朝顔

日々の見聞からトンガったことを探して、できるだけ丸く書いてみたいと思います。

「半分、青い。」ロケ地訪問

2018-09-26 | 国内各地の風物

避暑地からの帰路、岐阜県を通るのでNHK朝ドラのロケ地を観光してきました。



場所は岐阜県恵那市岩村町です。

今週が連続ドラマの最終週。連休最後の日、9月24日に訪れたのでまずまずの人でがありました。



岩村には古い町並みが保存されていて、女城主(織田信長の叔母 景任(かげとう)夫人)が城を守っていたが、武田と織田の対立していた時期に武田側に味方したことから武田の敗戦により織田信長の厳しい懲罰によって、彼女は逆磔(さかさはりつけ)にして殺害されました。詳しくは、ここに。(NHK大河ドラマの候補にもなったそうですが最後が残虐な結末なので落選したとの噂)

ロケ地の場所のこの日の雰囲気です。



左側が、朝ドラでせん吉おじいさんが焼いていた名物、秋風先生(著名まんが家)が絶賛した五平餅のモデルとなったお店「みはら」です。



長蛇の列、諦めました。



窓の外から焼いているところをパチリ。



突然、この町のシンボルがフクロウになったようです。



これが、NHKのロケをしたときの写真です。どこかのお店に掲示されていた写真を写しました。このアーチ型の装飾は現存していません。商店の看板や飾り物も当時(昭和50年代?)をイメージして創作されたものです。



この町の伝統あるカステラ屋さんのカステーラも売り切れでした。松浦軒。

さらに歩いていくと、とある町家にNHKのPR場所がありました。

出演者やロケ風景のポスター、等身大の人形写真が展示してありました。

写真は撮り放題です。



で、・・・一枚をパチリ。律の母親役 原田知世さんが良かったね。



ふくろう商店街、訪問記念です。



木工製品の店(家具や道具)では、路上にテーブルをだして・・・

木製の笛を展示販売していました。

ドラマで重要な役割がある「マグマ大使の笛」のレプリカです。ちゃんと鳴ります。

~~

中央自動車道のサービスエリア(恵那)の売店では、しっかりと「ふくろう商店街」の飾りつけがありました。



五平餅の箱入りやレトルトも! 驚き!



さらには、なんと・・・



「半分、ラムネ。」のソフトクリームまで 販売中。ただし季節限定、だとか。

ロケ地の



「みはら」店では、諦めた五平餅。中央自動車道のPAの売店で、買うことができました。

まあまあ、想像できる味と歯ごたえでした。おすすめですね。笑

 

コメント

昼神温泉2

2018-08-25 | 国内各地の風物

「昼神」の由来は、、、 ”大昔の事です。日本武尊がご東征の帰り途、伊那谷を通って園原の神坂峠へさしかかったとき、山と山に閉ざされて空もせまく、雲が幾重にも包んで、越す方法も知れませんでした。さすがの尊もしばらく手を組んで思案にくれていましたが、その時、悪事をなさる神が尊を苦しめようとして白鹿に化けて尊の前に立ちふさがったのです。尊は不思議に思いながら、口に噛んでいた蒜を鹿に投げつけました。それがちょうど鹿の目に当たって、鹿は死んでしまいました。ところがたちまち濃霧が巻き起こって、一寸先も見えなくなった時、一匹の白狗が現れて道に迷う尊を里へ導いてくれたのです。これ以来、神坂越えには蒜を噛んで通ると妖気に打たれる事がないと言われるようになりました。このことから「蒜噛」が、現在の「昼神」の語源になったという説があります。” 〜〜 だそうです。昼神温泉観光協会ウェブより。

### 温泉の発見は、1973年、国鉄中津川線(途中放棄)のトンネル工事でお湯が出たことから。中央自動車道路の恵那山トンネル工事の前ですね。 ・(╹◡╹)・

 

〜〜 さて、宿泊の夕食も記録しておきます。

最近の温泉旅館は、料理中心として付加価値を高めて営業しています。

「食前酒」 甘酒

「前菜」 鯛の茗荷寿司、焼きとうもろこし、水雲?(注 もずく でした!)、じゅんさい、じゃこ有馬山椒煮、桜えび



「造里」 旬の魚盛り合わせ (略)

地酒三種を注文。



「焼物」 鮎塩焼き 蓼酢

「鍋物」 信州牛鋤焼き 地産野菜 

「蓋物」 信州鯉旨煮 創業以来42年秘伝のたれで煮る

「洋皿」 和牛ランイチロースト エシャロットのソース 長野県地産野菜

「強肴」 鰻伝法焼き 牛蒡 百合根 湿地?(しめじ) 三つ葉

 

