きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

「しんぶん赤旗」の記事を中心に、政治・経済・労働問題などを個人的に発信。
日本共産党兵庫県委員会で働いています。

新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓③ 早期発見と隔離徹底 予防医療の伝統活用

2020-05-31 08:27:37 | 政治・社会問題について
新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓③ 早期発見と隔離徹底 予防医療の伝統活用
「私たちより豊かで医療態勢も充実した国々で大変な犠牲が生まれている。阻止するしかない」。新型コロナウイルス感染症の発生初期、ベトナムの専門家たちはこう受け止めたのだとハノイ医科大のレ・ティ・フオン教授(予防医学・公衆衛生)は振り返ります。
トップの専門家が加わる国家指導委員会を1月27日に発足させたベトナムの対策は、「早期発見、隔離徹底」を重視。感染者の入院隔離はもちろん、直接の接触者と外国からの帰国者に対して、学生寮や軍の営舎での2週間の「施設隔離」の措置がとられました。
タインニエン紙報道の国防省統計によると、5月10日の時点で施設隔離を完了した人は28万2312人にのぼります。
米国バージニア州の留学先から3月下旬に帰国したグエン・トゥ・トウイさん(23)は、ハノイ市内の学生寮で「初めて見知らぬ人と相部屋で暮らしました」と振り返ります。
「でも2週間の隔離は理にかなっていると思います。万一、両親にうつすことを考えたら」。ゴザ敷きのベッドが少しこたえたが、昼夜を間わず働く公務員や兵士の苦労を思うと不満を言う気にはならなかったといいます。
医科大のフオン教授は、こうした対策が奏功した要因には、国民の一致団結とともに、予防医療の発展の歴史があると指摘します。



5月4日、約3カ月半ぶりに登校を再開したハノイの中学1年生(日本の6年生)のクラス。現在マスク着脱は自由です。

費用対効果良い
「ベトナムではとても古く、独立(1945年)以前から、予防医療が重視されてきました」「病気を予防できれば、治療するよりも節約できます。治療が個々人に限られるのに対して、予防はコミュニティーを対象にできるので費用対効果がとても良い。この大学でも病院勤務の医師と予防医療の医師の両方を養成しています」
ベトナムでは小規模ながら全国の村・集落や町内に1万1100カ所の保健所が設置されており、国民に最も身近なところから予防医療を担っています。高齢者や妊婦、新生児、軽症者のケアのほか、感染症の発見もその任務に含まれます。
今回の新型コロナでも住民の健康申告、検査や隔離で地域保健システムが「よく運用された」(フオン教授)といいます。予防医学の学生は、検体採取や分析、健康申告の増援部隊となりました。

社会共同の成果
フオン教授はいいます。「今回、初期段階の感染拡大を抑え込めたのは、各団体、民衆、社会の共同の成果であり、成功はすべての人のものです。ただ、そのなかで最も重要だったのは、やはりリーダーシップ(指導力)です」
ベトナム政府は現在、段階を一つ前に進め、経済回復・生活保障と感染症防止を一体的に追求する課題に取り組んでいます。
(ハノイ闘井上歩写真も)(おわり)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年5月25日付掲載


ベトナムでは予防医療が徹底している。小規模ながら全国の村・集落や町内に1万1100カ所の保健所が設置。国民の身近なところで予防医療。
効率化で保健所の統廃合を進めてきた日本。改めて学ばないといけませんね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓② 情報発信と透明性 メッセージ響いた

2020-05-30 09:20:49 | 新型コロナウイルス
新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓② 情報発信と透明性 メッセージ響いた
1月下旬以降のベトナムの新型コロナウイルス感染症対策では、さまざまなスローガンが普及しました。最も広く使われたのが、「敵に抗するように疫病に立ち向かう」。大国の侵略や支配に抵抗して独立を勝ち取ったベトナムの歴史と、密接な関係を持つ言葉でした。
ベトナム共産党中央委員会で対外副委員長を務めたチャン・ダク・ロイ氏は「ベトナムで敵とは外国からの侵略者のことです。国を挙げて侵略とたたかうときには、保健、外務、軍、公安などの各部門だけでなく、国民だれにでも仕事があります」と説明します。
かつての抗米救国戦争中と同様、作詞家・作曲家なら歌をつくる。人気あるスポーツ選手らは市民を励ます。感染予防の意識を高めるため住民同士が声をかけあうのも“役割の実行”であり、ベトナム国民には「集団的な責任感がある」といいます。



