花と緑を追いかけて

山を愛し、花を愛し、旅と
映画とパソコンと、好奇心も
いっぱいの主婦の日記です

上野でオフ会・新年会・女子会、そして横浜案内

2017年02月17日 | 日常の日記
少々長いご無沙汰となりました。
私を見守ってくれているお友達の皆様、あちこちガタはきていますが・・・
取りあえずは寝込まずに過ごしています。



実は南の国のリゾート海岸でノンビリしていました。ウソで~す。

前回UPした、ワンゲルの会の三浦半島・海岸歩きの続きを更新せねばと焦りますが・・・
(冬の東京湾の景色は、南国のリゾート地にも負けない美しさです)

1月2月は新年会も多く、その上新しい事を始めて心身ともに余裕がありませんでした。
ブログ仲間の皆様の所にもコメントを残さずに失礼しています。



でも早春の花々を追いかけて、ワンゲルの会のハイキングには参加しています。
2月12日の快晴に恵まれた日曜日、二宮の「吾妻山の菜の花」はまさに見頃を迎えていました

松田山の河津桜も含めて、今年の早春のお花は2~3週間早いそうです。

撮った画像は増えるばかりですが、バタバタしていて中々UPできずにいます
何とか少しづつ負担にならない程度にマイブログは続けて行かねば・・・



今月に入って二日間、ご近所仲間のFさん宅でお喋りしながら小物作りをしました。
一昨日はお雛様作りにも挑戦でしたが、元々不器用の上に骨折して以来手先に力が入らない私はギブアップ

代わりに4月からFさんと、趣味の会の世話役をすることになった私は区に提出しなければならない資料作成に頭を使っていましたわ。


         

ブログ仲間と上野でオフ会・新年会(2月8日)
年々広がっていく恒例のブログ仲間との新年会
今年も銀河さんの幹事で(銀河さん、いつもありがとう)「上野精養軒」に集まりました。

上野駅「不忍口」目の前のビルの中のお店ですが、入り口にたどり着くまでが迷路のようで大変でした
ようやく入店したら、「女子会の皆様、いらっしゃいませ~」と、
沢山の「女子会」「女子会」という言葉で迎えられました。
「はぁ~



女子だけの集まり用のお料理のコースだったようで、ついたてで仕切られた一番奥ののテーブルに案内され
心置きなくお喋りを楽しみたい、という私たちの願いの上を行くお店側の対応でした。

参加者は銀河さん、だんだんさん、花水木さん、bonjiさん、私、
そして静岡のビオラさんと大阪からのlilyさんお二人の新幹線組の計7人

ラッシーママさんが足の手術で入院し、参加できなかった事が残念でした。

種類たっぷりの前菜が嬉しいですね。メーン料理は皆がステーキを頼みました。
ボリュームたっぷりのデザートとコーヒーだんだんさんと銀河さんは新年会に相応しい着物姿です。


上野の森の「西郷さん」
食事をしたレストランが入ったビルの横の階段を登っていくと、有名な西郷隆盛の銅像の前に出ます。
私は一ヶ月前に、「デトロイト美術館展」を観に来た時にもここでの画像を撮っていましたね。



今年も元気な顔が並びました。

上野と言えばほとんど「美術館」を訪ねるだけの私ですが、歩くとたくさんの神社仏閣や史跡に出会えます。



広重の浮世絵の題材となった寛永寺・清水観音堂の月の松。

「上野の森に、顔だけの大仏様があるの知っている?」と言われ、まだ見た事がないわと私・・・ 



ご案内していただきました。
関東大震災などの災害に見舞われて、今は顔面のリリーフだけが残されている大仏様です。



最後に不忍池の中島にある弁財天にお参りしました。



そして〆は女子会には欠かせない「甘味処」に入りました。
皆そろって「クリームあんみつ」を食べて、再びお喋りを楽しみました。

一同すっかり打ち解けて、私は自分が体験した保険の話、相続の話などをしたような・・・?