「酢の物」 信州アルプスサーモンカルパッチョ 地産野菜



「御飯」 長野県産こしひかり 名水 清内路一番清水使用

「留椀]  信州味噌 なめこ 豆腐 葱

「香物」 野沢菜 黒ハリ漬け

「水菓子」 飯田の桃あかつき レモンゼリー フルーツ

信州産、長野県の産物は、赤字で強調していました。

**

 

 

 

コメント

昼神温泉

2018-08-24 | 国内各地の風物

京都を出発して、名神を走り中央自動車道に入り恵那山トンネルを岐阜県からくぐってすぐのICに近い場所にこの温泉があります。出口は長野県(阿智村)になります。

「昼神」、(なにかオドロオドロしい感じなので)名前だけは知っていたのですが、途中下車してみました。



意外に多くの旅館やホテルが並んでいました。

数日前にインターネット予約サイトで適当に空き室の有るホテルを予約しました。川沿いの場所でした。



もう紅葉が始まっている楓もあります。

温泉の質は無色透明で、アルカリ度の高い柔らかいお湯です。

田舎の温泉地といえどもなかなか良い広い浴室と露天風呂がありました。

翌朝、桜並木の歩道を歩いて、地元の農家が販売する朝市に行ってみました。早朝6時から開店です。



新鮮な野菜や果物、卵、漬物などが並びます。

半端な野菜、不揃いなきゅうりなど、1袋100円でいくつか買いました。



しいたけの詰め放題、500円。



馬肉のスモーク。

阿智川、、 この左手の奥に「富士見台高原ロープウェイ」があって標高1400mまで登れるようです。その高原に夜行くと、すばらしい星空が見られると宣伝していました。今回はパス。

~~

 

コメント

7月豪雨災害への義援金(寄付)

2018-07-19 | 国内各地の風物

居座った降雨前線によって、広島県、山口県や愛媛県などに山崩れ、洪水など大きな被害が発生しました。現代の日本において一時に200人以上の人々が亡くなりました。

インターネットで、通販サイトを閲覧していて、Amazon Payという支払い方法で簡単に赤十字の7月豪雨災害義援金に送金できることをしりました。

ただし、その方法では寄付金による税金控除証明はえられないと注意書きがありました。証明書が必要ならば、赤十字のwebサイトに行けとのこと。

実は、私は中学生時代に広島県東部の海沿いの町で育ちました。その近くの山沿いでも今回洪水被害があったと報道されています。

少々の寄付金ではありますが、日本赤十字のサイトから義援金を送金させて頂きました。

日本赤十字サイトに行くと、最近の災害に対応して複数の寄付口座が設定されています。

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/307/index.html

その中は更に細分されています。今回の豪雨災害全体の自治体全部に配分される口座、特定の県だけに寄付する口座が並びます。私は広島県を選択しました。

このサイトはクレジットカードは不可。銀行送金だけなので、ネット銀行から送りました。

さて、ついでに検索すると、なんと「ふるさと納税」専門サイトからも寄付が可能であることを発見。

このブログ冒頭の画像がそのページです。(「ふるさとチョイス

ここでは、寄付の相手先がさらに細分されていて、市町村名で可能でした。しかも、受け取り側でやや繁忙な事務処理を、他の地方公共団体(例えば熊本県県庁)が代行していました。地方間の事務助け合いです。

こちらからは、市町村名指定で寄付しました。(広島県福山市、市町村合併で旧市名は消滅)

**なお、赤十字で寄付すると、その寄付金証明書(または受領証、ネット送金ならば所定事項が記載されている送金記録)で確定申告すれば、「所得」から寄付金総額から2000円を差し引いた金額が控除されます(上限あり)。 

**一方、「ふるさと納税」制度では、通常の住民税(居住する場所の)から「ふるさと寄付金総額から2000円を引いた額」が寄付先の地方自治体に自動的に移転します。寄付した本人には実質2000円だけの負担です(寄付額総額に上限あり)。

税金の使途は、民主主義の根幹です。可能な限り、納税者本人が使ってほしい目的にできるだけ多く配分されることが希望です。・・・報道によれば(alleged)文科省の科学研究補助金を餌に自分の子の医大裏口入学に使ったようなことには配分してほしくないし、参議院議員の定数を6名も増やす(一人に数億円の税金がかかるらしい)、もし参議院の存在価値がまだあるならば見返りに衆議院議員定数を6名かそれ以上削減してください。

 

コメント

彦根城の夜桜

2018-04-12 | 国内各地の風物

とある観光雑誌にこのお城の桜が美しいとの記事を読んだので、行ってみました。(4月2日)

