団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

ねぎの植え替え

2010-08-26 | 野菜(葉采類)
明日から稲の刈り取りコンバイン作業の手伝いアルバイトが始まるので遅れていたねぎの植え替え作業を朝からかかって夕方まで





雑草に隠れてしまっていたので鉛筆程の太さしかありません。冬までには太くなってほしい。
普通はわらなどを敷くのですがトウモロコシの残滓を敷きました。この養分をねぎが吸収できるといいのですが

明日からのアルバイトはこの熱さで苦しい日々が続きます。
コメント

四角豆の花

2010-08-25 | 野菜(果采類)
この暑さでずーっと怠け者状態。とても日中は農作業はできないので秋冬野菜の準備がちっとも進まない。

ようやく四角豆の花が咲いたので撮ってみました。去年より遅く植えたので花が咲いたのも遅れました。
9月中旬には収穫ができるかも? 今年は余り沢山種をまかなかったので(30株程度)収穫は少なくなりそう




つるにカマキリがいたのでついでに撮ったのですがなかなか恐そうな顔。
コメント

インターバルタイマー購入

2010-08-24 | 微速度撮影
最近ハマっているカメラによる微速度撮影ですが、撮った写真を動画にすると1秒間の動画に必要な写真枚数は30枚。つまり一分間の動画を完成させるのに必要な連続写真枚数は1800枚もの写真が必要ということになります。
いままではNIKON D300sで撮っていたのですがこのカメラのシャッター耐久枚数は15万回とあります。なので1分間のインターバル撮影を100回もすればシャッターユニットを交換しなければなりません。
それならばサブカメラのLUMIX GF1を使うことはできないだろうかと考えました。このカメラはミラーがないのでミラーのアップダウンによる負荷は軽減されるのでその方が良いのではなかろうか?と考えた訳です。

しかし問題があってこのカメラはそもそもインターバル機能を持っておらずオプション部品も用意されていないのですね。そこで色々ネットで調べていたら中国製のインターバルタイマーをebayで売っていることを知りebayで探した所LUMIX用があったのです。値段は50ドルを少し切る値段、円高の今なら4千円ちょっとで買えるということになるので早速ネットで16日にオーダー。クレジットナンバーを入れるのが心配でしたがまあ大丈夫だろう(勿論何の根拠もありませんが・・・)ということでポチンと。

後に日本のamazonでも同じ品物を売っていることが判ったのですが約8K円の値付。USAの値段を知ってしまうとその値段ではちょっと買う気は起きない。

10日位かかるとメールが来ましたが今日無事に品物が到着。英語のできないGなので取説を見ても判らず困ったのですが何とかいじっているうちに使えるようになりそうでひとまず安心。良かった。

配送元はUSAではなく中国シンセンでした。

コメント

奈良井宿・夏

2010-08-21 | 動画


中山道木曽路には11の宿場町が有り奈良井はそのうち江戸側から2番目の最も標高の高い場所に位置しています。(現在は長野県塩尻市)
分水嶺となる難所鳥居峠を控えて当時は「奈良井千軒」といわれるほど賑わった宿場町です。
国の重要伝統的建造物保存地区に指定された建物群は凡そ1kmも続き馬篭、妻籠宿とはまた異なった趣の宿場町です。

訪れるのは3度目になりますが今回は電車でいくことにし東部丘陵線リニモ、愛知環状鉄道、中央西線を乗り継ぎ,お昼前に到着。
奈良井の駅を降りても流石に夏真っ盛りという事で観光客の姿も少なめ

旧街道沿いをぶらぶらしながらゆっくり当時の建物を見ていきます。電柱がないので江戸時代にそのままタイムスリップしたような感じを受けます。
冷たい水が流れている水場、当地の名産木曾漆器店や宿屋、蕎麦屋さんが軒を連ねています。




 youtube にアップした動画

コメント

稲穂

2010-08-17 | 野菜関連


稲穂が出始めてきましたがこの猛暑がどう影響するのか気になる所ではあります。

今年から品種変更で愛知108号という新品種の米を作付けしています。

当町には愛知県農業総合試験場があり、そこで研究開発された品種で食味よく害虫にも強いので減農薬で栽培が可能な品種であるとされています。
又高温にも強いとあるので今年の暑さの影響はさほど心配するほどのことはないのかもしれない。
当地区での刈り取りは9月後半から10月にかけて行われる予定です。

それに先だって間もなく(来週後半位~)コシヒカリの刈り取りが始まり友人のコンバインの作業の手伝いアルバイトが始まります。
けれどこの暑さで外で作業するのは大変。もう少し暑さが和らいでくることを願っている今日この頃です。
コメント

