福井利佐blog

切り絵アーティストの日々

大家族旅行

2018年11月07日 | 日記



今年も無事に大家族旅行が遂行されました。



毎年恒例となっている
4世代旅行です。


祖母のお誕生日を兼ねています。



まずはホテルにチェックインしてひと遊び。




海が前面に見える素敵なお部屋で感激!



どうもここのホテルは昨年からリニューアル改装をずっとしていて
当初予約のお部屋が間に合わなかったため
豪華なお部屋に振り替えてくださったのです。


ラッキー。






主人は夕方には女性専用に変わってしまう温泉の大浴場へ行くので
とりあえず私たちはキッズルームへ。
娘は小学生ですので、絵本を読んでおとなしく過ごします。



息子は先に遊んでいる他のグループを傍観。





自分達だけになったので
思いっきり遊んでます。





姉さんも。




親戚たちも一堂に集合。





お時間になったので宴会場へ移動〜。






伯父が乾杯の音頭。




おばあちゃん、90歳おめでとう〜!!!




美容師だったおばあちゃんはいつもおしゃれで
お料理が上手で
大好きです。



毎回、大家族旅行は東京組みと静岡組みの間の中継地点で
行ったりするので、
今年はかなり前から小田原で決まっていました。


しかし、母の姉、私の伯母が大病になり入院。
長年教員を務めていた聡明で活発な伯母の突然の病気に
今回の旅行も危ぶまれました。
毎回この旅行は伯母が計画して予約してくれているのです。

祖母も旅行が好きだし、
伯母もこういった家族のイベントが好き。


伯母の入院が長引き、小田原の旅行はキャンセルとなったのですが
近場なら行けるんじゃないかという事で
伯母本人が妹であるうちの母にここを予約してほしいと指示。

まだ入院していたのですけどね。


幼少期から成績優秀な伯母は祖母の自慢の娘。
小学校は付属だったのですが、そこでの輝かしい評価の成績表が未だとってあります。
祖母の自慢話の一つですが、実際に私もその成績表を見た事があります。
中高は雙葉へ進み
そこで答辞だか送辞を卒業式で読んだとか聴いてます。
私が小さい頃、よく聞いた話です。


(妹であるうちの母とは年子なのですが、大違いなんです。
祖母は、未だに母のような子が産まれたのが不思議だそうです 笑)





祖母は19歳で伯母を産み、
20歳で私の母を産んでいるので
この人たち三姉妹状態で常にピーチクパーチク話しております。


伯母の病気に祖母は結構ショックを受けたのではないかなと推測しています。

なので、伯母が旅行に行かないとなると
主役である祖母が行かないとなり
伯母の夫である伯父もいかないってなるので
今回は何としても伯母はいかなければと思ったのでしょうね〜。
(それともどうしても旅行に行きたかったのか。)


何はともあれ、無事に済んでホッとしました。





美味しかった。

さすが静岡。
魚が美味しい。




こちらはお酒を呑むグループ。

毎回、この旅行でお酒にまつわる
うちの父の素行が問題になっています。

お酒のせいなのか、年のせいなのか・・・。

色々心配です。
お酒を飲んだら子どもは任せられないということを
肝に銘じました。




小学生以下のボーイズ達が走り回って
大変なことになっていましたが
無事にこの日を迎えられ、本当によかったです。






お部屋も良かったし、




午前中の日差しの中、読書の娘。

気持ちいよね〜。


2種類の露天風呂、「森のお風呂」「海のお風呂」も大変良くて




翌日はお庭で遊び




子供達は走りまくり





私たち大人女子達は、カフェでお茶しながら
子供達を眺め、
優雅に過ごせました。



今回感じたのは、世代が変わってきたことです。

いとこの娘が中学生になり
部活のため、宿泊しないで食事会だけで帰りました。

祖父がいた頃は祖父と祖母の体が心配でしたが
現在は私の両親世代が怪しくなってきていること。

色々なことを感じました。


伯母の大病は明日は我が身であり
私の両親にもいつ降りかかるかわからないことです。


いとこの一家は、いとこがケアマネジャーという職業柄、忙しく
2世帯で暮す伯母が孫のほとんどを担っており、
今回の伯母の入院で大変なことになっていたようです。


私も実家が美容院で土日は母も祖母も仕事。
父も土日や盆暮れ正月が関係ない公務員。
運動会やお祭りなどの行事は
教員で暦どおりに休みがある伯母が来てくれたりしていました。

伯母さん、いつもありがとうって言いたいです。


早く病気がいい方向に向かうことを願います。


来年も皆で旅行に行けるといいです。



















娘の仕舞い

2018年11月01日 | 日記



静岡、茨城に出張前後は
締め切り仕事で

出張→制作→納品→出張→制作→納品

を繰り返しており、まあ色々ギリギリです・・・。



無事に納品。

色々ギリギリな上に
娘が学校でなかなかやらかしてくださるので
先生からお電話あったり、お友達のお母さんからもお電話いただいたり何だりで
1日にやる事が膨大な量になっていました。



