ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kindle paperwhite (キンドル ペーパーホワイト) 寝て読むときの書見台(ホルダー)は・・・

2013-03-28 | Kindle

このところの寒さで、桜が満開状態でフリーズ。週末まで持つかしら?

桜が満開な一方、桃だって満開です。
一本の樹にいろんな色の花がついているのが楽しい♪


さて、以前 Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
Kindle 話題の時に、「Kindle本なら4冊で1498円!」と騒いでいたG.R.R.Martinの A song of ice and fire シリーズなんですが、この記事をアップした翌日にやっぱり買っちゃお、とおもってアマゾンにいったら、突然「売り切れました」とか言われました。

電子本で売り切れってなんなの???? とショック。
そのあと、しばらくしてまたリンクをたどってみると、「あなたの住んでいる国では買えません」といわれ、その後リンクもつながらなくなってしまいました。

もともとなぜすぐに買わなかったかというと、紙の本を四冊とも持っていたからです。
あのころは(遠い目)紙で持っている本を Kindle でまた買う、というのに逡巡がありまして、一瞬の気の迷いでチャンスを逃した、あんとき素早く買っとけばよかった!!とずっと悔やんでおりました・・・・

ところが!

さっき、リンクをクリックしたところ、一時期切れていたリンクがまた今はつながる~~

A Game of Thrones 4-Book Bundle: A Song of Ice and Fire Series: A Game of Thrones, A Clash of Kings, A Storm of Swords, and A Feast for Crows (Song of Ice & Fire)
A Game of Thrones 4-Book Bundle: A Song of Ice and Fire Series: A Game of Thrones, A Clash of Kings, A Storm of Swords, and A Feast for Crows (Song of Ice & Fire)

売り切れとか日本じゃ買えないとか言ってたくせに、また売ってるじゃありませんか!

しかも値段が、1623円と値上がりして~~       

しかし、125円の値上がりは、この際円高だからと割り切って、リンクがつながるうちに買いだ!!

というわけで、ポチ。



無事にダウンロード完了して、電子ブックと紙の本、ならんで記念撮影。

最近思うに、紙の本と電子ブックは別物だなと。
だから同じ内容のものを重複してもっていても、何にも差しさわりないし、節約&エコ(別名、貧乏&どけち)の私がこんなことをいうなんて珍しいのですが、金銭的にも無駄ではないなと思っています。

紙の本のぺらぺらとめくって、あの辺のページにあれが書いてあった、と素早く検索できる読書記憶は捨てがたいものがあります。
持った感じや匂い、手触りなども好き。

でも、寝っころがって延々と読める(爆)&どこへでも持って行ける電子ブックの手軽さは、本当に価値があります。
持ち歩ける本棚という点で、ipodと同じぐらい価値があると思います。
そして、しつこいですが、辞書機能が、本当に便利…


例えばこの A song of ice and fire ですが、1~3冊目まではとっても面白かった!

ところが4冊目の

A Feast for Crows: A Song of Ice and Fire: Book Four
A Feast for Crows: A Song of Ice and Fire: Book Four

A feast for crows に入ったとたん、進まない・・・

なにしろ、はじめっからめちゃくちゃ多い主人公群に名前を覚えるのに必死で、やっとお気に入りの数人を追っかけてドキドキハラハラ読み進めていたのに、4巻になったとたん、また新しい登場人物の視点がふえるふえる・・・

やっと古い人の視点が出てきても、話が前に進まない!! 
く~~~どうなるんだよ~~ イライライラ

5巻ももうペイパーバックで出たというのに、4巻で引っかかっております。
(しかもアメリカアマゾンでレビューを見ると、4巻でも5巻でもファンの怒りがさく裂してて、この混迷模様は5巻も続くらしい・・・)

ま、そいういうわけで、少しでも読書を楽にするためにも、簡単に辞書がひけるKindle本の4冊セットも購入しちゃったというわけです。

紙の本だと、どうしても読書をいったん止めて辞書を持ってきてひく、という行為が面倒くさくて、意味があやふやな単語が出てきても辞書をひかずに読み進めてしまうので・・・

しかも4巻だけ買えばいいものを、まとめるとお得、なので、4冊まとめて・・・(読み返すときのために!)

