きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

「しんぶん赤旗」の記事を中心に、政治・経済・労働問題などを個人的に発信。
日本共産党兵庫県委員会で働いています。

8000歩・早歩き20分 健康長寿の黄金律 男女5000人 20年間調査

2022-03-31 07:11:48 | 健康・病気について
8000歩・早歩き20分 健康長寿の黄金律 男女5000人 20年間調査
桜の季節。近所を歩いてみませんか?歩くことは、どれほど健康にいいのか―。20年間5千人を対象に研究してきた、東京都健康長寿医療センター研究所專門副部長の青柳幸利さんに、“病気を予防する歩き方”を聞きました。(手島陽子)


東京都健康長寿センター研究所専門副部長 青柳幸利さんに聞く

群馬県中之条町の65歳以上の男女5千人を対象に、睡眠や食を調査しました。このうち2千人に血液検査と遺伝子解析、千人に身体活動計を24時間365日装着してもらい、20年間続けました。その結果、歩数や運動強度と健康の関係が見えてきました。

うつ病リスクは
たとえば、うつ病の比率は4千歩を下回ると増え、4千歩を超えるとグッと減ります。外出しない人は4千歩を超えない。適度な運動をしないと、体温が低いままで眠りにくくなります。日光を浴びないので、うつ病リスクも高まるのです。
5千歩以上の人には、認知症がほとんどいませんでした。アミロイドベータたんぱくがたまると脳細胞を破壊し、アルツハイマー型認知症のリスクを高めるのですが、睡眠中にアミロイドベータが分解されます。外出してよく歩き、よく眠ることが、認知症予防につながったと考えられます。
調査では5千歩で脳疾患・心疾患、7千歩で動脈硬化や骨粗しょう症、8千歩で高血圧や糖尿病、1万歩でメタポリックシンドロームなど、病気のターニングポイントが見えてきました。
健康によいのは8千歩で、中強度の運動を20分。これが“長生きのための黄金律”。それ以上は、いくら歩数を稼いでも健康増進になりにくいこともわかりました。
“8千歩20分(女性は7千歩15分でOK)”のグループは、20年後の生存率も高くなりました。調査を始めた2000年に70代で8千歩の人が、今は90代。歩数は5千歩程度になっています。






医療費20万円減
中強度の運動というのは、人によって異なります。3分の早歩きで、ようやく会話ができる程度であれば、その人の中強度の運動。息が切れて、会話できなければ「高強度」。早歩きの最中に歌えるようなら「低強度」ということになります。
運動が好きな人は今まで通り「高強度」の運動でいいのですが、健康のために何かしたい人は、中強度の運動をおすすめします。強い運動は、活性酸素が増えて、細胞にダメージを与えます。40歳を超えると、細胞の修復力が弱まり、傷ついた細胞が病気の原因になりやすいからです。
逆に、弱い運動だけでは、健康につながりにくい。年齢とともに細胞が老化し、筋肉が減少すると、体温が下がり、眠りにくくなります。体温が1度上昇すると、免疫力は1・5倍になります。中強度の運動で筋肉が維持され、体温が上がり、よく眠れて、脳や体の細胞の修復力が高まります。活性酸素を少なめに抑えながら、筋肉を保つバランスのよいところが、“中強度の運動20分”なのです。これを2カ月続けると、長寿遺伝子のスイッチが入りますが、2カ月サボるとオフになるので、継続が大事です。
「インターバル速歩」(3分速歩で3分ゆっくり歩く)も同じ効果がありますが、運動好きの人向けだと思います。多数派は、ウオーキングなどが長続きしません。運動嫌いでも可能なのが、家事や買い物など、生活の中に組み込んだ“8千歩・早歩き20分”です。
まず、万歩計を屋内でもつけてみましょう。わりと歩いていることがわかります。近所に買い物に行くなどで4千歩は達成できます。毎日できなくても、週平均、月平均で達成できれば効果が出てきます。4千歩が達成できれば、買い物で遠回りしてみる、散歩に出るなどで、5千歩、7千歩と増やしていけるといいですね。中強度の運動を測るには、活動量計やスマホのアプリがあります。腰につける活動量計の方が正確に測れます。
“8千歩20分”の人は生活にメリハリがあり、食にも意識が向けられて、運動プラスアルファの効果が見られました。
中之条町では活動量計をつけた結果、20%の人に行動変容が起き、65歳以上の医療費が1人当たり年間で約20万円も下がっているんですね。
春は運動に最適の季節。特に夕方の運動が睡眠の質を高めます。朝の場合は健康リスクがあるので、起きて1時間後に始めるといいでしょう。

