大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

「山本屋本店」の「味噌煮込みうどん」(土井卓美)

2015年02月18日 16時57分52秒 | Weblog

人気ブログランキングへ←クリック

昨日は久しぶりに名古屋の友人が電車で遊びに、というより話をしに出て来てくれました。
私が車で一宮駅で迎え、昼食の後は喫茶店に行き結構長い時間話をしていました。
株とゴルフの話、それに元職場の人達の話になりました。
上司や先輩方では亡くなった人も多く、名古屋時代の上司だった二人も一人は自宅で静療養中、一人は施設に入って居られるということでした。
OBのゴルフ会もここ数年で新人(定年退職者)が4人入ってくるもそれ以上の人が出て来なくなりました。

昼めしは何がいいと聞くと寒いから温かいものがいいということで、昔懐かしい「山本屋本店」の「味噌煮込みうどん」の店が一宮にもあるのでそこに行くことにしました。
名古屋勤務時代は昼食でも時々は行っていました。(名古屋市内には店舗が沢山ある)
そして本社や各支店、茨城県の各所にある工場からの出張者の食べたいものリクエストも大抵は「きしめん」かこの「煮込みうどん」でした。
やや固い独特の歯ごたえが特徴で、誰だったかが奥さんを連れて行ったら奥さんが店員に、このうどんは半煮えで食べられないとクレームをつけたという有名な話も残っています。
肉や天麩羅などが入ると2000円近くとやや高くなるので、我々2人は1050円の一番安いのと小ライスにしました。
白菜の漬物はお代わり自由でこれも結構いけます。



昼飯時で数分待たされました、座敷と椅子席の間に何人かの客が立って待っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 春近し(土井卓美) | トップ | 「雨水」(土井卓美) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事