・・・とまあ、自分以外だれも面白がらない話を延々と書いてしまいました



Kindleを何かしながら読むとき、例えば歯を磨きながら、髪をかわかしながら、物を食べながら、家事をしながら、パソコンしながら、寝転がって読むときなどなど、手で支えてもそれほど重くないけど、書見台(ブックホルダー)があると便利です。

(「そんな時まで本読むのかよ~」と笑ったあなた!(←例;家族A)  活字中毒者とは、一瞬でも目が暇だったら活字を読みたいものなのです~~



書見台はいくつか持っていますが、これは東急ハンズで買った、プラスティック製のもの。
パソコン打ちつつ読んだりするとき、食事中にお行儀悪く読んだりする時も、これがあると便利。

横になって読むときは、Kindleも横にして立てかけたりします。

でもちょっとこの書見台は Kindle には大きいのよね、と思いつつネットを見ていたら、100均で売っている「まな板立て」や「お鍋のフタ立て」が使える、と書いてあって、さっそく近くの100均に見に行ってみました。

でも近くの100均では、あまりいいものが売ってなくて…
支える部分に魚の形の飾りがついてて、それが邪魔!でもって、その飾りが取れない!
なので今度別の100均を探してみようと思っております。

ちなみに、持って歩くときは、jesterがやってるみたいに普通のブックカバーか、巾着袋でもいいかも。
せっかく軽く持ち歩けるKindleなのに、カバーが重くては意味がない気がしますもん。


Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite

というわけで、すっかり私の相棒になったWatson君、出歩くときはどこへでも持って歩き、ベッドの中では寝るまでの読書のツールとして、もう手放せない感じです。

ipadも便利だけど、ついついネット見たりメール見たりしちゃって気が散るから、本を読むのはやっぱり目も疲れない Kindle がいいな~と思っております。





後記;2013年9月3日にKindleの2013年版が発売になるとアマゾンがリリースしました。そのことに関する記事はこちらです♪

コメント (7)

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法  *花の下にて生と死を考える・・

2013-03-26 | 読書

こちらは中野区の江古田の森公園の桜。

その如月の望月の頃・・・花の下を散歩しつつ、昨日買って読んだ本について考えました。

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法


この本です。
いろいろなベストテンに入っているし、本屋でも平置きで売っているので、読んだ方も多いかと思います。

中に書かれていることは、著者である近藤誠氏が以前から言っていることをセンセーショナルな題で、焼きなおしてまた書いた、という感じですが、そのセンセーショナルな題に惹かれて買ってしまった(汗)のには理由があり、父が90を過ぎてガン治療をしていること、親しい友人が肝ガンの手術をし、苦しい治療を経ていったん元気になったけれど、最近転移が見つかったこと、また、最近の勘三郎、團十郎の死などから、ガン治療について考えてみたくなっていたからです。

『ガンには転移するものと転移しないものがあり、転移しないものはほっておいても大丈夫だが、現在の医学では見分けがつかない。本物のガンはどんなに早期に発見しても、すでに転移している。手術や抗がん剤で治るのは『がんもどき』であり、もともと手術しなくても治るものだ』
という主張は、彼が書いた

患者よ、がんと闘うな (文春文庫)患者よ、がんと闘うな (文春文庫)

にも書かれており、発売当時は画期的な説としてセンセーションを巻き起こしました。
そのころ読んだ覚えがあります。

近藤氏は放射線医師としてガンの治療にあたり、乳房を切り取る手術一択だった日本に乳房温存療法を広めたパイオニアでもあります。

彼の説に本音で共感する医師も多いと聞きます。

本書の目次から抜粋したものがアマゾンの紹介文に載っていたので引用しますと、


■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の“おいしい"お客様
心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気はない
ほか

■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない
ほか

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと
心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05%
ほか

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から
心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ
心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得37 「手当て」でストレスを癒す
ほか

■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか
心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする
ほか


とまあ、こんな感じです。
これだけ読むと、ちょっと読みたくなりますよね。その辺の売り方がうまいな~と思います。
どの話も一応裏付けの数字が載っています。

ガンは手術も抗がん剤治療もしないほうがいい、ガン検診もしてはいけない、ガンになったら放置しておくのが一番いい・・

抗がん剤は猛毒で、抗がん剤が「効く」というのは、単に「がんのしこりを一時的小さくする」という意味。そのしこりはあとで必ず大きくなる。つまり「効く」というのは治すとか延命につながるという話ではない。


ま~なんてセンセーショナルな論法なんでしょう。


さて、内容を読んでみての私の素直な感想は、確かに抗ガン剤治療などに問題はあるのだろうけれど、この本の書き方は「上っ面を撫でているだけで、掘り下げがない、不安を煽っているだけのような信頼できない書き方だな」ということでした。

もっと突っ込んで読みたい部分でふっと終わっていて、だから何?となるところが多かったです。
全体に薄っぺらく、統計の数字なども、一面性しか示してない感じでした。
パラダイム・シフトとまではいきませんでした。