「しんぶん赤旗」日刊紙 2022年3月26日付掲載


5千歩以上の人には、認知症がほとんどいない。アミロイドベータたんぱくがたまると脳細胞を破壊し、アルツハイマー型認知症のリスクを高めるが、睡眠中にアミロイドベータが分解。外出してよく歩き、よく眠ることが、認知症予防につながる。
調査では5千歩で脳疾患・心疾患、7千歩で動脈硬化や骨粗しょう症、8千歩で高血圧や糖尿病、1万歩でメタポリックシンドロームなど、病気のターニングポイントが見えてくる。
活性酸素を少なめに抑えながら、筋肉を保つバランスのよいところが、“中強度の運動20分”。これを2カ月続けると、長寿遺伝子のスイッチが入りますが、2カ月サボるとオフ。継続が大事。

僕の場合は、須磨区名谷に引っ越してから、毎日の出勤で、地下鉄湊川公園駅から新開地の事務所まで歩くのが約10分。往復20分。
それと合わせて、UR名谷団地からバス停までの往復が約5分。
昨年の健康診断ではメタボリックシンドローム予備軍から脱却しましたし、体重も健康的に減っています。
生活の中に歩くことを取り入れるのは良いことです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気候危機の科学⑦ 金星 地球と同じ土俵で

2022-03-30 07:07:48 | 環境問題・気候変動・地球温暖化について
気候危機の科学⑦ 金星 地球と同じ土俵で
「金星の気象が、地球と同じ土俵で議論できるようになりつつあります。火星や木星、土星の衛星タイタンから太陽系外惑星まで気象の理解が進み、見える風景が20年前とはガラッと変わりました」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2010年に打ち上げた金星探査機「あかつき」チームの中心メンバーの一人、東京大学の今村剛(たけし)教授は興奮気味に話します。
金星は、地球とほぼ同じ大きさで太陽から受ける熱もそれほど違いません。しかし大気は地球の100倍もあり、その95%以上が温室効果をもつ二酸化炭素。そのため表面は90気圧、460度の“灼熱(しゃくねつ)地獄”です。空は硫酸の厚い雲で覆われ、上空では「スーパーローテーション」(超回転)と呼ばれる謎の暴風が吹いています。
誕生当時は“双子の惑星”だった地球と金星が、まったく異なる運命をたどっている謎を探るため送り込まれたのが“金星版の気象衛星”あかつきです。



あかつきが到着直後、中間赤外力メラで撮影した金星の雲。南北両半球にまたがる巨大な構造が同じ所にとどまって動かず、研究者たちを驚かせました=2015年12月7日(©PLANET-C Project Team)

