朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

三色すみれ

2008-03-27 | Weblog
 
パンジーの花も品種改良が進んで、今では、真冬のころから露地で咲きます。
花びらはずいぶん大振りで、とても色鮮やかですね。
コメント

さくら 開花始まる

2008-03-26 | Weblog
近所の公園を横切る川です。
 涌き水と雨水だけが流れるので、水はきれいです。
 鳥たちも、楽しそうでした。
(眺めているおじさんたちも)
 ...

 
コメント

赤福

2008-03-23 | Weblog
話題の、伊勢の餅菓子です。
 三重県に行く用があったので、買ってきました。まだ、限られた売店で限定数しか販売していません。
 いつもならば、昔の風景などの木版画と季節の話題を掲載した「伊勢だより」なるしおりがついているのですが、今回は店主のお詫びと決意を書いた紙が入っていました。
 おいしく、いただきました。 
コメント

あんず

2008-03-22 | Weblog
杏の花が咲きました。
 狭い庭の中で、あまりにも枝が広がったので昨年植木屋さんにビシバシと大胆に剪定してもらいました。
 なので、あまり咲かないかなと思っていたら、なんのなんの。昨年よりも沢山花が咲きました。危機感を与えたせいかもしません。
コメント

さくら前線

2008-03-21 | Weblog
奈良のお水取りも終わり、桜のシーズンとなりました。
 このつぼみは、東名高速の富士サービスエリアで21日の午後に撮影したものです。
 天気予報によれば、22日は好天で気温もぐんと上昇するとのこと。
 いよいよ、桜前線の始動です。
※東京地方は、3月22日に「開花宣言」を出しました。靖国神社の桜の木を観測しています。満開はほぼ1週間後とのこと。(3/22に追記)
コメント

クリスマスローズ

2008-03-18 | Weblog
英国でクリスマスの頃に、この花の仲間が咲くのでこの名前がついたようです。
 花の少ない冬にしっかりと咲いて、楽しませてくれます。
 花が下を向くので写真を撮るときには少し苦労します。
コメント

コッツ・ウォルズ(英国)

2008-03-17 | Weblog
コッツ・ウォルズ(英国)
オックスフォードの西に位置する地域。古きイングランドの荘園や邸宅とガーデンが美しく維持されている。落ち着いたレモン色砂岩で造られた建物と小川のせせらぎがすてきであった。(ITUジャーナル、2006年6月号)
[Bourton-on-the-Water村において、水彩1995年8月]

コメント (3)

Spring has come.

2008-03-16 | Weblog
春が来た。中学校で、英語を習い始めた頃、こんな英文を読んだことを記憶しています。
 野生の白い水仙は1月頃から咲きますが、この大輪の黄水仙が咲くと、春が来たと感じます。
 ナルシッソス、自己陶酔、など、花言葉はちょっと気の毒です。最も、有毒植物ですから、食べないように。
コメント

Wearing the green

2008-03-15 | Weblog
聖パトリック祭。例年は3月17日、今年は繰り上がって3月15日だそうです。
 聖パトリックは、キリスト教カトリック信者の方々が多いアイルランドの守護聖人です。
 かつて、この国が貧しく、イングランド(プロテスタント英国教会)の圧力を受けた時代に、北米に多数が移民ました。その人たちは、警察官、消防士、兵士などの制服の仕事についたのです。
 NYマンハッタン5番街に聖パトリック教会があり、この日には緑の洋服を着た人々の大パレードがあり見物した記憶があります。
 この日、緑のもの身につけると「Everyone is Irish on St. Patrick's Day」となるらしい。
 写真の英語広告誌には、"Wear GREEN and get ALL drinks Happy Hour price"と書かれています。(緑の服を着てくると、全てのドリンク半額)(Happy Hourとは、夕刻5-7時頃まで酒類が半額となる飲食店のプロモーション習慣)
 

コメント (1)

国際女性デー

2008-03-09 | Weblog
3月8日は、国際連合公認の「女性デー」だそうです。
 由来は、100年以上前の1904年、ニューヨークで女性の参政権を求めるデモが行われた日。
 帝政ロシアでこの日のデモがきっかけとなって二月革命(1917年)が起こり、ついには王政を打倒して共産革命となったのです。
 先日、来日していた外国の友人が「この日は休日で、妻や娘、母、職場の女性などにプレゼントをする。お土産を探したい」といっていたので認識しました。
 その人は、旧ソ連の周辺共和国から来た方でした。インターネットで調べてみると、今や旧ソ連の国でも、政治的な意味合いは薄れて、日本のホワイトデーみたいな日になっているそうです。(でも、ホワイトデー、て。外国の人に説明つかないね)
コメント