昨年は静岡からビオラさんが加わり、今年は遠路大阪からlilyさんも参加・・・
オフ会メンバーどんどん増えるという事は嬉しいことですね。

元気だからこそ参加できるオフ会&新年会、いつまでも続けて行ける事を願いましょう。


翌日は3時間の「横浜・みなとみらい21」案内
大阪から参加したlilyさんは上野のホテルに一泊し、翌日は銀河さんの企画で横浜見学をすることに・・・

横浜住まいの私が案内せねばと、午後一時まで時間を空けました。



銀河さん、lilyさん、私と3人でJR桜木町駅に10時に集合しました。
この駅前からの眺めが「みなとみらい21」のベストショットの一つです。

このみなとみらい21(MM21)はラブコメディードラマの舞台にしょっちゅう使われ
去年は春の「世界一難しい恋」(嵐の大野君&波留さん)
秋の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(新垣結衣さん&星野源さん)の舞台になりました。

私も写真撮影などでよく行く場所ですが、この日はあいにくの冷たい雨で残念
でも、後ろに見えているラウンドマークタワーのてっぺんの70階の展望台に上れは、濡れずに眺められます。



日本丸が見える通路で、lilyさんとパチリ・・・
ラッシーママさんの伊豆の別荘で、もう三回も寝食を共にしている仲間同士です。

残念ながら雨は雪と変わり、展望台からの眺めもイマイチでしたが、ここからの眺めをlilyさんがUPこちらです。

でも展望台でコーヒーを飲みながら、3人でお喋り・・・
特にお一人様になった者同士、lilyさんとゆっくりお話できて良かったです。
お互いまだまだ心の落ち込みに悩まされることがありますが、家に籠らないで大いに出かけましょうね。

lilyさん、銀河さん、数年前の晴れた元旦に主人と上がって見た同じ風景を是非見てくださいこちらです。



遺跡として残るドッグヤードガーデン横のお店でランチしてから、私は1時過ぎに
お二人とお別れしました。
lilyさんのご希望で午後から、お二人はラッシーママさんのお見舞いに行くとか・・・

ママさんも前日退院して、八王子のお宅に戻ったそうです。



二人と別れて私が出かけた先は、年が明けてから始めたお教室・・・
ご近所仲間のFさんは、お茶会のお初釜に着ていく着物の着付けの練習が終わっていました。

初心者の私はまだ帯び結びまではいきません。まずは基本となる長襦袢の着付けができねばと・・・

とにかく母の着物や伯母たちからもらった着物が箪笥の肥やしになっています。
処分する前に、思い出の着物を着て歌舞伎見物や鎌倉散策ができればいいかなぁ~と思って始めたお稽古です。


コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

早春の三浦半島水仙ロード(1)

2017年02月07日 | ハイキング・散策
少々ご無沙汰いたしておりました。
取りあえず孫のインフルエンザをもらうことなく、元気に過ごしております。



気が付けば節分・立春と過ぎ、太陽の光も春めいて少しづつ日の入りが遅くなってきました。、
でも天気予報では今週は雪の日もありそうです。

1月から、ご近所仲間と又一つ趣味の会に入りました。
その準備のために押入れダンスも含めて家中のタンスの中を総ざらい・・・

その上、手芸が好きなお仲間に誘われ小物作りをすることになり、納戸の天袋に眠る布地類を取り出し
不器用な私がチクチクと慣れぬ針を動かす日々を過ごしていました。

そんな中で行ったワンゲルの会のハイキングの画像をザックリとUPいたします。


春を呼ぶ三浦の水仙ロード(2月3日)
京急「長澤駅」から海に出て、若山牧水の歌碑を見て、海岸に沿って歩きます。



牧水の「しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたゞよふ」、
背面に喜志子夫人の「うちけぶり鋸山も浮かび来と今日のみちしほふくらみ寄する」が刻まれています。



