ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

最近見た映画「斉木楠雄のΨ難」

2017年10月31日 22時39分24秒 | 本・映画 さ(ざ)行

「斉木楠雄のΨ難 」







生まれてすぐに日本語を話し、

テレパシーやサイコキネシスといったさまざまな超能力を使える高校生「斉木楠雄」(山崎賢人)の

高校生活を描く学園コメディ。



さまざまな超能力を使えるがゆえに、周囲の人の考えと発する言葉の違いを知ってしまったり、

サプライズパーティーを企んでくれる同級生の思惑が事前に分かってしまって、

何に驚いていいのかわからないといった悩みを抱える斉木。

目立たないように生き、普通の生活をしたいと望んでいるのですが、

ワケありな同級生が巻き起こすトラブルに巻き込まれてしまいます。



同級生の一人が、「私は美人でかわいくて優しい」と心の中で考えている妄想癖のある照橋心美(橋本環奈)が、

斉木を振り向かせようとします。

照橋に見つけられる男は「オッフ」という謎のため息を吐いてしまうわけですが、

斉木は平然としています。

照橋は「斉木から50オッフを奪う」とか言っているのですが、

なぜ集めるかがわかりません ^^



同名の漫画が原作。

漫画同様に、さまざまなギャグがちりばめられているようなのですが、

どれも笑えません ^^


橋本環奈さんの顔芸の頑張りには、拍手を送りたいですね。


山崎賢人さんファンや橋本環奈さんのファンには

最高の一本化も。




はらはらドキドキ度 ★

感涙度   

居眠り度 ☆☆☆☆☆

総合 ★




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近観た映画「ブレードランナー 2049」

2017年10月30日 22時51分50秒 | 本・映画 は(ば・ぱ)行
「ブレードランナー 2049」





ハリソン・フォード主演の第一作の続編。

人間そっくりなレプリカントと呼ばれるアンドロイド。

人間の代わりの労働力として召し使いのように使われていたのですが、

反乱を起こし、ブレードランナーと呼ばれる捜査官がレプリカントを追跡し破壊する第一作。

レプリカントには、寿命がわずかしかないという宿命があり、

彼らは自由をほしくては逃げ出していたのです。

フィリップKディック原作。

高層ビルから落下しそうになる主人公。

直前まで主人公と戦っていた残りの寿命がわずかなレプリカントが手を差し出します。

命とは、と深い考えに沈む主人公、という哲学的な映画です。

という第一作の後日談。

今回も製作総指揮は第一作監督のリドリー・スコット。

第一作から30年後の世界。

かつてレプリカントを製造していたタイレル社は倒産し、

あらたに実業家ウォレスの企業が、従順なレプリカントを製造しています。

それでもロス市警のK(ライアン・ゴズリング)は、旧式のレプリカントを補足する仕事を続けています。

そんな中、旧式のレプリカントから子どもが生まれたかもしれない…という信じられない事実に出くわします。

さらに、K自身がレプリカントであり、自分の生い立ちにも疑問を持ち始めます。



ノワール映画の定番とも言える雨、霧、中華街。

そしてこの映画を特徴付けるのが、Kのゆっくりな動き。

早送りしたくなります。

リドリー・スコット監督の「プロメテウス」も、人々の動きが遅かったなあ。



あるシーンで、女性から「名前が欲しいわね」と言われるK。

Kは数字とアルファベットで示されるIDを答えるのですが、

女性は「それはナンバー。人格がないわ」といって、

かってに名前をつけるのですが、その名前が「ジョー」なのです。



やはり、地球を救う男の名は「ジョー」なんですよね。



はらはらどきどき度 ☆☆☆☆

感涙度 ☆☆

居眠り度 ☆☆☆☆


総合 ☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニバス 西部選手権 当日

2017年10月29日 20時03分59秒 | バスケット
どの試合も熱戦です。


浜松地区8位のチームには6年生がいません。

5年生以下だけのチームなのに、8位というのもすごいですが、

この日は天浜松地区1位のチームに果敢に挑んでいます。

大差で破れはしましたが、応援の保護者のみなさんはこの試合を見て、

きっと満足したのではないでしょうか。



ファルコンズもがんばります。



経験の浅い選手もいますが、

相手の攻撃を体で防ぎます。






ルーズボールも、よく追いかけました。



一言、苦言をていするなら、

まだ、誰かに頼っているプレーが多いと感じられる点です。

「自分がやる」

そんな気持ちをもう少し、前面に出してもらいたいと思います。







11月5日は決勝トーナメント。

どのチームも、悔いを残さない練習とプレーをしてもらいたいと思っています。




あしたの新聞に掲載されるのかな。

ミニバスケット連盟のウエブページに結果が掲載されていないから、

無理かな。

朝刊を開くのを楽しみにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニバスの西部選手権大会

2017年10月28日 23時14分20秒 | バスケット
29日は県大会出場をかけた西部選手権大会の予選です。



3チームずつのリーグ戦。

各リーグの1位が、パナホームカップ県大会予選に出場できます。


リーグ戦を勝ち抜けられないと、多くの6年生は引退です。



「このチームで、もっと試合をしたい」

とか

「全国大会に出場したい」

という強い意志を持っているなら、

ここは一戦も落とせません。


強い意思を持つチームの健闘を祈ります。



下の写真は、見つけることができると幸せが訪れるといわれるキチジョウソウです。


がんばるすべてのチームにプレゼントします。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「横からギュッとして」