ハッチョウトンボ

2010-08-15 | 山歩き
昨日キノコを見つけた場所からもう少し奥まった所に行くと山肌から水が染みだし湿地帯になっている所があります。もう少しするとそこに食虫植物のモウセンゴケや希少植物シラタマホシグサが咲くのですが様子を見に行った所、それらはまだ咲いておらずサギ草の花が咲いていました。ここでサギ草を見つけたのは初めて。


その周りをハッチョウトンボの♂が何匹か飛んだり休んだりしていたので撮ってみました。わりと休憩することが多いので楽に取れますがなにせ世界で最も小さい部類のとんぼ、大きさは1円玉の直径しかないので相当近寄らなければならない。
小さな体に真っ赤な胴体が目立っています


その場所に同じく小さなトンボが飛びまわっておりハッチョウトンボの♀かなあと思って写真を撮ったのですが
胴体の模様が異なっているようで調べてみてもよく判らない。

コメント

きのこ

2010-08-14 | 山歩き
墓と神棚に供えるサカキを取りに里山に行って枝を切っていた所、足元にキノコが一個あり真っ白な色がすごく目立っていました。
写真に撮ってきて家で調べてみるとどうも「シロオニタケ」という種類のようです。
以前は有毒かどうかわからなかったようですが最近では毒キノコらしいという評価になっているとか。

コメント

旧古河庭園(ショートムービー)

2010-08-13 | 動画
暫く家を留守していて帰ってきたら畑が雑草に覆われて凄いことになってしまっている。
そんな訳で今日は朝から草刈り機を引っ張り出し汗みどろになって草刈作業。
今年は例年より草の伸びる速度が速いような気がしてならない。草を刈っていても後ろを振り向くと雑草がもう伸びているような感じです。記録的な暑さが続き体が辛いので余計そんな気がするのでしょう。

家族の元に帰っている時、池袋にハードディスクを買いに行ったついでに旧古河庭園に寄ってきました。



画像はとにかくサイズがでかいので、ハードディスクの値段が下がり続けているのは有り難い限り。
しかし動画の編集用としては今使っているCPU(Core 2 Duo)ではかなり非力。Core i7搭載PCが欲しくなってきた今日この頃。
男の物欲はきりが有りません。
コメント

キアゲハの幼虫

2010-08-09 | 雑記
田んぼの中に生えているセリの葉をキアゲハの幼虫が盛んに食べています。

派手な色合いでちょっと気持ち悪い。去年はニンジンの葉に大発生。農薬を使わないので手で取るのが大変でした




その近くを忙しそうに飛び回っていたシジミチョウの仲間。ヤマトシジミかルリシジミ


コメント

稲の雑草

2010-08-07 | 野菜関連

この前TVでどこかの農家の人が今年の米の作柄を心配しているニュースを見ました。
余りにも暑い日が続いているので米のタンパク質?が云々・・・とかで美味しいコメが採れないかもしれないといということです。

その話題とは別の話ですが、日本の米の主産地は今後北海道になっていくだろう。という記事を読んだことがあります。
地球温暖化の影響で九州などは暑さに強い品種の開発が必要だといったような記事を見かけけことも思い出しました。
今年から当地区は新品種の愛知108号を植えているのですがこの暑さがどう影響するのか気になる所です。
この品種はコシヒカリなどと同じく食味良く病気や害虫にも強いという話なので期待しています


Gの田んぼの米は今の所順調に育っているように見えるのですが、今年はどうゆうわけか今まで目立たなかった雑草のオモダカや名前の知らない雑草がはびこってしまい2回ほど田んぼの中に入って抜く作業をしています。しかしこの所の暑さでその作業も続かずほっておいたら目立ってきてしまった。
きちんと一発雑草処理剤を使ったのにこの始末です。他の田んぼでは余り目立っていないのではびこった理由は不明ですが困ったことになっています。

この雑草がそれかどうかはわからないけれど、農薬に抵抗性を持つ雑草が増えて薬が効きにくくなっている問題があります。


オモダカ(クワイに似た葉ですがクワイに比べると小型。



カヤツリグサでしょう。この雑草が一番多く目立ちます。水田多年生雑草の代表的なもの




コナギ

ここにあげた雑草は田んぼの代表的な雑草でいずれも養分の収奪力が強く強害草となってい
ます。

来年は対策を考えなければいけません。

コメント

プルーン

2010-08-05 | 果樹
プルーン(いわゆるセイヨウスモモ)が結構沢山なって色づいてきている。
去年までは殆どコガネムシの食害に遭い人間の口には入らなかったけれど今年は沢山なっているので虫も食べきれないのか被害は比較的少ない。けれどこのプルーン酸味が強いのでやはり干して食するのが正解かもしれません。紫色の実はそれなりに綺麗です。