牧水の碑が建つ海岸からは東京湾を挟み対岸に鋸山や里見八犬伝で知られると富山が望めます。



対岸の房総半島の先端の館山方面まで見えました。



この日は節分でしたが、風もなく穏やかな日で厚手の上着を脱ぎました。



新たな年の最初に咲くスイセンは百万株・・・
ただすでに盛りが過ぎていてちょっと残念でした。



海岸沿いにはお洒落な別荘が並びます。





早春の東京湾がキラキラと光っていました



スイセンがそろそろ終わり、タンポポが咲きだしていました。



私たちは「ペリー公園」に向かって歩いて行きます。
ここは軍港のある横須賀市、自衛隊の方々の姿も多く見られました。


コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

上野の森の美術館「デトロイト美術館展」

2017年01月29日 | 美術館&史跡巡り
雪国は大雪で大変な日々のようですが、私が暮らす関東南部は晴天続きで
比較的暖かい週末を過ごしています。

下の孫娘が熱をだし、お嫁ちゃんの仕事の日には見守りに通い
あちらの友人こちらのグループ、趣味の教室の方々との新年会も続き

しばしPCからも遠ざかっていて、プチご無沙汰で申しわけございません。
私は疲れてはいるものの至って元気に過ごしてしております。

「naokoちゃんのブログが一週間滞ると心配になる」と、先日お会いしたOL時代のお仲間に言われ
見守られているんだと実感、有難いですね。

これからは短くてもいいから、マメに更新せねばと反省しています

上野の森美術館「デトロイト美術館展」(1月17日)
美術館巡りの好きな、地方の町に住むTさんが上京したので、一緒に「デトロイト美術館展」に行ってきました。



日本初上陸15点を含む52点が4章に分けて展示されていました。

第一章・印象派
モネ・ドガ・ルノワールなどの作品が並びます。



クロード・モネ《グラジオラス》(1878年頃)

青いドレスをまとい、緑の日傘をさす女性はモネの妻カミ―ユ

”イーゼルを屋外に持ちこんで、直接キャンバスに描くことで、太陽の光が葉や花にあたって弾ける瞬間や
強い日差しに揺れ動く空気の効果を生き生きと伝えています”

第二章「ポスト印象派」
チケットに描かれているゴッホの自画像と、日本初上陸となる晩年の作品「オワーズ川の岸辺・オヴァールにて」

そしてゴーギャンの自画像と、セザンヌの代表的な画題「サント=ヴィクトワール山」の風景画を始めとする
静物画、肖像画、水浴画のセザンヌ作品4点など、ポスト印象派の代表的な画家たちの作品が並びます。



ファンセント・ファン・ゴッホ「オワーズ川の岸辺・オヴァールにて」(1890年)

”力強いタッチで描かれたボートと人物、そして木の葉の刺々しい描写と寒色の多い色彩が観るものの不安をあおる、
この絵を発表してしばらくの7月29日、ゴッホはピストル自殺を試み、37歳の生涯を終えました”



最終日(1月21日)近くの会場は、平日でも混んでいました。

Tさんは「自分の住む地方にも県立美術館があるけどいつも静かで、この混みようは驚きます」と・・・
前回は昨年の6月に六本木の美術館で「ルノワール展」を一緒に観ましたね。
あの時も凄い人出でした。

第3章「20世紀のドイツ絵画」
第一次世界大戦前後のドイツとオーストリアで活躍した芸術家たちの、
人間の内面を大胆な色彩や形態で表現した作品の「傾向」や「気分」の総称だった「ドイツ表現主義」の作品が並びます。

第4章「20世紀のフランス絵画」
光の魔術師マチスの傑作「窓」、独特の表現のモディリアニの「男女の肖像画」
そして様々な時代のピカソ作品6点が堪能できます。



パブロ・ピカソ「読書する女」(1938年)

