ぱぐぱぐ通信

環境にわるいペットボトル飲料を買わないジョー・てるりんの絵日記みたいなものです。

映画「泣き虫しょったんの奇跡」

2018年09月26日 10時24分31秒 | 本・映画 な行
映画「泣き虫しょったんの奇跡」





プロ棋士になるための唯一の養成機関「奨励会」から年齢制限で退会を余儀なくされたものの、

いったんは諦めた棋士になる望みを捨てきれず、

陳情して特例措置でプロ棋士になった瀬川晶司さんの実話を映画化。



瀬川さんの将棋にかける素直な思いがにじみ出ているし、

周囲の人たちの暖かさがじんわりきます。

久保利明9段、屋敷伸之9段ら本物のプロ棋士も出演し、

「負けました」というせりふが出るシーンにはビックリ。


特例で設けられたプロ棋士編入試験の第1戦の相手は、

実際には現名人の佐藤天彦名人なのですが、

当時はまだ奨励会員の3段。

映画の中では「佐山天彦3段」と書かれていて、くすっとしてしまう一方、

「名人に上り詰める人は、3段のころから違うのだ」

と改めた感じました。






はらはらドキドキ度 ☆☆☆☆

感涙度 ☆☆☆☆☆

居眠り度


総合 ☆☆☆☆★




もう一言

将棋好きのてるりんから見ると、

冒頭で大橋流で駒を並べるシーンの音が気になりました。

加藤一二三九段のように、「ぴしっ」という音が気持ちいいのですが、

映画では「びゃちっ」というような割れた感じの音に聞こえたのが、

冒頭のシーンだっただけに残念でした。

というわけで、あえて厳しく採点しちゃいました。

ホントは☆五つでもいいんですよ ^^
コメント

彼岸花

2018年09月22日 12時29分47秒 | 写真
浜松市浜北区の万葉の森公園。





白い彼岸花





コメント

映画「ミス・シェパードをお手本に」

2018年09月22日 09時35分05秒 | 本・映画 ま行
映画「ミスシェパードをお手本に」





おんぼろな黄色い車で路上生活するホームレスの老女ミス・シェパードと、

ひょんなことから彼女とかかわりを持ってしまった劇作家のヒューマンドラマ。



引っ越してきたばかりの劇作家のベネットは、

路上駐車をとがめられているミス・シェパードに声をかけ、

親切心から自宅の駐車場に招き入れるのが発端。

ミス・シェパードは高飛車で高慢な態度で、

ベネットの家の駐車場に居座り続けます。

でもこのミス・シェパード。なぜかフランス語に堪能で、

ピアノも上手に弾くのです。

そんな彼女の過去が次第に明らかになると…


はらはらドキドキ度 ☆☆☆

感涙度 ☆☆☆

居眠り度 ☆☆☆


総合 ☆☆☆☆★
コメント

映画「マネー・ショート」

2018年09月22日 09時28分01秒 | 本・映画 ま行
映画「マネー・ショート」





サブプライムローンの破たんによるリーマンショック前後のアメリカの金融市場を舞台にした映画。


投資家のマイケル・バーリ(クリスチャン・ベール)が住宅ローン市場の危険性を察知したのが発端。

そのリーマン・ショックの3年前、

バーリや彼の動きに知ったしたトレーダーたちは、

金融バブルを謳歌する多くの証券マンの嘲笑を浴びながら、

逆張りの投資に打って出ます。


はらはらドキドキ度 ☆☆☆☆

感涙度 ☆☆

居眠り度 ☆☆

総合 ☆☆☆



もう一言

金融関連の専門用語を知っていると、

もっと楽しめそう。

つい先日まで放映されていたテレビドラマ「ハガタカ」にも似たものを感じます。



「ハゲタカ」はなかなかおもしろい。

主演の綾野剛がなかなかいい。

全編、録画済みなので、見たい方がいらっしゃいましたら、

一報下さい。DVDをお貸しします ^^
コメント

映画「私の少女時代」

2018年09月21日 21時18分00秒 | 本・映画(わ)
映画「私の少女時代」



1990年代の台湾が舞台。

かっこいい男子に片思いする女子高生の奮闘を描いた青春ラブコメディ。

平凡な女子高生の真心は、学校一番のイケメン男子の欧陽に片思い。

欧陽がアイドル的存在の女子と付き合っていると思い込んだ真心は、

不良男子の太宇と手を組んで2人を別れさせる作戦に乗り出します。

でも実は…。


はらはらドキドキ度 ☆

感涙度 ☆☆☆

居眠り度

総合 ☆☆☆★
コメント

あしあと