多分ある程度は事実を書いているのかもしれないけれど、現在の医療はこれだけではないだろうと思います。

出版社の狙い通りに、こういう本を買う人間(註:わたくし)がいるから、こういう本がベストセラーになってしまい、またこういう本が出版されてしまうのよね・・・・


私は海外で病院にかかったり入院したこともあるので、日本の一部の医者の偉そうな態度には腹立たしい思いをします。

「患者はバカで、知識がないんだから、おれの言うことを聞いていればいいんだ。忙しいんだから説明してる暇はない」という上から目線の医者が、日本には多すぎると思います。

なので、説明に納得がいき、人間的にも良い(悪くない)と感じられる医者を選んでかかるようにしています。
難しいですけどね。
本当にいい医師は人気が高く、なかなか治療を受けられなかったりします。
結局、消去法で選んでいるのが現状です。

しかしこの本に書かれているように、『医者はヤクザや強盗よりタチが悪い』(p8)とは思いません。


風邪のウィルスに効く薬はなく、抗生剤は細菌性の肺炎などにならない限り必要ない、というのは常識だと思いますが、それでも医者に抗生剤を出されれば、飲んでいる人は多いと思います。

医者も抗生剤は風邪に効かないよな~と思いつつ、出さないと患者が不安になるから、肺炎の予防のために、などと言って、軽い風邪でも抗生剤を出す医者が多いです。

薬を出さないと儲からないシステムになっているのが現状らしいです。


そして、本書にあるような酷い副作用がある抗ガン治療が、必要ないと思われる患者にまで使われることや、高血圧やコレステロールに対する投薬が、製薬会社との金銭的癒着から来ているなどという指摘は、確かにあるかもしれないなと思います。

が、それにしても、医者が金を儲けるために病人を作り出しているといわんばかりの論調は、どうかなと思います。

確かにある程度医学界の裏側を書いているのかもしれず、この手の本を全く読んだことがない人は一読の価値はあるかもしれませんが、この本を、病気で弱気になっていて判断力が劣っている人が読んで、妄信的に信じたら、と思うと、不安になるだろうなあとかわいそうになります。

患者さんには、この本を読んでも、一つの側面を書いているととらえ、ほかの立場の本も読み、かかりつけの医者の話も聞き、情報も調べ、その上で、自分で判断して治療方法を選んでほしいと思います。


さて、ガンになってしまったら、どうしたらいいのでしょう。

        

とりあえず、信頼できるかかりつけの医者を見つけておくのが大切。

その上で、自分で情報を集め、治療方法を考えて選び、無駄に苦痛な治療は拒否し、生活の質を落とさずに、最後の時を迎えたいな・・・

などと、花の下を歩きつつ長いこと考えたわりには、ごく普通のつまらな~い本日の結論となりました。






コメント (6)

桜・満開 の幸せ♪

2013-03-25 | a day of my life

早々と、東京では桜が満開になりました。

皆さんのお住まい近くではいかがでしょうか?

桜の名所ではどこも人がたくさん。
「どっとくりだす」というやつです。

千鳥ヶ淵では九段下の駅を降りた途端、歩行規制がかかっていて並ぶんだそうです。
あそこの桜はまことに美しいのですが、歩行規制されてまで見に行く根性がありません・・・
平日の早朝がねらい目かな?


jesterはひっそりと続けてる 一人のお花見 実行中です。

ipodでモーツアルトのヴァイオリンコンチェルトなど聞きながらぼんやり歩いたり、座ったり。

花もきれいだけど、温くなってきた大気の中、厳しい冬が過ぎてまた一年生き延びたな~と「生きる喜び」なんぞを感じる日差しの下。

半袖で、太陽を感じてみました。



こちらは中野区の哲学堂です。
中野からこの辺にかけて、桜並木が続きます。

ベンチに座っていたら、前を通った腰のまがった白髪の老婦人が、「花より団子」とぽつっと独り言。

なんかすんごい共感してしまいました。(爆

普段は海苔巻とかお稲荷さんとか食べないのに、なぜか桜の下では食べたくなります。
サンドイッチより、お寿司ですわ~


桜並木も美しいのですが、古くからある街道沿いの桜並木はたいてい電線が桜の木を通してわたっていて、それが醜いです。



電線、みんな地下化して欲しい・・・



コメント (4)

500年の眠りから覚めたリチャード三世の骨 * 「時の娘」 続き

2013-03-23 | 読書

 
こないだ「時の娘」という本のレビューでリチャード三世の話をしていたら、今朝、「幻の国王・リチャード三世の骨」のニュースが放送されてました。
NHKが、というか、われながら、というか、なんとタイムリーな・・・

(リチャード三世の謎に迫るミステリー「時の娘」のレビューはこちらの記事です)

この話を書いたときに、コメント欄でiguさんと骨の発見について話したのですが、ばら戦争の舞台である、イギリスのレスターの駐車場の地面から見つかったという報道が先日ありました。

