ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Harry Potter and the Deathly Hallows ついにChapter 30

2007-09-14 | Harry Potter
おとといの東京の夕焼け、怪しいほど美しかったです。

うちの窓から撮った写真ですが、左下に富士山のシルエットが小さく写っているの、わかりますか?


さて、Harry Potter and the Deathly Hallows のレビュー、ついに終盤の30章!

ここまで来ると、ネタばれを避けてレビューを書くのがとても難しいです。
誰が死ぬとか、Horcruxesがなにかとか、隠してると話が進まない。

どうしようか、考えていたのですが、まあここまで書いたことですし、反転文字にしてますので、ネタばれ解禁でいきます。

コメント欄も「ネタばれあります」の警告付きでネタばれ解禁にしようと思ってますので、
ストーリーのネタばれをしたくない方は、反転文字のところとコメント欄は開かないでくださいませ!


Chapter 30 「The Sacking of Severus Snape」 P474~
(このレビューは、ハリー・ポッターの最新刊、Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult Editionをテキストにしています。そのChapter30についてのものです。

簡単な単語帳の「Vocabulary」のあとに、ネタばれを含む感想が書いてあります。
未読の方はご注意ください!
 )

Vocabulary;
p474 sacking  (話)解雇
p477 ineptitude  ばかげた行為
p480 apprehend  捕らえる、感づく、予知する


以下、物語のネタばれを含みます。それをご了解の上、よろしかったら左クリック→ドローして反転させてお読みください。


      以下ネタばれあり!!





RavenclawのDiadem探しを始めたHarry、RavenclawにはいるドアのところでDeath EaterのAlectoにあってしまいます。

Lunaの助けもあってなんとかやっつけますが、今度はその兄弟のAmycusがやってきて、ドアを開けろ!と外から騒ぎ立てます。
ピンチ!

McGonagall先生が助けに入ってくれますが、AmycusがMcGonagall先生につばを吐きかけたものだから、Harryの怒り爆発!
 
思わず姿を現しCrucioを使ってしまいます・・・

Harry、男気を見せてくれて嬉しいです。


Harryにあえて、McGonagall先生は大喜び。
でもVoldemortがやってくる・・・・

McGonagall先生はHarryに早く逃げなさいというけれど、Harryにはやることがあります。
わけを話すと、McGonagall先生も時間稼ぎに協力してくれることになります。

jesterはMcGonagall先生も大好き。
最終巻が映画になるまで、Maggie Smith さんにも長生きして欲しい…
1934年生まれですから・・・・体に気をつけてください!(祈る)


さて、そこに現れたのは・・・Snape先生! 
「Alectoが侵入者を捕まえたと感じたのだが・・・」と出てきます。

Snape先生は何でこんな夜中にここにいるのだ、とMcGonagall先生に詰め寄ります。
危うし、McGonagall先生!

でもそこで、昔からの教授たちが助けに入ります。多勢に無勢で、逃げ出すSnape・・・・
「Coward!」とMcGonagall先生にののしられます。(涙


とにかくこのChapterで、McGonagall先生、大活躍ですね~!
うれしい


一時期Ministryよりになり、家族を裏切ったPercyも味方に戻ってきます。
Mrs.Weasleyのうれし涙・・・よかったよかった!

先生たちからも情報を集め、Diadem探しを続けるHarry。そういえば、RonとHermioneはどこへ行ったのでしょう・・・・

ついに終盤にはいり、物語の展開はスピードを増していきます!!


  


コメント大歓迎♪
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« Harry Potter and the Deathl... | トップ | ハリー・ポッターの7巻を英語... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読んでません(笑) (みゅう)
2007-09-14 23:13:54
jesterさん、早速の訪問ありがとうございます

ハリーポッターは日本語版が出てから読みます
なので、読まずにコメントだけ!

すっごく綺麗な夕焼け~
私も夕焼けの写真撮りたいんですけど、なかなか
素敵な夕焼けに出会えません
あ~~~~~! (igu)
2007-09-14 23:16:33
ネタバレが怖くて せっかくのjesterさんの日記が読めない辛さ!
反転できない(今 反転したらお終いだあ~)真っ白な空間にチラホラ見える「お願いヒヨコ」や「ハート・マーク」が気になります~~
はううう・・・・いったい何が書いてあるのか?????

読めるのはたぶん秋の終わり頃か・・???!!!
みゅうさん、おはようございます (jester)
2007-09-15 08:48:01
みゅうさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

ハリポタ、和訳がでるのはいつなのでしょうね~
今回はかなり迫力があるので、ぜひお楽しみに。

この日の夕焼けは空に流れていた雲の形もあって、この世のものとも思われない夕焼けでした。
星の王子様じゃないですけれど、しばし見入ってしまいました。

みゅうさんが素敵な写真をとられたら、見せてくださいね。まってます。
iguさんおはようございます。 (jester)
2007-09-15 08:54:15
iguさん、お待ちしております♪
ご自分のペースで楽しまれてくださいね~
最後はペースが上がると思いますけれど・・・。

あと6章+エピローグでハリポタも終わりですので、そうしたらもとのブログにもどって、いろいろ書きたいと思ってます。(結構他の本のレビューもたまってしまったし)