謎が深まった
あかつきは金星到着後、奇妙な巨大な筋状の構造を発見。理論的に説明がつかず「謎は深まりました」と今村さん。一方、夜間に昼間とは逆向きの南北風が生じることが判明。地球では小さな影響しか及ぼさない「熱潮汐波(ねつちょうせきは)」と呼ばれる大気の波が、金星では大気全体の循環に大きな影響を与えることが分かってきました。「数値モデルでも再現できつつある。ようやく地球気象学のレベルに近いことが他の惑星でもできるようになってきました」
あかつきの観測のおかげで、真鍋淑郎さんが土台を築いた気候モデルを、地球とは異なる金星の大気現象を再現できるようにつくりあげていく手がかりが得られたといいます。
今村さんは、24年に打ち上げ予定の火星衛星探査計画「MMX」による火星の大気観測にも期待を寄せます。
「金星も火星も、大気の主成分が二酸化炭素であるのは同じですが、金星は濃く、火星は薄い。濃度の違いによって、気象にどんな違いがでるのか…。おもしろいテーマです。観測と理論の両方から追究したいですね」
数年前には米国の探査機ジュノーが、木星の表面のしま状のジェット気流の構造が木星内部の深いところまで達していることを明らかにしました。探査機カッシーニは、土星の衛星タイタンで雲や雨を観測し、地球に匹敵する複雑な気象現象が起こっていることをつきとめました。
地球と異なる気象環境のきょうだい惑星たちの素顔が次々と明らかになっています。

役に立つ研究
「いま地球の気候変動で議論されている振れ幅は小さい。ごくわずかな温度、風、気象の違いが、いかに人類文明や生態系に影響を与えるのかという議論になっています」と今村さん。一方で、そこから大きくずれたら、いったい何が起こるのかを理解することも大切だといいます。
かつて地球にも、非常に温暖だった白亜紀や全球が凍結した「スノーボール・アース」など、極端な時代がありました。「それをいま観測することはできない。でも他の惑星にはいろんな条件が実現しています。離れたところにある惑星大気の実証的な研究が、必ず役に立つはずです」
(おわり)(この連載は、中村秀生が担当しました)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2022年3月29日付掲載


誕生当時は“双子の惑星”だった地球と金星が、まったく異なる運命をたどっている謎を探るため送り込まれたのが“金星版の気象衛星”あかつき。
あかつきの観測のおかげで、真鍋淑郎さんが土台を築いた気候モデルを、地球とは異なる金星の大気現象を再現できるようにつくりあげていく手がかりが得られたと。
かつて地球にも、非常に温暖だった白亜紀や全球が凍結した「スノーボール・アース」など、極端な時代がありました。「それをいま観測することはできない。でも他の惑星にはいろんな条件が実現しています。離れたところにある惑星大気の実証的な研究が、必ず役に立つはず」
地球温暖化の実証だけでなく、過去の地球の気象の再現もできると。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑨ 社会の連帯 是正への光

2022-03-29 07:12:44 | 働く権利・賃金・雇用問題について
コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑨ 社会の連帯 是正への光

低運賃の要因である多重下請け構造の改善は喫緊の課題です。
立教大学の首藤若菜教授(労使関係論)は、一定以上の下請けを禁止するなどの他国の動向に倣い、日本も規制を強めるべきだと主張します。
「労働運動・社会運動を通じて働き手自らがネット通販企業や元請けの運送会社に不公正な取引関係を改善するよう訴えていく必要があります」

守れ配送者
個人事業主扱いされている宅配ドライバーの働き方を改善するため、2019年11月に発足したのが建交労軽貨物ユニオンです。設立から2年ほどで組合員数は約200人にまで増えました。アマゾンの配達を担う個人事業主のドライバーから「突然契約を解除された」「1日12時間働いて脳梗塞で倒れた」など深刻な相談が相次いでいます。
21年11月には一方的な運賃引き下げや運賃未払いの改善を求め、関係省庁と大手物流会社へ要請しました。
国土交通省によると、15年度から20年度にかけて軽貨物の運送事業者数は約4万2千、軽貨物の車両数は約6万6千、それぞれ増加。車両1台から始められる手軽さから新規参入する人が増えています。
軽貨物ユニオンの高橋英晴代表は、働き手の増加に社会的な保護が追い付いていないと指摘。「働いている実態は個人事業主ではなく労働者です。個人事業主にも労働者と同じく団体交渉権が認められるべきです。会社負担の労災保険や失業手当を保障するため、法改正を認めさせる運動を強めていきたい」
そこへ、「ぜひ連帯したい」と声をかけたのが、楽天とたたかう運送会社「トランプ」の矢作和徳社長です。
「楽天の都合でドライバーが長時間労働を余儀なくされ使い捨てにされている状況を変えたい。企業の側に立つ運送会社ではなく、ドライバーを守る会社が必要です」
下請けの運送会社が、労働条件を改善するためドライバーが所属する労働組合と連帯するという新しい動きです。