戦争で命を落とした最後のイギリス国王。

駐車場の地下から発見というだけでショックでした。
普通の野ざらしの、アスファルトが敷かれた駐車場をショベルカーで掘って、掘り当てたのだそうです。

戦いで殺害され、敵にさらし者にされた後、行方が分からなくなっていた遺体は、棺にも入れられず、簡略に埋葬されていたそうです。
(画像は3月23日の朝のNHKのニュースより)



王になるために幼い甥たちを無慈悲に殺害した残虐な王と言われたリチャード三世。

「せむし」でひどく背中がまがった男だったという通説で、シェークスピアの舞台でも背中のまがった格好の俳優が演じますが、骨から見るとそれほど背中はまがっていなかったそうです。

通説はあとの王朝が作ったプロパガンダと、シェークスピアの劇から来てしまったのですね。

王の姉の子孫のDNAと、遺骨の歯からとられたDNAがマッチ。すごいな~~



骸骨から容貌を復元すると



残虐なイメージから程遠い、端正で聡明だったそうです。
真面目そうな優しそうな顔立ち。
「時の娘」を読んで、彼の書いた手紙などからその人柄がしのばれていたのでいっそう強く、そう感じます。

復元された容貌は残っている肖像画にそっくり。
(本人の骨だから、当然だけど)

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

怪我をして入院中、偶然この肖像をみて「ほんとに残虐な王だったのか?」と疑問を抱いたスコットランドヤードの警部が、ベッドで謎を解いていくというこの本、二人の甥の殺害の謎の真実を知りたい方は、どうぞお読みくださいませ。

(こういう、ずっと悪者だと思われていたのがのちに『パラダイム・シフト』するのって、ワクワクしちゃいます。キリストを売ったとされるユダ、忠臣蔵の吉良上野介、フィクションですが、ヴェニスの商人のシャイロックなどなど・・・)


この本を繰り返して読み、すっかり『にわか・エセ・リチャード三世通』になっていたわたくし、ニュースで「この骨を埋葬する場所で論争が巻き起こっている」
というのを聞いてすぐに
「ああ、ヨーク公だもんね」とつぶやく・・・(しったかぶり

500年も埋葬されていたレスターに埋葬するか、リチャード三世が発展に努めた故郷のヨークに埋葬するか。

ヨークでは「Bring back Richard Ⅲ」(リチャード三世を連れ帰ろう!)運動がおこり、たちどころに2万人の署名を集め、イギリス議会でも論争が起きました。



レスター選出議員とヨーク選出議員が「どっちにリチャード三世を埋葬するか」で熱い論争を戦わせたそうです。
観光資源としてもすごい価値がありますもんね。
世界から人が押し寄せます。(含・jester)

ちなみに、今のイギリス王室はウィンザー朝なので、リチャード三世とは王朝が違い遺骨を引き取る立場でははないんですって。

レスターの街では、「リチャード三世特別展示会」が開かれて、連日人でにぎわっているそう。
(リチャード三世の肖像を壁にかけたカフェも現れ、「リチャード三世カフェって名前にしたらっていわれてるの」とおばさんが話していました。)

きゃ~~~ 絶対見に行きたいです!!


コメント (4)

Sherlock(シャーロック)の本 & 昨日の中目黒♪

2013-03-21 | Sherlock
Sherlockのシーズン1の地上波放映は終わってしまい、シーズン2の放映が待たれているところですが、さみしさをいやすために(爆)こないだこっそり買ってしまった本。


でかいアップで行きますよ~~


Sherlock: The CasebookSherlock: The Casebook

わはははは。

あまりに迫力ありで、ベッドサイドテーブルに置いてあって、この視線に耐えられず思わず裏返すと裏はワトソンくんのドアップ。

焦ってカバーをかけました。(爆

内容はこんな感じ。



各事件に関しての証拠や写真を混ぜたワトソン君のメモ、それをこっそり読んだシャーロックが鋭い突っ込みやらバカにするコメントをポストイットに書いて貼り、それに対してまたワトソン君が反論し・・・・

と、ファンには堪えられない楽しい内容になっていて、放送では出てこないディテールもあり、これを読んだ後にDVDをみると3倍楽しめる仕掛けになっております。

ちなみに翻訳版も出ていますが、

シャーロック(BBCドラマ)・ケースブックシャーロック(BBCドラマ)・ケースブック

英語版が、ポストイットの書体が、ワトソン君は几帳面そうな手書き風フォント、シャーロックがわりと荒っぽい手書き風フォントで書かれているのに、アマゾンのコメントでみると、翻訳版では一部しか手書き風フォントではないらしく、結構不満に思っている日本のファンがいらっしゃるみたいです。