「お願いひよこ」は映画でMcGonagall先生役のマギー・スミスに体を大切にしてよ~とお願いしてます。(爆)
マギー・スミスのやるMcGonagall、好きなんですよ♪
最後まで彼女にやって欲しい。
ほら、Dumbledoreは変わっちゃったでしょ?
次はMcGonagall先生かと・・・(縁起でもない!!
(殴(殴(殴
スネイプ先生~! (くっちゃ寝)
2007-09-15 10:59:32
私もマクゴガナル先生が大好き♪
いつも落ち着き払った彼女を見てると、「何があっても大丈夫」と安心するのですが、さすがに今回ばかりは彼女もいつもと違ってきますね(笑)。
そんな彼女が人間くさくて(魔女だけど)よけいファンになりました。
彼女の役はマギー・スミスがぴったり。
ほんと、あとしばらく元気でがんばって~。

パーシーが戻ってきたところでまたもや涙がぽろり
(それまですっかり彼の存在忘れてたんだけど・爆)
家族みんながそろってよかった・・・ほんとに・・・。

スネイプ先生が逃げ出して悲しかった~。
このままいればいいじゃん、って。
それとも、やっぱり裏切ってたの!?って。
だけど、だけど、・・・ああ~~~。
いよいよですね (belier)
2007-09-15 15:57:16
jesterさん こんにちは

ここから先は、読むのをやめるのが大変でした。
どの巻もそうですよね。

私もProfessor MacGonagallファンです。

'略, - that was very - very gallant of you -略'
でニヤリとしてしまいました。
彼女らしい。とっても。
Professor MacGonagallのような大人になれたらよかったのに、残念です~(笑)
おお! (じぇれまいあ)
2007-09-16 15:00:01
本当に美しい空!

物語のコメント書こうと思ったんだけど、書きたいことはねたバレになってしまう~~。

折角jesterさんが反転文字にしてるのに、ここでネタバレしてどーする?ですわぁ。

うぅぅ、ジレンマ、私の名はじぇれまいあ。は、失礼しました~。
くっちゃ寝さん、いらっしゃい (jester)
2007-09-16 16:08:58
くっちゃ寝さん、コメントありがとうございます。

以下、ネタばれあります!



>私もマクゴガナル先生が大好き♪

ね~~いいですよね!
大体、1巻の出だしで、McGonagall先生が猫に化けて出てくるところでもうやられてましたよ~~!

>いつも落ち着き払った彼女を見てると、「何があっても大丈夫」と安心するのですが、さすがに今回ばかりは彼女もいつもと違ってきますね(笑)。

今回の映画のほう(Harry Potter and the Order of the Phoenix)で、Umbridgeと対決するときの毅然とした態度がよかったです♪

>彼女の役はマギー・スミスがぴったり。

彼女ってイメルダ・ストーントンさんより背が高いでしょ? 
そんで、上から物をいうと、Umbridgeが階段をのぼって、McGonagall先生を見下ろして物をいうんですよ。そうすると、McGonagall先生が背を伸ばして、また階段を上るの。あそこが好きでした♪

>パーシーが戻ってきたところでまたもや涙がぽろり
(それまですっかり彼の存在忘れてたんだけど・爆)

こっちも、今回の映画で出てましたよね!
ちらっとだけど確認しました。魔法省側の人間としてだけど。

>家族みんながそろってよかった・・・ほんとに・・・。

ほんとによかったです!! Weasley母さんの気持ちが分かるう~~

>スネイプ先生が逃げ出して悲しかった~。
このままいればいいじゃん、って。
それとも、やっぱり裏切ってたの!?って。
だけど、だけど、・・・ああ~~~。

もう、あそこのSnape先生の気持ちを考えるとつらくて・・・(涙
belierさん、いらっしゃいませ! (jester)
2007-09-16 16:12:16
belierさん、いらっしゃい!!
コメントありがとうございます♪
嬉しいです♪

>ここから先は、読むのをやめるのが大変でした。
どの巻もそうですよね。

1巻から、後半はPage turnerですよね~
途中でやめられなくなります。

>私もProfessor MacGonagallファンです。
'略, - that was very - very gallant of you -略'
でニヤリとしてしまいました。

ね~~ほめ方もレディですよね♪

>Professor MacGonagallのような大人になれたらよかったのに、残念です~(笑)

jesterはこれからMcGonagall先生のようなばあさんを目指すことにします(爆)
もう手遅れ??
じぇれさん、いらっしゃい。 (jester)
2007-09-16 16:17:05
ダンバラ(←余計なお世話・・・)じぇれさん,いらっしゃいませ♪(byとっくにダンバラjester)

>物語のコメント書こうと思ったんだけど、書きたいことはねたバレになってしまう~~。

あのね、コメント欄もネタばれ解禁にしました。
ここもクリックしないと開かないし。
だって、もう、ネタばれしないとコメントできないでしょ。
それに、残りあと1週間なので、その間はごめんなさいって感じでネタばれ、行きます。

本文のほうにも、「コメント欄もネタばれあります」って書いておきますし。
だからじゃんじゃんコメント欄でおしゃべりしましょう~~!
ただし、コメントの最初に「ネタばれあります!」って書いてくださいね。

それから固有名詞なんかは頭文字のほうがいいのかなあ・・・・と思いますけど。



コメントを投稿

Harry Potter」カテゴリの最新記事