ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

玉砕。

2006-07-29 | 音楽・ミュージカル・コンサート
先日こちらの記事で、ウィーンフィルのモーツアルトのチケット、買えるかどうか、がんがんプレッシャーがかかっていたjesterですが・・・

先行販売の抽選にはずれ、今日の10時販売にあわせてjesterはインターネット、家族Bは電話の前でじっと待つ。
じりじりじり。

さ~~~ 10時!!!

でもインターネットはまったくつながらない!!
電話もお話中どころか、「ただいま電話が混みあっております」のナレーションしか聞こえない。

そして、10時9分にインターネットがつながった~~ 

しかし。


申し込みのボタンがないよ??


・・・・・『全席売り切れました』


・・・9分。  9分。  9分。 
(「インファナルアフェアーズ 1」のキョンのまねデス。 広東語でどうぞ。10分だと「サップファンジョン・・・・」ですが、9分なので「ガウファンジョン・・・」ですだ。)



・・・玉砕いたしました・・・・・(この後も電話をかけ続けたけどだめでした・・・)



あまりに悔しかったので、新宿に繰り出し、タコスのやけ食い&ぱあ~~っとHMVでCDのやけ買いをして帰ってまいりました・・・・。
コメント (12)   トラックバック (1)

プリンスエドワード島観光局公認の赤毛のアン、って・・・。

2006-07-27 | ENGLISH BOOK & STUDY
「赤毛のアン」ないろんな意味でjesterの人生に影響を与えた1冊のなかに入ってます。
何せ幼稚園の頃からの愛読書。
幼い頃はアンが早口のところとか、おてんばで屋根から落っこちるところ、数々の失敗なんかがお気に入りでした。

でも高校生ぐらいになって再読してみると違うところに発見があり、子供を生んでから読んでみるとまた違う発見があり、今人生の半ばまで旅してきて、またまた別のところに感じ入ってしまうのです。

という感じで、最初は漢字にルビが振ってある子供向けの本から始まって、新潮文庫の本をぼろぼろにし、最後にはペーパーバック。

Anne of Green Gables (Anne of Green Gables Novels (Paperback))

英語はとても平易で、内容もほとんど覚えているので、どこから読んでも楽しめます。
こういう内容を覚えていて、何回読んでも飽きないような本って、知らないうちにフレーズをおぼえていたりして、英語の勉強にもなるので、とても便利。

雨の日が続く午後などにぺらぺらとめくって、ひと時、美しいプリンスエドワード島にトリップ。



さて、カナダ大使館の方に教えていただいたのですが、今、『プリンスエドワード島観光局公認の赤毛のアン』が来日しているのだそうです。

いろんな公認がありますが、『プリンスエドワード島観光局公認』というのがあるのですね~

今日と明日の18時から21時にみなとみらいのロイヤルパークホテル地下1階「カフェフローラ」で「赤毛のアンがやってくる」と題したディナーブッフェがあるそうです。(詳しくはこちら

『プリンスエドワード島観光局公認の赤毛のアン』と写真を撮ったりできるそうであります。

jesterは用事があって残念ながらいけないのですが、うっとうしい梅雨が続く日本にいながらにして、一晩プリンスエドワード島に行った気分になれるかも、ですね



コメント

田中宥久子さんっていくつだとおもいます??

2006-07-26 | 読書
とってもとってもビックリしたのです~

いや、前に田中宥久子さんの顔筋マッサージについて書きましたよね~(こちらの記事です

最近、この人の特集の雑誌とかが増えてきたな~、さすがにこれから注目をあびるのだろうなあ~と思いつつ、昨日発売のクロワッサンを読んでいて・・・・・

びっくり・・・・

田中宥久子さんて・・・・


60歳!!


うっそ~~~~~!! 

若作りの美容研究家の写真を見て気持ちワリイ、って思ってたし、どんなに整形しても、60歳は60歳だと思っていたけど、この人の顔、アップの写真を見ても整形したかんじもしわ伸ばしした感じもしないのよね~~
口元のたるみもないし!!
普通、60歳ぐらいで肌がきれいな人は、体型がふっくらしてて、脂肪が乗ってるっていう感じがあるんだけど、この人の顔はシャープ!