「新型コロナウイルス感染症対策は、あなた自身、家族と社会を守る」と書かれた巨大な啓発ポスター=ハノイ市内

国民の皆に役割
「敵に抗するように」とグエン・スアン・フック首相が発信したのは1月27日。テト(旧正月)3日目に開かれた緊急会合で、大きく報じられました。あわせて感染症から「生命と健康を守る」のが第一の目標だとも宣言され、こうした政治からのメッセージは「社会や国民にしっかりと伝わり、作用した」とロイ氏は語ります。
ハノイ市内のフランス料理店店主チュオン・クアン・タインさん(48)は、順調だった経営が新型コロナの影響で大きな赤字に転落。それでも国の感染症対策への反発はなかったといいます。
「政府の本気や決意を感じました。たしかに経済的な損害が出るだろうが感染症を収束させられれば一定期間ですむ、と理解しました」
この数カ月間、ベトナムメディアはスマートフォンに次々と速報を打ってきました。「航空会社乗務員560人をいっせい隔離」「病院感染源を追跡」。政府と市民はアプリなどを通じ、全事例の感染状況(個人情報を除く)を共有していました。

防疫意識高まる
グエン・スアン・フック首相は21日の本紙インタビューで「毎日逐次の情報発信と透明性は、国の方針や対策への社会の同意を強め、国民は防疫意識と参加主体性を高めました」と語りました。
英ユーガブ社が18日に発表した世論調査で、ベドナムでは94%が政府の対応を信頼し、89%がメディアの情報を信頼していると回答しました。シンガポールとフランスの会社による別の世論調査でも、82%が政府の対応を高く評価しています。
(ハノイ=井上歩、写真も)(つづく)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年5月24日付掲載


元々の素地に、抗米救国戦争中以来の「外からの敵に共に立ち向かうという意識」
それに政府の「毎日逐次の情報発信と透明性」への信頼。
経済的損失を覚悟しての感染防止策へ協力。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓① 首相インタビュー 生命第一に共感と信頼

2020-05-29 08:34:52 | 新型コロナウイルス
新型コロナ感染防止 ベトナムの教訓① 首相インタビュー 生命第一に共感と信頼
ベトナムの感染状況と対応
1億人近い人口規模の国で最も被害を抑えており、政府発表によると入国検疫含む感染者数(22日午前)は計324人(市中感染140人)。266人が回復し、死者は1人も出ていません。対策は1月末から段階的に実施。4月1~22日まで外出や経済活動を制限する社会的隔離措置がとられました。市中感染は4月17日以降、発生していません。

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は21日、ハノイで本紙を含む外国メディア4社のインタビューに答え、新型コロナウイルス感染症に対する同国の取り組みと成果について語りました。(ハノイ=井上歩、写真も)




1954年中部クアンナム省生まれ。官房長官、副首相を経て2016年7月から現職。ベトナム共産党政治局員。

私たちは新型コロナウイルス対策の初期段階でとても喜ばしい成果を得られました。多くの要因が合わさってのことですが、最も重要だったのは、発生を早期に認識し、断固として強力な対策をとったこと、人間を中心に置き、国民の支持と共同行動を得られたことだと考えています。

遅滞なく決然と
新型コロナウイルスは感染拡大が速く、ワクチンや治療薬もまだなく、前例のない特別に危険な感染症でした。ベトナムは経済的に対外開放・国際統合が進んでおり、ウイルス侵入の危険が非常に高いことを私たちは早期に認識しました。
私たちは、受け身にならず主体的に情勢を把握すること、感染症の現実と国の実力に合致した対策を遅滞なく決然ととることを指導(政策)理念としました。
▽政治と社会共同体の総合力を発揮する▽感染拡大防止を優先する▽決して油断しない―ことなどを方針に、周到にシナリオを用意し、包括的な対策を作成しました。入国制限と社会的隔離を断固実施し、侵入と市中での拡大を効果的に阻止しました。
ベトナムの党と政府はずっと、一人ひとりと社会全体の健康を貴重な資本だと考えてきました。
私たちは、危険な感染症だと判断するとすぐ、短期的な経済的利益を犠牲にしても人びとの命と健康を守るために感染拡大防止を優先する、と決断しました。この決定は民心と合致しており、国民は社会的隔離をはじめ対策や方針を真剣に実施して、その支持を示しました。

人間的な理念に
国民の健康と生命を第一に置いた人間的な理念は、国民に大きな共感と信頼を生みました。人への思いやり、国を愛する心などの国民の基本的価値観が発揮されました。

新型コロナ対策で注目を集めるベトナムの経験と教訓を探ります。
(つづく)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年5月23日付掲載


危険な感染症だと判断するとすぐ、短期的な経済的利益を犠牲にしても人びとの命と健康を守るために感染拡大防止を優先。
社会的隔離措置に国民が協力。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キーワードで見る資本論⑦ 「第1章 商品」から 商品世界の物神崇拝

