きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

「しんぶん赤旗」の記事を中心に、政治・経済・労働問題などを個人的に発信。
日本共産党兵庫県委員会で働いています。

阪神・淡路大震災15周年のメモリアル集会~人間復興はすすんだか!

2009-12-29 22:28:05 | いろんな取組み
2010年1月17日は、阪神・淡路大震災から15周年です。
あの日から15年。「人間復興」は進んだかと、神戸市内で集会が開かれます。




月16日(土)13:30~17:00 
神戸市勤労会館 多目的室 参加無料
被災地集会
『阪神・淡路大震災15年・被災者のいま』

 一瞬にして家族や仲間を奪われ、家、暮らし、営業拠点、仕事を奪われたあの日から15年、被災者の「人間復興」は進んだか。
 相談活動に見る15年、各種融資返済のいま、災害公営住宅と家賃、15年後の高齢者のいま、復興災害など各分野からの報告と「映像で視る15年の運動」、あの日から15年の「人間復興」の現状、課題と前進面をみんなで確認し、新たなる1歩へ踏み出します。

1月17日(日)13:00~17:00
神戸市勤労会館 大ホール 資料代 1,000円
被災地と被災地を結ぶ
第2回『被災地サミット』神戸

 阪神・淡路大震災から日本列島は地震の活動期に入ったと言われ、鳥取西部、芸予、十勝沖、中越、福岡県西方沖、能登半島、中越沖、岩手、宮城内陸地震などが発生し、この間、北海道「有珠山」噴火、三宅島「雄山」噴火、加えて地球温暖化とも関わって、直近では台風9号による兵庫県西・北部豪雨災害など、全国各地で度重なる豪雨水害が発生し、日本列島は「災害列島」化しています。
 この「被災地サミット」では、各被災地から現状と課題などを報告、交流と連帯を深めます。

各被災地からの報告:北海道有珠山噴火被災地・岩手・宮城内陸地震被災地・三宅島雄山噴火被災地・中越大震災被災地・能登半島地震被災地・中越沖地震被災地・兵庫県西・北部水害被災地(予定)

主催:阪神・淡路大震災救済・復興兵庫県民会議
連絡先:神戸市中央区栄町通3-6-7、大栄ビル10F TEL:078-335-3770
後援:災害被災者支援と災害対策改善を求める全国連絡会
東京都文京区湯島2-4-4、全労連会館4階 全国労働組合総連合気付 TEL:03-5842-5611




〈関連行事〉
大震災15年後の長田を歩く

1月17日(日)9:00集合
●長田区内再開発地域中心に歩く
集合場所 新長田勤労市民センター3階大会議室


関心のある方は、ぜひご参加を。
長田を歩くでは、鉄人28号や三国志の勇士にも会えますヨ
コメント

ドボン&ウズ・メメスが3たび「しんぶん赤旗」日曜版に掲載開始!

2009-12-24 22:37:44 | いろんな取組み
葛西映子さんの漫画「ドボン&ウズ・メメス」が3たび「しんぶん赤旗」日曜版への掲載が開始された・・・

2010年の正月号からだ。
話題は、相変わらず、お正月の準備の話題。大掃除に、お餅つき、おせちづくり・・・。






お正月に飾る、門松やしめ飾りの由来も、今回説明されています。

【門松】


【しめ飾り】

他にも正月に欠かせない物の由来についてウンチク・・・
杠(ゆずり)葉:家系が絶えないように
だいだい:代々繁栄
餅花:豊作豊収
伊勢海老:不老長寿
昆布(こぶ):喜ぶ
松:依代になる神木


これから、「しんぶん赤旗」日曜版に1年間、連載されます。
続きは、新聞を購読されてから・・・


「しんぶん赤旗」の購読申し込みはこちらへ・・・

最後に、ウズの福笑いをプレゼント・・・
ウズの福笑い
右クリックして、「対象をファイルに保存」をクリック。
コメント

気管支ぜんそく 冬の時期、風邪をひくと特に辛いですね。医者に診てもらって、薬で治しましょう!

2009-12-21 21:59:53 | 日常生活
辛い喘息(ぜんそく)を治すには・・・。
生田調剤薬局の発行する「ちょっとお耳を 薬局です!」の2009年12月号に、喘息の話しが載っていました。

【気管支ぜんそく】
□ぜんそくとは
 ぜんそくは気道の慢性的なアレルギー炎症の病気です。炎症により気道の内部がむくみ、非常に敏感になっています。ここにダニ・ほこりやタバコの煙、冷たい空気やストレス、ウィルス・細菌感染など何らかの刺激が加わり、発作が起きます。

□ぜんそくの症状
 ぜんそくの主な症状は、激しい咳・咳をしたときに出る粘り気のある疾・息苦しさなどです。なかでも特徴的なのは、息をするたびにのどや胸から「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」と音がする『喘鳴(ぜんめい)』です。胸の痛み・違和感、息苦しさのみという人もいます。
 発作がないときは健康な人と同じように、元気であることも特徴です。