夕日が内堀に反射してきれいでした。

今年は開花が早くて、まさに満開でした。

ひこにゃんが現れない夜桜は、人出が少なくてゆっくりと見物することができました。

夕日が沈んで10~20分間くらいの空は、人の目では殆ど感じませんが、カメラのレンズには美しい群青色のそらが写ります。「マジックアワー」とも呼ばれています。

彦根城の一角が見えました。

屋形船がとても静かに向かってきました。

蓄電池で駆動される電動船です。時代ですね・・・

掘割の水に反映する満開の桜・・・

おや、城郭の屋根が青い光で照らされました。

夜桜で酒盛りする人たちはほとんどいなくて、許可された夜店の屋台は数軒だけで静かに花見を楽しむ春の夜でした。

 帰路には、滋賀県の名物「近江ちゃんぽん」を食して帰りました。おいしい、ごちそうさん

・・・「ちゃんぽん」は、長崎だけではありませんね。

 

コメント

ジョン万次郎

2018-02-15 | 国内各地の風物

先日2/11のNHK大河ドラマ「西郷どん」で、牢屋に閉じ込められた”せごどん”が色黒い不審人物と同じ牢になり、そこに暗殺者が現れて格闘するシーンがありました。その後、その不審人物と一緒に開放されて自宅に戻り、好意を持って介抱した結果、アメリカから帰国した土佐の漁師であった万次郎だと判明しました。

以前に高知県を観光で訪れたときに、このジョン万次郎をNHK大河の主人公に取り上げてもらう運動をしていた土佐清水市の記憶があります。

その後、近所の古本屋で「ジョン万次郎」(マギー・プロイス著 2012年発行)を買いました。それが本棚にあることを思い出して、薩摩の場面を読んでみました。

さすがに、西郷と牢の中で出会うことは書かれていませんが、日本に上陸して捉えられて留置されていたのですが、土佐出身の元漁師とわかり、薩摩藩主の斉彬公にアメリカの風俗、蒸気機関車、捕鯨船、大砲などを説明する場面がありました。世界地図を持って帰ってきたので、その説明もしました。

ジョン万次郎は14歳のときに乗り込んだ漁船が難破して、仲間をあわせ5人で無人島の鳥島に漂着。143日も生き延びた後に付近を通過したアメリカの捕鯨船に救助されハワイに行く。彼だけは捕鯨船船長の好意で、船長の養子となりマサチューセッツ州の小さな町に暮らし、教会の学校で教育を受けました。いろいろなことがあって、10年後に万次郎はハワイに住んでいた昔の仲間2人と一緒に香港行きの商船に乗船して、日本近海まで行きそこから手こぎボートで嵐の中を漕ぎ渡って琉球にたどり着いて、薩摩藩に護送されました。 ・・取り調べの後、万次郎は土佐に帰還し家族と再開。彼の経験を知った土佐藩容堂公はすぐに彼を呼び立てました。アメリカで教育を受けたジョン・マンは英和辞書を手作りするなど活躍。江戸にも呼び寄せられて幕府直参の武士に出世します。英語教育にも功績をのこし、福沢諭吉や岩崎弥太郎らも彼の教え子です。

※2015年5月の高知県旅行ブログは、足摺岬の中浜万次郎中村駅と、ここ。(赤いシャツのジョン・マン)

 

コメント (3)

熱海梅園、糸川のあたみ桜

2018-02-13 | 国内各地の風物

連休の前日に熱海で遊覧しました。



入口の石碑と白梅、紅梅。見ごろでした。



蝋梅も満開。



水仙。



全体が谷間の地形で真ん中に渓流があります。



メジロが何羽もミツをついばんでいました。





滝。
まだ全く咲いていない木もいくつかありました。



韓国庭園🇰🇷がありました。

2000年に森首相と金大中大統領が熱海で首脳会談をして梅園を訪れたとのこと。
平和友好の大きな石碑があります。両首脳が揮毫したそうです。この記念碑どおりに両国が相談して仲良く発展していれば、今日のようなひどい係争にはならなかったと強く感じました。

(o^^o)




あたみ(熱海)桜🌸が満開でした。





糸川。



篤志家が私財でこの早咲き桜の普及を進めた結果、現在では熱海の早春名物になっています。




「あたみ桜」と「河津桜」の違いについては下記↓

http://atamimachiaruki.net/all-things/20150208/

 

コメント

初詣 お伊勢さん

2018-01-02 | 国内各地の風物

お伊勢さんの外宮(豊受大神宮)にお参りしました。元旦は伊勢市も好天気でした。

伊勢神宮という呼称は俗称で、正式には「神宮」。The 神宮 といえば、この神社のことだそうです。(この日のNHKテレビ「伊勢神宮」の説明より)



内宮ほどではないですが、大勢の参詣客で賑わっていました。



鳥居を抜けて、・・・



本宮の前です。ここから内部は撮影禁止。

二礼二拍手一例で、家内安全、世界平和を祈念しました。厳かで、気持ちも引き締まりました。

ついでに、ゲスの極みですが・・お賽銭箱(臨時)、横長で大きいこの時期は覆いのない容器、を拝見すると、紙幣も多数ありましたが、福澤諭吉さんは見当たりませんでした。

その後、125もの神社(お社)があるお宮を少しだけ拝観。

石段を幾つか登って、多賀宮に参拝しました。

その参道にある亀石の橋。



横から見ると、なるほど、亀の形(頭)でした。(これもNHKの受け売り)



