ひとり旅への憧憬

気ままに、憧れを自由に。
そしてあるがままに旅の思い出を書いてみたい。
愛する山、そしてちょっとだけサッカーも♪

はじめてのディズニーシー:ゆったりゴンドラ

2019年02月11日 23時41分30秒 | Weblog
「ヴェネツィアゴンドラ」に乗るにはそれなりに待ち時間があった。

「静かなアトラクションだからそう待ち時間はないだろう」と勝手に推測していたが、それは大間違いだった。
「へぇ~こんなんでも結構人気があるんだねぇ」と感心しながらも長蛇の列。
それでもテーマパークの街並みはまるで絵葉書のようだった。


ゴンドラ乗り場手前の様子。

そして、この待っている時間に日が暮れようとしていた。
少しずつ街の灯りが灯され始めなんともいい感じ♪
たとえ真似て作られた「既製品」の様な街並みとはいえ、なかなかのものである。


これはこれでちょっと得した気分になった。

やっとゴンドラに乗船。

まぁ考えてみれば街灯のポジションなどもすべて計算されて設置してあるのだろうが、綺麗であることには違いない。


漕ぎ手のお兄さん。
トークが上手く、話術に吸い込まれる。


なるほど、ゴンドラに乗るなら夜がいいと言った訳がわかった。


水面に反射して映る灯りが美しい。


お兄さん、カメラに向かって「ハイ、ポーズ♪」

ゆったりと過ぎゆく時間と景色。
残念ながら下船が近づいてきた。


絶叫マシーンもいいが、このゴンドラ癖になりそうだ(笑)。
もう一度ディズニーシーに来たら乗ってみたい。

来た道を戻る。
お気に入りのあの街角にも街灯が灯り、夜ならではの静けさを十分に味わうことができた。

コメント

はじめてのディズニーシー:お気に入りの街並み

2019年02月06日 23時33分47秒 | Weblog
昼食の後、ファストパスの時間までにまだ余裕があったこともあり、船に乗船した。


アトラクション名は「トランジェットスチーマーライン」。
ゆっくりのんびりとするにはもってこいのものだろう。


取り立てての激しさはない分、少しウトウトとしてしまったが、船から見える景色はイタリアのベネツィアそのもので、異国情緒たっぷりのテーマパークに満足だ。
とは言っても、ベネツィアに行ったことがあるわけではないが・・・(笑)。

さて、女房と娘のお薦めもあり、絶叫系アトラクションへと移動した。
「レイジングスピリッツ」
待ちに待った360°回転のいわゆるジェットコースターだ。


これもファストパスのおかげでほぼ待ち時間無しで乗ることができた。
実はこのアトラクション、日が暮れた後にもう一度乗ったがおもしろい!
歳を忘れて楽しんだ。

そろそろインディジョーンズアドベンチャーの時間となったため並びかけた時だった。
残念なことだが、アトラクションの故障により乗ることができなくなってしまった。
まぁこればかりは仕方あるまい。
でも残念だ。

日も暮れかけ、灯りが点り始めた。
「夕方か夜になったらゴンドラがいいよ。窓や街灯の灯りがすっごく綺麗だから。」
と言う二人の意見に素直に従い、またまた移動開始。
それにしても今日一日でかなり歩いている気がする。
そう思いながら何気なく街並みに目をやると、気になる一角があった。
決して派手さや華やかさのある一角ではないのだが、「この先はどうなっているのかな・・・」と、つい探求心が出た。


日が暮れた後も何度かこのポイントを通ったが、その都度シャッターを押してしまう程お気に入りのポイントだった。

コメント

はじめてのディズニーシー:けっこうウキウキ♪Ⅱ

2019年01月27日 15時17分53秒 | Weblog
ファストパスを利用しないアトラクションは、列んでもせいぜい40分程度でありそれほど苦にはならなかった。

