朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

ウイスキーのビンテージ?

2016-04-30 | 食べること、レストランなど

東京の家の台所床下収納を整理していて、見つけました。

Glen Moray 1963年製のスコッチ・ウイスキーです。ANAのロゴが入っている札がついていて、立派なブリキ缶に入っていました。オークの樽で25年間エージングしたものであると説明文がついています。

どなたから頂いたものか、自分で出張の際に機内で買ったものかまったく憶えていません。自宅の台所で相当期間は寝ていたものですが、通算で53年を経過したもの。

ウイスキーはアルコール度が強く、蒸留もしてある酒なので腐敗はしません。

味わってもると、非常にマイルドで香りもよく、いかにも古典ものといったいい雰囲気です。すてきなGWの贈り物となりました。

 

 

コメント (2)

メキシコ国境に、壁をつくる

2016-04-29 | もろもろの事

米国大統領選挙の有力候補者にトランプ氏がいます。現在、共和党(保守主義政党)でトップの票数を獲得しています。もしかすると、共和党の候補者指名を得るかもしれません。

彼は選挙戦で「メキシコ国境に万里の長城を築く。その費用をメキシコに払わせる」と発言しています。その理由はメキシコからの密入国者が、低賃金で米国労働者の仕事を奪うから。

映画「ボーダーライン」を見てきました。(※) 画像出典:http://border-line.jp/

ここで言うボーダーラインとは、米国とメキシコの国境のことです。麻薬カルテル組織が国境にトンネルを掘って密輸を繰り返しています。組織はその協力者やメキシコ側の住民に、とてつもない残酷な暴力をふるい、多数の殺人をおこなっています。密告者への見せしめに惨殺死体を高架道路にぶら下げたりして、恐怖心をあおり秘密を守らせています。メキシコ警官の多くが買収され、アメリカの警官にすらその手が伸びています。

FBIの女性警官ケイトは本来、誘拐事件捜査のベテランですが、特別にスカウトされて麻薬カルテルの捜査に加わります。

よくもまあ、こんな過激なヴァイオレンスがあり、死体が山ほど写され、軍隊のような重装備警察官、警察車両と銃が画面いっぱいに展開する映画を撮影出来たものだと。

映画向けに過剰な演出がされているとは思いますが、こんな状況が国境付近に存在していて、コロンビアやメキシコには麻薬組織があり、その販売先が米国。多くの米国人が麻薬で人生を破滅させています。トランプ氏の主張も多くの有権者の支持を得る、この映画からもよく理解できます。

欧州にとってのシリア難民問題、その根源であるイスラミック・ステイト(IS)。米国には、貧困にあえぐ中南米諸国とその治安不良、その根源の麻薬カルテルと汚職。

日本が島国で、国境が海であることは幸いだと率直に感じました。

(※)「ボーダーライン」なる用語は、受験の際の合格最低点のことかと思って、映画を見に行きました。(嘘)

 

 

コメント

醍醐寺の大茶会

2016-04-28 | 京都の文化(夏)

petお茶の伊藤園が仕掛けた、おーいお茶「世界遺産大茶会」の広告に乗せられました。

(引用:http://oiocha-cp.jp/)

醍醐寺の茶会に行って見たいと思い、(おる程度は)せっせとこのメーカーのお茶を買いました。その「希望的宣言」はここ

今日が、応募締め切りですが、ようやく「12ポイント」を獲得できただけ。つまりPETお茶500mlを12本も買ったのです。

大茶会の応募(抽選)は一口で35ポイントなので、届かず。ワイングラスは5ポイン(・・いらないけれど)、クオ・カードが1ポインで「抽選」。全部外れました。

もう、買わないぞ・・伊藤園! 次回は、コンビニかスーパーのPBにしよう。(少し安い)

 

コメント

「禅」 京都国立博物館

2016-04-27 | 京都の文化(春)

