花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

霧氷(瓶ヶ森林道)

2008-12-01 | 2008年 山行報告(高知県)
山行報告
きらきら輝かないが・・霧氷!**
************
2008/11・30 天気 曇り(山を少し下れば快晴)参加者(3名)GOKU ・レーサー・流れ星
タイム 自宅6:30=よさこい峠 8:30=自念子の頭周辺9:30/10:40=林道ドライブ(伊予冨士著直下より寒風寄りまで行き引き返し)=よさこい峠12:30=自宅
                      ************   
 瓶が森林道は11月30日で閉鎖される。手軽に霧氷を見るのには良い場所なので車とチェーンの具合を確かめるのにも良いので出かけた。登山するつもりで出たので山行報告としたが事実はドライブとなった。寒かったのと天気が悪くてみな登山する気持ちが失せたのが原因です。週末には雪山登山の予定があるのでまあ、いいかという気持ちもありました。
    
 よさこい峠までの道から筒上山が太陽に照らされ輝き今日は最高だと思われました・・
    
ところが残念ながら青空はこの後殆ど見られず貴重な青!となってしまったのです。
    
柔らかな雰囲気も段々なくなり風も強くで寒くて車から出たくなくなってきました。
       
ツララも次々見えます
       
綺麗なので外に出て子持ち権現周辺を撮影。レーサーは車から出ない。
    
子持ち権現ははるか昔登った事が有りますが今は無理なような気がする。昔は体重が少なかったからねえ。この急な登りはちくと・・堪えます。
    
下のほうは天気がよさそうです。
       
岩につく雪の花といえばいいのかしら
       
色々な造型を見せてくれます。元の植物はなにだったのかな?
   

    
自念子ノ頭に来ると少し青空が見え空を灰色と青に稜線が分けます。ここでGOKUさんが東黒森に登り私達は散策。その後みんなで自念子ノ頭へ。
       

    
雪ばかり見ていると笹の緑が新鮮に見えてきました。
    
なんでもない道を自念子ノ頭へ進みます。
    
一瞬見えた西黒森山・カメラマンがず~と待つのは一瞬の為なのですね。
     
は~い笑ってくださいね。登頂記念。道路から20分かな?(撮影していたので正確にはわかりません)でも、ここに登ったお陰で下山時に綺麗な景色が見られました。本当は目的の山に登っておればもっといい景色が見られたのかもしれません。   
  
    
      
コメント   この記事についてブログを書く
« フシグロ | トップ | 霧氷(瓶ヶ森林道)2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2008年 山行報告(高知県)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事