不在のため宅配ボックスに商品を入れるドライバー

意識変える
また、消費者の意識改革を求める声も識者から上がっています。ネット通販企業は、翌日配送や「送料無料」など安価で便利なサービスを消費者にアピールすることで市場を拡大してきました。
実際に無料ではないにもかかわらず、「送料無料」をうたって他社から市場シェアを奪ってきたのがアマゾンです。東京法律事務所の菅俊治弁護士は「こうした不公正な競争は規制すべきだ」と指摘します。「送料無料」の価格設定によって、実際にかかる配送費用は不明になりました。運送会社は運賃引き下げ競争にのみこまれ、荷物を運ぶドライバーは長時間・低賃金労働に追い込まれました。
立教大の首藤教授は、消費者がドライバーの負担を知り、そのコストを分かち合うことが過酷な労働の改善につながると語ります。一例として、再配達への課金や、不在でも玄関前に置くだけで配達完了とする「置き配」の普及をあげます。「社会の仕組みをドライバーの働き方に沿ったものへ改めるべきです」
国内で初のコロナ感染者が確認されてから2年以上がたちました。この瞬間も、感染リスクを背負いながら個人事業主の宅配ドライバーは私たちの荷物を運び続けています。
ドライバー、労働組合、事業者、消費者…。それぞれの立場から生まれた社会的な連帯が宅配の闇をただす一筋の光となっています。
(おわり)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2022年3月26日付掲載


軽貨物ユニオンの高橋英晴代表は、働き手の増加に社会的な保護が追い付いていないと指摘。「働いている実態は個人事業主ではなく労働者。個人事業主にも労働者と同じく団体交渉権が認められるべき。会社負担の労災保険や失業手当を保障するため、法改正を認めさせる運動を強めていきたい」
そこへ、「ぜひ連帯したい」と声をかけたのが、楽天とたたかう運送会社「トランプ」の矢作和徳社長。
立教大の首藤教授は、消費者がドライバーの負担を知り、そのコストを分かち合うことが過酷な労働の改善につながると語ります。一例として、再配達への課金や、不在でも玄関前に置くだけで配達完了とする「置き配」の普及を。
宅配ドライバーの労働が報われるように…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑧ 「個人事業主」は誤分類

2022-03-28 07:18:00 | 働く権利・賃金・雇用問題について
コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑧ 「個人事業主」は誤分類

ネット通販大手のアマゾンや楽天は個人事業主の宅配ドライバーを活用して配送コストを削減してきました。しかしこれらの宅配ドライバーは本当に個人事業主なのか、という根本問題があります。

保護の動き
誤って「個人事業主」と分類された労働者の過酷な労働が社会問題化する中、世界では分類の誤りを正し、本来.の「労働者」として扱って保護する動きが広がっています。
国際労働機関(ILO)は2006年に「雇用関係勧告」を採択。実態は労働者なのに個人事業主と偽って働かされている人を守るため、労働者である者と労働者でない者を区分する基準を法律で定めることなどを求めています。
米国では労働者を個人事業主と偽って扱う行為を「誤分類」と呼び、税金や社会保険料の負担を逃れようとする企業を厳しく規制しています。
欧州連合(EU)の欧州委員会は21年12月、「プラットフォーム労働における労働条件の改善に関する指令案」(法案)を公表しました。報酬の水準または上限を決めているなど一定の基準を満たす企業に対し、働き手を個人事業主ではなく雇用された従業員として扱い、最低賃金や有給休暇などを保障することを義務付けようとしています。(表)