(jesterは翻訳版のほうは見ていません。あくまでアマゾンのコメント欄よりの情報です)


そうそう、放送されてない、パイロット版(放送が決定される前にスポンサーなどに見せるために作られる短いシーン)がネットに上がっています。

Drunk Sherlock


1話で、シャーロックとワトソンがレストランに張り込むシーンですが、シャーロックが酔っ払ったふりをして犯人に近寄り、逆に犯人に誘拐されてしまうのです。

放映されたものは、シャーロックとワトソンがタクシーを追いかけるんでした。

細かいセリフも違っていて、楽しめますよ。♪



さて、目黒川の桜がどうなったかな~と昨日も中目黒ふきんをうろうろしました。

( 自由が丘 → 代官山 → 中目黒 というコースでした)

下の記事から3日しかたってないのに、もう5分咲きの樹もありました!!



しかしさすがに祝日だけあって、ものすごい人!



テレビの取材もあって・・・


と今書いていたら、そのときいたレポーターが今、テレビでまさにそのシーンをやっておりましたわ~



このシーンだった

や、やばし。結構周辺の画像も撮られている…
映ってるかも…?

わはははは。




コメント (8)

*「最高の離婚」の舞台* 中目黒の春。 地下鉄相互乗り入れも。

2013-03-18 | a day of my life

東京の桜もちらほらときてます。
昨日は中目黒をぶらぶらしてきました。

中目黒の川沿いの桜も、ポップコーンみたいにちらほら。
もうちょっとだな♪



最近「最高の離婚」というドラマを見てます。
中目黒が舞台です。



結婚というものがリアルに描かれて笑えるのです。

瑛太の嫌に細かくお宅っぽいKYな感じ、小野真千子さんのすっとんきょな感じ、牧よう子さんの穏やかそうで内に秘めた強くて切れるところ、そして今注目してる俳優さんの綾野剛のダメダメな感じ・・・・
台詞も演技も上手でほんとに笑えます。

音楽も軽いメロディが内容にピッタリ。
そして軽妙でなおかつ鋭い脚本にはいつも感嘆してます。

それにしても『みんなさみしいね、みんな幸せになってほしいな~』と思いつつ見ております。

そして舞台が中目黒というのも気に入っています。
中目黒は、東京の中でも好きな街でよく行きます。

以前は近くに住んでいたので、毎日のお散歩コースでした。
だからドラマで見ていて、懐かしいです。
今は時々のお散歩コースかな。

チェーン店みたいに画一的なインテリアとサービスじゃなくて、それぞれ個性のあるカフェやお店が、こちゃこちゃ並んでる感じがお気に入りなんです。

自動ドアじゃなくて、ぎぎ~っと音がする木の扉を開けて、木張りの床をごとごと言わせながら歩くと、アンティークのテーブルとイスがある、というようなお店がたくさんあります。
しかも「遊ぶ場所」がないせいか、「大人の街」なのもお気に入り。

好きな古本屋さんの「カウブックス」もあります。

(暮らしの手帳の松浦弥太郎さんのお店です。カウブックス&松浦弥太郎さん&彼の本については、また書きたいと思います。)


カフェはゆったりできるところが多くて、ご飯は所詮『カフェ飯』ですけど、小腹がすいたときは食べたくなります。
レストランもこじんまりながら名店があります。



今回は Koop cafe で「タコライス」を食べてお茶。(ちょっと塩がきつかったかも)


さて、3月16日から、東横線と副都心線と西武池袋線などが相互乗り入れしました。
東横線の地上ホームの最終日だった15日は、記念撮影をする人で渋谷駅は大混乱だったそうです。

16日も夕方にはラッシュアワーのように大混雑したし、電車が減速しなくちゃいけないほど人がたくさん。

jesterは17日に横浜方面の海辺に朝早くドライブに行き、車を乗り捨てて(爆)帰りに東横線に乗って、午後は中目黒でランチ&お散歩をいたしました。



渋谷の旧東横線の改札は18日に閉鎖されてしまうというので、最後の記念撮影をする人がまだたくさんいました。

東横線沿線も、西武池袋線沿線も住んだことがあるなじみの街なので、駅の電光掲示板で横浜と渋谷と池袋と所沢がつながっているのを見て、ちょっと感動・・・

(写真、小さくしてしまったので細かくてわからないですが、菊名を通過中の電車は「石神井公園行」なのです。他にも「保谷行」とかが東横線を走っているのは、何とも言えない違和感&ワクワクでした。)

『鉄』ではないわたくしも、思わずカメラを向けてしまいました。


東横線渋谷駅の地下プラットフォームは日吉とか田園調布みたいに、地下の普通の駅になってしまいました。
ヒカリエ直結になりましたが、これからはJRや銀座線への乗り換えが大変です。

たくさん係員がいて、必死で誘導してましたが、18日の通勤時は大丈夫だったのかな?