帽子とかめがねで隠してんじゃないの?と思う方はぜひクロワッサンを立ち読み(いや買っても良いです(爆))してみてください・・・・

やっぱり効くのか、顔筋マッサージ・・・
↑実は本を買っただけで満足し、まだ真面目に取り組んでないjesterである。



7年前の顔になる田中宥久子の「肌整形」メイク [DVD付]

この本の中に、昔からの写真があるのですけれど、このひと、どんどん若々しくなってきてる感じがします。

安藤優子とか黒柳哲子とか林真理子とか、この人のマッサージだけはやってます、という人が多いのもうなずけますね。

60歳はビックリしました。
こんな60歳、みたことないよ。
頑張ってマッサージしてみます~(つくづく単純・・・)

目指せ、60歳で田中宥久子の肌!←(まったくもって単純・・)
コメント

ハチミツとクローバー 9巻

2006-07-24 | 漫画
ハチミツとクローバーは大好きな漫画ですけれど、9巻が出ました。
なんか売り切れの書店が続出だそうで。
初回特典のミドリちゃんのマグネットのせいかな・・・
(ミドリちゃんは凶暴なプードル犬です)


ハチミツとクローバー 9 (9)美術大学を舞台に、切なくてめちゃくちゃおかしい若者たちの青春。
胸がきゅっとなりつつも爆笑できます。
出てくる女の子がとっても可愛くて、共感しちゃいます。

みんな卒業しないでずっと漫画が続いて欲しいな~


「動物のお医者さん」「のだめカンタービレ」に続く、『大人も楽しめるマンガ』のホームラン王(古い)ですね~

今夏には実写版の映画も封切りされ、さらに人気が出そう。
テレビでコマーシャルが始まってますね。

しかしなあ・・・・
あの予告編で見た「真山くん」、許せないんだけど・・・
コメント (4)

骨音 池袋ウエストゲートパーク3

2006-07-23 | 読書
ウエストゲートパークも3冊目。

骨音 池袋ウエストゲートパーク3

表題の「骨音」は最初の数ページでネタばれしましたが、ミュージシャンとホームレス襲撃を結びつけるっていうのは結構新鮮かもしれません。

「キミドリの神様」で地域通貨の偽札、っていうのもおもしろかった。
実際にある地域通貨でもこういう問題があるのでしょうか?

「西口ミッドサマー狂乱」では、『レイブ』って言うのがどういうものなのか、よくわかりました。
日本でも良く開催されるものなのでしょうか?


でも一番好きなのは「西1番街テイクアウト」かな?

こういう背伸びして大人の振りをしている子供、が出てくるのに弱いjesterです。
『読書好きで、口が悪い、やせっぽちの女の子の父親になるのも悪くないかなってね』(P89)なんてマコト君の気持ち、分かったりします。

jesterも『読書好きで、口が悪い、やせっぽちの女の子』でしたから。・・・あ、いまも(殴
コメント (2)   トラックバック (1)

陰陽師 NHKドラマ版

2006-07-22 | 映画 DVD TV
まず漫画の陰陽師にはまり→夢枕獏さんの原作を読み→映画版の「陰陽師」のDVDを見→京都の晴明神社におまいり・・・・

という具合に陰陽師の追っかけを遅ればせながらしているjesterであります。


で、NHKでドラマ「陰陽師」をやっていたという噂を聞き、陰陽師道のおっしょはん(?)の友人(感謝!)に録画したビデオを貸していただいて、全10話、鑑賞いたしました。


脚本が描こうとしているのがかなり人間的な晴明さんでしたね。
式神の蜜虫もかなり人間的。その辺が原作や漫画とは全然違いました。
原作も映画も同じ話だから、新しいストーリーを作りたかったのかなあ。

最後に晴明が都をでて、疫病にかかった病人を救うために働く、ちゅうのはかなりこけてしまいましたが・・・

CGをほとんど使わず(使えず、かな)鬼たちも「怖さ」より、鬼に成り果てた「哀しさ」を表現していた、と思います。
(映画のほうはかなりグロイ鬼でしたから・・・)


う~~ん、稲垣吾郎さんは私の晴明像とはちょっと違いました・・・

脚本のせいもあると思いますが・・・
野村萬斎さんの晴明を見てしまったあとなんで、ちょっとつらいです。


杉本哲太さんの博雅は素朴なところや演技力はOKだけど、もうちょっと典雅な雰囲気が欲しい。
なんと言っても天上人ですから。


本庄まなみさんの蜜虫は、映画の蜜虫よりも存在感があっていいけれど、ちょっと式神のくせにでしゃばりすぎ?(これも脚本のせいですけど)