そして、先週はしもだて美術館から無事に帰ってきて
子供達が寝る時間に間に合ったので、
「絵本読んで〜」
ってことで、読み聞かせで寝るのですが・・・

何が辛いって




これ読まされたことです・・・・。

一日の終わりにこれ読むの、本当に辛い・・・(涙)。

娘が学校の国語で「戦争」について取り組んでいたのもあって
図書館で借りてきたのですね。

もう、この表紙だけで辛いですし
何なら「サクマドロップ」が店頭に売られているのを見るだけでも辛いのに

本当に辛かった・・・。

久しぶりにまともにガッツリ読んでしまった・・・。
もはや辛すぎて、テレビとかの放映もいつからか見ることができなくなっています。
もう涙で読めないので、聞いてる息子が
「お母さん泣いてるの〜?」と何度も心配顔で覗いていました。

結構、一度読んでしまうと何日間か引きずるタイプです(何度も観てるのに)。


本当に戦争は嫌だ・・・。




と、ごめんなさい、
話は変わって週末は娘の「お能」の発表会でした。



お能といっても
地域の伝統芸能保存会の主催する
軽くワンフレーズの「仕舞い」と「謡」なのですが



こちらが促さないと、
家では全く練習してくれないので
なんか大変でした。

(でも本番ではしれっと参加。)



お稽古は2週間に1回ですが
先生の時とお若い息子さん(観世流の方)では指導にだいぶ差があり
ちょっと、短い時間の稽古の中で確認したいので
なかなかね〜。
指導の仕方でこんなにも違うのかと感じます。
(前回は先生でしたので、ピリッと行ったのですが
今回はちょっと・・・。)



まあ、無事に何とか終わりました。


発表会後。








写真に写りたい息子。





息子の方が、謡のフレーズを暗唱してしまい
一緒に唄っていました(笑)。

今回は「岩船」でした。


来年は参加するのかなあ。
私は興味ありますが、娘はどうだか。


これ日曜の午前中の出来事で
午後は児童館のイベントに学童から出店するお店やさんになるので
急いでお昼を食べさせ、娘を先にいかせ
後から息子と主人と私の父とで向かいました。
(自分がお店屋さんをするので「絶対に来て欲しい」とのこと。)

商店街ではハロウィンの仮装パーティーをやっており、
午前中、仕舞いに参加していた子たちもいて
週末って、子供もお母さんもどんだけ忙しいのだか・・・。


でも、仕舞いの発表会も学童の出店も終わり
子供のイベントはちょっと落ち着いた感があります。



私は来週は静岡、福島でワークショップがあるので
またまた旅ガラスです。

もう福島とか寒そうだな〜。



福島ビエンナーレ2018重陽の芸術祭
に参加しております。
高村智恵子の生家での展示
10/13〜11/27になります。
http://wa-art.com/bien/bien2018/









息子誕生日

2018年10月20日 | 日記



息子の誕生日がありました。







5歳だってー!





やだー。早いなー。


おめでと〜!!!!




そして、ですね・・・・・・。




ついに








手に入れたのです・・・・。



ライダーベルトです。




ていうか





今井くんが欲しかったんだよねー


っていう感じにしか思えない


ご本人による商品解説。

いかにこの商品が素晴らしいかを力説してくださっています。

(私は「へー」って言いながら撮影してる有り様)





ちょっと本人力説しちゃっていて目が輝いちゃっているので
顔はぼかしてあげましょうね(おもいやり)。





良かったねー。


私はノータッチなのですが、
ずいぶん前に

「売り切れてしまうから」

ということで買っておいた様子です。


その間、息子の誕生日プレゼントが何がいいかが
毎日変わるのでハラハラしたものです(笑)。


おかげで、朝晩と戦いごっこで
えらいことになっております。


息子っていうか、主人の念願が叶ったっていう誕生日でございました。

















お手伝いとか

2018年09月28日 | 日記



色々時間が前後しますが


先週末は



またお手伝いに入ってきました。






いつもの四谷のCCAAにて




造形プログラムのお手伝いです。








今回は版画プログラムでした。


久々で楽しかったです。



プログラム後の



おじさんクッキングも


アットホームで美味でございました。

いつもお気遣いありがとうございます〜。




そしてもっと時間は遡り


敬老の日があったので義母の施設にお花やらプレゼントを渡しに行きました。




その際、元々は義母の飼い猫であったレオ様の写真をプレゼントすべく
撮影を行いました。





カシャッ!






