ほぼ是好日。

日々是好日、とまではいかないけれど、
今日もぼちぼちいきまひょか。
何かいいことあるかなあ。

五月あれこれ ローズマリー酒とイチゴジャム

2017-05-17 | 日々のこと。




義母との同居を機に、鉢植えのローズマリーを庭に挿し木してみたらわさわさと大きく育ちました。
この冬の大雪で枝が何本か折れたもののすこぶる元気。
で、今年もローズマリー酒に。


果実酒作りもだんだんいい加減になってきて、氷砂糖の量など毎年変わってしまう。
今年のはどんな味になってくれるやら。


ゴールデンウィーク中にまだ色づかなかったイチゴが、休み明けからようやく採れ出し
あれよあれよという間にイチゴの山。







主人が仕事の合い間に丹精込めてつくったイチゴたち。
白いお皿に盛ってあるのは洗って食べられようにしてある分、ざるのは今日採ったばかりので、
タッパに入っているのは・・・え~とどっちが古い方だっけ?

娘たちがいない今、主人と二人で食べる量はたかが知れています。
毎日ふえる一方なので、さすがにそろそろジャムをつくらねば、と覚悟して1.2㎏のイチゴでつくりました。

ルビーのような真っ赤な実をお鍋でことこと。
なんとも贅沢な時間。

・・・こうやって私の時間を食いつぶしていくのね、魅惑のイチゴたち













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク 2017

2017-05-09 | 日々のこと。
義母と同居していたときは、ゴールデンウィーク中デイサービスが休みなので
世間で〇連休と騒がれていても逆に我が家はどこへも行けず、デイがない分
いつもより負担が多く感じられたものでした。
でも、義母がグループホームに入居できたおかげで、今年は文字通りゴールデンウィークの
恩恵にあずかることができました。

神戸に住む姉夫婦が姪ともうすぐ1歳になるお孫ちゃんを連れて実家に遊びに来たり
(身内で小さな子どもは久しぶりなのでめっちゃかわいい実家のアイドルになってます)、
予想外にも長女が帰ってきたり(GWに帰省したのは初めてなので)、
義姉夫婦が地元で開催されるトレイルランに参加するため泊りで来たりと、
いつも通りの慌ただしさではありましたが。


それでも、長女が帰ってきてくれたおかげで久しぶりに3人でお出かけ。
大飯町にある若州一滴文庫へ行きました。

ここは大飯町出身の水上勉氏が開設された施設で、氏の蔵書や文学・美術の展示があるだけでなく
若州人形座の拠点にもなっています。
10年ほど前のちょうど今ごろ、義母や実家の両親を連れて来たことがありますが、
あの時と変わらず広々とした敷地内は緑が美しく、とても静かで居心地のよい場所でした。
(そのときの記事はこちら→

その時一番印象に残ったのが竹人形館。
水上作品に登場する竹人形たちが、薄暗い館内にひっそりと、それでいて何ともいえない存在感で
展示されているのです(写真が撮れないのが残念)。
壁にはずらりと竹人形の頭が飾られてあり、ひとりで見学するにはちょっと勇気がいります。
初めて見た長女はかなりビビッておりました(笑)


その竹人形文楽を公演するのがこちらのくるま椅子劇場。
暗い室内と、背景の庭の竹林のコントラストがとても印象的でした。









帰り道、普段海と縁のない長女のために海へ。
このGW次女は奄美へ行ったのですが、お天気がいまいちで青い海が見られなかったと残念がっていました。
日本海はこんなに澄んできれいだったのにね~








翌日は義姉夫婦が来たので、いつものことながら宴会です。
(長女が帰って来てから毎晩なんですけど)
私は疲れたので、飲んベえたちの相手は長女に任せてたら・・・








あらあら、すっかり空っぽになっていましたとさ。


次の日に帰る予定の長女でしたが、もう一日伸ばして翌日は母に付き合ってくれました。
二人でランチを食べ、ショッピングをし、夜はワインを飲みながら熱く語り合いました。
何についてかって?それはナ・イ・ショ(笑)