こんな看板が七条通を通るバスの窓から見えるので、気になっていました。



実家の菩提寺が、禅宗なこともあり、見学にいきました。



「見て感じる禅問答」

このポスターの絵は、「達磨像」白隠慧鶴(江戸時代十八世紀) 大分・萬壽寺です。

臨済宗の禅を中心とする展示構成になっています。

地味なテーマで、それほど話題にはなっていないので、行列はなくてすぐに入場することができました。

禅宗の成り立ちから、その日本での展開、戦国武将との関わり、禅の仏たち、禅文化の広がりと、時系列に物語が説明してあります。

特に記憶に残る2,3点を掲載してみます。

いわゆる禅問答、「瓢鮎図(ひょうねんず)」、川にいるマナズをひょうたんで捕まえることは如何という問いかけです。

普段は退蔵院に行くと、これのレプリカをみることができます。写真のカットでは上半分を省略していますが、そこには当時著名な禅宗の多数の僧侶が、これに対する回答を漢文で書いて印を押しています。

あえて、不可能な試み、とても効率の悪い行動にどう答えるか。

これは、京都・錦小路の青果商の跡継ぎとして生まれた伊藤若冲の作品「竹図襖」。竹を思い切ってデフォルメして描いています。そのユーモアの精神と新規な技法への挑戦はまるでピカソのようです。

狩野山楽の虎図ですが、この作品の展示は後期(5月3日から5月22日)でした。

現在は、南禅寺本坊小方丈障壁画のうち 「群虎図」 狩野探幽筆の虎や豹をみることができます。

十八羅漢坐像のうち 「羅怙羅尊者」 范道生作 三軀 江戸時代 京都・萬福寺

羅漢さんの胸が開いて仏像が現れるという、非常に迫力ある仏像です。普段は、萬福寺に行かないと拝観できません。

国宝20点、重文100点を含む多くの伝統的絵画や墨跡をみることができました。

 

コメント (2)

山菜の調理

2016-04-26 | 食べること、レストランなど

まず、わらびのアク抜きです。

重曹をパラパラと小さじ1杯少々をふりかけます。ここに熱湯をじゅわ~とかけて、ひたひたに。一晩、あるいは数時間放置します。

昨年は重曹の分量を間違えて、柔らかくなりすぎ失敗しました。今年は成功です。冷凍も可能なようです。

実家の裏庭に育っていた蕗(ふき)が立派なので数本採ってきました。

葉と茎を切り離して、まずは茎の処理です。適当な長さに切って、冷水に晒し、皮というか筋を丁寧に取り除きました。これが多少手間がかります。

薄味の出汁でさっと茹でると完成。

蕗の葉も立派で綺麗だったので、これもネットでレシピーを探して、山椒の実と蕗の葉の佃煮を初めて作ってみました。山椒の実は昨年冬に山荘に自生している木から採取していたものです。

味付けは、白だし、みりん、酒、砂糖、醤油。

まあまあ、おいしく出来上がりました。

最後、おまけ。・・・ 友人に教えてもらったタケノコの簡単料理。

ジェノバソース(イタリアの調味料)がポイントですが、それは簡単には作れないので、スーパーで「バジルソース」を買ってきました。

茹でイカもあるといいとの助言なので、イカの串焼きの調理前を買い、さっと茹でておきます。

あとは、ゆで筍を適当にカットして、イカと混ぜて、バジルソースをかけます。

これは、なかなか美味しい。 このバジルソースは、色々な食材に使いみちが広そうです。

 

コメント (2)

道の駅あやま(阿山)

2016-04-25 | 国内各地の風物

時々、独居老母の慰問のため京都から伊賀市に自家用車で往復しています。

新名神高速道路の草津と亀山間が数年前に開通して、随分と道路交通の便が良くなりました。また最近は、京都と伊賀市を結ぶ高速バスが開通しています。(三交バス:伊賀・京都

その帰路、いつも休憩する「道の駅あやま」(伊賀市阿山)で、伊賀焼のビアマグ(あるいは冷酒徳利)を見つけてしまいました。

できるだけ、食器や家具、衣類はもう増やさないことを心がけているのですが・・・

つい手が伸びて、店番のお爺さん(相当に高齢)に「これください」と言ってしましました。汗

2ヶ月ほど前に土鍋を買った同じ店です。

実は、数カ月前に陶器製のビアマグを一つ落として割ってしまい、買い換えたいという潜在的な気持ちがあったのです。

生き残った片割れと並べてみます。

まったく、不揃いではありますが、このデザインと釉薬の焼き具合、触感が何となくきにいりました。


道の駅の全景です。(出典:Google Map ストリートビュー) 