植えてから4年でずいぶん大きくなってきてしまっているので今年の冬は剪定が必要です。

と調べていたら
「定義から云えば、プルーンは乾燥したプラムです。全てのプルーンはプラムから出来ますが、プラム全てがプルーンにはなりません。種のついたまま乾燥させても発酵しないプラムだけがプルーンとなります。しかし、全てのプラムがそうなるわけではありません。カリフォルニア プルーンは南フランスを原産地としたダジャン種です。熟した時は、外皮は綺麗な紫色となり、果肉は琥珀色になります」(カリフォルニアプルーン協会HPより)


プラムとプルーンは同じものだったということを知りました。味はよく似ているので近い種類とは思っていたけれどプラムの皮の色は紫ではなく赤なので違うものだと思っていました。
上の写真はシュガープルーンという種類でダジャン種ではないので乾燥させてもプルーンにはならないのかもしれない。ちょっとややこしい。
コメント

ピーマンの収穫時期の終わりも早くなりそう

2010-08-03 | 野菜(果采類)
この暑さの為か、もうトマトの収穫は終わりになってしまった。いつもならお盆過ぎまでは大丈夫の筈か半月も早くなっています。山ほど積んであった直売所も急激に少なくなってきている。

今年ピーマンは3種類を作っており今収穫のピークですが普通の緑ピーマンが早くも赤く色づいてきています。


赤くなってきたものをすべて落とし下葉をむしり取って少しでも風通しのよいようにする作業をしました。
いっぱい付いているので実も少し落としてやり木の負担を軽くさせます。それでも去年は10月いっぱい収穫できたのですがこの暑さが続くようでは早く終ってしまいそう。(涙)


隣の畝に植えてある「鷹の爪」にカメムシが沢山ついていたのでマクロレンズで撮ってみました。
最近カメムシの発生が目立ってきており1本の株に10匹以上たかっています。こんな辛い唐辛子の実を吸っているけれど平気なのでしょうか ピーマンの方がおいしいと思うのだけれどピーマンには一匹もいない。?

このカメムシは調べてみたらアオクサカメムシという種類らしい


これはその幼虫だろうか?



カメムシというのは東南アジアやアフリカでは普通に食べられているらしい。
パクチー(コリアンダー・香菜)はカメムシ草ともいわれ確かにカメムシの匂いがするしエスニック料理では良くこのパクチーが使われています。
なのでカメムシはパクチーの代わりになるのも判らないではない
http://portal.nifty.com/2010/07/06/b/

↑このブログではおいしそうにカメムシを食べている様子が報告されています。それによると立派にパクチーの代わりになるという。いやむしろパクチーより深みのある旨さが口の中に拡がるとあります。

う~ん、しかしいくら旨いといってもちょっと食べる元気はでてこないなあ。



コメント

ブラックベリー

2010-08-02 | 果樹
といっても最近話題のスマートフォンのことではなく果実のブラックベリーです。

去年栗の木の下に植えておいたブラックベリーが大きな黒い実をつけています。
春ではなく7月~8月にかけて熟すようです。普通のラズベリーより実は大きく色は青→赤→黒に変化するとともに熟していきます。

食べてみたけれど結構酸っぱく沢山は食べられない。
黒い色はアントシアニンなので体には良さそうだけど・・・・

ベリー類は丈夫なので地下茎でどんどん増えていってしまう。今はまだ小さな木だけれど2年後にはあちらこちらから芽がでてくるのでどうしようか?それとも大きく育てて沢山実を採って直売所に出したら売れるだろうか?
今、ブルーベリーは結構競争が多いのでこういった変わった実の方が良いかもしれない。



  赤色の実はまだ未熟                                                     




完熟の実












コメント

木曾御嶽山(動画編)

2010-08-01 | 野菜(果采類)
先日登ってきた御嶽の動画を編集してYOUTUBEにアップしました。





目的であった夕日、星、日の出はいずれも荒天の為撮ることができず残念。初日の行程をLumix GF1+20mm f1.7と途中のインターバル部分をNIKON D300s+TOKINA12-24mm f4で撮ったものをカット編集してあります。暫く前までは動画編集ソフトを「adobe Premiere Elements」を使っていたのですがAVCHDハイビジョンの編集が楽にできる「EDIUS Neo 2 Booster」に変更し、ようやく使い慣れてきたので編集時間の短縮ができるようになってきた。このソフト使いこなせればTVと同じような凝った編集も可能です。
プロが使うモーショングラフィックの定番ソフトは「adobe After efects」があるけれどとても高価な上に趣味程度の画像編集には必要ないと思うので「EDIUS~」で充分。 まあ編集テクニック云々する前に絵の中身をグレードアップしなければなあ。





コメント