木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

ホームページの改造 (No 2340)

2021-01-16 08:00:00 | ホームページ

 コロナのせいばかりではないが、最近はさっぱり外に出ず、パソコンの前に座ってばかりであり、ただでも弱い足腰が一層劣化しつつあるが、これではいかんと思うが、最近は事のほか寒く、北風も強いので、散歩さえも出ないでいる。

 

 先に、ホームページの大改造を行い、大量のデーターを有するホームページのメンテナンスの合理化を図ったことで、メンテナンスが相当に楽になったので、この成功で、次の改造に拍車がかかったようなものだ。

 次に目指したのは、友など他の人は殆ど見ないようであるが、私自身は「登録一覧表」と殆ど変わらないくらい見ることが多いので、重要視しているが、この表は、次の理由により簡単ではなく、後回しにしていたもの。

 難しい理由。

1. プログラムの文列が長く、Excelでの自動作成に難がある。

2. 全ページを早く見るためには、一目で見られる最大を5個の花名と決めており、
  花名が最大24文字となるので、5個並べるのが難しく検討を要する。
  特にChrome等では、文字が間延びして入らないのでこれをどうするかが問題。

3. 文字数が少ない場合は文字の間隔を開けるし、文字数が多い場合は文字を小さく
  しなければならないが、従来はこれを手動でやっていたが、自動化の要あり。

 ・・・などであったが、今となっては何とかやれる見通しが立ったので、やってみることにした。

 そのための前提条件。

1. プラウザは IE を常用とし、必要なればChrome等でも正しく表示するものを、
  別途に作成する。この場合い1列減らして4列とするも止むを得ない。

2. 文字数が少なく5文字以下の場合は、文字の間隔を開ける。
  文字数が多く12文字以上の場合は、文字を小さくする。

3. 「花名(カタカナ)」のページ内検索を可能にしておく。
  1ページ内に全てを収め、花名以外にはカナ文字を書かない。
  当然ながら、記入の文字は間隔や大きさを変えない(CSSで変える) 

4. フルサイズの写真へここから行けたが、この際これを廃止する。
  自動作成では難しく、文列が長くなりすぎるので、別途考える。
    

 この考え方に従って作ったもの。(近日 On airの予定)

  

 これをプラウザをChromeに変えた場合、文字数が多くなると文字が間延びして、
下記のように乱れる。これに合うように作れば正常になるが、今度は IE で見た時には、さらに異なった乱れ方をしてしまう。

 

 プラウザがChrome等用として、別に作ることもありうるが、私以外には、見る人がいないのなら、折角手間をかけて作っても、労力が無駄になるだけであるので、もう少し考える。

  また、Excel による、並べ替えを実行した場合、文字列内に「-」(長音)が含まれる場合は、並べ替えが乱れる。原因は並べ替え対象文字の中に、異なるコードのものが含まれるからと思われるが、今は部分的には修正するが、原則は放置する。

コメント   この記事についてブログを書く
« HPの清掃作業(No 2339) | トップ | ホームページの改造 (No 23... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ホームページ」カテゴリの最新記事