きまぐれパラダイス

たどたどしい日常ですが

方言

2017年07月15日 | 日記
最近気になっているのは わが県の方言です。

わが県民性として、あまり方言を使っている意識がないそうです。

実家の両親は県内の田舎育ちのくせに

都会暮らしもあったためか

客商売だったためか

比較的言葉は普通でした。


ところが、この私ときたら けっこう悪いようです。

原因は中学生になってからだと思います。

実家の田舎町では、3つの小学校が1つの中学校に行くのですが

この1つが大変言葉使いの悪い学校だったのです。(方言なんですけどね)


入学式の済んだホームルームで ワイワイ担任を待っている時

「おんめーは ガタガタうっせーんだよ!」 (お前はガタガタうるさいんだよ!)

そう言い放っていたのは 可愛い女の子の ミドリちゃん。

言われていたのは 同じ小学校出身の タカオ君。

「くっそー、ミドリのやつ~!」 言われたタカオ君は真っ赤になって怒っていました(^_^;)

正直ドン引きでした。

女の子がこのような言葉を使うなんてあり得ないと。

しかも女子が男子に勝ってしまうなんて。


そんな衝撃はつかの間、

私達はあっという間にそのような言葉使いになってしまいました(^_^;)

それがその土地のスタンダードだったのです。

女が強いのもこの風土なのであります(^_^;)


ところが、夫の実家のある この街は

もっとお上品のようです。

女がそのような言葉を使っているのを聞いたことがありません。

なので普段は封印していますが

気が弛むと出てくるようです。

特にお酒が入るとね(^_^;)

悪気はないのです。許してくださいませ。


過日、プチ同窓会があって 久しぶりにそのような方言を聞いてほっこりしました。


「やつぁ まだきねぇんきゃ?」 (あいつは まだ来ないのか?)

「世話ねぇよ 始めちまうんべ」 (問題ないよ 始めちゃおう)

「こらうんめぇな」 (これは美味しいな)

「どれ ちっとんべぇ くれてみな?」 (どれ ちょっと ちょうだい)

「うん、まっさかうんめぇな」 (うん、本当においしいね)

「さーて そろそろ、、、」 

「なーに はあ けえるん?」(なあに もう 帰るの?)

「うん、また行ごうや」 (うん、また行こうね)


翻訳がなくても だいたい意味は解るのが この土地の特徴ですが

まあ 綺麗な感じではありませんね。

ヤンキーの語源は この土地から来ているのではないかと

勝手に考察している次第であります(^_^;)

母に言わせると そういうのは主に男が使うものだと。

うーん、確かにそういう傾向はありますが

女子の使用も多発していますよ。

なんたって オンナが強い県らしいんです(^_^;)



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またまたご無沙汰

2017年07月08日 | 日記
あっという間に、夏になってしまいました💦

皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

我が家はあい変わらずで、それはありがたき幸せと受け止めて

汗をふきふき、生活しております(^_^;)


成長するのは 庭の草と私の体重。

痩せ細るのは家計、この悪循環を阻止するべく、

この夏 闘いを挑む~!


な~んて、なんだか 映画の宣伝みたいな、あははです(^_^;)

あい変わらずの あははです(^_^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アパート探しの思い出 二男編⑥

2017年03月20日 | 日記
そんなこんなで いよいよ引っ越しとなりました。

あっという間に2年が経ってしまったねえ、と しみじみ

荷造りを手伝いに行った 引っ越し前日の事。


「しーっ、ほら、聞こえる?」


息子が言うので 耳をすませてみると、

なんと階下のオジサンが歌を唄っているではありませんか。

それも結構な大声で。


♪寝たふり~してる間に~ 出て行ってくれ~あ~あ~

(わかった方、同世代ですね?(^_^)v)


しかも結構 うまいではありませんか。


「そうなんだよ、意外とうまいんだけど、丸聞こえだよっ」


いつもこんなふうに懐メロを唄っているのだそうです。


「もう聴きたくても聞けないのだからいいじゃない(^_^;)」


「ああ、言われなくても 明日出て行ってやっからな~オジサンよ~」


小さくつぶやきながら 作業をしました(^_^;)



それから 明日引っ越しでうるさくなるので

ちょっとした手土産を持って挨拶に行きました。


「いつもすみませんでした」と、息子が頭を下げますと

「いや、気にしないでねぇ」と、オジサン。

(いや、あれだけ言われたら 気にするでしょう(^_^;)息子談)

明日の引っ越しを伝えてお別れをしました。

きっとオジサンも平和になると ほっこり喜んでくれたことでしょう。

こうして無事新居に移ることができました。


大手の築浅でも マンションではありませんので 音はそこそこ響くようですね。

長男の最初の部屋も 20年選手でしたから

隣の会話がよく聞こえてしまう 壁の薄い部屋でした。

毎朝5時になると、恐らく二階の誰かが 

朝風呂のために蛇口全開で湯張りをするのだそうです。

それはもう 本当にうるさかったのですが、文句など言わず我慢したそうです。

目が覚めちゃうんだよ、と言ってましたが

そこは若い男子、またすぐ眠れてしまうのですよね(^_^;)