企業が雇用主と認定される基準
(二つ以上一致すれば認定される)
報酬水準や上限を決定している
電子的手段で労務を管理している
顧客との関係づくりや他の業者と働くことを制限している
服装や仕事の進め方などでルールを設けている
労働時間を選び休暇を得る自由や、仕事を引き受けるか否かを決める自由を制限している
(EU・欧州委員会)


他方、日本政府はILOの「雇用関係勧告」採択に賛成したものの、具体的な立法措置をとっていません。それでも、個人事業主とされている宅配ドライバーは「現行の労働基準法に照らしても労働者にあたり得る」と、東京法律事務所の菅俊治弁護士は指摘します。
「一日に配達しなければならない荷量や配達先が伝えられ、不可欠の配達要員として組み込まれている実態があれば、労働者にあたります。実際、宅配ドライバーは与えられた業務量を基本的に拒否できません。就業時間が厳密に決まっていなくても、労働者ではないとする決定的な理由にはなりません」
一方、労働者扱いされることを否定的に考えるドライバーもいます。菅弁護士は「労働法への誤解があるかもしれない」と考えています。
「労働時間を自由に設定したい、空いた時間だけ働きたい、という労働者の要求を労働法は制限していません。労働法が自由な働き方を阻害しているということはないのです。労働法は人間らしい働き方を保障するためにあります。働き方の実態を客観的にみて労働者であれば、賃金の最低保障や長時間労働の規制が及びます」
日本政府や財界は、個人事業主の「誤分類」を正そうとしないばかりか、反対に「雇用によらない働き方」を一層推進してきました。



腰まで積み上げられた商品を荷台に載せ配達に向かうドライバー

立ち遅れる
17年、安倍晋三政権は「働き方改革実行計画」で、個人事業主などフリーランスの拡大を労働力政策の一つに位置づけました。経団連も20年版「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)で、「雇用類似の働き方は、多様な就労ニーズをもった働き手が自由な意思に基づき選択するものであり、過度な規制とならないような配慮が求められる」などとくぎを刺しています。
21年3月に政府が制定した「フリーランス・ガイドライン」は、契約を結ぶ事業者間の公正取引が中心で、個人事業主の「誤分類」の問題には踏み込んでいません。
「分配」を強調する岸田文雄政権の政策も、働き手が全額を負担する「労災保険特別加入」の対象拡大にとどまります。
日本は世界の潮流に大きく立ち遅れているのです。
(つづく)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2022年3月25日付掲載


欧州連合(EU)の欧州委員会は21年12月、「プラットフォーム労働における労働条件の改善に関する指令案」(法案)を公表。報酬の水準または上限を決めているなど一定の基準を満たす企業に対し、働き手を個人事業主ではなく雇用された従業員として扱い、最低賃金や有給休暇などを保障することを義務付けへ。
「一日に配達しなければならない荷量や配達先が伝えられ、不可欠の配達要員として組み込まれている実態があれば、労働者にあたります。実際、宅配ドライバーは与えられた業務量を基本的に拒否できません。就業時間が厳密に決まっていなくても、労働者ではないとする決定的な理由にはなりません」
「労働時間を自由に設定したい、空いた時間だけ働きたい、という労働者の要求を労働法は制限していません」
そこにつけ込まれて、賃金の最低保障や長時間労働の規制がおざなりに…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑦ 12時間働き、200個配る

2022-03-27 06:27:46 | 働く権利・賃金・雇用問題について
コロナ禍と資本主義 宅配の闇⑦ 12時間働き、200個配る

2021年12月。クリスマスを目前に控えたある日、宅配ドライバーの池原誇有紀(こうき)さん(28)の車に記者が同乗しました。配るのはもっぱら、ネット通販大手アマゾンの荷物です。
朝7時50分。物流センターでは、積み込み作業を終えた軽バンが1台また1台と倉庫から出て行きます。
30台ほどの駐車スペースはほぼ満車です。