ベテランの脇役陣(寺尾 聰、風間杜夫、三田和子などなど)はさすがにうまいけれど、なかにはどうしようもなく下手な俳優さんもいて、見ていてつらいところも。

まあ、原作にほれ込んだものは、それなりに思い込みがあるので、どうしても点が辛くなってしまいますね。

でもなんやかんやといいつつ、楽しんでみることができましたです。


他にも三上博史さんが晴明をやったTVドラマもあるとか。
いつかチャンスがあって見られるといいな


個人的には、晴明を萬斎さん、博雅を竹野内豊かオダギリジョー(ぷぷぷ)、蜜虫をチャン・ツィイー(をいをい)、なんて感じで再映画化されると嬉しいです・・・
コメント (6)

少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉

2006-07-21 | 読書
少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉
少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉
このシリーズの中では、好きな話が多い2冊目。

『その笑顔を見て、ぐらりとおれのなかでなにかが動いた。十歳でそんな笑いかたを身につけるガキ。そんなやつを放ってはおけないだろ。それでおれは自分から、やつのトラブルに巻きこまれていったのだ。
 ミス1。』P71

なんて文が相変わらずおいしいです


『銀十字』の有賀喜代治と宮下鉄太郎、おじいちゃんコンビが可愛い。マコトくんとの会話に笑えます。
『水の中の目』のミナガワも。
かっこ悪いハードボイルドなのに、男気(セクハラ用語か?)があります。

全体的におっさんパワーが炸裂してますね~~


ところでまた浦島太郎発言なんですけど、この小説ってテレビドラマ化していたのですね!
どなたかご覧になりましたか? TBSでやってたらしいのですが。

見たいような見たくないような・・・・

先日友人にNHKドラマの「陰陽師」を借りて見て、いろんな方面でショックを受けたjesterでございました。

コメント   トラックバック (1)

「天守物語 」(歌舞伎座夜の部)

2006-07-16 | 歌舞伎・観劇・舞台など
7月の歌舞伎座、夜の部に行ってきました。

演目は「山吹」、休憩を挟んで「天守物語」。
21世紀歌舞伎組による泉鏡花原作の4部作公演の夜の部です。

くううう・・・ 悔しいけど、海老蔵にやられた・・・・

演技力も申し分なし。
前から問題ありかと思っていた、父親譲りの高い声も気にならないし、明確な台詞まわしにうっとり。

若衆だった青年が、次第に人ならぬものに心惹かれ、ついには一緒に死のうとまで思いつめていく有様が見事すぎて、見とれてしまいました。

実生活がどんなにわがままなやつでもいい! この美しさ、この艶っぽさ、&演技力があったら、鬼に金棒(?)であります。


じ、実は、海老蔵は新之助のころから「お人形みたいに綺麗な顔・・・舞台栄えするよね~ 普段はわがままらしいけど・・・・」と思っておりました。(去年の5月の歌舞伎座ではこの記事なんかで失礼なこと言ってます)(許して~~)

中高と新之助と同じ学校だったひとに聞いた話では、「あれじゃあ、どんなに親が頑張っても、学校追い出されるよ・・・」という荒れた生活態度だったらしいという噂。結局、学校も最後までいかなかった彼。

結局売りは整った顔だけじゃないの?・・・と思いつつも、やっぱり舞台に出てくるとオーラが違う! 見得を切ったとき、目力がすごい~とは密かに思ってたんですよね。

でも今回の、「天守物語」の図書之助はすごかった。
すごく成長したなと感じました。

あの美しさは『魔』ですだ・・・


これ、歴史に残る舞台かも知れません。


玉三郎の富姫は、落ち着いて見られました。
実は○十年前、もっとも玉三郎が綺麗だった頃に「天守物語」を見ているのだけれど、その頃と比べると、やっぱり年を取りました。

