花ごよみ

映画、本、写真など・

キツツキと雨

2012-02-16 | 映画

ある村で木こりとして、
暮らす男には役所広司、
気の弱い映画監督には小栗旬。

この二人の出会いから物語は始まります。

監督は沖田修一。

共演は高良健吾、嶋田久作、
平田満、伊武雅刀、山崎努…

ある山村に、映画の撮影隊が訪れる。

映画の撮影の手助けをすることになった、
木こりの克彦(役所広司)と、
気弱で、いつもおどどとした態度の、
監督・幸一(小栗旬)。
二人の心の交流を通して
幸一(小栗旬)の心に自信が取り戻されます。
二人はお互いにそれぞれ影響を受けあい、
心に変化が…



予備知識なく映画館に行ったので、
克彦(役所広司)と同じく、
自信がなく気が弱くて、
頼りない青年である、
幸一(小栗旬)が監督だと、
はじめは気づきませんでした。

幸一(小栗旬)が克彦(役所広司)に渡した、
台本に書かれた自分という文字を見るまで
撮影隊の中で、幸一(小栗旬)が、
どんな仕事をしているのか
分からなかったです。
だからこの人、
なになよなよしてるんだろうと
見ていてイライラ。

逃げ出すなんて!!
電車のシーン、おかしかったです。

ゾンビ映画の撮影に、
エキストラとして加わることになった
克彦(役所広司)は最初、嫌々だったのに、
だんだん映画に入り込んでいく様子も面白い。
ゾンビになる村人達も楽しそう。

村の人達の協力もあって
撮影隊にも活気が出てきます。

ゾンビのメイク面白かったです。
あのゾンビ映画の完成作見たい気も。

幸一(小栗旬)が悩みから解放され
自分を取り戻すことができ、
ほんとよかったです。



クスッと笑えるシーンもあちこちに
ちりばめられていて
ゆるい空気感に満たされています。
ほのぼのとしていて、
心和む映画でした。










コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« ブライアン・アダムス大阪公演 | トップ | 偉大なる、しゅららぼん 万... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんぽぽ)
2012-02-16 21:09:54
この間、テレビで宣伝をしていて気になっていた映画です。
小栗旬が、いつものかっこいい小栗旬でなく、かっこ悪い小栗旬だって言ってました。
でも、最後にはちょっとかっこいい小栗旬になるんですね。
映画作りっていうのも面白そうですね。
ほのぼの (まっつぁんこ)
2012-02-16 22:30:11
「ほのぼのとしていて、心和む映画」
ひとことでまとめると(笑)そういうことですね。監督もほのぼのとした方でした。人柄が作品にあらわれるのでしょうか?
たんぽぽさんへ (kazu)
2012-02-16 23:35:19
こんばんは

小栗旬、自分で
言っていたんですか。
なんか優柔不断な男でした。
すみません、すみません
ばっかり言って…
映画作り、面白かったですよ。
まっつぁんこさんへ (kazu)
2012-02-16 23:41:15
こんばんは

ひとことでまとめると、
そういうことです(笑)

監督もほのぼのとした
方だったんですね。
やっぱりこの映画に関しては
人柄が出たのでしょうね。
Unknown (たんぽぽ)
2012-02-17 10:56:32
いつものかっこいい小栗旬でなく

。。これは、本人は言っていませんよ。
私が勝手に付けくわえた説明です。ごめん、ごめん。。

かっこ悪い小栗旬。。

これは、本人が言っていましたよ。





たんぽぽさんへ (kazu)
2012-02-17 20:07:41
こんばんは

いつものかっこいい小栗旬
本人は言ってなかったんですね。
わざわざありがとうございます。
私もちょっと早とちり。

小栗旬どんなかっこ悪い役でも
やっぱりかっこ悪くは
ならないですね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