<以下のような症状はありませんか?>

◆呼吸が苦しい(特に息を吐くとき)◆激しく咳き込む(特に夜~明け方)
◆のどや胸から「ヒューヒュー」「ゼイゼイ」と音がする◆のどや胸の辺りに不快感や違和感がある
◆息をするとのどや鎖骨のあたりがへこむ(子供の場合)◆就寝時に息苦しさ、胸苦しさを感じることがある
◆息切れがする◆粘り気のある痰が出る
◆痰が大量に出る◆痰がからんでとれない
◆胸が痛む、胸苦しい  

☆かぜが長引いているなという感覚で続く咳や息苦しさはぜんそくかもしれません。

□ぜんそくは現代人に増えている病気~大人になってから発症することも
 過労やストレス、工場排煙や排気ガスによる大気汚染、住宅建材の化学物質などの増大によりアレルギー性疾患であるぜんそくは現代とても増えている病気です。
 また、ぜんそくは主に子供の病気だと思われがちですが、実は患者の多くは20歳以上の大人です。小児ぜんそくから成人ぜんそくに持ちこしたケースよりも、大人になって初めて発症したケースの方が多くあります。

□ぜんそくの治療~主流は吸入・内服などの薬物療法
 ぜんそくの治療薬のなかで最も強い抗炎症作用をもち、ぜんそくの根本治療に欠かせないのが吸入ダイプのステロイド薬です。これにより敏感になっている気道の炎症をおさえ、発作がおきにくい状態にします。他に、気道を広げて呼吸をしやすくする薬や、抗アレルギー薬があります。

大事なのは、医者に診てもらって、適切なお薬を処方してもらう事ですネ。


薬食同源 柚子(ゆず)
中国揚子江上流域が原産地とされていて、目本には奈良時代もしくは飛鳥時代に渡来、当時は薬用などの用途で栽培されていました。
冬至の時期、柚子湯に入ると、一年中風邪をひかないと言われています。

【成分】
柚子はビタミンC、P、カルシウムなどのミネラル、ペクチンそしてクエン酸などの有機酸などを非常に多く含んでいます。
ビタミンC:免疫力強化、風邪予防、疲労回復、美肌効果。
ビタミンP:ビタミンCの吸収を助ける。毛細血管の強化作用、血圧上昇抑制作用、血中中性脂肪の分解作用もある。
ペクチン:整腸作用。下痢や便秘の予防。
クエン酸:体内の疲労物質の分解を早め、疲労回復。
リモネン:皮に含まれる精油成分。
浴槽に入れて入浴すると、皮膚の角質を保護。

【保存方法】
秋冬など気温の低い時は、新聞紙やビニール袋などで表面の乾燥を防ぎ、常温保存。気温の高い時は、冷蔵庫の郵菜室などで保存すると良いでしょう。
長期保存する時には、皮と実を分けて冷凍保存しておく.と、使用する時に解凍せずそのまま使用することができます。(フレッシュなものよりも香りは落ちます〉

【選び方のポイント】
表面に張りがあり、傷のない色のきれいなもので、形がよく、果皮の厚めのものが良品とされています。果実表面がしなびたものや、黒い琉点のあるものは鮮度が悪い可能性がありますので、できるだけ避けましょう。
コメント

葛西映子さんの猫のマンガ ドボン&ウズ・メメスがまた帰ってくる!

2009-12-18 23:46:06 | いろんな取組み
「しんぶん赤旗」日曜版に連載されていた、猫のマンガ、「ドボン&ウズ・メメス」がまた帰ってくる!

2010年の新年号より、また「ドボン&ウズ・メメス」の連載がはじまります。


「ドモ・ウメ」ファンにとっては、感激ですね。

結構楽しんでおられた方も多いいでしょうから、しばらく「しんぶん赤旗」をやめていた方も、この際再購読しましょうね!

新年号が来るのが待ち遠しいですね。
コメント

関西漫画集団の2009年漫画展が神戸・三宮で開催!

2009-12-17 22:35:16 | いろんな取組み
関西漫画家集団の2009年漫画展が神戸・三宮で開催!
と き:2009年12月18日(金)~27日(土)午前10時~午後7時まで
 最終日は午後5時まで。
ところ:サンパル市民ギャラリー(神戸市中央区役所北側)




恐慌・不況の続さは、今年中には納まりそうにありません。加えて、殺人事件、詐欺事件が連日、新聞・テレビを賑わして、暗澹とする毎日です。
一つ、期待が寄せられるのは「政権交代」でしょうか。でも、六十数年の自民政治の後始末、国民の政治への転換は至難の事で、仕事の整理、基地の問題など、心配はまだまだ続きそうです。
漫画集団が感じた政治・世相・暮らしなどを漫画タッヂで紹介することで、皆様の新しい年へのステップ台となれば幸いです。こ高覧ください。
関西漫画集団


【出品者】
イシマル・ヒデ
飯田 博也
間 康成
瀬戸 恵子
高宮 信一
段  重喜
中西 和子
浜田 征一
藤原 加一
みさき 漁
宮崎 潤二
宮脇  達
松村 孝一
遊佐 喜美男

風刺の効いた、面白い漫画です。一コマ漫画、4コマ漫画です。
ぜひ、見に行ってあげましょう!

コメント