コメント (2)

電車で化粧はやめなはれ♪ 「メロディ・フェア」 by宮下奈都

2013-03-14 | 読書
昨日の風はすごかったですね。
風に向かって歩いていたら、前に全然すすめなくなり、穴を掘って地下にもぐりたくなりました。


ところでNHK教育テレビで朝6:55からやっている0655という番組をご存知でしょうか。

お友達のまつかぜ日記さんのところで読んでから、

「文字ではうまく説明できませんが なんだかちょっと楽しい番組なのです」

の言葉にひかれ、一回見てみようと思っていて、やっと今朝見られました。

電車の中にのっている大阪のオバハン(?)の扮装をしたおじさんが歌う

「やめなはれ** やめなはれ** 電車で化粧は、やめなはれ**」

という歌に爆笑。
まずはお聞きください。
 
電車で化粧はやめなはれ


なんかずっとメロディが頭を離れません。
(ちょっと・・・やだなあ・・・今日一日かも・・・(爆)

最近電車でお化粧してる若い女の子が増えましたね。
これを不快に思ってる方が多いみたいです。

行儀が悪い、みっともない、電車で乗り合わせている他人を人間だと思っていない、知り合いが乗っていたらできないはずだ、恥ずかしくないのか、etc.etc.よく聞きます。

jesterは、あら、と思ってみますが、「やめなはれ」とは思いません。
人に迷惑をかけないなら、騒ぐほどのことではないと思ってます。
自分が化粧に興味がないせいか、そんなことはどうでもいいと思っちゃいます。

人にやられて嫌なことは自分がしなければいい
でもだからといって人に「するな」というのはどうなのかな?
例えば「歩きたばこ」のほうがずっと迷惑です。
危ないし煙いしあれはjesterも「やめなはれ」といいたくなります。
まあ、「電車で化粧」も推奨するようなことではありませんけれども。


「歩きながらものを食べない」
「道に座り込まない」
「電車で化粧をしない」
「食卓にひじをつかない」

こんな感じの『常識』は時代でどんどん変わるし、みっともなさ、恥ずかしさの概念も住む場所でも全く変わります。

日本では麺をすすって食べるのが普通で、スパゲティもかなりすすって食べますが、イタリアでは大変失礼なことです。
イタリアでイタリア人とのディナーで私一人が日本人だった時、スパゲティがサーブされたら、それまでワイワイしゃべっていた、テーブルを囲んでいるみんなが、黙り込んで一斉に唇で静かに麺をたくし上げて食べていたのを思い出します。(もしかして私だけ音を立てたのではないかと冷や汗をかきました・・・
こんな例を挙げたらきりがありませんね。

親から厳しく行儀作法をしつけられた年代からみると、ひどくみっともないと思うかもしれませんが、その感覚も場所や時代で変わっていくのかもしれません。
基本は「他人に迷惑をかけない」が大事とおもいます。


でも「急ブレーキで大変なことになる」は確かに思います。

「あと10分早起きして、素敵なレディになりなはれ~~♪」

わはは。笑えました。

ちなみにうたっているのは、ブラックマヨネーズというコンビらしいです。


さて、最近お気に入りの作家さんの一人に、宮下奈都さんがいます。

去年ぐらいから読み始めたのですが、彼女の静かで細やかな世界は、あわてて読むのには惜しくて、時間をかけてゆっくり一冊ずつ楽しんでおります。

普通に、どこにでもいるような、傷つきやすい心を抱え、時々落ち込み、悩みながらも誇り高く、前向きに歩こうとする女性を描かせたら、当代随一じゃないかと思っている作家さんです。

わかりやすく、瑞々しく、暖かいまなざしの文章にはいつも癒されています。

やめなはれ~♪を聞きながら、彼女の書いた、お化粧をデパートなどで勧める美容部員『ビューティ・パートナー』が主人公の

メロディ・フェア (文芸)メロディ・フェア (文芸)


を思い出しました。

お化粧に興味がないjesterですが、いろいろな場面でもまれ、悩み、成長していく生真面目な主人公に共感して読みました。

傑作の多い彼女の作品のなかでは、「メロディ・フェア」は軽い小説ですが、そのほかの作品については、またゆっくりレビューをまとめていきたいな、と思っています。





コメント (12)

二人の 「時の娘」

2013-03-11 | 読書
あの恐ろしかった時、悲しかった日から2年がたってしまいました。

テレビの震災特集番組も、見ていると嗚咽がこみ上げてしばらくショック状態になってしまうので見られない、軟弱者のわたくしですが、被害者の方たちに心からご冥福をお祈りいたします。