2020-05-28 08:08:32 | 働く権利・賃金・雇用問題について
キーワードで見る資本論⑦ 「第1章 商品」から 商品世界の物神崇拝
「商品が使用価値である限り〔人間の諸欲求を満たすという点から見ても、人間的労働の生産物だという点から見ても〕商品には神秘的なものはなにもない」(新版①128ページ)。ところが、商品が交換のために市場に登場するやいなや、「謎的性格」を生じるとマルクスは言います。
異なった使用価値を持つ商品、例えば机とカーテンがなぜ同じ価値を持つものとして交換されうるのか。それは、それぞれの商品を生産するのにかかった平均的な人間の労働時間が同じだということにあります。しかし市場では、商品に投入された人間の労働が背後に隠れ、ある商品の価値が、まるでその商品がもともと持つ自然な性格のように見える―マルクスは「労働時間による価値の大きさの規定は、相対的な諸商品価値の現象的運動の下に隠されている秘密である」(同135ページ)と指摘します。
資本主義社会では、生産者がそれぞれ独立して生産した物を交換しますが、そうした人と人との社会的な関係が「物と物との関係という幻影的形態」(同131ページ)をとり、資本主義的搾取を含め、人間労働の社会的な現実が人の目から隠されます。マルクスはそれを「物神崇拝」とよびました。この解明はマルクスが初めて行ったものです。




こうした社会は人類史で普遍的なわけではありません。マルクスは、ロビンソン・クルーソーの孤島、農奴と領主との階級関係を基本とする中世ヨーロッパをあげ、これらの社会では「商品世界のいっさいの神秘化」は「消えうせる」(同136ページ)とのべます。
ロビンソンの場合はそもそも商品交換はなく、自分の労働と生産物の関係は明白です。中世の農奴にとっても自分の労働力の一部をただで領主に差し出すことははっきりしています。人間関係が物の関係に置き換わり、搾取のあり方が目に見えないのが資本主義社会ですが、この“入れ替わり”は永遠不変ではないと示したのです。
ロビンソンの孤島、中世の社会に続いてマルクスは、「共同的生産手段で労働し自分たちの多くの個人的労働力を自覚的に一つの社会的労働力として支出する自由な人々の連合体を考えてみよう」と未来社会を提起します。マルクスは、この連合体が生み出す社会的生産物の分配の仕方は「歴史的発展程度」に応じて変わるとしたうえで、労働時間を尺度にするならば、生産者の労働と労働生産物の関係は「簡単明瞭」で、物神性の「神秘のヴェール」は消えると展望しました。
(西)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年5月25日付掲載


あらゆる人間の生産物が「商品」として売買される資本主義社会。
市場では、ある商品の価値が、もともともつ自然の性格のように見える。
そこに、投入された人間の労働の価値が隠れてしまっている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

性別なくても大丈夫♪④ 第3の性、ではない 新井祥

2020-05-27 07:40:25 | 政治・社会問題について
性別なくても大丈夫♪④ 第3の性、ではない 新井祥
セクシャルマイノリティーの人たちを全部ひっくるめて「男でも女でもない第3の性」とする表現がある。いつから言われるようになったのかは知らないが、自分が生まれるより前の書物でも見かける表現なので、結構長いこと使われてきたんじゃないかと思う。
その言葉の使われっぷりを見るたび、心にモヤっとしたものが訪れてしまう。ああ自分は人間性がミジンコのようにちっこいのだろうか?でもこのモヤはみんなにも伝えた方がいい気がする…。
自分のような性自認が「中性」の人ならまだわかるが、ゲイや女装家に対しても「第3の性」と表現する人がいるのが、なんだかちょっと腑に落ちないのだ。そこまでして「奴らは自分たちとは違うイキモノだ」って分けたいの?と思ってしまう。
性別のあり方は男女二つでも三つでもない。もっと複数だ。例えば、女になりたいわけじゃないけど仕草や言葉が女性的なゲイ男性と、女性の心を持ちいずれは性別適合手術で女性の体になりたいと思っている人の間には多数のグラデーションが存在する。どちらも外見的には男性だが、「同じもの」と括ってはいけないのである。




セクシャルマイノリティーはよく虹に例えられるが、本当は虹色,どころじゃないあまたの性のあり方が存在する。だが、世間にわかりやすくするために、当事者たちが「ここら辺からここらまではまあゲイってことでいいよ、仕方ないから」みたいな線引きをしてるだけである。
今は多様化の時代、もう「まあ仕方ないから…」とばかり言っていられない。雑に括る時代は終わったのだ。
(エッセー漫画家)(金曜掲載)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年5月22日付掲載


性の多様性は、よく虹に例えられる。
一口に「ゲイ」といっても、いろんな思いの人がいる。
虹なら7色ってことになるが、それどころじゃないってこと。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする