいです〜。


今回は私のオカザリのワークショップにもご参加くださり
とても素敵な「福助」を作っていたのですよ!
吾妻家の家紋が入っており、すぐに自分の家の家紋が入れられるの
すごいなっと思いました(笑)。

福島での重陽の芸術祭は福島に赴任されてから毎年取り組んでくださっています。
本当にありがたいです。


今回は、オカザリの制作過程も撮影してくださり
貴重な映像です。
そして、やはり養泉院さんのオカザリは美しいです!


この文化を残したいと切に思います。




ぜひご覧ください!!!!!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お知らせ

福島ビエンナーレ2018重陽の芸術祭
に参加しております。
高村智恵子の生家での展示
10/13〜11/27になります。
http://wa-art.com/bien/bien2018/



ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89






「PARCOのKYOTO展」inPARCO池袋

2018年11月23日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


PARCO池袋で開催の


「PARCOのKYOTO展」のオープニングに行ってまいりました。


PARCO池袋さんは池袋駅と直結しています。

表示通り行けば迷わないのですが、
池袋駅は大変なところです(笑)。





PARCOのエスカレーターにも広告が





各階にも






そして本館7階に到着。

こちらのミュージアムにて開催しております。






私は京都の老舗京団扇屋さん「阿以波(あいば)」さんと作らせていただいており

和紙での切り絵を送っているだけで
団扇への作業は阿以波さん。

完成は見ていなかったので、
こちらで早めに来て確認、サイン入り、設営チェックなどがあります。




うわーーーー!






あったーーーー!!!!!





綺麗です!!!!







今回は「透かし団扇」というもので
美しい骨組みがむき出しのもので、切り絵の影なども綺麗に落ちるのです。
(団扇の機能云々より、飾りものですね。)






美しくできていて感動です。



こちらは骨組みの前と後ろに私の切った和紙の切り絵が貼られているのですが

前側に飛んでいるのは「チドリ」でして
後ろ側は「波」になっているのですが、
この後ろ側の波は金箔です・・・・。

金箔切りました・・・。

緊張した(笑)。

和紙に金箔が貼ってあるのですが、
手につくと金箔が剥がれてしまうのです。
和紙に貼ってあるっていうか、箔を押してあるだけですよね。


無事に切り終えてホッとしました(笑)。







美しく展示されていますので、是非見に来ていただきたいです。



そして今回は主人の今井トゥーンズも



番傘で急遽参加になりました。





旬のお野菜、きのこのデザインで
傘にちなんで雨雲から雨が降っております。






この機械のきのこ私も好きなアイテムです。



他には





リボネシアがリボンで壺!!!





これは何かと言いますと




風船に薄く漆が塗られているのです!!!!


すごいです〜!!!!


かっこいいです。





掛け軸作品は、それぞれオブジェと










宇宙空間も!






茶室もできました。




真鍮の職人さんが、磨いて鏡にしていました。

このオブジェは




影も見所です。




こんな感じで、オープニングは大勢の方がいらっしゃり賑わっておりました。



今回は夫婦で参加だったので
子供達も同席したのですが


7階のミュージアム前にポケモンカフェというのが期間限定でできており
そちらに興味が持って行かれた子供達です・・・・。




しかし、息子なんかは壊しそうなものばかりで危なかっしい感じだったので
早々に会場から出てくれて逆に良かったかも(笑)。




スーベニアのショップにも京都の素敵なものが売られていますので
是非是非いらしてくださいね〜!





池袋PARCO「PARCOのKYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お知らせ

福島ビエンナーレ2018重陽の芸術祭
に参加しております。
高村智恵子の生家での展示
10/13〜11/27になります。
http://wa-art.com/bien/bien2018/



ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89









キッズアートプロジェクトしずおかin引佐

2018年11月22日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)



キッズアートプロジェクトしずおかにて

静岡県の浜松市にある引佐町の金指小学校に行ってきました!



今回は掛川から天竜浜名湖線というのに乗って行ってきました。

ちょっとした旅気分です(笑)。





掛川にて、掛川城が見えます!





ここから天浜線と言われる
天竜浜名湖鉄道へ





一両編成の可愛い電車です。

ワンマンですので、バスと同じようなシステムです。



掛川から1時間以上揺られて
到着〜。



駅員?の方がお皿みたいのを持っていて
そこに切符を入れます。

回収箱などのは福島でも見ましたが
手持ちの皿に!


のどかです。

いいですね。






坂の上にある小学校へ



自然に囲まれて、浜名湖を望む丘の上にあるので
ベランダからの眺めが広大で気持ちいいです。






今回は5、6年生 32名です。




浜松市美術館の飯室館長からお話です。



ではではスタート。




彼らは来週にマラソン大会を控えていて

給食、掃除、昼休みの合間にマラソン練習をしており
そのあとの5、6時間目というなかなかのハードスケジュールの中
元気に取り組んでくださいました。






元気で、みんな反応も良くて面白かったです。




文字選びなども

担任の先生のおかげで
スムーズに選ばれました。





5、6年生混合の班分けだったので





どうなるのかなと思いましたが、誰が5年生なのか6年生なのか
わからないくらいみんな打ち解けて仲良しでした。






アイデアタイム。





下書きがみんな苦労していましたが





1人ができると、どんどん進むわけで


あっという間に切り作業。




子供達に実演です。

一度に見れるのは32人が限界かな。


実際に見るのが一番早いので。





どんどん切り上げます。





前回に続き、みんな細い字を選んでいました。






静岡県立美術館の方もお手伝いくださいました。
去年の初島も一緒の方です。






少し時間をオーバーしましたが

全員出揃いました!!!!






みんな一言ずつ発表して




私からのコメントもさせていただき

無事に授業が終了しました!






みんなお疲れ様です!



今回も楽しかったです。


元気で明るくて今までになく私の切り絵への反応が良かったです(笑)。


喋っていてもては動いており
ちゃんと完成させるのはさすが高学年です。

なんだかんだ時間に合わせてくるペース配分あたり、素晴らしいです!


そして、みんな「うなぎ」が大好きでしたが
三者三様でとても面白かったです。

あとはロープウェイとか天浜線、ミカン、サンコウチョウ(静岡の県鳥)とか浜松餃子もありましたね。


その学校づつのカラーがあって毎回私も楽しいです。


今回、この学校では学校の場所が急な坂の上にあるのもあり
「さかみちフェスティバル」というのがあって、
その時に飾る文字としても作りました。
5、6年生が協力して素敵なものができました〜!!!



今回も無事に出前授業を終えることができました。

ご協力いただいた
金指小学校の校長先生をはじめ教員の皆様
キッズアートの皆様
アシスタントの松井さん
ありがとうございました!


お疲れ様です!!!!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お知らせ

福島ビエンナーレ2018重陽の芸術祭
に参加しております。
高村智恵子の生家での展示
10/13〜11/27になります。
http://wa-art.com/bien/bien2018/



ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89





智恵子の生家ライトアップ

2018年11月20日 | お知らせ(個展・ワークショップ他)


福島県二本松市で行われている
「福島ビエンナーレ 重陽の芸術祭」


私は高村智恵子の生家にて展示させていただいております。


その中で、智恵子の出身校である小学校でのワークショップで
子供達に作ってもらった智恵子アイテムでの、文字のライトアップのお写真をいただきました。


私が滞在しているときは、うまいこと見れなかったのです。


ありがたいです。





はっきり見えています!






「ち」








「え」






「こ」


結構和紙の色も出ていて美しいです。




中側からも撮ってくださいました。




こうなっています。






「ち」






「え」






「こ」




近寄ると


こんな感じです。




福島大学の渡邊先生、撮影ありがとうございます。


智恵子の生家での展示は11月27日までです。


他の展示も見所満載ですし、

葉泉院さんのお正月の伝承切り絵のオカザリはぜひ
見ていただきたいです!



是非是非ご覧くださいませ〜。


NHK福島での放送は22日の夕方からの番組です。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お知らせ

福島ビエンナーレ2018重陽の芸術祭
に参加しております。
高村智恵子の生家での展示
10/13〜11/27になります。
http://wa-art.com/bien/bien2018/



ニューヨークタイムズ
スタイルマガジン日本版web

https://www.tjapan.jp/beauty/17214599


池袋PARCO「KYOTO展」
2018年 11月22日〜12月3日

https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=89