キツツキと雨 (うろうろ日記)
試写会で観ました。 【予告orチラシの印象】都会に疲れた小栗君が、田舎でダラダラ
キツツキと雨 (あーうぃ だにぇっと)
キツツキと雨@東京国際映画祭。
キツツキと雨 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
「南極料理人」の沖田修一監督が、脚本も共同で担当して映画化した。林業しか主な産業がない村に映画の撮影隊がやってくる。村にいる木こりは森林組合の従業員は役所広司で、3年前に妻を亡くした60歳だ。その息子は会社をやめてフラフラしている。映画監督役の小栗旬は自...
『キツツキと雨』 2012年1月25日 角川試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キツツキと雨』 を試写会で鑑賞です。 今日は、沖田修一監督のティーチインがありました 【ストーリー】  小さな山あいの村にやって来たゾンビ映画の撮影隊。なぜだか手伝うことになった木こりの克彦(役所広司)は、プレッシャーに弱く使えない新人監督の幸一...
「キツツキと雨」 (てんびんthe LIFE)
「キツツキと雨」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 2012-012 「南極料理人」の沖田修一監督が、老年の木こりと気の弱い映画監督の出会いから成長を役所広司と小栗旬の初共演で描いた作品。 「南極料理人」結構好きでした。 料理もおいしそうだったし堺正人が良かったです...
晴れたらいいね~『キツツキと雨』 (真紅のthinkingdays)
 木こりの岸克彦(役所広司)は、ある日山でゾンビ映画の撮影隊と出会う。若 く気弱な監督、田辺幸一(小栗旬)をサポートするうち、いつしか岸は撮影現場 に魅入られてゆき・・・。  役所広司と小栗...
「キツツキと雨」みた。 (たいむのひとりごと)
役所さん×小栗くんの共演で、”ソンビ映画”を撮影する・・・といった内容に惹かれて鑑賞。人里離れた山間の村できこり(林業)を営んでいるのが役所さん演じる克彦さん。”ソンビ映画”の監督として克彦さんの住む
『キツツキと雨』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「キツツキと雨」□監督・脚本 沖田修一 □脚本 守屋文雄 □キャスト 役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美、古舘寛治、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努■鑑賞日 2月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(...
沖田修一・監督『キツツキと雨』或いはキコリとゾンビとカントクと。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「南極料理人」の沖田修一監督による『キツツキと雨』。脚本は沖田修一・守屋文雄。出演は役所広司、小栗旬、高良健吾、嶋田久作、平田満、伊武雅刀、山崎努、他 物語・人里離れた山
キツツキと雨 (LOVE Cinemas 調布)
『南極料理人』でヒットを飛ばした沖田修一監督最新作。今回の舞台は山間の小さな山村だ。そこで林業を営む男と、そこにゾンビ映画を撮りに来た新人監督が何故か心を通わせていく姿をハートフルかつユーモアたっぷりに描いている。主演は『聯合艦隊司令長官 山本五十六 ...
キツツキと雨 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人里離れた山村にゾンビ映画の撮影にやってきた青年と、そこに暮らす父親のような木こりの男のふれあいを、ユーモアを交えて描いたハートフルドラマ。監督は「南極料理人」の沖田 ...
木こりと監督 (笑う学生の生活)
15日のこと、映画「キツツキと雨」を鑑賞しました。 田舎 人里離れた山村、映画撮影のために訪れた若い監督 幸一 妻が亡くなり 息子2人暮らしの木こり 克彦は撮影を手伝うはめになり・・・ なんともほのぼので クスッと笑え、ほっこり温かくなる 日本映画らしさが 木....
映画・キツツキと雨  (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 人里はなれた山間の村 キコリの無骨な男・岸克彦(役所広司)と映画の撮影にやって来た気弱な映画監督田辺幸一(小栗旬) 偶然出会った不器用な二人が少しずつ親交を深めていく過程をユーモアを交えながら割りとゆっくりとしたテンポで丁寧に描い...
キツツキと雨/役所広司、小栗旬 (カノンな日々)
「木こり」って言葉、久々目にした気がするし、こうしてタイプするのもかなり新鮮な気分ですね(笑)。人里離れた山村にゾンビ映画の撮影にやってきた自信なさげな新人映画監督が木 ...
「キツツキと雨」 やるの?やんないの? (はらやんの映画徒然草)
「やるの?やんないの?」 新人映画監督、田辺幸一(小栗旬さん)にカメラマンが言う
キツツキと雨 (映画的・絵画的・音楽的)
 『キツツキと雨』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この映画は、出演者の好演もあって、まずまずの仕上がりではと思いました。  といっても、新人の映画監督と木こりとが交流を深めていく中でお互い成長するという話がメインであって、マアありきたりといえばあ...
キツツキと雨(2012-025) (単館系)
「南極料理人」の沖田修一監督が、無骨な木こりと気の弱い映画監督の 出会いから生まれるドラマを役所広司と小栗旬の初共演で描く。 とあるのどかな山村に、ある日突然、ゾンビ映画の撮影隊がやってくる。 ...
「キツツキと雨」(2011 角川) (事務職員へのこの1冊)
鶴岡まちなかキネマは文字どおり街にすっかり定着したようで、平日の一回目、しかもメ