ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

くまのパディントン(paddington bear)の銅像はどこですか? @Paddington St.(ロンドン・パディントン駅)で良く聞かれます。

2017-05-22 | My London
幼い頃のお友達、『暗黒の地、ペルーからの旅人(くま)パディントン』がその名を付けられたのは、パディントン駅で迷子になっていたから。



何年か前に映画にもなりましたし、原作の根強いファンが世界中から来るのか、パディントン駅を歩いていると

「クマのパディントンの銅像はどこですか?」と聞かれることが何回かありました。


・・・まあどこにいても、なぜか道を聞かれやすい人間なんですが・・・

(その心は、暇そうで、世話焼きそう・・・?)

時には、強いスコットランド訛りの白人が、黄色人種であるわたくしに道を聞いたりするので、つくづくロンドンって人種の坩堝なのね~と感じます。



さて、パディントン、何年か前は、駅に入る前のショッピングアーケードへのエスカレーターの横にいたのですが、去年ぐらいからかな、場所が移動しています。


ただ今鎮座ましますのは、一番線ホームを進行方向に向かってずずずと進んだ中程です。

ホームに入るのに切符はいらないので、駅に入ったら向かって左側の端っこのホーム壁際を進むと、マクドナルドの少し先にいます。

みんな鼻を触るらしく、鼻先がピカピカ。




たしか一昨年見たときは、このベンチがパディントンの横にありましたが、今は移動して壁際にあります。




幼き頃よりわが心の友、パディントンの本。
ペギー・フィートナムさんの挿絵も大好きです♪

くまのパディントンくまのパディントン

こちらも大好き。

パディントンフランスへ―パディントンの本〈4〉 (福音館文庫 物語)パディントンフランスへ―パディントンの本〈4〉 (福音館文庫 物語)


なお原語版も、とても英語が平易で読みやすく、ストーリーも波瀾万丈なのでお勧めです。

A Bear Called PaddingtonA Bear Called Paddington






コメント (6)

ダビンチ、ありました@ロンドンナショナルギャラリー

2017-05-09 | My London
リヨンから戻ってきました。

もしかしてロンドンも温かくなっているかも、という期待むなしく、まだ最高気温12度に達せず、東京の最低気温にも負けております。

五月で手袋が欲しくなる⁈

…負けないで、スケッチし…よう…

そんな中、また寒さを避けてナショナルギャラリーに来たのですが、今日はセインズベリー棟に入ってすぐ、係員につかつかと歩み寄り、

「ここにあったダビンチの絵はどうしたの?」と聞いてみました。

そしたらあっさり、

「あれね、66番の部屋に動いたよ」と教えてくれました。



なーんだ。引っ越していたのね。

無事ご対面。



『岩窟の聖母』と一緒にダビンチ特集みたいに展示されてました。



この人も美しいけど、



この人の典雅さには、いつ見ても感動します。


ところで今日は、ゴッホのひまわりの部屋には入れませんでした。

反対から回っては入れないか、グルグル回ってトライしてみましたが、ダメでした。

これも係員に聞いたら、今日から3日間、ゴッホの部屋は閉まっているそうです。





コメント (2)

リヨン、アヌシー、フランスの旅。大統領戦で喧騒のパリを避けて

2017-05-06 | 


今週は、寒いロンドンをぬけだして、フランスのリヨンにきています。

パリは『移動祝祭日』、

とはヘミングウェイの言葉ですが、

(確か『もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だからだ』とか言ってました)

…わたくしはそんなパリが大好き。


毎回ロンドンに来ると、電車でパリに三、四日遊び&買い物、&お食事に来るのですが……

今回は大統領戦が明日で、キャンペーンがうるさそうだし。

それに付随して、極右の女性候補が勝ったりすると、テロも怖いし…

そして、某国はゴールデンウイーク…

某国の国民がパリに溢れる季節ですので…


ちょいとイージージェットでひとっ飛び、南仏のリヨンにやってきました。



フル装備のキッチン付きのシックなフラットを借りています。



リヨンも『移動祝祭日』で、どの小道を歩いても歩いても、楽しくて美しくて、感動の連続。



ビル一面の窓が全部偽物の『騙し絵』だったり。


きっとこれから一生どこに行ってもリヨンの美しさに心慰められる事でしょう。





昨日は早起きして、電車で2時間かけて、スイスとの国境沿いのアヌシーに歩きに行きました。



アルプスと湖と、典雅な街並みか素晴らしく、湖畔でスケッチしたり、うたた寝したり、



湖一周のボートに乗ったり。



こんなおとぎの国のような所に生まれて、一生暮らす人も居るのね…



マルシェで野菜やチーズ、生ハムにバゲット、ワインにお菓子など、リュックにずっしり、たくさん買い物して、(安〜〜い!美味しい‼︎)

心潤して、リヨンに戻ってきたのは、夜でした。




コメント (5)