近隣が お互い様 と思えると良いですね。


さて、新居の様子を聞くと めっちゃ快適~! だそうです。

最近の住宅は暖かいそうです。

友達の新居はリフォームがされて綺麗なのですが

防寒防音に関しては築浅にはかなわないようです。


快適そうな様子を聞いて 良かったね、とほっとする自分と

もう帰って来ないんだなぁという寂しさとで

更年期の母親はこっそり枕を濡らして

二匹の猫に慰めてもらいながら

今度帰って来る日を楽しみに

今日を生きているのでした。




さて、シリーズ(?)でお伝えしてまいりました 引っ越しの思い出 

これでひとまず終わります。

また動きがありましたら ご報告させていただきますね。


アパート探しをされている皆さま

どうか 素敵なお部屋にめぐりあいますように

そして何より これからの新生活が

期待以上の冒険と幸せに恵まれますように

心からエールを送らせていただきます。



\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/




つたない作文にお付き合いいただきましてありがとうございました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アパート探しの思い出 二男編⑤

2017年03月14日 | 日記
♪そ~し~て 2年の月日が流れ去り

(この歌わかった人、同世代ですね?(^_^)v)


あっという間に2年が過ぎ 就職も決まり

今度は職場近くにアパートを探すことになりました。

今度は事前にネットで住みたい部屋を決めてから

その物件を持っている業者に問い合わせてみますと

空いてるというので見に行ってきました。

東京ではいつも もう決まってしまいました のお返事でしたので

田舎はネットの 釣り物件 が少ないように感じました。(偶然かなぁ)


それはCMでもよく聞く大手の住宅メーカーの物でした。

お値段も良いですが、独立シャンプードレッサー、ウオッシュレット

バストイレ別、追い焚き、システムキッチンまでついてる築浅物件です。

長男が住んでいた部屋の2倍はあるのに 賃料は安い、さすが田舎ですね。

長男の時から色々見てきましたが、こんな良いお部屋は初めてです。


残念なことに、二階しか空いておらず

また階下の住人様には迷惑をかけないよう配慮しなくてはなりませんが。

それでも本人が満足なので決定です。


早速手続きに移ります。

書類が送付されたら ○日までに記入して返送のお約束。

ところがいつになっても 肝心な書類が届かないのです。

約束の日の前日に問い合わせて見ますと

おかしいですねぇ、もう発送されているのですが、到着次第提出ください。との事。

翌日到着したのであわててサインして返送したそうです。

大手なのに、どうしたのでしょう。


それから、仲介業者の役割は内覧のご案内までで、

後の手続きは隣市の系列不動産屋(遠い)に行ってください との事。

近くて便利だと思ったから初めからこちらにしたのですが残念。

長男の時は仲介の担当者君が審査が通るまで親切に教えてくれたのになぁ。


それから見積りを見た時もびっくりでしたね。

東京の長男の住んでた築浅物件より安い家賃なのに

同じくらいの初期費用ではありませんか。。。


気のせいか、大手ってのはなんだかんだ大手が儲かるようにできているようなのです。

管理会社も同系列の これまた別の隣市(遠く)にあって

問題が発生した時にすぐ来てくれそうにありません。


何だか心配になってネットで調べてみましたら

出るわ出るわ、クレーム、トラブルの嵐ではありませんか💦( ; ゜Д゜)💦

特に退去時の修理費用はシビアのようで 請求額も高額なためトラブルが多いようです。

見なきゃ良かった~このサイト💦

私は早くも退去時の心配を初めてしまいましたが

本人が楽しく新生活が送れれば良いのですから

親が勝手に心配するのは止めようと思います。

汚さずキズをつけずに住めますように。。。(いや、無理だよねぇ)




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アパート探しの思い出 二男編④

2017年03月11日 | 日記
ところが、一難去って また一難。

秋になった頃、管理会社から 入居者宛てにチラシが。


「夜間の騒音は迷惑です。深夜の入浴等注意してください」 だそうです。


普通に暮らしていたつもりだったので 何の事かと思ったら

実は息子の生活行動に対してのクレームだったというのです。


どうしてそんな事になったかというと

秋になって実習が始まり、レポートを書いているとどうしても入浴が遅くなって、

連日深夜になっていたのです。

階下には50代?のオジサンが住んでいて、チラシが配られたのに一向に変わらないので

ある日オジサンがえらい勢いで 直接文句を言いに来たというのです。


どうやらこのアパート、安いと思ったら音が筒抜けで

特に上からの音は もろに下に響いてしまっていたようです。

お風呂のシャワーや、流れる水の音って 階下住人には相当うるさく聞こえるのでしょう。

オジサンもずいぶん我慢してくれたのだと思います。

きっと我慢の限界がきて こうした手段を取らざるを得なかったのだと思います。


オジサンのいうには、朝なら早くてもいいから と言うのですが

息子は夜型人間なので、10時までに風呂を済ませることになりました。


友達に聞いても 深夜のお風呂に文句を言われた人はいないので

理不尽な気持ちに苛まれ、契約満了時に絶対引っ越すことを決めたのでした。

本当は今すぐ引っ越したい思いで いっぱいだったけど。


実は私 子供達が小さい頃、住んでいた団地の階下の住人に

子供の走り回る音がうるさいと 苦情を言われたことがトラウマとなり

この山の中に引っ越してきたのでした。

子供達は 物心ついた時には この田舎の一軒家に住んでいましたので

騒音問題とは無縁で育ってしまいました。


深夜何時にお風呂に入っても 

隣の家とも離れていますので なんにも気にせず生きて来られました。

子供にも自分にも せめて家ではのびのびと自由に生きたかったから

この場所に家を建てたのでした。

けれど、世の中のほとんどは 当然ですが もっとシビアなんですよね。


そういうことをあまり教えることもなく 育ててしまったのだと

親として少し反省させられた出来事でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加