”モデルは当時ピカソの恋人だった写真家&画家のドラ・マール
知的で自立し、スペイン語も話せるドラはピカソと対等に芸術や社会問題が語れる相手でした。
二人が幸福な時間を共有している事が伝わってきます”

撮影OKの美術展は日本では珍しく(海外は多い)、ゴッホやピカソも堪能できて満足でしたが、
やはり「SNSに投稿禁止」の表示のある作品もあり、こうして閲覧者と一緒に撮りました



上野には時々来ますが、有名な「西郷さん」の銅像を観るのは何十年ぶりでしょうか?
来年のNHK大河ドラマが「西郷(せご)どん」 主人公・西郷隆盛役は鈴木亮平に決ったそうです。

この日はお天気が良くて風もなく、穏やかな日和でした。
元陸上部の選手だったTさんと「竹橋」まで歩くことにしました。

途中寄ったのが学問の神様の「湯島天神」



来週、お試し受験をする孫のハー君に「お守り」を買いました。
渡した時の彼の反応は「23倍の競争率!、半年しか塾に行っていないしダメダ!」でしたが・・・
バァ~バはトライすることに意義があると思っていますよ。



流石に凄い数の絵馬が並びます。

神田明神横を通り過ぎ、ニコライ堂を仰ぎ見てお茶の水に出て、
「湯島聖堂」に寄りました。



湯島聖堂は、もと上野忍ヶ岡にあった幕府儒臣・林羅山の邸内に設けられた孔子廟(先聖殿)を元禄3年(1690)、
五代将軍綱吉がここに移し、先聖殿を大成殿と改称して孔子廟の規模を拡大・整頓し、官学の府としたのが始まり。
この時からこの大成殿と附属の建造物を総称して「聖堂」と呼ぶようになった。(ホームページより)

上の画像の建物は間口20メートル、奥行14.2メートル、高さ14.6メートル、入母屋造りの大成殿(たいせいでん)
大成とは、孔子廟の正殿の名称です。



1時間近く歩いてようやくTさんのテリトリーのこちらに到着です。(画像は昨年6月に撮ったもの)
最上階が、Tさんが出た大学の会員制クラブのレストラン



名物のカレーと、サラダにチーズの盛り合わせ、そしてビールとワインを頂きました

お互い失った者の存在の大きさを実感し、せめて遺された者は故人を忘れずにいることが最大の役目
それには日々を元気に過ごさねばと・・・

「毎日の食事が大事です」と、主婦歴46年の私が教えられました。
(自分のための食事なんて作る気がしないと、至って手抜きでいい加減になっている日々を反省です)



眺めの良い窓からはスカイツリーが見えていました。

              

一昨日の1月27日にブログ仲間のだんだんさんと銀河さんと3人で小田急「相模原駅」で待ち合わせ、
足を手術したブログ仲間のラシーママさんのお見舞いに行ってきました。

前日までは車椅子だったそうですが、ママさんはとてもお元気で、相変わらずじっとしていられなくて
折り紙作りに熱中しているようでした。

スマホから連日病院生活もUPしていますこちらです。



私たちは3時から5時半までデイルームでお喋り・・・

ブログをやっていて本当に良かった~とラッシーママさんは呟いていました。
入院中でもスマホからUPができるし他の方々のブログを見ることもできる・・・

話題はラインやツイッター、フェイスブックの話と広がります。
私は化石人間で未だにガラケーを使っていますが、だんだんさんはスマホでブログをUPすることも多いとか・・・
という事は私のような一編が長いブログは読み手に迷惑をかけるのだと悟りしました。

これからは短いブログを目指しま~す

「naoさんも元気になって良かったわ。ご主人亡くしてからのブログを読むと切なかったもの」と
お見舞いに行った私がママさんから慰められました。
心配してくれていてありがとうござました


コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

始動!「箱根七福神巡り」(3)とドラマのお話

2017年01月21日 | ハイキング・散策
大寒に入り、一年中で一番寒い季節となりました。
カチカチ会(防犯パトロール)で歩くと、冬の星座が綺麗です

常に南南西の空に大きく輝く宵の明星(金星)、南東にはオリオン座、そして東にシリウス・・・
先日はもやもやとした星団「スバル」も見えました。



北風がいっそう冷たい日々ですが、日の光は少し力強くなったような・・・?
そんな中で「胡蝶蘭」が咲きだしました。

一昨年の8月の夫の一周忌に、友人から送られてきた4本立ての「白い胡蝶蘭」
一株だけ緑が残っていたので、リビングの出窓に置きました。

今年になって咲きましたよ。
明日送り主のT子さんにお会いするので、改めてありがとうを添えて画像をお見せしなくては・・・
来年は二本立てになると良いなぁ~

箱根七福神⑤「本還寺・寿老人」
1月6日に行った箱根七福神巡りを未だにひきづっています。
早くどうにかせねば・・・



箱根の関所そばに立つ本還寺は、関所が設けられた1618年に、三島から移住してきた方々の
菩提樹として創建されました。

増上寺の末寺として開山された浄土宗の名刹



寿老人とは長いひげと杖を持った「延命・長寿」の神様です。



お寺のすぐそばに鮮やかな黄色のお花が咲いていて、山小屋氏が「ひいらぎ南天の仲間」と教えてくれました。
チャリティという園芸種で、寒い冬に咲くお花だそうです。

私たちは「箱根町」からバスに乗って「芦の湯温泉」に向かいます。

箱根七福神⑥芦の湯「阿字ケ池弁天」
硫黄の匂いがする古い温泉地の中を行きました。



昔は池があったらしい所にはたくさんの芦が茂っていました。
その先に赤い小さな鳥居が・・・



弁財天は七福神の中では唯一の女の神様です。
琵琶を持ち「芸術の神様」とも言われますが・・・
何故この様な淋しい所に



夫婦円満の神様でもありますが、この様なお姿ではちょっと可哀想です。
江ノ島の弁天様はほぼ裸でふくよかでとても美しいのに



私たちは再びバス停に戻り、バスを待ちました。
結構混んでいて座れませんでした。

箱根七福神「山王神社・福禄寿」
「小涌園」でバスを下車



この山王神社はホテル小涌園のお庭にありました。



福禄寿は家庭円満・長寿の神様です。



カーテンの中に隠れて見えません。
短身長頭で経巻を結んだ杖(つえ)を持つお姿なのだそうです。



バス停の前に「十月桜?」が咲いていました。

私たちは「小田原行き」のバスに乗り、4時過ぎに小田原駅で解散です。
新年初のワンゲル歩き、有志だけで「新年会」と称して飲みました。



午後から日の光が弱くなり箱根も冷えました。
久しぶりに飲んだ「熱燗」が美味しかったです

今回はバス利用が多くて歩数は15000歩程度・・・
でもお天気にも恵まれ富士山も見えて、松の内に七福神巡りができて満足でした。


              

キムタクのドラマ「A LIFE 愛しき人」

一人が淋しいので、家に居る時はテレビかラジオのどちらかを必ず点けています。
夫を亡くした直後は悲惨なニュースやシリアスなドキュメンタリーなどは気持ちが受け付けませんでした。

お嫁ちゃんにも「好きな音楽やお笑いを観ていた方が良いです」と注意を受けましたし・・・
でも流石にお笑い系はあまり馴染めず、飽きました。

BSの火野正平の自転車で日本を廻る「心旅」や、ワイルドライフなどの自然もの観る機会が多く
夜はドラマを楽しむことが多くなりました。



昨年秋は「真田丸」・「運命に似た恋」、そして孫の恋ダンスを楽しんだ「逃げ恥じ」などを見て
もっか真田信繁さまロス、可愛いみくりちゃんと平匡さんロスです。

このロスを消すには次の素敵なドラマで癒すのが良い
まずはキムタクのドラマからかしら?