とくに図書之助を見下ろす横顔の、頬の線、首の線は、オペラグラスで見ちゃうと、あ~~あ・・・と思っちゃいます。

でも演技は円熟味をまして、この世のものとは思えない不可思議さがまったく違和感なし。

そんな妖怪のお姫様の玉三郎と、信じられないほど美しい海老蔵のカップルですもの、見てて鳥肌が立ちます。

絢爛豪華な衣装の美しさ、生首が出てきたり、おばばが出てきたりの不気味さ、遠くで響く「とおりゃんせ」のわらべ歌・・・・・
腐った人間世界から来た清らかな美青年と魔界の百戦錬磨のお姫様の、盲目になってしまう淡くて切ない恋。

夏の夜の一瞬、別世界へといざなわれました。



・・・・しかし。
jesterが昔見たとき感動して、そのあと良く一人でつぶやいていた(病気)台詞、富姫が明かりをつけて図書之助の顔をしっかと見た瞬間の

「帰したくなくなった・・・・ もう帰すまいと、私は思う・・・」

で、なぜか場内から笑いが起こりました。
おかげで玉さんの台詞が良く聞こえん。

あそこって笑うところ? 
富姫が恋に落ちた大事な瞬間なのにさ・・・
しくしくしく。



「山吹」のほうは、これまた泉鏡花の世界ですが、登場人物がほとんど3人だけで、ゆったりとした台詞、場面展開もあまりなく、少々地味で難解と感じました。

人形遣いのおじいさんが「殴ってくれ~」といって、子爵夫人が「えい!えい!」なんてぶつところは、倒錯の世界。
静かな舞台に雨の音が効果的です。

歌舞伎としては今回が初めての上演らしいですが、三茶あたりの小さな地下の劇場で見たらいいかも、なんて思いましたです。
コメント (8)   トラックバック (1)

『池袋ウエストゲートパーク』

2006-07-12 | 読書
いまさら・・・なんですが、なんとなくばらばらに、人に借りたりして読んだので、まとめて読んでみたくて、はじめからこのシリーズを読み返しています。

池袋ウエストゲートパーク
石田衣良の鮮烈なデビュー作。


東京で一番おしゃれな街といったらどこでしょう?

青山、自由が丘、代官山、赤坂、広尾、六本木、麻布、それとも銀座・・・?

考えてみると、JRの駅がないところが多いですね。
山手線の渋谷、新宿、池袋は大きなターミナルだけれど、どれもどことなくダサい。

中でも池袋は埼玉県につながる私鉄が何本か出ていいるせいか、ベッドタウンにつながるターミナルで、「遊べる場所」というイメージはありません。

もともと昔は湿地帯だったそうです。だから袋。

新宿鮫とかは新宿のどろどろした盛り場を舞台に鮫島刑事の活躍がかっこよくて酔いしれたものですが、jester馴染み深い池袋がハードボイルドの舞台になるとは・・・意外でした。

今まではどこかに行く途中の通過点、お買い物に寄る場所、本屋で立ち読みするところ、というイメージだった街が、生き生きと「人間たちが生きている街」として描写されてます。


それに、池袋は新宿ほど「他国のマフィアがぞろぞろいて、歌舞伎町は怖い」というような場所はないし、渋谷ほど高校生が多くないし、と思っていましたが、この本を読むと、最近は若者が集まっているし、それなりに怖い場所もあるのね~と思います。



そんな池袋をバックに活躍するヒーロー。

工業高校をでて、無職、こづかい銭稼ぎに実家の果物屋を手伝っている、真島誠の一人語りで物語が進みます。

およそヒーローの肩書きからは離れている『マコト君』なんですけど、これがかっこいいんですね~

ニヒルなハードボイルドのヒーローは履いて捨てるほどいるけれど、『マコト君』ほど若くて不安定なのに芯が通っていて、醒めているようで実は友情に篤いってやつはいないです。
その心に流れる正の方向のベクトルは心地よい♪

新しいヒーローの誕生ですね

しかも考えるときにクラシックの曲を延々と聴いたり、雑誌のコラムを書いたり、およそ「らしくない」ことを次々としてくれます。

何の力もなく、頼るのは頭脳と不良仲間の友情だけなのに、悲惨な出来事、手に負えないような大きな事件も解決していくのが気持ちよくて。


『マコト君』を取り巻く人々も、引きこもりだとか、中学時代のいじめられっこだとか、ラジオオタク、マッチョな女性ジャーナリスト・・・。
お約束のステレオタイプもいるけれど、人間観察がしっかりしているので、それなりに個性的でたのしい。


