団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

ジャズコンサート

2019-07-12 | 音楽

地元名古屋を起点に活躍するジャズビッグバンド。CUGジャズ・オーケストラ「Continued in the Under Ground Jazz Orchestra」の結成30周年、

そして10作目のアルバム発売を記念したコンサートが名古屋市の昭和文化小劇場で行われたので行ってきました。

(ジャケ写)

このバンドを聴きに行くのはこれで2回目。コンサートホールは300人キャパとジャズを聴くには程よい良いサイズ。

1時間40分、アルバム収録曲を中心にマヤ・ハッチ(vo)との共演等、スインギー且つグルーブ感溢れる実力派の生バンドサウンドを堪能。

「カウント・ベイシーとデューク・エリントンだけ聴けばそれでOK」と言ったのは故大橋巨泉ですが、いやあ日本のプロのビッグバンドも

大したものですよ。

9月には大須演芸場で12回目のライブがあり、ここは飲み物等持ち込みも自由らしいのでBeerとおつまみを持って行こうかな。

 

 

 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 睡蓮、”枯れた”柳の反映 | トップ | 野球観戦 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう30周年! (ミッチー)
2019-07-14 09:17:59
なんと、30周年にもなるのですね。
現役メンバーを見ていると、名古屋のライブハウスで見られるたくさんの方の名前が…。まさしく地元名古屋のバンド。

かつて、たくさんジャズのライブに行っていた時おみかけしたあの名前、この名前、あれからみなさん、年を重ねているのだろうなあって、変なことを思っちゃいました(笑)

そういえば、ドラムの倉田大輔さんに関する思い出がありまして、これはいつかお会いすることがあったら、お話ししたいと思います。まあ、爆笑っていう感じではない普通の話ですけど(笑)
Unknown (G)
2019-07-16 16:58:29
ミッチーさん>こんにちは
30年ってまさに「継続は力なり」ですね。
愛知県はビッグバンドが盛んと聴いていますが、東京と違って名古屋というロケーションでプロバンドで30年続けてきたというのは並大抵のことではないような気がします。若い方もいましたがメンバー交代も色々あったのでしょうね。これからも素晴らしい演奏を聴かせていって欲しいと思います。
ドラマーの倉田さんですか?上手い。ドラムがしっかりしているとサウンドが締まりますね。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事