花ごよみ

映画、本、写真など・

はやぶさ 遥かなる帰還

2012-02-20 | 映画

地球から3億キロ離れた、
小惑星「イトカワ」の地表に着陸し
岩石サンプルを地球に持ち帰るという
小惑星探査機「はやぶさ」に、
課せられたミッション。

約7年の期間、総距離60億キロに及ぶ
プロジェクトを終えて
2010年6月13日、
「はやぶさ」の宇宙からの帰還。

それを題材として
このプロジェクトのために
結束した人々を描く。



主人公は渡辺謙、
JAXAの「はやぶさ」プロジェクトマネージャー、
山口教授を演じます、

江口洋介、吉岡秀隆、夏川結衣、山崎努、
それに小澤征悦、中村ゆり、藤竜也、等が共演

監督は瀧本智行

渡辺謙もっと人間味あふれる、
役柄かなと思いましたが
結構デジタル的な人物に描かれていて
感動しそうでしないという、
心が宙ぶらりん状態。

機械のトラブル、
絶体絶命の確率にも冷静だし…

でも、これは実在の人物ということで、
あまり心情のよりどころとなる、
プライベートな部分に、
入り込むことはまずいので仕方がないのかな。

でも自分自身としてはもう少し
高揚感を期待していました。

イオンエンジンに関して
藤中先生(江口洋介)と森内(吉岡秀隆)との
熱い攻防は盛り上がりましたが…

それでもやっぱり、
ラストの使命を成し終えて、
はやぶさの命が消滅したシーンは、
グッときました。

NASAの10分の1の予算。
ロケット発射管制室の建物もいすもボロボロ、

化学エンジンの不良、姿勢制御不能、
行方不明などアクシデント続きの中
困難を克服して世界の偉業をなし得た、
とにかく日本の技術はすごい!!
7年間で60億キロの宇宙航海ってのもすごい!!



結果が分かっているのに
ヒヤヒヤしながら映画を見ていました。









コメント (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« シンビジュームの絵 | トップ | 花の絵 »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
特殊技能~ (cyaz)
2012-02-21 17:27:46
kazuさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

先作は女性目線、今回は男臭さ、
次は子供にもわかる内容とか(笑)
先日TVではやぶさを支えた日本の
特殊技能を紹介していましたが、
やはり果てしない宇宙を相手にしても、
ちっちゃな町工場のネジ1本が生命線になるんですね
うちの近所も職人さんが多いですよ
発明王もいますしね
cyazさんへ (kazu)
2012-02-21 19:33:26
こんばんは

こちらこそTB、コメント、
どうもありがとうございました。

前作は見ていないんですよ。
はやぶさは今回が初めて、
前作も見ておけばよかったかなと
今頃思っています。
でも同じテーマで3作品って
どうなんでしょう?
宇宙を相手の偉業にしていても
町の技術者の貢献がないと
成り立たないのですね。
発明王が近所に住んでいるんですか。
Unknown (たんぽぽ)
2012-02-21 20:56:30
この映画も話題になっていますよね。
この話って実話なんですか。
そんなプロジェクトがあった事すら
知りませんでした。
渡辺謙、大好きな俳優さんです。
人間味溢れる、熱い役がお似合いですよね。
今回はちょっと冷めた役だったんですね。
でもでもやっぱり気になる映画です。
DVDでみようかな~。
たんぽぽさんへ (kazu)
2012-02-21 23:50:31
こんばんは

この作品、
実話に沿って描かれています。
はやぶさを題材に3作品あって
この映画の後にも
藤原竜也主演の映画が
控えています。
渡辺謙、いいですよね。
今回はちょっと
抑え気味でクールな役柄でした。
rousse--@hotmail.com (Sohbet Chat)
2012-03-17 01:58:15
この作品、
実話に沿って描かれています。
はやぶさを題材に3作品あって
この映画の後にも
藤原竜也主演の映画が
控えています。
渡辺謙、いいですよね。
今回はちょっと
抑え気味でクールな役柄でした。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事