忙しくてすご~く疲れたけど、今年は楽しいゴールデンウイークでした。
それにしても、年々疲れがとれにくくなっていくなあ・・・
今月末には次女が帰ってくるとのこと。
それまでに、なんとか回復させておかなねば







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アネモネと鎌倉ビール

2017-04-27 | 日々の落書き。
娘たちとほぼ毎日、くだらないおしゃべりをラインでやりとりしていますが、
そうだ、たまには絵手紙でも描いて出そう!と思いついてから数カ月が過ぎてしまいました。

4月に入りそろそろ動き出さなきゃ、とさすがに焦って思いついたのがこの絵手紙。
久しぶりにお絵かきの道具を出し、描いて送ったのが・・・



次女には春になって真っ先に咲き始めたアネモネ。






長女には、姉が鎌倉のみやげにとくれた地ビール。
(去年鎌倉へ行ったとき娘たちと飲みました)






すると、長女からこんな返事が。






ルンバ・・・なんで???

鎌倉ビール、ルンバ・・・あっ、しりとりか~
う~む、しりとり絵手紙になろうとは。
「バ、ば、・・・うーむ」

思わぬ展開に焦る母です。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鍛える!

2017-04-07 | 日々のこと。
前回の記事で、“目の前の問題に一生懸命で他のことを考えたり悩む余裕がなく、結局放っておいた諸問題”
と書きましたが、そのひとつに自分の体調のことがあります。
義母がいる間は、多少しんどくでも、痛くても、病院へ行く余裕がありませんでした。
義母がデイやショートへ行ってる間は、私にとって限られた貴重な時間。
余程のことがない限り、それを病院の待ち時間に使う気にはなれなかったのです。
でも、今はその"余裕”もでき、さすがにこのまま放っておいてはヤバいと行ってきたのが整形外科。

もともと腰痛持ちなのですが、この半年間はこれまでとはと違ってこわばりと鈍痛がずっと
続いていたので気になっていたのです。
おまけに身体をちょっと動かしただけで、腰のあたりからコキコキ音が・・・
骨に異常があるのかも、と気にしつつ、それでも毎日のウォーキングやストレッチに支障がないので
筋力をつければ何とかなるだろうと思っていたのですが・・・


先月のこと。
大学時代のサークルのOB会で久しぶりに京都へ行ってきました。
出町柳で長女と待ち合わせ、ふたばで買ったばかりの柔らか~い豆餅を鴨川の土手で食べ、





(あいかわらずの行列で30分ほど並びました)


イスラエル料理のお店でランチを食べ、





(ひよこ豆をつぶして揚げたイスラエルの伝統料理ファラフェルをピタパンにはさんだものです)



待ち合わせの時間まで雑貨屋さんをぶらぶら・・・するつもり・・・だったのに・・・
だんだん腰が重ーくなってきたんですね
歩けなくはないけれど、無理してひどくなっても困るので、結局下鴨神社で時間をつぶし
長女と別れました。

その後は痛みもひどくなく、久しぶりに再会した友人たちと旧三井家別邸を見学し、




(去年の秋から一般公開されました。写真は京都新聞より)


その後の宴会でも飲んでおしゃべりして、懐かしく楽しい時間を過ごせました。
ここ数年は参加できていなかったにも関わらず、会うと学生時代に戻れてしまう。
みんな、外見はいいおじさん、おばさんになっているのに、おしゃべりしだすといつのまにか
数十年前の姿に見えてくるのは不思議だなあ・・・

私は日帰り参加なので、残念ながら一次会でみんなと別れました。
で、帰りの電車の中で思ったのです。
この先、このまま腰痛が続いては、この先どこへも出かけられなくなる!
せっかくこれからは自由にあちこち行けるようになったというのに。
とりあえずこの腰痛の原因を知らねばとやっと重い腰をあげ、翌日整形外科へ行くことにしたのでした。

で、4時間待ってやっと診察してもらった結果、出された診断は腰椎すべり症。
名前でわかる通り、骨がずれているのだそうです
コルセットや痛み止めを処方され、できるだけリハビリに通うようにとのこと