あの時に戻って、やり直せたら、と考える方もたくさんいらっしゃいますでしょう。



さて、このところ、二人の「時の娘」を読んでおりました。



偶然なのでしょうか? 2冊の同じ邦題の本があり、これを続けて読んだのです。

これがどちらもとても面白かったです。

一冊目はこちら。

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

最近キンドルのベストテンに顔を出していたので、興味を持って読んでみました。

1951年に書かれた作品ですが、まったく古さを感じさせません。
しかも「パラダイムの変換」を感じさせられました♪

怪我をしたスコットランドヤードの警部が、お見舞いにもらったリチャード三世の肖像画を見て、リチャード三世は本当に残虐非道な王様だったのかを推理する、という「歴史ミステリー」です。

この本の最初の数ページは、イギリスの「薔薇戦争」について書かれています。

例の、ランカスター家とヨーク家が白薔薇と赤薔薇に分かれて戦った時代です。

世界史でお勉強しましたが、イギリス人男性はエドワードとヘンリーとリチャードとジョンとジャックとエドモンドしかいないのか???と思うほど同じ名前の人が二世だの三世だの四世だの五世だの、いろいろ入り乱れて出てきて、2ページ読んだだけでわけがわからずうんざり。

とりあえずこの辺はざっと飛ばして、「犯人を追いかけていたら、マンホールに落ちて骨折したグラント警部の入院風景」から読み始めました。

グラント警部は、人の顔を見ていて、その人の性格やら犯罪歴などを類推してしまう才能があります。

お見舞いにいただいた本はつまらなくて退屈していたところ、友人が持ってきてくれたリチャード三世の肖像画をみて、とても気になってしまったのでした。

この辺まで読んで、がぜんリチャード三世に興味を持ったjester、どんな人だったのかなと最初の「薔薇戦争」の部分を読み返すと、今度はするすると頭に入り、面白いのです。

最初は無味乾燥に思った歴史の記述が、一人の人間に興味を持った途端に、すごい面白いものに変わってしまう、『パラダイム・シフトだ!』と思ったわけです。

内容についてのパラダイムの変換があるかどうかは読んでのお楽しみ。

歴史を勉強するときには、こんな風に人間から迫っていくと、年代だの時代背景なども簡単に理解できるようになるのですね~♪

必死で年代や名前を暗記した受験の世界史の以前に、こんなことを知っていたら幸せだっただろうなあ~


さて、2冊目の「時の娘」はSFです。

時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)

こちらは短編集で、時空軸を飛び越えてしまった人々がテーマのアンソロジーですが、どの短編も素晴らしい出来。

jesterのお気に入りは『チャリティのことづて』『かえりみれば』『時が新しかったころ』など。

『かえりみれば』は、もう一度人生をやり直したいと考えた女性が少女時代に戻ってしまう、という話で、読んだ後は、jesterも、自分だったら今までの人生のどこをやり直したいだろう?などと考え、そこから、

もし10年後に現在のことを考えたら、どこをやり直したいだろう?
 
だって、過去に戻ることはできないけど、現在を変えることは自分でもできるかもしれないし、などといろいろ考えてしまいました。

『時が新しかったころ』は白亜紀の地球にタイプトリップしたカーペンターが出会う2人の火星人の子どもの話なんですが、とんでもなくSFな舞台設定ながら、親近感を持って読める傑作でした。
ラストもロマンティックで感激♪

短編ですが、これで映画が一本撮れそうです。



さて、この2冊の本、なぜ同じ邦題になってしまったのでしょうか。

ジョセフィン・テイのほうは The daughter of Time が原題なので、「時の娘」は当然の訳ですね。1951年に書かれ、翻訳は1953年、改訳は1977年に出ているようです。


SF短編集の邦題になった作品の原題は Child By Chronos 直訳すると「クロノス(時の神)の子供」、しかもその子供は娘なので、「時の娘」と訳せないこともありません。
今回は新訳なのですが、初出は1953年なので、この短編の題名としてはこちらのほうが古かったのか、微妙なところです。

とりあえず、同名の2冊の本は紛らわしいし、こちらの本のほうが出版もあと(2009年)なので、ほかの短編の題名をこの本の題名にしてもよかったのかもと思います。


しかしま、どちらの本も、とっても面白かったです♪


昨日なんか、お昼過ぎから空が茶色くなり、恐ろしかった東京ですが、それでなくても花粉が舞い飛ぶというお昼と夕方の時間帯には、できるだけですが引きこもりしております。

でも、そんな時でも面白い本があれば世界中、そして時間軸をも自由に旅行できるのでありまする。


コメント (4)

