団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

タゼッタ水仙

2018-03-31 | 

庭にある水仙が一斉に咲き始めました。これは房咲水仙の仲間か。ちょっと嫌な匂いがある。

コメント

「蒼い馬」やっぱりむつかしいですねぇ。

2018-03-30 | 天体写真

この夜のメインIC4592「蒼い馬星雲」ですが、とにかく”淡い”ので2時間超えの露出を目指してみました。

300秒×7枚に加えてもう少し伸ばしてもいけると思い420秒×15枚をコンポジットし処理してみました(トリミング画像)

しかしシロウトが手を出してよい対象でないことがよーくわかりました。ハイ

 

 

これに懲りず、又追加撮影し処理をしてみたいと思います。

 SI8でのコンポジット後の画像です。どうもフラットが合いません

過補正されておりSI8では補正しきれません。時々今までもこうゆうことがあり悩ましいなあと思っていたら

フラット撮影時のフード内乱反射が原因かもと検証されていました。

こちらの方

鏡筒はBORG71FL+RDですが一度フードを取ってフラットを撮ってみようと思っています。

コメント (8)

M16.17等

2018-03-29 | 天体写真

三裂星雲、干潟星雲を撮り終え、時間は4時過ぎ、半ごろには薄明を迎えるのでPHD2をストップし、鏡筒をずらしてM16,17に向けました。

288mmなのでM16,17そしてバンビの横顔まで撮ってしまおうという訳です。

枚数は稼げないのでISO3200のまま5分露出、ガイド再スタートさせ追尾撮影開始。7枚撮り終える頃には白々と空が明るくなり撮影ストップ。

後半4枚は明るくて処理に使用できず結果3枚での処理となりました。

もう少し枚数を稼いで強調し、暗黒帯を出したかったですが、季節はこれからなのでチャンスは巡って来るでしょう。

 たて座ヘビ座いて座に囲まれて、中央の赤い散光星雲がオメガ星雲、上側がイーグル星雲,下にバンビ(というか馬)が上を向いているように見えます。

この後、速攻でしまい込んで帰路につきましたが暫く走ると道路標識が人間に見えてしまう幻覚がでてきます。

慌ててブレーキを踏むこと2,3度これは危ないと路肩に停めて休憩。

やはり完全徹夜は応えました。

コメント

狙いはいて座の定番M8&M20

2018-03-28 | 天体写真

やはりというか、案の定さそり座の上の方に位置している「蒼い馬星雲」はあぶり出しが難しい。かなり淡いことは判っていたけれど画像処理に四苦八苦。

で、後で撮ったM8干潟星雲とM20三裂星雲、猫の手と呼ばれている領域を処理してみました。肉球ははっきりしないけれど・・・

肉眼でもボーっと見える明るい星雲。いて座は銀河の中心方向にあるので星の数が半端ないですね。

薄明まで時間が無かったのでisoを上げて撮影。

3/23 茶臼山面の木  iso3200 5分×5枚

 

 

コメント

農作業

2018-03-27 | 野菜(果采類)

今日の証人喚問、「刑事訴追のおそれがあるため回答は控えたい」の連発、予想はしていたけれど全く茶番で情けない限り。真相究明には程遠い。

今のような形の証人喚問なら意味がない。

 

パクチー、ルッコラ、じゃがいも、里芋の種まきと植え付け等一日農作業。

イチゴの花も一気に咲き始めている。

ボケも慌てて花を咲かせた。

コメント

天の川

2018-03-26 | 天体写真

23日天気予報は朝まで良さそう、月が沈むのは0時、薄明は5時前なので4時間ぐらいは撮影できそうということで夕ご飯を食べてから面の木に向かいました。

1050mmの現地に23時過ぎに到着。外気温は̠マイナス0.5℃。車を降りてみると風が無いので寒くはない。真冬並みに着込んでいるので当たり前か。

Nさんが2台の赤道儀で店開き中、で隣に車を停めてセッティング開始。休日前ということもあり結構同業者が来ています。

今の季節系外銀河を狙う銀河祭り真っ最中ですが本日の当方の狙いはさそり座の上IC4592という「青い馬星雲」を目標にしました。去年一度チャレンジしましたが相当

淡い対象なので苦労した覚えがあります。BORG71FLを使いましたがこの鏡筒、レデュサー付けるとf4.1と明るくピントを合わせるのが大変。今回はスピカを導入して

作業を始めましたがなかなかピントが合いません。バーティノフマスクとピントエイドを使っていますがヘリコロイドをコンマ数ミリ単位で動かしながら合わせますが

結構時間が掛かりセッティングが終ったのは0時半です。これでピントエイドの数値は0.1、0にすることができず限界でした。

 