腰椎すべり症を調べてみると、女性に多く、閉経の頃にかけて発症することが多いそうです。
ということは原因は加齢・・・?
確かに、ここ数年体力と筋力の衰えは感じていました。
なので体幹を鍛えるべく見様見真似で毎晩ストレッチはしていたのですが、自己流なので
どの程度効いていたのやら。

このままではいかん!
本格的に何とかせにゃ。


実は診断を受ける前に、目をつけてた公民館の講座があってすでに申し込みをしてたんです。
これまでおもしろそうな講座があっても、時間的余裕がなくてあきらめていました。
でも、今なら行けるやん!
と、迷って選んだのがボディコンディショニングエクササイズという講座です。
行く気満々で、すでにヨガマットとシューズとウェアを準備。
(ズンバをやってる上の姉からも、ちゃっかり半袖のウェアとジャージをもらいました







一応先生にもそのことを伝えましたが、ちゃんとした指導のもとでならと渋い顔。
なので講座が始まるまでに少しでも腰痛を軽くしようとリハビリにも通い、毎晩腰痛に効くという体操をして準備万端。

そして先日、待ちに待ったその第一回目のレッスンがありました。
若い人ばかりだったらどうしようと不安でしたが、似たような年代の人が多くてひと安心(笑)
先生もベテランで、ひとつひとつの動きについてどこの筋肉を鍛えてると説明しながらやってくださるので
とてもわかりやすい。
内容も講座の名前の通り、身体の歪みをとるようなストレッチにしなやかな筋肉がつくトレーニング、
それに無理のない有酸素運動で、これなら腰痛持ちでも続けられそう

毎日のウォーキングも歩き方を見直し、すべり症にいいというストレッチとインナーマッスルを鍛える体操を
しているせいか、今のところ腰の痛みも軽減し順調です。

60代がそろそろ視野に入ってきた私の、今年の目標のひとつが「体力と筋力をつける」こと。
来年の今頃は、くびれのあるしなやかボディになっているといいなあ・・・
いやいや贅沢は申しません。
少しでも腰痛がよくなっていますように。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の食卓

2017-03-22 | 食べること。




急に暖かくなって春物を出してきたら、また肌寒くなってセーターを着こむことになったり。
晴れの予報だったのに、結局一日中曇っていたり(このあたりではよくあることです)。
3月は気候まで落ち着きがありません。
それでも・・・春は少しずつ近づいているのでしょうね。

先日の我が家の食卓。
フキノトウの天ぷらと新ワカメのサラダです。
フキノトウは主人が山で見つけてきたもの。
ワカメは主人の知り合いから採りたてをいただいたもの。

フキノトウもですが、我が家では生のワカメが出回ると、ああようやく春の訪れだなあと感じます。
以前は海が荒れた翌日に、主人が子どもを連れて海へ行き流れ着いたワカメを採ったものです。
たくさん採れたら干したり塩漬けにして保存しましたが、新鮮なものをさっと茹でて
ポン酢で食べるのが何より美味しい
この時期だけの贅沢ですね~


義母がグループホームに入居して一か月半が経ちました。
何度か様子を見に行きましたが、家にいたときより落ち着いた様子でひと安心。

この10年間、ずーっと親たちの介護で振り回されて自分のことは後回しでした。
というか、目の前の問題に一生懸命で他のことを考えたり悩む余裕がなく、結局放っておいた諸問題。
それが今どっと押し寄せてきている状態です。
これまで(面倒で)やってこなかったことを、もう親の介護を言い訳にはできないよなあ。

今年はちゃんと健康診断やガン検診を受けよう。
体力と筋肉をつけよう。
ダイエットもしよう。
(義母が入居したとたん、体重が2キロ近くふえてしまったのはなぜ?
家の片付けをしよう。
(自分の終活も考えねば)
本を読もう。
また水彩画を描こう。
・・・以下、省略。

さて、このうち今年はいくつできるでしょうね
今はとりあえず、ずーっと見たかった海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のDVDを見ながら、
原作の『氷と炎の歌』のシリーズを読み直しています。
これがまたすっごく面白くて、他のことに手をつけられないのが困りもの。
まだまだ冬ごもりから抜け出せないくっちゃ寝ですが、
もう少し暖かくなったら動き出そう・・・出さねば・・・もぞもぞ・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加