手作りで、簡単にヨーグルト R1も♪

2013-03-08 | グルメ
なんか昨日ぐらいからガンガン花粉さんたちが街に押し寄せてますね~

jesterも目がかゆくて、ついに今朝、眼科に行ってきました。

さて、いろいろな症状に効く機能性ヨーグルトがお店で売っています。その中には花粉症に効くというものも。(有名なものではLG21とか)

以前ご紹介したR-1ヨーグルトはインフルエンザに効くというもの。

今年も風邪の季節には、おひとり様1個限りで売られていました。
一個128円前後です。

jesterは最近、これを種ヨーグルトにして、ヨーグルトを自作しています。



基本的に「おひとり様一個限り」を毎日買いに行くのが面倒くさいなと思っていたら、友達が、市販のヨーグルトをタネにしてヨーグルトを作っていると教えてくれたのです。

やり方はすんごく簡単。

牛乳を用意して、それを器に入れ、そこにヨーグルトを加える。放置。

以上で終わりです。

(冬だと2日ぐらい、夏なら一日、冬で早く食べたいときはこたつなどで保温します。)

       
 

昔、ケフィアヨーグルトのタネをもらって、作っていたことがあります。

その時はロングライフの高温殺菌牛乳を用意するか、普通の牛乳なら煮沸してからさまして使うといわれました。

容器も煮沸消毒すると。タネが簡単に手に入らなかったので、滅菌処理は必須でした。

『ヨーグルトのよーちゃん』と名前を付けて育ててましたが、夏の旅行時にすんごくすっぱくなり、ほかしてしまいました。


でも今回聞いた『お友達方式』によりますと、煮沸消毒なし。←気に入った。

綺麗に洗った容器に入れて放置、それだけ。

タネは元気がなくなったらまたカップのヨーグルトをタネにするために買うけど、友達は1年で2回ぐらい買うだけだそうです。
タネがいつでも手に入るので、乳酸菌が弱ってきたかなと思ったら、新しいカップヨーグルトを買ってきて作り直せばいいので気が楽なんです。

雑菌が入ったら怖そうだけど、ずぼらな私はこの「お友達方式」を試すことにしました。

これが真っ白で美しく、とろりとして美味しいのです♪
しかも安い♪

R1ヨーグルトは加糖されていて、カロリーも気になるし、普通のヨーグルトって生乳ではなくバターをとった後の脱脂乳を原材料にしているので味もあまり好きではありませんでした。

タネには加糖されてるカップヨーグルトを使いますが、牛乳をたっぷり加えるので、甘みは感じられなくなります。


ジャージー牛乳とか、質がよく味のいい牛乳を使うと、ほんとにおいしくなります♪

量ですが、1Lの牛乳を80%ぐらい使ってます。アバウトですが、牛乳の20%はミルクティ用に残します。

それを密閉容器に入れて、カップのR1ヨーグルトを1個加えてぐるぐるかき混ぜる。
ふたをする。
放置。


市販されている「ヨーグルト製造機」みたいのは45度に保温してくれるらしいけど、冬でも室内に放置しておいて2日目には固まっています。

固まったら冷蔵庫に保管。

45度を保つには、こたつとか床暖房とかお風呂の残り湯とかを使う人もいるらしいです。
ひだまりにタオルに包んでおいてもいいかも。

私は室内のキッチンに放置だけど、それでもちゃんと固まります。
寒いお宅では、床暖房とかこたつがあれば入れてもいいし、あたたかいお鍋とかが台所にあるときはそばに寄せてタオルでくるんだりはしてもいいかも。(わたしはしてないけど)

出来上がったとろりとしてまっしろなヨーグルトにフルーツをたっぷり刻み込んで食べます。

今はイチゴですね~~

フレッシュフルーツなら何でもおいしいし、アロエとかもおいしいけど、ドライフルーツ(マンゴとかイチジクとか)をしばらく埋めといて、柔らかくなってから食べても美味しいし、ドライフルーツが入ってるシリアルをトッピングしてたべれば、簡単な朝ごはんにもなります。


ちなみに「お友達方式」では、残り3センチぐらいになったら、そこに牛乳を足して、また放置するんだそうです。なんと、入れ物もあらわず!!!

「3回目ぐらいになると、さすがに容器の上のほうがガビガビしてくるんで、そしたらほかの容器にうつして、洗うネン」

だそうです。

さすがjesterのお友達!!    

良い子は真似してはいけません。毎回容器を洗いましょう。雑菌が気になる方は、牛乳も容器も煮沸消毒してから使うと安心です。

(私は悪い子ですが・・・なにか・・・)


最近は春めいてきて、インフルエンザも下火なので、花粉症に効くヨーグルトを育ててみようか、それともピロリ菌に効くやつを育ててみようかな~と思っておりまする。



コメント (4)