配送ルート
配達車両ごとに積み込み作業の時間帯が決められています。池原さんの持ち時間は15分。車から飛び降りると、第1便で配達する分の荷物を受け取りに走ります。右手にはスマートフォン。アマゾンの配達専用アプリ「アマゾンフレックス」を起動し、表示された配達先を入念にチェックします。頭の中で配送ルートを組み立て、配達順序を考えながら荷台を埋めなければなりません。時間指定が早い荷物は手前に、配達地域が遠い荷物は奥ヘー。箱と箱のわずかな隙間にも小包をはめ込みます。
「お時間でーす」。倉庫のスタッフにせかされます。
荷台に入りきらなかった小包を膝に抱えて勢いよく車を発進。135個の荷物を載せた軽バンは、首都圏のマンション街へ向かいました。
「お昼ご飯の時間も考えて午後2時までには終えたいなあ」
3分に1個以上配らないと終わらない計算です。
出発から10分後。最初の配達先に着きました。車を路肩に止め、配達先の住所や氏名をアプリで確認して荷物を探します。
「アマゾンです!」
不審者と誤解されないよう、段ポール箱に印刷されたアマゾンのロゴを見せながらインターホンを押していきます。エレベーターがない建物では階段を全力疾走です。「よし次!」。車を数メートル走らせては止めて配達、また走らせては止め…。エンジンを切る暇さえありません。
「時間指定の荷物がいちばん要注意だね。そこへ行くまでの道で1個でも荷物を減らすのがコツ。でないと来た道を戻って配達しなきゃいけないでしょ」
ドライバーになって7カ月。荷さばきは手慣れてきました。当初は1日60個でさえ配りきれず、先輩の応援に頼っていました。今では平均200個をこなします。週5日、1日12時間以上走り回るうち、後輩の応援に入るほどの腕利きになりました。



荷台に載せた荷物の山から荷物を選ぶドライバー

それでも予期しない事態は起こります。住所不備で配達先が分からない。宅配ボックスが満杯で商品を入れられない。時間が刻一刻と失われていきます。
第1便の配達を終えてようやく昼食を取ったのは午後2時半でした。大盛りのハンバーグ定食を一気にかきこむと、30分で休憩を終え、第2便の積み込み作業へまた倉庫に戻ります。
夕方6時半。車の外に出ると、民家から焼き魚の香ばしい匂いが漂ってきました。
「眠くなってきた。さすがの池原も疲れてきたよ~」

疲労の影が
茶目っ気交じりでおどけてみせるものの、顔には疲労の影が。口数が減り、ため息が増えます。仕事を終えた人たちの在宅率が上がるこの時間帯は時間指定の荷物が多い。集中力をさらに高めて効率的な配送ルートを頭の中で組み立てます。
配達を終えたのは午後7時半。計200個もの荷物を配り切りました。家路についたのは午後8時です。
「家に帰り着くのはいつも9時くらいかな。2人の子どもはもう寝ているよ」
12時間以上走り続けた軽バンが、最後の荷物となった記者を降ろして、夜の街へ消えました。(つづく)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2022年3月24日付掲載


荷台に入りきらなかった小包を膝に抱えて勢いよく車を発進。135個の荷物を載せた軽バンは、首都圏のマンション街へ向かう。
「アマゾンです!」
不審者と誤解されないよう、段ポール箱に印刷されたアマゾンのロゴを見せながらインターホンを押していく。
「時間指定の荷物がいちばん要注意だね。そこへ行くまでの道で1個でも荷物を減らすのがコツ。でないと来た道を戻って配達しなきゃいけないでしょ」
仕事を終えた人たちの在宅率が上がる、夕方の時間帯は時間指定の荷物が多い。集中力をさらに高めて効率的な配送ルートを頭の中で組み立てる。
12時間以上走り続けた軽バンが、最後の荷物となった記者を降ろして、夜の街へ消えました。
まさに、人間のする仕事ではないですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする