九州の風来坊

今は自由人で風来坊、何処までも突っ走る男は何処に行くのやら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自作トラック

2008年06月13日 23時40分35秒 | Weblog
29年ほど前に溶接を覚え初めて自分の手で一から作った自作レーサー。
写真で見た目は普通だが近くで見るといろいろと手をほどこしてある、当時このモデルが未来のトラックレーサーとしてサイクルシヨーにも展示された。
パイプは石渡の017と019を使用してパイプを楕円に変形させてある、その為にシートポストも自作で楕円だ。
色々と工作機械を使い会社のバイスを1台大破させた。
ハンガーはヘットパイプと同じ大きさで小さくハンガーのワンが無い、その為にベアリングむきだしだ。
ヘッド小物も特殊な物だったが今は普通の小物に交換。
フロントホークの肩は3ン分割の物を溶接して一から作り、後にロスとワックスで作られるようになった。
塗装は20年ほど前にパナソニックのオリジナルに塗り替えた。
クランクはシマノジュラ10ミリピッチ、ギヤが小さく見えるが51Tだ。
当時ナショナルではサイクルショーや競技の部分で1秒でも速く走る自転車を開発、夢があるフレームを幾つも作ってきたのだ。
UCIの規格が無ければ今頃自転車はどんな形をしていたんだろう?
いまだに現役で数々のレースをこなしてきた。1995年ワールドカップスクラッチ6位入賞した時は海外バンク用のジロで参加。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日1日 | トップ | 奈良側から金剛山 »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事