TBSの日曜劇場は歴史もあり良質のドラマが多く、昔からよく観ていました。
夫と熱中した「半沢直樹」や「下町ロケット」もこの枠でしたね。

今回のドラマ「A LIFE 愛しき人]はキムタクを囲む脇が凄い、ヒロインは竹内結子
病院を追われるようにアメリカに行った主人公・沖田(キムタク)は職人ワザの心臓外科医になった。

恩師の病院長の心臓の手術を乞われ帰国してみると、病院長の娘であった昔の恋人は幼馴染の医師と結婚していた。
そしてそのヒロインも厄介な病気に侵されているらしい・・・
ちょっとドロドロ系のドラマになるのかしら?、

ジャニーズ系にはさして興味がなく、私は特にキムタクのフアンではありませんが、彼ももう44歳
少しは渋みも出ているかしら?
明日の二話も取りあえず観てみましょう。

綾瀬はるかさん
木曜日の夜9時のニュース、クローズアップ現代2と、そのままNHKTVを点けていたら

うっちゃん(内村光良)のコント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』が始まり、
画面に「あの国民的俳優が出演」を書かれていて、「誰?」と思っていたら綾瀬はるかさんが登場しました。



新しく始まる「大河ファンタジー」第二部のこのドラマとのコラボだったようで、うっちゃんとのカラミの殺陣のシーンも面白くて
トークの場面もその天然ぶりの炸裂で大笑い

実家に帰る時の新幹線での出来事を聞いて、「グリー車ではないんだ」と妙に感心してしまいました。
一流の女優さんはとかく近寄りがたいという先入観がありますが、この方は可愛いのに超が付くほど天然キャラ

来週も出演で、今度は顔に大きなほくろをつけて「うそ太郎」の妹役をするらしい。
「私こういうコントの世界大好きで、生き生きとした素の自分が出せた」と笑っていました。
そんな綾瀬はるかさん、大好きになりました

逃げ恥じのみくりさん&平昌さんロスにはぴったりの、愉快なうそ太郎兄妹を是非観たいと思います。
おっとブログ更新でPCに向かっていたら、今日から始まった「精霊の守り人」を見逃してしまったわ








コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

始動!「箱根七福神」巡り(2)

2017年01月16日 | ハイキング・散策
年末年始は暖かくて穏やかな日和が続きましたが、寒に入り、先週末から寒波襲来です。

私も父の転勤で小中学生時代の5年間、新潟市で暮らし、
夫の転勤で30代の4年間札幌での生活経験がありますので、雪国の皆様のご苦労が理解できます。

昨日一昨日の週末は、関東南部の我街も雪雲が見られ、どんどん焼に参加している最中ハラハラと雪が舞いました



そんな中、例年より早く梅が咲きだしました。
特にこの紅梅は例年なら1月下旬にならないとほころばないのですが、今年は10日頃から開花しましたね



こちらの白梅はお正月の三が日に咲いているのを発見・・・
11月下旬に積雪があり、年末年始の暖かさで「春が来た」と混乱したのかも知れません。

先週は連日「コミニティーハウス」に通う怒涛の二週目でした。
私の通う趣味の会は、第二週目に集中しているのです。
今月は新年会も一緒にありますから、バタバタの一週間でした。

趣味の会の中でも一番大変なのが「写真サークル」です。
A4に印刷した作品を5枚提出しなければなりません

各自その中の一枚がコミニティーハウスのロビーに展示されますので、季節性も求められます。
2晩かけて、この季節に撮った過去5年間の画像を見直しましたが・・・
これといった作品がな~い

納得できないながらもしぶしぶ選んだら、今度は印刷機の調子が悪い
罫線が入るのです。

写真仲間がやっているPC相談室に持ち込み印刷機のお掃除の仕方を習い、何度もやってみましたが
スッキリとは消えません

買って三年目ですが、修理か買い替えか?と悩んでいます。


「箱根七福神」巡り(1月6日)
前回の記事の続きです。



箱根神社の「恵比須さん」を詣でてから、芦ノ湖畔の遊覧船の船着き場を更に関所方面に歩いて行くと、
富士山が綺麗に見えてきます

前回の最後にUPした画像を少しズームしてみました。

この写真を印刷して「カメラサークル」に持って行っても「絵葉書的で個性がない」と
講師に言われるだろうな~と察しがつきます



ならば船を入れる?



