まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

祇園:割烹やさんの限定ランチ

2008年08月05日 | グルメ・お土産

京都は、相変わらず暑い日が続いています。今日は35℃かな?でも、なぜか昨夜はクーラーいらずで眠れました。少し涼しかったのと、愛宕山千日詣り前ブログ】の疲れがまだ残っていたのかもしれません。千日詣りは千日分のご利益、そして、今のところ5日分の筋肉痛です。まだ、階段を降りるときふくらはぎが痛いです。(^^;)

愛宕神社の「火迺要慎(ひのようじん)」の護符は、京都のいたるところで見かけます。料亭、レストラン、町家のおくどさん・・・以前ご紹介した四条町家の台所の壁にも貼ってあります。(【前ブログ】写真をクリックしてみてください)今回ご紹介する祇園のお店にも、きっと貼ってあるでしょうね。

P1130722_2訪ねたのは、花傘巡行に出かけた日前ブログ】です。八坂神社楼門まで巡行を追いかけて、再び河原町方面へ戻りました。

すると花見小路を日傘をさして歩く舞妓さんを見かけました。涼しげでいいなぁなんて見ていたら、その舞妓さんが、ふと立ち止まって日傘を閉じたんです。

あれ?お店に入るのかな?なんて見ていたら、横の路地から、同じく日傘をさして歩いてきた年配の女性「おねえさん、こんにちわぁー」と深々と挨拶して、舞妓さんは再び日傘を開いて歩き始めました。目上の方に傘を閉じてご挨拶、とても美しい仕草で、素敵な光景でした。

それにつられて、花見小路をウロウロ・・・その時見つけたお店を紹介します。「割烹 逸品料理 つかさ」さんです。

P1130735 P1130734

たぶん、夜の気軽な割烹という雰囲気のお店なので、敷居の高い感じはしません。スキッとしたお店ではないですが・・・。ご主人(板前さん)が一人で、手際よくもてなしてくれました。

P1130725 P1130726

ポン酢をかけたさしみ湯葉付出しです。鱧の卵入りの卵焼きが、つぶつぶとした食感もよく、おいしかったです。

P1130730 P1130732

大きな鰆の塩焼きに、松茸ごはん自家製ちりめん山椒鱧のお吸い物です。  松茸ごはんは、お茶碗一杯山盛りでした。松茸ごはんを炊いた分だけの、限定ランチ(1,800円)だそうです。

お店は、花見小路(一力茶屋から建仁寺方面へ)の、2つ目の路地の手前、右側(2階)にあります。階段を上り、靴を脱いで入ります。店内は、カウンターと、テーブル席が4つほどありました。

洒落た感じではないので、お友達同士で出かけるのがお勧めかな?

コメント