ひとり旅への憧憬

気ままに、憧れを自由に。
そしてあるがままに旅の思い出を書いてみたい。
愛する山、そしてちょっとだけサッカーも♪

花盛り

2021年04月19日 23時01分51秒 | Weblog
ささやかながら庭があり、ささやかながらガーデニングを楽しんでいる。

暖かくなる春、色とりどりの花が咲き目を細めて見ている。
春の花とは言っても、残念ながらすべてを同時に咲かせることに無理はあり、特にチューリップは品種により少しずつ開花時期がずれて咲くようだ。

4月上旬、原種咲きのチューリップが咲き始めた。
娘が選んだ球根であり、この種が咲いてくれたことには娘への思いがある。
だから例年とは違った嬉しさがあった。


一番手前の小さな赤いチューリップと、左側の淡いピンク、そしてツンと伸びた黄色と赤の二色。
この三種が娘が選んだもの。
画像を添付し送ってあげた。


メインの花壇。
三列のパンジーがメインなのだが、周囲のアイフェイオンに完全に飲み込まれてしまっている(笑)。
まぁこれはこれで綺麗だと素直に思える。
しかし、4月上旬ではまだ通常のチューリップは咲いてはいなかった。


入り口横のごく小さな花壇。
恥ずかしいことを承知で綴るが、手前のオレンジのパンジーが一番好きな春の花である。
特に花びらの中央部分に焦げ茶色の「ブロッチ」が入っているものが好きなのだが、何故かオレンジパンジーのブロッチ入りのものは売られている店が少なく、売っていたとしても数が少ない。


休日の散歩ついでに撮った「宗次郎」。
相変わらず落ち着きのない犬だが、それがまた憎めない。


4月中旬になり、更に勢いを増してきた花々。


メインの花壇だが、アイフェイオンだけが目立ってしまった。


反対側からの画像。
チューリップも咲き、やっと揃ってくれた。

そして宗次郎とのいつもの散歩道。


八重桜が満開となり、日陰を作ってくれている。


狭い川を挟んだ対岸からの画像。
風の強い日には、花びらが我が家の庭にも舞い込んでくるが、決して迷惑だと感じたことはない。
コンクリート敷きの駐車場に花びらが落ちていれば、「モノトーンの下地にピンクの花びらか・・・いいもんだなぁ。」
などと柄にもないことを思う。
夏の花もいいが、暑さを感じる時期よりも暖かさを感じる春の花が好きだ。

つい先日、今年の夏もいつもの通りの花でいいかなと思いつつ、何か他に手軽な花があればと思い調べてみた。
ひとつ候補があった。
「アガパンサス」
聞いたことのない名前だった。
育成の手軽さもあったのだが、もう一つ候補に挙げた理由は「色」だ。
夏の花は白や黄色・青もあるのだが、圧倒的に濃淡様々なピンク・赤・オレンジ系が多い。
大好きな青系を植えたくても、せいぜいブルーサルビアかサフィニア程度だ。
アガパンサスは正確に言えば淡い青紫に見えるが、背丈もあり高低差を設けるにはもってこいかも知れない。
果たして苗は売っているかな・・・。
コメント

ラストジャンダルム「帰ろう・・・」

2021年04月18日 18時56分51秒 | Weblog
「○○さ~ん!」と声を掛けられ振り向いた。
瞬時にポーズを撮り一枚撮ってもらった。
おそらくはこれがジャンでの最後の写真になるだろう・・・。


今にして思えば、最後になるだろうから何かもっとカッコイイポーズでもとれば良かったかかと思う(笑)。


N君も最後にもう一枚。

テン場へ戻るコースタイムを考えればもう下りなければならない。
後ろ髪を引かれる思いでジャンを去った。
「いつまでも感傷に浸っていることは危険だ。気持ちを切り換えなきゃ。」
そう思いジャンの側壁にへばりついた。


撮ってくれるのはありがたいが、「ここで撮るのも最後かな」という思いが出てしまう。
いかんいかん!
集中しなければならない。

ロバの耳の下りとなった。
この下りの区間が今回最も慎重に、そして緊張を強いられた区間だった。
下れそうなルートが二つあった。
どっちを選択すべきか・・・。
暫し考え選んだのは左側のルートだった。
本来のルートなのだろうが、右からも行けそうな気がしてならなかった。
「登ることはできても下りるのはまた別」という当たり前のことがプレッシャーとなり、どうしても決めきれない。
「先ず俺が行ってみる。もし無理そうだったら戻って別ルートだ。」
そう言って下り始めた。
見えているスタンスポイントに脚が届くだろうか・・・。
届いてくれれば何とかなる。
その繰り返しだった。
岩を掴むホールドポイントでも何度か迷った。
「ここを掴めても次がどうか・・・」
迷いは言葉には出さなかった。
出せばN君にも影響が出てしまうだろうと思ったからだ。
できるだけポジティブに考え、表情だでも「次があるさ!」みたいな感じで下った。

「おっしゃぁ~! クリア!」
本音を言えばホッとした。

今度はN君の番だ。
上からある程度のポイントは見えていたから参考にはなるだろう。
自分は下からアドバイスを送った。


慎重にゆっくりと、ここは一番ゆっくりと動くべきポイントだ。


よっしゃ! 
そこまで下りればもう大丈夫だろう。

なんとか最大の難所をクリアできたことでお互い顔がほころんだ。
この先にも「馬の背」が待ち構えてはいるが、復路は馬の背を登ることになる。
だが下りと比べればやや楽になる。
コメント

ラストジャンダルム「Last Gendarme」

2021年04月04日 12時15分31秒 | Weblog
胸の疼きのことはすっかり忘れていた。
確かにずっと痛みはあったのだが、この時ばかりは柄にもなく物思いに耽っていた。

(「もうこの景色をこの場所から見ることはないだろうな・・・」)
体力の衰えは感じてはいるが、技術的な意味ではまだ自信はあった。
だが、そろそろ危険な登山はやめるべきなのかも知れないという思いが芽生えていた。
理由は色々あるのだが、最たる理由は年齢だろうか。
学生時代から30代後半までずっと続けてきたバレーボールの無理が、この歳になって一気に節々に現れてきたような気がする。
膝は過去4度同じポイントにメスを入れた。
足首は靱帯断裂で人工靱帯を入れている。
肩も腱が2本切れてしまい大がかりなオペとなった。
そして腰。
20代の頃に椎間板症と言われ、ずっと時限爆弾を抱えた状態となっている。

体は正直だ。
つい5年前の自分と比べても登山における体力の低下も否定できないし、そう感じている。
自分のためだけではなく、妻のためにももう無理な登山はすべきではないだろう。
だから今日この時、今が “Last Gendarme” でいいのかも知れない。

絶景を見つめながら煙草を吸うこともなく、そんなことを考えていた。


N君がいつの間にか撮ってくれた画像。
この時ばかりはちょっとメランコリーだったが、復路に向けて気を引き締め直さなきゃならない。
コメント (1)

ラストジャンダルム「天使との再会」

2021年03月28日 12時58分02秒 | Weblog
「ジャンのてっぺんには天使がいる」
その天使に会いに行きたいと願い、ジャンを目指す多くの登山者がいる。
しかしそう簡単にたどり着ける場所ではない、それだけに憧れは大きくなる。

天使とは言ってももちろん本物の天使が存在する訳ではなく、天使のオブジェが設置されているだけ。
そのオブジェが、いつ、誰が、どのような理由で設置したのかは定かではない。
嘗てネットで調べたことはあったが忘れてしまった。
確か現在設置されているものは二代目の天使であることだけは確かだ。

N君が一歩、また一歩とジャンのてっぺんへと近づく。
そして遂に憧れのジャンダルムの頂上へ・・・。

おめでとう! 念願のジャンダルムだよ。

感無量だろう。
達成感と充実感で満たされていることだろう。
やっとの思いで、命の危険を感じながらの到達は簡単ではなかったはずだ。
今は十分に感動を味わってほしい。

自分がここに立つのはこれで5回目になるだろうか。
そしてその5回目で最後になる。
その意味では今までとはまた違った感動があった。

さっそく天使に挨拶をしなければと思い、天使を探した。


ちょうど槍ヶ岳をバックにして設置されていた。

「やっとこれに会えました。嬉しいですね! 僕一人ではとてもここまではこれなかったです。本当にありがとうございます。」
やや照れたが、自分は案内をしただけ。
技術、体力、メンタルはすべてN君ひとりの頑張りだと思う。