果たして青い馬は撮れたのか。

画像処理に時間が掛かりそうなのでポタ赤で撮ったいて座方向の天の川を先にアップしてみました。

この日15mmで撮ろうとしましたがレンズが1kg超えの重量レンズなのでバランスが悪いのかどうしても流れが止まらず苦労しました。

仕方なく60秒で撮ったものを25枚でコンポジット処理。

 

 

 

 

コメント (4)

タンポポ

2018-03-25 | マクロ

コメント

サンシュと水仙

2018-03-23 | 

サンシュの花。山茱萸」の音読み、「茱萸」はグミのことです。秋に赤い小さな実が沢山付くが食べたことはない。

ひえつき節の「庭のサンシュ~」はこの木のことをいっていると思っていたが宮崎県の方では山椒のことをサンシュというらしい。本当の所はどうなんだろう。

春黄金花という別名もあるがこちらの方がピントくる。

隣の玄関横にある水仙 、我が家の水仙はまだまだ先のようだ。

コメント

菜種梅雨

2018-03-22 | 野草の花など

ジャガイモの植え付けの準備を済ませていたが、3日間も雨に降られ暫く延期。家に閉じこもっているとすっかり腐ってしまった。

関東地方は雪も降ったらしいが、今度4年生になる孫の入学式も雪で寒い日だったことを思い出した。

野生の蘭、春蘭が花を咲かせてきた。

 

コメント

優れものDAISOのイヤフォン

2018-03-21 | 音楽

出所は忘れてしまったのだがDAISOの200円で売られているイヤフォンが3万円のものと良い勝負している。という記事を記憶していて、先日行った際見つけたので

買ってきました。

早速スマフォでいつも聞いている「JAZZRADIO.com」を聞いてみました。

普段はオーディオテクニカ製で聴いているのでこれとの比較です。こちらは買った値段は忘れましたが量販店で5,6千円位だったような。

低音域はAT製がブースト気味でやや過剰。一方Daisoのものは歯切れ良く、ウッドベースなどはこちらの音の方が好みです。

中音域は少しやかましい。

高音域はまあまあ。全体的にはドンシャリ気味で音の厚みもなく高級感のある音とは言えませんがイコライザーで中音域を押さえてやれば結構使えるのではないかと。

3万云々は別としてもこれが200円というのは驚きです。

アンドロイド用のイコラーザーソフトを入れて中音域を下げてやると具合良い。音のふくらみというか厚みが増すということはないのですが、何せ200円です。

数千円のラジオについていたイヤフォンよりは遥かに良い音がします。

自分の耳には装着感が今一歩だったので前に買っておいたオーディオテクニカのスペアイアピースに交換しておきました。

駄目な点もあり、ジャックが良くありません、少し触れると接触不良となります。

 

100均に行った目的はヘッドランプやインターバルタイマー用の単4電池を買う為です。5本パックで100円、誰かが実験していて何とEV〇〇TAより長持ちす

るという俄かに信じられないような話もあるので物は試しと買ってみました。

しかしその翌日IKEAに行ったら10本で159円!と更にビックリポン。両方共MADE in CHINA。

 

 

 

