福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

ヤゴ日記

2018年06月15日 | 日記



私が静岡に行っているその1泊の合間に
羽化したうちのヤゴさん。


その後、水槽をのぞいて
結構羽化間近な方が何匹かいらっしゃる様子でしたので
連日期待しているのですが
何も起こらず・・・。

な日々でしたが・・・・。



先週後半に切らしていた
イトミミズを買い、

ヤゴたちがガッつくのを見届けて


みなさんお元気な様子で、
また明日ね〜

と何の期待もせず寝ていた先日、



夜中に目が覚め

寝付けなくて

(ちょっと新幹線殺傷事件以来、安眠できない東海道線利用者)


とりあえずトイレに行ったところ、


夜中に起きるからつけといてと
主人に言われていた電気類が、
主人はすっかり寝ているのに煌々とついていることに気づき

朝の4時前ですかね〜、


階下に降りて

玄関〜、キッチン〜とスポットの電気を消していて
ふと、誰か羽化してるかな〜と

ヤゴの2つの水槽を覗き込んだところ






え!







(昼間は外に出しているので、
夜はとりあえずベランダ横に置いている状態)

まさか!





羽化用に用意した棒ではない


水槽の壁に





真っ最中な方を発見!!!!



殻から出て、頭を下にのけぞっているところです。

(ボケていてすみません。)




ひえー!!!





と思って写真を撮りまくるのですが、
私のカメラでは限界があり


起きかけていた主人に報告して


そこから


夫婦でヤゴ撮影タイムに入りました。








逆さになっている体をムックリと起こしたかと思うと







みるみる間に羽がふんわりして来ていて

感動〜。




ツルツルで綺麗です。


あのヤゴの体の中にこんなものが折りたたまれていたなんて!







すごい〜!


どうなってるの〜!








色もどんどん濃くなって来ています。


しかし、水槽の壁のため、
高さがあまりなくて
羽を伸ばすと、水に羽が入ってしまうようで
何度も自分の抜け殻に登り直して
羽を乾かしていました。




水の中に落ちるのではないかとハラハラしていた朝4時〜。




よく見ると


お隣の水槽には




とうに出発された方の殻が
枝の内側に着いていました。






この日はいっぺんに2匹が羽化です。



もう1匹はコトリとも音がしなくて
どこかでひっそりと羽を乾かし中のようです。







朝方にはすっかりトンボになっていました。


でもまだ乾かし中。







この後、落ちないように枝に乗せてあげて

完全に乾かしていただきました。







割り箸はツルツルで登りにくかったのかしら。

(木の枝の方は先発のお二人はご利用されています。)




その後、先発の方も発見され、

レオが開けた網戸の隙間から
お二人とも出発されたようです・・・。



さよーならー。



無事に羽化できて、ホッとしました。


現在、2つの水槽に計4匹のヤゴさんが残されています。


みなさんが無事に旅立たれるよう

最後まで見守り続けます〜。













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 上野へ | トップ | 静岡県立美術館「安野光雅展... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事