平清盛が勅使として参向した時、冠にふれた枝を切らせたという伝承がある楠、清盛楠(きよもりぐす)。おごれる平家久しからず・・・なにか、後ずけ伝説のような気もしますが。

門前町、神道ではちがうのかな、お参り道?のベストの場所にこの佃煮屋さんが。

牡蠣を蒸して食べさせていました。  で、さっそく・・・



待つこと約10分で、



美味しい初牡蠣を頂きました。

外宮に詣でるまえに、ここに立ち寄りました。



二見ヶ浦の夫婦岩。

2つの岩の間から太陽が上るのは、この時期ではありませんが。

まあ、現代的には左お岩が妻、右が夫の夫婦も増えてきたように思います。 

(両者の大きさが異なるのは憲法に違反する、大きい方を削って同じ大きさにするべきだ、と主張する人も多いかもしれません)


コメント

赤福

2017-12-13 | 国内各地の風物

昨日は伊勢市のサービス付き高齢者住宅に住む母を見舞って、多少の用事の手伝いをしてきました。

伊勢といえば、伊勢神宮ですが、この餡餅「赤福」です。



今朝の朝ごはんはこのお餅ですませました。



母の好物、ざるそばと天ぷら皿。



美味しくいただきました。 感謝。

 

コメント

奈良散策

2017-11-20 | 国内各地の風物

ちょっと、懐かしい用件があったので、奈良に行ってきました。(11/15)

これは、おなじみ興福寺五重塔。・・友人のなかにはこの境内が子供時代の遊び場だったそうですが。

そして・・ ここで多分ザリガニくらい釣っていたのでしょう。

 猿沢池。そういえば、この池の前の旅館オーナーの家で育った有名画家さんもいますね。絹谷幸二氏。

その辺りで道端のナンキンハゼが紅葉真っ盛りでした。右端に五重塔の水煙がみえていました。

南円堂。赤い旗が並ぶ石段が、フォトスポットになっています(外国人の)。中国の人にとって「赤旗」は珍しくないでしょうに。

三条通りを歩くと、コンビニが町家の外観をそのまま使って店舗を営業していました。

さて、その後、郊外にある友人自宅の素晴らしいガーデニングを拝見しました。その記事は後日に。

その往復にには、なんと豪華なドイツ車(P)で別の友人が送迎してくれました。快適&感謝。

楽しくガーデン見学と庭園内ウッドコテッジでコーヒーを満喫した後、車で高畑の友人宅に戻り、そこで車を置いて、

この禰宜道を徒歩で急ぎました。飛火野の東側にある森の中の道です。ほぼ平行して「ささやきの小径」なる馬酔木の茂る秘密のルートもあります。

途中に、こんな杉の巨木がありましした。もしかすると縄文杉に負けないかもしれません。

これが慎ましい道標です。

賑やかな参道に出ました。

この分かれ道の先頭にある石灯籠には、特別な特徴があります。

実は・・・

この台座に鹿の姿、顔が彫り込まれています。・・高畑住人の友人が教えてくれました。

こんな、なんちゃって茶屋のそばを通り抜けて、

奈良春日野国際フォーラム~甍 なる大きな建物に到着。奈良公園の真ん中にあるので

建物の外観は調和しています、もちろん。

目的は数十年前に卒業した高校のクラス有志食事会です。この春日野フォーラムのなかにある著名なイタリアンレストランで、豪勢な(でも、やや安価な)ランチをいただくことです。

その高校は男女同数で1学年3クラスの学校でした。当時のクラス定員は約50人、いわゆるベビーブーム世代。今回は30名を超える参加者でした。

こんなんや、いろいろの料理が並びました。

まどの外には、

素晴らしい紅葉と、左手の先には若草山が遠望できます。

食後には公園を散歩しました。

外国からのお客さんが多くいました。

東大寺の山門、運慶作の仁王さんを見に行きました。(そこまではダタ)

運慶が制作した仁王像の巨大さと威力にはやはり圧倒されました。

鮮やかな真紅の紅葉の前で、何度もセルフィー写真を試みる(多分中華の女性)・・

相撲取りみたいな着物と帯のアジア男性。

世界各国、たくさんの人々が好天の古都を楽しんでいました。この赤くて白い実がアクセントになっているのは、ナンキンハゼの木。

紅葉が美しいのは素晴らしのですが、日本古来の樹木ではない、繁殖力が高い、そんなことから奈良市では徐々にこの種を排除していく方針だそうです。・・いろはカエデを植えてください。

 

コメント (2)