三番目のアトラクションは「ニモ&フレンズシーライダー」というもので、言うなれば海中探検だ。


個人的には今日体験した中ではあまりインパクトのないものだったが、とにかくディズニーシーそのものが初めてであれば乗っておいて損はないだろう。

さて、そろそろ絶叫系が恋しくなってきた。
「レイジングスピリッツが楽しいよ」という娘の言葉を信じ、先ずはファストパスで予約した。
時間までまだかなりあったことから昼食をと相成ったのだが、おそらくはどのレストランも混雑していることだろう。
これは仕方のないことと割り切ってはいたが、実はつい先日偶然TV番組で観た気になるレストランがあった。
「ミゲルズ エルドラド キャンティーズ」
マップを見ればそう遠くはない位置にあるらしく、そこへと移動開始。
その途中でのことだった。
いきなり背後から自分の体に何かが触れてきた。
一瞬驚いたが、振り返ってみれば思わず微笑ましい二人、ではなく二匹がご挨拶をしてきた。
名前は忘れたが、間違いなくディズニーキャラクターだ。
つい自分も顔をなでたりしてしまったが、いい歳をして恥ずかしくもあった。


家族揃ってはいチーズ♪
これもまた良き思い出なり。

レストランへ着き、メニューを見て思い出した。
「そう、これこれ♪ TVではこれを注文してたよ。」
「ミゲルのおすすめプレート」
ドナルドダックの顔を形取ったライスに見覚えがあった。


すると娘がドナルドの目の部分にソースをかけて・・・

若者ならではのユニークな発想がおもしろい。


量としては足りなかったが、このレストランでビールも飲めることを後から知り、食後に一人だけビールを飲んだ。
まぁまぁ満足の昼食だった・・・かな。
コメント

はじめてのディズニーシー:けっこうウキウキ♪

2019年01月16日 22時38分01秒 | Weblog
これは分かりきったことだったが、アトラクションを体験するために避けて通れないのが「並ぶこと=待ち時間」である。
それを少しでも解消するために「ファストパス」なる仕組みがあり、殆ど待ち時間無しで乗れるらしい。
「絶対に混むからはじめにファストパスやっておこうよ」
と言っていたのが「トイストーリーマニア」なるアトラクションだった。
それを済ませてから最初に入ったのが「タワーオブテラー」なるもの。

以前からどのようなものかは何となく知ってはいたが、実際に体験してみてかなりの動きがあることに驚いた。
と言うよりは「おぉ~楽しい♪」って感じだった。


中央の建物が「タワーオブテラー」。

よ~く観察していると、上階の窓が開き実際に乗っている人達が見えた。
このアトラクションは是非とももう一度体験してみたい。

続いて「タートルトーク」なるアトラクション。
体験型ではなく、笑いと不思議の世界とでも言えばよいのか、スクリーンの中の亀と会話ができるものだった。


この大型船舶の中に「タートルトーク」がある。

まだ2つのアトラクションしか乗ってはいないのだが、なにぶん朝が早かったこともあり腹が空いた。
しかし昼食にはまだ早過ぎる時間帯でもあり、ちょっとしたスナックでも食べようかとなった。
「うきわまんが食べたい♪」という娘のリクエストで、それを売っている店へと向かった。
「うきわまん? はて、なんじゃそりゃ」とも思ったが、まぁ今日一日は娘と女房に任せておいた方が無難だろう。

うきわまんを目当てに園内を移動したが、その途中で電車(電気がどうかは不明)が鉄橋を通過するところに遭遇した。
「うん、やっぱりこの風景はラピュタだよ。」

天空の城ラピュタの冒頭に出てくる町並みを思い出させる風景だった。

うきわまんが売られている売店に着き、早速購入。


見た目はちょっと笑えるものだったが、食べてみて結構美味かった。
値段が高いが、テーマパーク内で安いものを探すことの方が難しいだろう。

味はシーフードで、エビが入っていた。
もしコンビニで売られていても決して買うことはないだろうが、せっかく初めてのディズニーシーだし、これも思い出の一つだ。
コメント