コメント

アンタレス付近

2018-03-19 | 天体写真

14日遠征の最大目的はさそり座アンタレス付近の美しい領域です。

マルカリアンの鎖としし座トリオを撮った後、アンタレスが20°を越える高さまで昇ってきた午前2時半位から準備を始めました。

まずM4を導入した上、横に位置しているアンタレスを画面の下側に持って行く為に鏡筒を回しカメラの角度を変えたのですが、これがいけなかった。

ステラショットでカメラを接続するとカメラの写野角を認識してくれるのですが、自分で変えてしまうと同期ボタンを押してもステラショットの画面に反映されませ

ん。仕方なく撮影してはディスプレイで確認、そして矢印キーで移動、そして又撮影を繰り返すことの繰り返しです。なかなか思う場所に持って行けません。結局30

分位かけてようやく構図が決まったのですが、後で思えばアンタレスは1等星なので一旦ステラショットとの接続を切ってカメラのファインダーを見ながらやれば簡単

だった筈。地頭が悪いとどうしようもありません。何とか3時過ぎに撮影開始。

この時、同時にスカイメモsにカメラを乗せて15mmレンズで天の川を撮るつもりで極軸合わせなど済ませていました。しかし・・・見えている筈の天の川が肉眼で確認

できません。2分で露光してもハッキリと写ってくれません。春霞だろうか、PM2.5?抜けの非常に悪い空です。ここより遥かに明るい元気村でも天の川は確認できま

すからこの日は本当に残念な空だったと思います。合計2時間の露出でスタートしましたが後半は薄明で使えないものもあり、結局使えたのは11コマ。

ステライメージでコンポジットしマスク、強調処理、デジタル現像したTiff画像をPhotoshopに渡してゴリゴリと処理、更にnikも使って仕上げました。

条件の悪い空でしたが何とか色がでてきました。

 iso1600  480秒×11枚(合計1時間28分)

 

 

 

 

コメント (4)

しし座トリオ

2018-03-18 | 天体写真

この日は途中で仮眠するために後部座席を半分倒し、エアーマットとシュラフを積んでおいたのですが、高速に乗る寸前に赤道儀を忘れたことに気がつく大チョンボ。

今までにもウエイトを忘れたり、パソコンを忘れたことがありましたが今回はあろうことか赤道儀を忘れるとは。スペースを広げるためケースから出しておいたのがま

ずかった。まだ寸前に気がついただけでも良しか。閑話休題。

 

で、しし座のトリオ一網打尽です。 

M65(中左),M66(中右)、NGC3628(中上)そして右下がNGC3593。

小さい、且つ色味もないです。持っている機材で春の銀河を狙うには厳しいですが高画素のお陰でトリミングしてもそれほど荒れは目立ちません。

iso1600 420秒×10枚 

三重県大紀町

コメント

桃色吐息

2018-03-17 | マクロ

 

品種は不明ですが裏庭の椿。例年より遅い開花。

コメント

南伊勢方面へ遠征はしてみたけれど

2018-03-16 | 天体写真

久し振りに好天続きの新月期。そろそろアンタレスのカラフルタウンが狙える時期なのだ!ということで、14日の夜、南方向が太平洋に面している三重県の大紀町へ行

って来ました。

去年4月の始めに行ったけれど場所が判らず深夜ウロウロ彷徨ったことがあったのでそのリベンジです。

今回はGooglemapでしっかり確認しておいたので途中SAで仮眠(ラジオで出鱈目な政府答弁を聞いて心底腹が立ち眠ることは出来ませんでしたが・・・)し迷うこ

となく23時前に到着。漁港の先に突き出た半島の上にヘリポートがある見晴らしの良い処です。平日と言うこともあり誰もいませんが眼下に漁港の灯りも見えるので寂

しさもありません。そしてアンタレスが狙えるのは26時過ぎなのでゆっくりと設営開始。

初めての場所だと北極星の位置にちょっと戸惑ってしまいますがコンパスで確認し。アライメント開始。さすがに空は暗く星の数が凄いけれどヌケが悪いような感じ。

実はこの後、天の川が昇ってきて残念な空だったことが分かったのですが・・・

アンタレスが昇って来る時間までマルカリアンチェーンやしし座トリオの撮影開始。

最初に撮ったおとめ座の「マルカリアンの鎖」銀河がカーブを描いて並んでいます。

APS-C400mm相当で5分×5枚をコンポジット、トリミング

名前を調べて入れてみた、間違いもあるかも

(taiki town to be continued)

 

 

コメント

M104 ソンブレロ銀河

2018-03-15 | 天体写真

おとめ座のソンブレロ銀河。4600万光年の遥か彼方にあり、渦巻銀河を横から見ている。

特徴的な形が美しい。まさにソンブレロだが・・・UFOにも見える。

画像処理は簡単に済ませトリミングしてみた。

銀河を横切る暗黒帯も大口径の良い機材でベテランが処理をするときちんと細かな様子も判るが自分には無理だった。

 

iso1600 420秒×7枚 SI8でコンポジット→PSCC でトリミングなど

コメント (4)