2017年10月28日 22時30分15秒 | ささいなことですが
妻がちびちくりん1号に送る荷物を段ボール箱に詰めている。

てるりんは昼食中だったが、

「愛する妻一人に、作業をさせるわけにはいかない」

と心の中で思って、

妻のわきに座る。

妻が

「横からギュッとして」

と言うので、

両手を伸ばして妻の体を横から抱きしめ、優しくギュッとしてやった。

さらに、妻の肩口でほおをスリスリもしてみた。



突然怒り出す妻。

「そうじゃない。段ボール箱を、横からぎゅっ押さえてっていうこと」




数日前に、

「夫は家事を『やっている』つもりになっているが、

妻は、夫が家事を行うためにはお膳立てが必要で、

自分が結局最後の仕上げをしなければ終わらないといった悩みを持っている」

とありました。


男性の皆さん。

夫婦の意識の溝を埋めるには、

「まずは妻の気持ちを知ること」

とうことらしい。

妻の望みを叶えるためには、

独り善がりはいけないようです。





森林公園に咲くアケボノソウ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠し場所

2017年10月28日 22時24分57秒 | ささいなことですが
おいしお菓子を買ってきた妻が

「うっしっし~」と笑いながら

「隠し場所に隠しとこ」って言って、

こっそりとしまっていた。



でも、ここって、家族全員が見る台所のひらきだよ。







追伸

てるりんのらくらくホンを使って

「かくしばしょ」

を変換すると

「各紙場所」になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近観た映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

2017年10月26日 18時35分14秒 | 本・映画 な行
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」




東野圭吾の同名小説を映画化。



児童養護施設で育ったこそ泥三人が逃げ込んだ先はかつて、

人々の悩みを受け付け、手紙で答えをかえしていた主人(西田敏行)が店主のナミヤ雑貨店。

主人は亡くなっているのに、悩みを訴える手紙が時空を超えて三人のもとに届き出すというヒューマンSF。


三人は手紙に返事を書き始めます。

相談者の一人の人生を大きく変えてしまうとも知らずに。

相談の受けた人たちの、その後の人生を聞きたいと願う主人のもとに届く手紙は、どれも心を打つものです。



はらはらどきどき度 ☆☆☆★

感涙度 ☆☆☆





もう一言

先代から続く児童養護施設「丸光園」の元園長、皆月良和役を、

てるりんが大好きなPANTAが演じています。

居眠り度 ★


総合 ☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちびちくりん3号を思い出す

2017年10月25日 11時50分45秒 | ささいなことですが
ちびちくりん3号を笑顔にするブドウの、ナントカ・スマイル。






ちびちくりん3号が金色に輝くリンゴの、ナントカ・ゴールド。




どちらも、とってもおいしい ^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜を買っても、おはらいしなくて済むようになった

2017年10月25日 11時18分16秒 | ささいなことですが
ちびちくりん2号が通う学校の近くにある個人の農産物直売所。

新鮮野菜が50円とか100円と格安で売っているので、

2号を迎えに行った時などに利用します。


夏までは料金箱に

こんな張り紙がしてありました。




「正確におはらい下さい」





というわけで、てるりんは野菜の代金を入れたあと、

正確におはらいをしていました。


秋が深くなったこのごろは、

正確におはらいする人が増えてきたらしく、

シールが取り除かれていました。





めでたしめでたしです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙の投票

2017年10月23日 17時46分39秒 | ささいなことですが
台風21号が迫る中にあった今回衆院選。

投票所はどこも混雑したようです。

そんな中でこんな光景を目にしました。

杖をついて歩く高齢のいじいちゃんが

家族に腕を支えられながら、ゆっくりと受け付けへ向かう姿です。

そんなシーンを目にすると、

日本の将来を真剣に考えてくれているんだなと思えます。





「今の政治に満足している」と感じる若者が多いとか。

道も水道も整備され、携帯電話も行き渡っているような現代で、

大きな不満はないのかもしれません。

でも近い将来、憲法が改正されて交戦権などが認められるようになれば、

若者たちが戦場に送り出される未来がやってくるかもしれません。


先行き短いおじいちゃんたちに日本の将来を任せるのではなく、

若者たちも現在のことだけでなく、

もう少し先の未来を考えて、投票に行ってもらえればと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あしあと