この伊賀焼屋のコーナーの隣に、こんな山菜が・・・

近くの農家の婦人が持ってきたばかり。スーパーでの束の倍くらいの量で、150円。つい衝動買いしてしまったのですが、さて、アク抜きとか、調理とか、・・まあ「ネット・レシピー」の時代なのでなんとかできるでしょう。笑

~~~

数日前から、このブログのアクセス数が急増しています。特に、派手なポストはしていないつもりですが、どこかのブログ紹介サイトに掲載されたのでしょうか? 理由がお分かりの方は、コメント欄に書き込んでいただければ嬉しいです。

 

コメント (4)

タケノコ

2016-04-24 | 食べること、レストランなど
おすそ分けで、こんなに立派な筍をいただきました。



実家の大きな鍋で茹でました。アク抜きは糠を少々入れます。



本来ならば、茹でた後に一晩おくとよいと聞きましたが、



庭の山椒の枝から若葉をとってきて、お酒のアテにしました。



すき焼きの中にも入れて、美味しく食べました。



翌朝、まだこんなに残っています。しばらくは季節の味を楽しめます。


コメント

関空、初めて成田抜く

2016-04-23 | 国内各地の風物

格安航空会社(LCC)の外国便が大幅に増加したため、いち早くそれへの対応をおこなった関西空港の乗客数が、今年2月ついに成田空港を上回ったとのことです。


(出典: 京都新聞 2016-04-22夕刊)
橋本さんが府知事の時代に、関空と伊丹の空港会社を合併させて(関空の赤字を伊丹で埋める)、LCC対応に設備投資するとともに航空会社の離着陸料金を値下げした効果が現れてきたようです。

中国や台湾などアジア新興国のGDPが伸び、生活に余裕ができた中産階層が急速に増えてきたためでしょうか。日本を訪問して日本の実態を経験することで国際関係にも良い影響がでるでしょう。

関空が建設されて、1994年のJAL初飛行でパリ便に乗ったことを思い出しました。当時はジュネーブに駐在していて、前年に父が他界したのですが、残された母を慰問するためホームリーブを利用して、スイス旅行に連れて行きました。

空港ゲートでは、京都の舞妓さんも出張していて記念品をもらいました。

その後、関空の利用は伸びず、JALやANAは国内、国際とも減便ばかりでした。国際的な流れとはいえども、経営のやりかたで企業は成功することができます。

 

コメント (4)

フライパン

2016-04-22 | もろもろの事

先日、NHK BSの朝ドラ再放送「てるてる家族」を何気なく見ていたら、戦後全ての生活用品の品不足で、とある若いアベック(=カップル)が、”結婚したら、ピカピカのフライパンを買って、それを磨いて台所にかける”ことが夢だという場面がありました。(大阪府の池田が舞台です)

(画像引用:http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/03/post_7.html)

京都に引っ越してきて、当初の数ヶ月は単身生活だったので、小さなフライパンを買いました。IHだけのマンションに引っ越すことがわかっていたので、IH対応のアルミニューム製のフライパンです。

それから、ほぼ8年間毎日のように使ってきたのですが、卵などを焼くとこびりつくようになりました。焦げ付き防止の表面の化学処理(テフロン(登録商法)、フッ素樹脂加工)は、耐用年数は相当にあるようですが。

内側の状態はこれです。多少のコゲは許容範囲ではあるのですが、ぼつぼつ買い換えることにしました。

 近所のスーパーの日用品売り場で、この20cm径のフライパン、なんと約600円でした。学生アルバイトの時給より安い。

 

なんとも、価格破壊で住みよい時代になったものです。

油を引かなくても卵焼きが焼けるし、野菜炒めが作れます。空焼きや、高温にしないで中火でゆっくり焼くことが長持ちのひけつだそうです。はい。

多分、これはボクが死ぬまで使えそうです。汗

コメント (4)

桂文珍独演会@ロームシアター京都

2016-04-21 | 京都の文化(春)

初めてロームシアターに入場しました。



メインホールは2000席で満員でした。



4階まで座席があります。



前座があって、文珍の落語が一席、三味線演奏と都々逸、さらに一席を文珍。

休憩後、文珍が一席を演じました。



「定年の夜」は、新作。スマホ、ライン、検索、動画中継、アマゾンなどなど、ネット用語が満載でした。

観客のほとんどが高齢者。理解できたのでしょうか。ともかく大変に愉快な公演でした。

コメント