まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

富山へ帰省中:回転ずし

2008年08月26日 | ふるさと富山

実は、まだ富山におります。野暮用が続いております。すいません・・・。

P1140902さて、富山へ帰ると寄る場所のひとつに「お寿司やさん」があります。まじくんは、えびのお寿司が大好きなんです。富山のお寿司さんで、えびといえば甘えびが主流です。ところがまじくんの好きなえびは、ボイルえびで、富山のお寿司屋さんに、おいてないことが多いです。そんな中で、必ずボイルえびを食べれるのが「回転すし」です。

京都でもよく行く100円の回転寿司やさんが、昨年あたり富山もできたので、今日のお昼も行ってきました。現在は88円サービスを行っていました。チェーン店とはいえ、京都のお店と富山のお店では、ネタも多少違います。たとえば、京都では絶対に見かけないネタ「バイ貝」が普通に回ってきます。京都では「バイ貝」でなく「つぶ貝」が回ってきます。見た目は良く似ていますが、歯ごたえや味が全く違いっています。「つぶ貝」が流れてくるのを見ながら、「バイ貝」ならいいのにな~なんて、いつも思います。また、富山の方が魚の種類も多いように思います。パパが好きなサーモンが流れてきたので「まじくん、おとうさんの好きなサーモンおいしそうだねー。」と、言ったら「え?おとさーんって誰やった?」などと言われてしましました。えーーー!!!(@m@;)

ネタのほかにも決定的に違うのが・・・「のぞき(小皿)」です。お醤油を入れる小皿が、京都の場合はありません。嫁いだばかりの頃、近くの回転寿司屋さんに連れて行ってもらい、直接お寿司にお醤油をかけるのをみて(@@)ショックでした!お醤油のじか掛けを受け入れるまでに、ずいぶん時間がかかりました。

昨年、富山にできたチェーン店にも、小皿がないのかな?って思ったら、しっかり置いてありました!ちゃんと、リサーチしてるんでしょうね。ホッ。(^^;)やっぱり、小皿にお醤油を入れて、お寿司にお醤油をちょっとつけて食べなくちゃねーなんて、思っていたものの・・・。習慣というのは恐ろしいもので、小皿を使わず、気がつけば、お寿司にじかにお醤油をかけてしまう私がおりました。あぁ、哀しい。(T0T)

【追記】なんと!2009年、2月頃に京都の近所のくら寿司を訪ねたら、小皿(のぞき)がありました!なんで?リクエストが多かったとか?とにかく、助かりました。(^^;)

コメント (2)