天使のアップ画像。

このオブジェの存在にどんな意味があるのだろうか・・・深く考えたことはない。
ただ自分なりに言えることは、「誰かは知らないけどにくいことをするね」と思う。
憧れや目標にもなるだろうし、辿り着いた者にとっては癒しにもなる。

このときふとある計画を思いついた。
来年の夏、劔岳に登るとすれば20回目の記念登頂となる。
自分も何かやってみようかと・・・。
まだ何も思いついてはいないが、せっかくの記念登頂だし、劔のオブジェでも置いてこようかと勝手に思いついた。(笑)


天使と一緒に「ハイ、チ~ズ♪」


今度は奥穂をバックにもう一枚。

「せっかくだから、これ持って」
と言い、N君に天使を持たせた。


いい笑顔だね♪

ここに来ることができたことも、天使に会えたことも、360°北アルプスの世界に浸れたことも嬉しいのだが、「これが最後になるなぁ・・・」と思うと、どこか淋しさがあった。
「忘れまいぞ! 目に焼き付けておこうぞ!」
何をするでもなく、唯ジャンダルムのてっぺんに佇み絶景を見つめた。
コメント

ラストジャンダルム「ジャンにへばりつく」

2021年03月23日 21時39分55秒 | Weblog
ジャンダルムの全容は、穂高岳山荘辺りから見たものと近づいてから見たものとではかなり違いがある。
山荘から見た形は丸いドーム型の様な岩峰に見えるが、実際に間近で見るとてっぺん付近は丸みを帯びていてもかなり平べったい形状だと言うことが分かる。


ロバの耳を越えてから見たジャンダルム。
「○○山」とか「○○岳」と言った名称はなく、あくまでもポイントとしての名前がジャンダルム。
因みにフランス語であり、「憲兵」などと訳されている。
ここの場合、おそらくは奥穂高岳に向けて立ちふさがるように屹立している憲兵とでも言えばよいだろうか。
頂上にはすでに数名の人が登っており、左側壁にもへばりついている登山者が目視できた。

ジャンへの登頂ルートについては事前に何度かN君に説明してある。
しかし、初めて訪れる登山者がこれほど間近で見たら「えっ、どこがルート?」と驚いてしまっても不思議ではない。

ジャン手前のナイフリッジを進む。
このリッジはそれほど危険ではない。(今までが危険過ぎただけ)


赤い線が予定している登頂ルートであり、過去何度も通過している。
20代の時、初めてここを通過した時はかなり濃いガスの中でのトラバースだった。
足元から数m下は全く見えず、どれほどの崖の上を通過しているのか分からなかった。
怖さはあったが、それよりもウェストポーチが岩の凹凸に引っかかってしまい、なかなか進めなかったことを覚えている。


N君がリッジを越える。
いよいよジャンへ取り付くことになる。
側壁のトラバースはさほど難しくはないが、そこを越えてから側壁を回り込む最後に一箇所だけ危険な下りのクサリ場がある。
距離は短いが、ボルトも埋められており慎重に下らなければならない。


進行方向左手(信州側)の側壁トラバース。
足元は幅の狭いルートだが、馬の背やロバの耳と比べれば楽勝だ。


ここを回り込んでクサリ区間を下りればジャンへの登頂ルートが見えてくる。


トラバース後にN君を待った。
次のクサリ場さへ越えればジャンのてっぺんが待っているぞ!

下りのクサリ場での写真撮影は止めておいた。
先ず自分の動きを見てほしかったからだ。
お手本とまでは言わないが、手足の動かし方を少しでも参考にしてほしかった。

距離は短いが、かなり危険性の高い区間だ。
ボルトを上手く併用しなければ通過することは不可能で、しかもややオーバーハング的なポイントでもある。
つまり、下りる時は脚を掛ける(置く)スタンスポイントが見えにくいということになる。
ゆっくりと慎重に下る。
そしてやっと見ることができたジャンへの文字。
岩肌に「ジャン ↑」とペンキで描かれていた。
思わず笑みがこぼれた。

少し進み、N君がクサリ場を下りてくるのを待った。
無事合流。
ここからならてっぺんまで5分もあれば登頂できる。
「さて、ここから先はN君が先頭だ。俺は何度も来ているからもう十分。先に登って感動を味わってね!」
と言い、先導をお願いした。


ジャンのてっぺんまでもうほんの少し。
「360°すべてが北アルプス」の絶景が待っている。
コメント