はじめてのディズニーシー:パスケース

2019年01月08日 23時25分17秒 | Weblog
だいぶ以前からディズニーシーに行こうと家族から言われていた。
「ディズニーシーかぁ・・・う~んどうしようか・・・ちょっとなぁ」
という思いが強かった。
何故なら「今更この歳でテーマパークもなぁ・・・」という恥ずかしさもあった。

だが、女房と娘に幾度となく「一緒に行こうよ!」と言われ続け、半ば致し方なくOKの返事をした。
妥協である。
実際に行ってみた結論から言うと「楽しかった。もう一度行ってみたい。」であった。
しかしながら「つかれたぁ~」というのも本音だ。
早朝に家を出発し、帰宅したのは深夜の12時過ぎ。
もちろん車の運転は自分である。
「こりゃ剱に登るよりも疲れるかも」と、思わず愚痴も出そうになった。

11月に入り三人で出かけることになったが、出発の数日前から娘に言われていたことがあった。
「お父さん。シーではパスケースを買わなきゃダメなんだよ。お父さんはダッフィーね♪」
「はぁ?なんじゃそれは・・・」
全く何のことか分からなかったが「へぇそうなんだ。なんか面倒くさい決まりがあるんだなぁ」と、娘の言ったことを鵜呑みにしてしまった。
後に分かったことであるが、もちろんそのようなルールなどあるはずはなく、娘が良い意味で自分をからかったのだ(笑)。

早朝5時に家を出発。
高速を2時間以上は走ることになるので、出発前には珈琲を二杯飲んだ。
途中のSAでも一杯。
川口を過ぎたあたりから渋滞にはまりしばしノロノロ運転。
この時が最も眠かった。

3時間半程でやっと目的地に到着。
「ついに来たか!」
妥協して来たつもりであったのに、ワクワク感でいっぱい。
「おっしゃぁー、絶叫マシーンに乗るぞー!」とばかりに、一番はしゃいでいたのは自分だったかも(笑)。
女房と娘は既に何度か来ており、すべてのガイドは二人に任せてある。
早速ゲートを通り中に入った。


ヨーロッパの古都をモチーフにした町並み、外観であることはすぐに分かったが、よく見てみるとジブリ映画の「天空の城ラピュタ」の冒頭に出てくる町並みにそっくりの様な気がした。
「へぇーランドとはまた違った感じでいいね♪」
因みにディズニーランドへは過去何度も行っているので十分比較できた。

そのまま進むと目の前には「山」が!!!

「おっと、あれは火山だね。」
山に近づくにつれ、二人をよそにじっと山肌を見つめた。
「俺だったらルート取りはあーしてこーして、あそこから稜線を詰めて、でもって・・・」
そんなおバカなことを考えてしまっていた。

そんなどうでもよいことを真剣に考えていると「お父さん早く! ダッフィーのパスケース買わなきゃダメだよ。」と言われた。
娘に言われるがまま後をついて行き、着いたことろはお土産コーナーの建物。
どこに何が売られているかを知るりくしているようで、殆ど迷うことなくパスケース売り場へ直行。
「はい、これね。」
ニコニコ、と言うよりはニヤニヤしながらパスケースを渡された。
この時「ひょっとして・・・」とも思ったのだが、「まぁここは素直に騙されてやるか」とレジへ向かった。


左側のパスケースがダッフィー(らしい)。
右側のものは娘のパスケース。
この中にパスを入れ、肩から下げて歩かねばならない。
もうこっぱずかしい限りだ。

「せっかくだから写真撮ろうよ」とせがまれ、撮った一枚がこれ。

「この歳でまさかこんなものを買う羽目になるとは・・・。」
そう思ったが、これも娘との思い出だと思えば悪い気はしなかった。
でも恥ずかしい。

すれ違う多くの人達をよくよく観察しても、すべての人がこのパスケースを下げている訳ではなかった。
「やっぱりか・・・」とひとりでにやけながらアトラクションへと向かった。
コメント