そして、クッキーの中にチョコチップがちりばめられているように、心に響く文がところどころに隠されてます。

『思い出しただけで胸が痛くなるようなキスってあるよな。誰かの歌にもある。いつかきっと愛の謎が解けるって。その夜はおれの愛の謎が初めて解けた日だと、個人的には思っている。心と身体をつなぐ謎。初恋なんて幼稚園の年長さんでするもんじゃない。』 P266より


なんかね、むか~しサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」とか庄司薫さんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読んだときみたいな、爽やかな読後感があるんですよね~


赤頭巾ちゃん気をつけて ライ麦畑でつかまえて
コメント

今からかかる、プレッシャー

2006-07-09 | 音楽・ミュージカル・コンサート
モーツアルト大好きなjester一家。
生誕250年モーツアルト・イヤーなもんで、クラシックコンサートにお出かけが増えております。


で、ウィーンフィルの11月11日、サントリーホール(詳しくはこちら)の申し込みが迫ってきました・・・7月29日です。

なにしろ演目が
モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調
モーツァルト:交響曲第40番 ト短調
モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調「ジュピター」

ぎゃああああ!
すごい・・・・

しかも指揮が、ニコラウス・アーノンクール

ばたり。(←倒れた)


もう熾烈なティケットバトルが予想されます・・・
は~~・・・

とろいjesterに無事チケットとれるのか、今からプレッシャーがかかってます。
何せ、家中のカレンダーの29日に赤丸で
「ウィーンフィル、ティケット、ゲット!!」とか書かれてるし・・・

こういうティケットを取るのに、なんか裏テクってあるのでしょうか?
代行で取ってくれるサービスがありますけど、人気公演は抽選ですよね。

人に頼んで抽選ではずれて取れないよりは自分で特攻して玉砕したほうが諦めがつくかなあ・・・


一番行きたがってるのは『ジュピター』大好きの家族B(カレンダー赤丸も彼女が犯人)なんだけど、動かなくちゃいけないのは私・・・
いつもこういうのははずすのよね・・・どきどき。

(でもS席31000円・・・・外れたらそれなりに別方面で安心だったりして(爆)


・・・せめてN響の12月13日サントリーホールでも良しとしてくれないか、娘よ。
『ジュピター』以外に『クラリネットコンチェルト』もやってくれるし。



四季のキャッツのティケットも取っちゃったし、芸術の秋は財布に厳しい秋でもあります・・・
コメント

街の片隅で、密かに雑草を抜く女一人・・・・

2006-07-07 | にゃんこ
猫は良く草を食べます。
これは「ちくちくする葉っぱを食べて胃を刺激して、たまった毛玉を吐くため」といわれていました。
猫は体をなめるので、胃に毛がたまるんですね。

でも最近の研究では、それ以外に葉酸などの微量栄養素も取っているということが分かっています。

もともと猫はヴィタミンCを体内で合成できるので、えさとして野菜は必要ないと思われてきましたが、猫科の動物は、草食の小動物などをとって、その内臓に残っている半分消化された植物から微量栄養素をとっていたのですね。

でも最近は、キャットフードしか食べられません。
そうすると、熱処理で消えてしまう葉酸などは、葉っぱを食べて取ることが多いのです。


そこで、良くペットショップなんかで「猫ちゃんの草」とかいうのを売っています。
一鉢250円ぐらい。種も売っています。
イネ科の柔らかい葉っぱ。


でもロッタは、この買ってきた猫用の草があまり好きじゃありません。

グルメな彼女のお気に入り、それは、原っぱに生えている、「チカラシバ」とか「ネコジャラシ」。
指が切れるほど硬くて、白い毛が生えてるヤツ。
これを「しゃりしゃりしゃり」とおいしそうな音を立てて食べないと気がすまないクソ猫なのでした・・・


なので、歩き回りつつ、これらの雑草を必死で探すのですが、jesterの住んでいる町には、これが生えてないの。

まず雑草の生えてる空き地がない!