海賊船の方が絵になる?
う~~~ん

歩く会のワンゲルで良い写真を撮るのは無理、置いて行かれ、皆さまに迷惑をかけます。
撮影は「待ち」が大事なのですもの・・・

神奈川県立「恩賜箱根公園」へ
私たちは歩いて、芦ノ湖に突きでたような丘の上にある公園に向かいました。詳しくはこちらでどうぞ



駒ヶ岳方面を望みます。頂上のロープウェー駅が見えていますね。
あのポッコリとした駒ヶ岳の麓に、毎年お正月家族で通った夫の会社の「保養所」がありました。



階段を上がって、大きな馬酔木のトンネルのような径を行くと・・・



芦ノ湖を見下ろした先に再び富士山が見えてきました。

この公園は、「旧箱根離宮」跡地に広がります。
観光地「箱根」の中心かつ離宮跡地だけあって、公園からの眺めはまさに秀逸・・・
芦ノ湖や周りを囲む箱根外輪山、富士の峰が一望でき、
その見事さから「かながわ景勝50選」のひとつにも選ばれています。(ホームページより)



公園のほぼ中央に、旧離宮本館の礎石が残されています。
その正面 に建つのが、かつての離宮を思わせる「湖畔展望館」

2階のバルコニーからは、離宮時代にも劣らない秀景を観賞することができました。
私たちはバルコニー横のテーブルとソファーがしつらえてある「休憩所」で、ランチタイムです。

窓からは正面に富士山
持ってきたオニギリを、贅沢な空間でいただくことができました



展望館でゆっくり休んでから関所方面に下ります。途中、柵の上にびっしりと付いた珍しい苔に目を奪われました。
「胞子?」が陽に照らされて光っている

「健脚コース」と書かれた急な階段を下っていくと「関所」に出ました。
この「箱根の関所」は3~4年前、夫二人で来たことがある



リーダーに導かれて「関所」の中を通過します(通過だけだと無料)
そして着いた先が「箱根駅伝」のゴールのゲート

中央に見えている信号のある四つ角には、この様な碑が建っています



夫の大学も息子の大学も出ている「箱根駅伝」
二校とも上位に食い込み、毎年父子対決で盛り上がりましたが・・・



ゲート近くにはこのような像も建っていて、全優勝校の名前が刻まれていました。
今年は三連勝の青学ぶっちぎりで、ハラハラドキドキに欠けましたね。

箱根駅伝の魅力は、若者がフラフラになりながらもタスキを繋ぐ姿に感動しますが
今年はそんな場面が少なかったように感じます。

箱根七福神④「駒形神社・毘沙門天」



箱根駅伝のゲートから、自動車道を15分くらい歩いて「駒形神社」に着きました。



毘沙門天は「家族を守り、勇気を与える神様」です。



駒形神社内には犬神明神があります。

箱根宿をつくろうとしている時、このあたりにはオオカミがたくさんいて、
人々に危害を加えていたそうです。

そこで、2匹の犬を連れてきてオオカミを退治させ、やっとのことで箱根宿が完成。
しかし、犬はオオカミから傷を受け、死んでしまいました。

人々は、宿場を完成させてくれた2匹の犬をここに埋め、
犬塚明神とあがめまつったそうです。

旧東海道の「関所」や「宿場」があった箱根町、歩くとたくさんの発見がありますね。



コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加