あっ気づかれた。




気にしないでくださーい(笑)。







グラムも友情出演で入ってもらいました。


ついでに子供達も







義母はレオの写真をあげると大変喜ぶのです。





ちなみに私の父は

息子の保育園の敬老お楽しみ会にて




ディジュリドゥーしてきました。

(娘の時と合わせて2度目です。)



大変喜ばれたようで良かったです。



園児からも「かっこいい!」と言われて
大満足なおじいちゃんなのでした。












昆虫展in上野科学博物館

2018年09月19日 | 日記


上野の科学博物館にて


昆活してきました!







すんごい混んでいまして(予想通りでしたが)、
着いた時点で80分待ちとの事。



整理券が配られ、時間になるまで常設展を堪能したり





ランチしたり。









意外とあっという間に時間が経ち

いよいよ企画展の昆虫展へ。




最初の部屋が凄かった。






わーーわーーーーわーーーーーー。






これは大興奮ですねーー。






蚊だーーーー!



すごーい。







セミだーーー。




等身大の昆虫があるらしいとは聞いていましたが
等身大以上でした!


すごーい。




そして、この先は色々とテーマに分かれており






本物の昆虫さんの標本とか


生態について、色々詳しくわかりやすく展示してありました。






「G」の部屋。



はい!ゴキブリでーーーす。


苦手な人は避けれるように、別室になっておりましたが
(私は平気な口なので)

普段私たちが想像するゴキブリさんとは全然違っていて

カメムシっぽかったり、てんとう虫っぽかったり
カミキリ虫っぽかったり

全くの昆虫でした。


生きてるのも展示してありましたが、
全然ゴキブリっぽくなかったです。



そして、こんな





真っ白で綺麗な方もいて感動でした〜。

(ちょっと周りのゴキブリ、リアルゴキブリ系で苦手な方すみません。)


ゴキブリネタは終わり、





見たかった物の一つがこちら!




プラチナコガネ!!!!


素敵!素敵!


プラチナだけでなく、黄金とか色々綺麗なコガネムシ!
素敵。





他にも色々な展示がありましたが、


まだ開催中ですので、この辺で。



息子は、人ごみにウンザリしてしまい
ちょっとゴネ系でしたが、それなりに見れるところは楽しんでいました。
子供にとっては人混みで展示が見えないのが
かなりテンション下がるようです(笑)。
(息子は主人担当で終始抱っこ)

昆虫の本物はかなり小さいですし、
面白い形のツノゼミ系はみんなミリ単位のものでした。

研究者の方々はよく見つけるものだな、と感心します。



娘は怖がりのくせに、昆虫とかはわりと平気で
知りたい欲求の方が勝るらしく、人混みで見えないところも果敢にチャレンジして
頑張って見ていました。



大人な私は大変面白かったです〜。

展示内容は子供向けだけでなく、専門分野のことが多く大人も十分満足できるし
実際、大人同士できている人は昆虫好きか専門家かと思われる
マニアな方々だった気がします。



そして、昆虫展の企画展の他に
本館での企画展が「標本作りの裏側」で、そちらも大変面白かったです。




南三陸の震災で損傷したツチクジラの標本修復の様子。




これ、TVのドキュメントで見たことがあったので
本物があって感動。


もともと上野の博物館のものだったのですね。


傷が生々しかったです。





実際の標本作りや発掘などの様子が再現されています。




私、大学生時代の学芸員実習をこちらの上野科学博物館でやっており
実際に見たり聞いたり、やったりしたことも多くて
大変面白かったです。


私、血が苦手なので
カエルだかハツカネズミだかの解剖に怯えていましたが
幸いなことに三葉虫のレプリカ作りという美大生にとって大変優位なプログラムにあたり
すごく楽しい実習だったという思い出です。



全体的に大変楽しく大満足な展示でございましたー。




この日の夜に

昆虫展の何が印象に残っているか
息子に聞いて見たところ

「匂いのところ」


と言っていて意外でした(笑)。



昆虫のフェロモンのところがあり
3種類の匂いを嗅ぐところがあったのです。


それなんだ〜(笑)。

確かにいい匂いだった。


やっぱり見たり聞いたりしたものより、体験したものが印象として残るのですね。





あと好きなのって恐竜なんだよね(笑)。

T ~シャツ、スターウォーズだけれども・・・。
(実は、博物館ぽくサメのT -シャツでコーディネイトしていたのですが朝食で牛乳ぶっかけて、全着替え)




最後にカフェテリアで休憩して帰ったのですが

その奥にひっそりと、博物館を作った方の銅像が展示してあり

おそらくずーーーーーと遥か前からある古き良きお堅め銅像だと思うのですが

現在は



プロジェクトマッピングで

銅像本人が語っていました(笑)。