どこもかしこもアスファルトに固められ、むき出しの地面がない!
よその家の庭は綺麗にガーデニングされ・・・

ふと気がつくと、雑草がどこにもないのです。

公園だって、なめるように草をむしるのか、はたまた除草剤を使っているのか、雑草はぜんぜんなし。


そこで、採取用のビニール袋をもって、街中をふらふら、雑草探し・・・・


駐車場の片隅に、砂利の中から生えてるイネ科の植物を見つけると、こそこそと入り込み、冷や汗をかき、蚊に攻撃されながら、こっそり雑草を抜いてビニールに隠している変な女をみかけたら・・・


それはjesterであります。
見て見ぬ振りしてください・・・・お願いしマスだ・・・・


玄関に出迎えて、もって帰った草を見つけたロッタは大喜び!

「除草剤とか犬のおしっことか回虫の卵とか、ついているかもしれないから、洗ってから!!」といっているのに、飛びついて食べます。

変な猫。


少しでも長持ちするように、雑草をプランターに植えて、肥料をやる。
毎日お水をあげて、大切に育てています。
こんなに優遇されている雑草も日本広しといえども、そうないでしょう。
でもすぐに食べられて、坊主になって枯れてしまう・・・・

思い余って、ついには、ネコジャラシのタネを取ってきて、種まきしてみたりしてます。
根性でアスファルトの隙間から生えてきたネコジャラシ本体を引っこ抜くのはしのびなくて・・・


蚊に刺されてかゆいし、草を触ったところが切れたのか、手とか腕がちくちくするし・・・
今日も猫に食べさせるための草を採取するため、四苦八苦のjesterでございます。

コメント (4)

なぜかダンボールが好きな私。

2006-07-06 | にゃんこ
宅急便で届いたスパイスや缶詰を片付けてる間に、ロッタが「作業」に突入しておりました。

何でだかこの子、ダンボールの解体作業が大好きなんです。
がりがり齧って、細かくちぎって解体します。

歯がかゆいのかしら?
・・・ちょっと犬はいってませんか?

コメント

赤坂御用地にパラシュート

2006-07-03 | a day of my life
東宮御所などがある赤坂御用地にパラシュートが不時着したらしいですね。
なにかの番組をとっていて、風にあおられておちたとか。

しかし、よく撃ち落されなかったなあ・・・(爆)

いや、それは冗談ですが。

あそこ、周りを車で走っているときに、「やけに生垣が低いなあ。誰でも入れそうじゃない?」と思った人はjesterだけではないはず。
でも、監視カメラやら赤外線探知機みたいなのが張り巡らされているのですよね~

前にカナダ大使館の方に、アプローチ部分のモニュメントを案内していただいたことがあるのですが、カナダ大使館は道を挟んで赤坂御所という場所。
写真を撮るときに、「この角度からうつすと御所の中がうつってしまうので、こちらの角度から撮ってください」といわれました。

そこからうつしても、端っこの小屋みたいのしか写らないのに、厳しいのだな~と感じました。

でも空からは結構簡単には入れてしまうものなのですね・・・


しかし。ニュースで見ると、ほんとにひろい御用地。
都心の一等地にあれだけの緑の庭園。
あそこに何人住んでいるんだろう??
うらやましいというかなんというか・・・

jesterは皇室には無関心なので、「せめて半分ぐらい公園にして、国民に開放して欲しい」なんて思ってしまいます。(殴
コメント (4)

おからのクッキー

2006-07-01 | グルメ
最近『おからクッキーダイエット』とか言うものが流行ってるらしいですね。
3食の中の1食をこのクッキーだけで済ませて、1週間で○キロやせる・・・とかいうもの。
おからは水を吸って膨れるので、水分を取りつつ食べると満腹感があるから。

一過性の流行かなと思いますけれど・・・・

その『おからクッキー』、サイトで売っているところを見たら、とっても高い!
9食分で5000円とか6000円とかするらしい・・・・
おからは250gで50円で買えるのに・・・(うちの前のお豆腐やさんで買います)
元はただみたいなもん、法外な値段で売りおるなあ・・・・
最近『体にいい』って言う触れ込みで売ってるもので、高すぎる、って思うものがたくさん。
毎日食べるものなのに、ファッションのようにスタイルで付加価値をつけて、金儲けしようって魂胆が許せん

だっておからクッキーってすっごく簡単にできるのです。
jesterはいっつも作ってるもん。
今日だって作りました。

だけど、ここだけの話ですが、おからクッキーは普通のクッキーに比べたらあまりおいしくないと思われると思います。
口ざわりは荒くてぱさぱさしているし。

それを覚悟の上で代替クッキーとして食べるなら許せる、という程度のお味じゃないかな。

おからで作るおからマフィンだって、『体にいい』から食べているって感じ。
でもすっかりこの味に慣れているjesterの家族は「おいしい」と申します。

jesterがおからクッキーを作るのは、理由があります。
おいしいと定評のあるお店のクッキーは確かに美味だけれど、甘すぎる。値段も高い。
お砂糖も炭水化物(小麦粉)も多すぎ。普通のレシピでクッキーを焼いてみると分かりますが、驚くほどお砂糖が入ります。
しかもバターじゃなくてショートニング(マーガリン)を使っていて体に悪い。


体のことを考えると(ついでにお財布のことも)、自家製おからクッキーです。
jesterも普通のよりこっちのほうが、後味がさっぱりしていてしつこくないし重くなくて、「おいしい」と思ってます。(当社比)

味を補うのに、ナッツの砕いたの(荒めだと歯ごたえもいいの)とか、シナモン、ココア、チョコチップ(70%カカオのを砕いて)をたっぷり入れます。
もちろんバターで。

シナモンはとっても体にいいと、最近注目されているスパイスです。
毎日1g摂ったら血糖値、中性脂肪、血圧などがさがったというアメリカの医学雑誌に載った研究があります。
jesterは大好きなので、コーヒーに入れたり、シナモントーストにしたり、ヨーグルトに入れたりしますけど、このクッキーにもたっぷり入れます。
(ちなみにフォーションからGABANまで、いろいろなシナモンを試した結果、S&Bのシナモンパウダーが一番好きです

それと、バターは動物性脂肪で飽和脂肪ですが、植物性のショートニングやマーガリンのように不飽和脂肪と飽和脂肪を混ぜて化学処理したものよりは体によいのです。エネルギーにもなりやすい油です。
コレステロールが心配な方は単不飽和性のオリーブオイルがお勧めですが、クッキーにはやっぱりバターがおいしいです。
あの焼きあがるときの匂いがご馳走のひとつ!



しかし大体いっつも適当につくるからレシピとかないしな~
一般受けする味じゃないし・・・

と思うのですが、『クッキー食べたいけど、体によくないし・・・ダイエットが・・・・』と悩む方がいらっしゃるかなと思うので、書いてみます。

とっても適当なので、作りながら加減してみてくださいね。


おから 200gぐらい (半分を全粒粉 100g とか薄力粉100g
   と替えると歯ごたえがもっといいでしょう。jesterは全部おからです)
ココア 大さじ2~3
砂糖 30g~お好きなだけ (jesterはスプレンダという、カナダ製の
     砂糖から作られたカロリー0の甘味料を使います。)
バター50g~80g (jesterは大目の80gぐらいかな)
卵 2個 (前粒粉や薄力粉を使った場合は卵1個でまとまると思います)
豆乳 大匙3杯ぐらい(ぱさつくとき)
シナモン 好みで。jesterはたっぷり入れます。ものすごくたっぷり。
アーモンドや胡桃、マカデミアナッツなど、ナッツ類、カップ半分ぐらい
チョコチップ(カカオ70%ぐらいのをナイフで細かくして)適宜。


1、おからは電子レンジで何回かチンするか、フライパンで乾煎りして水気を飛ばす。
2、バターはとかしておいて、砂糖とまぜ、そこに混ぜた卵を少しずつ混ぜる。
 ナッツは荒く砕く。(フードプロセッサーでもいいけど細かくしすぎない)
3、そこに、さめたおからを混ぜ、ナッツも混ぜ、全体を混ぜる。ぱさつくときは豆乳を混ぜる。シナモン、ココアを加え、チョコチップを入れるときは加える。
4、ラップの上などに薄く伸ばして切り分け、形を整えてオーブンへ。
5、190度に暖めたオーブンで30分。よく乾かしてから密閉容器で保管する。


大事なのはナッツとバターで、これは譲れないポイント。
シナモン、チョコチップ、ココアは入れたり入れなかったり。
ときにはバニラをいれたり、アールグレイの葉っぱを砕いて入れることもあります。
タネをつくりながら、時々味見してみてください。
卵以外は全部火が通ってますから、味見して『焼きあがったらどんな味かな?』とお砂糖を入れたり加減しながらつくります。
コメント (10)   トラックバック (1)